2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜサヨクは日本の過去を問題にしたがるのか?

1 :大野:01/11/21 12:07 ID:???
あえて真摯に問いたい問題です。
なぜサヨクは日本の過去を問題にしたがるのでしょうか。
おかしすぎる。
従軍慰安婦など、やってもいないことをあったことにする。
戦争犯罪なんかの問題も戦勝国の論理を垂れ流すだけ。
外交もシナや北鮮のいいなり。
さらには治安悪化も見てみぬふり。
何かというとシナ人や不逞鮮人の見方をします。
「売国奴」なんてもんじゃありません。
この人たちは何をやりたいのでしょうか。
まったくもって疑問です。
この国の行方を憂ている人たちはこうした亡国の事態をどうお考えになりますか。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 12:12 ID:???
とりあえず、おまえはさっさと首を吊れ。

散々がいしゅつのテーマでスレ立てるな。

3 :大野:01/11/21 12:24 ID:???
>>2
おまえ、もしかして既出をがいしゅつと読んでいるのか?
これだからサヨクは(笑)。
おれの質問にマトモに答えてみろよ。

4 :中道右翼:01/11/21 12:39 ID:JcvLlPVQ
日本独特のシステム(例えば天皇制等)を嫌い、
欧米文化をこよなく愛する彼らの抵抗なのだと思う。
つまり、言論を持って日本国の過去を否定し、
日本を第二のアメリカへとしたいからなのだろう。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 12:41 ID:???
>>3
2ch初心者?無理して2chなんかに来なくていいよ

6 :大野:01/11/21 12:50 ID:???
>>5
ハァ?初心者で悪いか?バカヤロー!
サヨクってのは本当に閉鎖的だよな。
>>4
う〜ん。日本をアメリカにしたいのではなく日本をシナのものに
したいのではないでしょうか?
奴らの狙いは日本のシナ化であると思います。
そうじゃなければあそこまでシナに肩入れする理由がわからない!
やっぱりシナのまわし者でしょう。

7 :極右:01/11/21 12:53 ID:JcvLlPVQ
共産の人間を撲滅したい。
社民のあほを虐殺したい。

8 :大野:01/11/21 12:55 ID:???
>>7
撲滅や虐殺をぼくは望んでいません。
それじゃあサヨンボと同じじゃないですか!
むしろ気づかせてあげたい。
あなたのいっていることは事実として間違っているし、
人としてサヨクはおかしいと。
たぶん本人も気づいていないだけで、
きっと理解してくれるはず。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 13:31 ID:VSnMH8Hc
>>大野さん
実は貴方は強烈なサヨクさんで、右翼さん方の知的水準の印象の低下を
ねらって楽しい発言を繰り返していらっしゃるんでしょうか?
ばれさえしなければ実に知的な手段と言えるのでしょうがここまで見え
見えな発言を繰り返すと逆効果ですね。右翼さんの印象低下よりもサヨ
クさんの印象が低下しそうなのでぼちぼち潮時ではないでしょうか?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 14:18 ID:???
しかし、いまだに「がいしゅつ」を知らん人がいる事が驚いた
晒しage

11 :ひっきー吉田@愛モード:01/11/21 14:32 ID:GjiRwAVt
大野=菊ちゃんかも?

12 :みなこ:01/11/21 14:36 ID:Al0Rjz0r
突然ですけどダンピングの意味を教えて下さい。
やふーで検索したらここにたどりついてしまいました。
仕事をダンピングされたと身近な人が言っていたので、
どういうことかしら?と思いまして・・・

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 14:51 ID:VSnMH8Hc
>>12
不当廉売

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 14:58 ID:7oe6Q2GA
>>12
「goo」の辞典より。
§ダンピング§
【dumping】
公正な競争を妨げるような不当に低い価格で販売すること。
特に、外国市場で国内価格よりも安く販売すること。投げ売り。

ついでにこれも。
§ふとうれんばい§
【不当廉売】
独占禁止法によって禁止される不公正な取引方法の類型の一。
企業の効率性によって達成した低価格で商品や役務を提供するのではなく,
採算を度外視するような低い価格で商品や役務を供給し,競争者の顧客を獲得し,
その事業活動を困難にさせるなど公正な競争秩序に悪影響を及ぼすおそれがある行為をいう。

…だって。Can you understand?

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 15:00 ID:7oe6Q2GA
>>12
この場合はおそらく「給料(もしくは工賃)の安い者に仕事を横流しした」の意と思われ。

16 :クーゲルシュライバー@不正プロクシ(泣):01/11/21 15:07 ID:???
>>みなこさん
 基本的には、>>13さんの言うように「不当廉売」・・・つまり、
どう考えても、コスト的に成り立たないような値段で、ライ
バル社に圧倒的な差を付けるような目的で販売することを
言います。ただ、その会話からすれば「値切られた」程度の
意味かと思います。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 15:29 ID:1eFLzp0H
あえて真摯に問いたい問題です。
なぜウヨクは日本の過去の問題を隠したがるのでしょうか。
おかしすぎる。
従軍慰安婦など、恥知らずなことをなかったことにする。
戦争犯罪なんかの問題も強者の論理を垂れ流すだけ。
外交もアメリカのいいなり。
さらには治安強化も見てみぬふり。
何かというとよしりんや西部の見方をします。
「人権無視」なんてもんじゃありません。
この人たちは何をやりたいのでしょうか。
まったくもって疑問です。
この世界の行方を憂ている人たちはこうした傍若無人をどうお考えになりますか。

ところでなぜ「わざとがいしゅつと書いたか」ほんとに知らないの?(藁

18 :クーゲルシュライバー@不正プロクシ(泣):01/11/21 15:54 ID:???
 そもそも、歴史学という学問には、過去の歴史を学ぶこと
によって将来にわたり、過去と同じ過ちをすることを防ぐと
言う一面も否定し得ないとおもうし、十分活用すべきだが
その側面を完全に無視するのも、また、それを必要以上に
喧伝するのも、いずれも多くの人間の共感を得ない。
 ま、要するに適度に・・・ってこと何だろうが、右翼も左翼も
結局自分の論だけの思考停止状態にあるから、これが考え
られないんだよな・・・。じゃぁ、お前はどうなんだ? と聞かれ
ても困るけどさw

19 :さほ:01/11/21 16:00 ID:???
ネタ、または菊地君が書いた説に10ペリカ。
でなきゃ、リアル厨房だな。

20 :みなこ:01/11/21 16:12 ID:Al0Rjz0r
突然飛び込んだ私に、とってもわかりやすいように教えて下さって
どうもありがとうございます。あんだーすたんどです。
(そういえば広辞苑でアンダスタンって犬がでてたな・・・)
会社は公共事業にたずさわる月に億単位のお金が動いているところで
(だいたいどんな会社か想像は付くかと思いますが・・)
この事件がかなりの問題になっているようです・・。
しかし、このHPはとってもハイグレードなHPですね・・。
なんだか場違いでどうもすみませんでした。
でも、なぜか気に入ったのでまたきますね(笑)

21 :最終兵器は逝印♪:01/11/21 16:19 ID:7oe6Q2GA
>>20
HPっちゅうか掲示板群ね。2ちゃんは。

↓2ちゃん用語で痛い目見てもらっても困るのでここ推奨
http://shake-hip.com/niwatori/

22 :みなこ:01/11/21 16:23 ID:Al0Rjz0r
2ちゃんねる用語解説お気に入りに追加しました。
勉強しまっす。

23 :爾臣民父母ニ孝ニ‥‥:01/11/21 16:42 ID:baM5e1y8
>>17

日本人を、日本という国に生まれた事を誇りにもち、
祖先を敬い、子は親に孝養をつくし、兄弟は仲良く、夫婦は仲むつまじく、
友人とは信じあい、そして自分の言動をつつしみ、ひとびとには博愛の心で親切にし、
学問に励み、職業に専念し、さらに知識を広め、人格をみがき、さらに進んで、
社会公共のために貢献し、また憲法を大事にし、法律を守り、
そして非常事態の発生の場合は、国の平和と、安全に進んで奉仕するような、
そんな国家・国民にしたいだけですが、何か?

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 16:48 ID:VSnMH8Hc
同じ目的を手段を違えて主張しているだけですな。

25 :爾臣民父母ニ孝ニ‥‥ :01/11/21 17:04 ID:baM5e1y8
>>1

日本人を、日本という国に生まれた事を恥じと思い、
祖先をけなし、子は親に逆らい、兄弟は仲たがいし、夫婦は互いの権利ばかり主張し
友人とはだまし合い、そして自分の言動を声高に主張し、ひとびとには無関心でシカトをし、
学問を粗末にし、職業より組合活動を熱心にし、さらに知識を狭め、人格を曇らせ、さらに進んで、
社主義のためだけに貢献するように洗脳し、憲法は自分の都合の良いところだけ原理主義的に大事にし、
法律を破ったものを擁護して社会不安を煽り、そして非常事態の発生の場合は、
国の平和と、安全に奉仕する自衛隊の邪魔をして日本国を他国に献上するような、
そんな国家・国民にしたいだけですが、何か?

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 17:07 ID:VSnMH8Hc
>>25
つまり右翼さん方は日本をアメリカの51番目の州にしたいと。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 17:19 ID:7oe6Q2GA
>>26
大雑把に見ればもうなってるyo!!!!!!!!!!(藁
要するに我々は独立したいの、米帝から!!!!!!!!!!!!

28 :ABC:01/11/21 17:28 ID:MVGFToLB
ちょっと関係ない事で申し訳ないんですが、私に教えていた先生が「中国との友好のためには日本のご先祖様が邪魔だ」といってたんですよ。
どう思いますか。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 17:28 ID:baM5e1y8
>>27

そう、何処にも頼らず、自主独立

30 :爾臣民父母ニ孝ニ‥‥ :01/11/21 17:31 ID:baM5e1y8
>>28

ご先祖様を敬うと、友好関係にヒビの入るような国家と、友好関係を保つ必要など、蟻の触覚の先ほどもありません。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 17:31 ID:???
>>29
そうやって国際的に孤立し、資源を持たない我が国はそれらを求めて、
やがて国民に多大な負担と犠牲を強い、今なお多くの負債を残す戦争
に突入せざるを得なくなったわけだ。

32 :爾臣民父母ニ孝ニ‥‥ :01/11/21 17:43 ID:baM5e1y8
>>31

戦争に突入したのは日本だけのせいですか?

自主独立で国家を運営する事と、国際的に孤立することは違います。
国際的に孤立することを恐れ、国家としての誇りを捨てるのがあなた達の考え方でしょうが賛同はしかねますね。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 17:46 ID:???
おっと、こんなところに埃が・・・

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 17:54 ID:???
>>32
戦争に突入せざるを得ない状況になったというならば、外交政策の失敗。
他に選択肢があったにもかかわらず戦争という手段を選択したのならば
国政の失敗。
政治というのは常に結果をもって評価すべきものだから、本来の目的と
異なる結果が得られた時点でそれは失敗。
自主独立で国家を運営することが可能な国と、そうでない国がある。
敵を知り、己を知れば百戦危うからずとはよく言ったもの。
国家としての誇りと言うけども、国家という概念自体が手段にすぎない
のだから国家としての誇りを理由に日本の文化やそこに住む人々に犠牲
を強いるのには賛同しかねるね。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 17:57 ID:???
>>1
つまり右翼は歴史の勉強ができないということ?

36 :爾臣民父母ニ孝ニ‥‥ :01/11/21 18:29 ID:baM5e1y8
>>34

あの〜、戦争は外交のいち手段にすぎないんですけど?
もちろん、交渉でなんとかなるなら、戦争をしないのが上策ですが、交渉が決裂して他に手段がなければ、手段として戦争に訴えるのが国際常識のはずですけどね?
端的な例が、あなた達の信奉する「中国さま」で、台湾の独立論に一切交渉の余地なしとして、その動きがあったら戦争だ!と恫喝してるじゃないですか。

日本はかつて、交渉によって解決を図ろうとしましたが、交渉は決裂し、手段として戦争を採ったのです。
敗戦したのは残念ですし、問題点はずいぶんあって、多々反省すべき対戦内容でしたが、戦争に打って出たそのこと自体を失敗だとは思いません。

国際情勢は日々変化し、現在では国家間交渉の最終手段として戦争を用いることは殆どなくなってしまいました。
できるなら、交渉のみで今後とも解決できる事を希望しますが、百年兵を養うは、これ一日が為なりという諺のとおり、いつ何時、どうしても交渉で解決できない問題が発生するかわかりません。

あなた達なら、相手の靴を舐めてでも、戦争を避けようと思うのかもしれませんが、我々はそのような無体には戦って抵抗します。
判りますかね?判らないかもしれないですね。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 18:39 ID:SUL5v+K5
>>36
第二次世界大戦前にそういう主張をしていた人たちが、
ボロ負けした後、みんな中道か左翼に転向したのは知ってる?

38 :34:01/11/21 20:04 ID:RnePCyF2
>>36
戦争が外交の一手段であるのは十分承知していますよ。
私は中国を信奉しているなどと、一言も言った記憶がありませんし、中国人
が何を言ったところで知ったことではありませんが、交渉によって解決を図
って失敗したというならば、それは外交上の失敗ですな。言い訳はできませ
ん。政治とはそういう物です。まして、戦争を外交カードととらえているの
であれば、勝ち目のない戦争を選んだ時点で再度の失敗ですね。
結果論ですが、政治は常に結果によってのみ評価されなければなりません。
全く、貴方の仰ることは正しい。本当に正しい。日本が孤立した状態から
戦争を行い、相手に勝てるだけの資源を持った国であったならば、貴方は
本当に正しい。しかし、日本はそうではなかったし、今もそうではありま
せん。
私なら、勝ち目のない相手であれば靴と言わず、ケツの穴を舐めろと言わ
れれば舐めますね。そして生き残って、次の手を考えますね。一人で勝て
ないならば罠を用意すればいい。あるいはその相手を孤立させるようにし
向けて袋叩きにすればいい。
下らない誇りなんぞのために勝てないと分かっている相手に挑むなどとい
う馬鹿なことはしません。

39 :大野:01/11/21 20:19 ID:???
今帰ってきました。
予想通りサヨンボどもに荒らされかかっていますね。
だけど、反論にもなっていませんよ。
なんであんたらは自分の国の誇りを汚すんだ!
「売国奴」なんだよ、おまえらは。
ちょっとは目を覚ませよ。
>>38
クズですね。サヨンボの典型といえば典型か。

40 :34:01/11/21 20:23 ID:RnePCyF2
>>大野さん
負に負を掛ければ正。
ウヨにクズ呼ばわりということは誉められたととっていいのかな?

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 20:31 ID:/tRgjKoD
>>39
菊地?

42 :34:01/11/21 20:37 ID:RnePCyF2
>>39
そうそう、一つ言い忘れたけど、皆殺しにしたいくらいウヨが嫌い
だけど、俺は多分左翼じゃないよ。
右翼に馬鹿にされるともの凄く嬉しいけどね。左翼呼ばわりはあま
り嬉しくない。クズ呼ばわりで止めてくれ。

43 :クーゲルシュライバー@不正プロクシ(泣):01/11/21 20:41 ID:???
 で、あたしは君からみてサヨなのかね、やっぱり?w>>おおのくん

44 ::01/11/21 20:46 ID:BkTl03vD
ところで、大野=小川=菊地ですね?
菊地を支持する精神異常者が、この世にいるわけがない。
菊地君、これからもむなしい自作自演、がんばってね!

45 :クーゲルシュライバー@ID出してみました。:01/11/21 20:59 ID:???
>>鵺氏
 次のお友達の名前は「中山」もしくは「中田」だと予測する
のだが、いかがだろう?w

46 :さほ:01/11/21 21:07 ID:???
戦争が外交の一手段であるけれども、外交ってのは絶対に
自国に利益をもたらさなくてはならない。戦争するなら絶対に勝つこと。
正義だとか大義などと言うクソの役にも立たないものの為に戦争する奴
はいないってことだね。
近代戦って基本的には1対1ではなく2対1の関係に持ち込もうとするよね。
でないと戦争に勝てないから。

47 :菜々子:01/11/21 21:07 ID:???
漏れは皆殺しにしたいくらいサヨが嫌いだけど、多分右翼じゃなくて、普通の日本国民だよ。

48 :ひっきー吉田@愛モード:01/11/21 21:09 ID:Jl7TE9u4
>クーゲルさん 菊ちゃんって多重人格かも・・、だとすると私もその一部扱いされても仕方ないですがw

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 21:09 ID:2BRXCGdf
左翼が過去を問題にしたがるには、一つはコミンテルンから
「軍国主義批判と天皇制批判で民衆をあおり日本革命を起こせ」
という内容の32年テーゼを与えられているから。
それともう一つはレーニンの「何をなすべきか」に「民衆は理論では
動かない。政治的暴露でしか動かない」とあるので、左翼というのは
常に政治的暴露のネタを求めている。
で戦前に悪いことをした、というのは民衆煽動のための一番いい
ネタなわけ。

50 :菜々子:01/11/21 21:09 ID:???
>>45
漏れの友達にも居るよ。
多分ほとんどの人もな。

51 :クーゲルシュライバー@不正プロクシ(泣):01/11/21 21:11 ID:???
>>吉田さん
 菊ちゃんがネタキャラでなかった場合において、わたしは
あなたが実体の菊ちゃんとは別の肉体の持ち主であるという
ことを証明できると思うw 賭けても良いよw
(N大の学食のラーメンで良ければw)

52 :クーゲルシュライバー@不正プロクシ(泣):01/11/21 21:14 ID:???
>>菜々子さん
 I see(^-^;
もちろん、今までのネーミングの変遷から推測するに・・・ちう
ことっすよ?w

53 :ひっきー吉田@愛モード:01/11/21 21:16 ID:3aJAeldG
>クーゲルさん 俺は菊ちゃんを思いついたら、小説にします。2ちゃんじゃもったいないw

54 :九条禰宜:01/11/21 21:19 ID:???
>>52 クーゲルさん
そうすると、その次は何になるのかな?。巨とか微とかが付く苗字は思いつかないけど?。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/21 21:19 ID:lhxtqj+4
ナショナリズムを嫌ってるはずのサヨが戦争と何の関係もない俺に説教するな
とよく思う。それこそ国家と国民を同一視するウヨの発想だ。

56 :クーゲルシュライバー@不正プロクシ(泣):01/11/21 21:21 ID:???
>>九条卿
 これは卿のお言葉とも思えませんなw
我が国には由緒正しい「巨勢」という姓が存在するではありま
せんかw(ほとんどネタに近いが。

57 :クーゲルシュライバー@不正プロクシ(泣):01/11/21 21:24 ID:???
>>55さん
 然り。
歴史は教訓を得る術であって、責任を被る「判決文」ではない。
子孫はそこから教訓を学びこそすれ、罪科を背負わねばならぬ
いわれはない。せいぜい「血塗られた道」を自覚するのみであり
それは「外」から負わされる罪科ではないのだから。

58 :九条禰宜マケオシミ:01/11/21 21:32 ID:???
菊地くんがそれを思いつくくらいなら、こんなことにはなってないと思うよ。

59 :クーゲルシュライバー@不正プロクシ(泣):01/11/21 21:34 ID:???
>>九条卿
 おっしゃるとおりで(^-^;

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 01:00 ID:vgIDq+56
>>1
サヨクが日本の過去を問題にしたがる理由?
だって他にやること無いじゃない
今更、社会主義・共産主義じゃ食っていけないし
現在の日本を誉めれば自民党の手柄になっちゃうし
唯一自分達が良識者ぶれるネタ
それが日本の過去を暴くこと!
だからだよ、本当!

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 01:17 ID:zi/tZBJE
大野!
バーカ

62 :Маршал Боголюбов:01/11/22 01:38 ID:???
現在;進行中でどうなるか分からない
未来;先のことなんか誰も知らない
過去;一応、動かしようがないものなのでネタにできる

63 ::01/11/22 02:09 ID:B849tUF2
サヨクさん。
小学校の頃、サヨクな教員が
僕の担任やってたが
最近その人にあって、昔話をしてみたい気がする。
サヨクな電波攻撃をかましまくってたいた人だったが
昔の恨みをつらつらと、言ってやりたい。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 02:11 ID:???
輝かしき我が国の過去に
一点の非などあろうはずももないことに
目覚めることができない連中こそ
不幸な歴史に生きておるのじゃ。
真実を学べ。あほうども。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 08:35 ID:W/z/eWDP
過去から目を背ける者に未来があろうはずがない。
輝かしい未来は過去に学ぶことのできるもののみの占有物だ。

66 ::01/11/22 09:14 ID:B849tUF2
>>65
確かに、歴史的に本当にあった事ならぁ、その通りだと思うけど

捏造・偽証なもんを、論破される毎におひれはひれをつけていって
もっともらしくした自虐的な
「作られた過去」になると全くの別問題なのでは?

67 :クーゲルシュライバー@不正プロクシ(泣):01/11/22 09:33 ID:???
>>渉さん
 私は、証拠の挙がってないことについてはあまり言いたく
ないが、少なくとも太平洋戦線において、日本が陸・海・空
いずれの戦力においても、米軍に敗北を喫したことは事実で
あり、また、解放(もしくは占領)前後にどちらがどれほど
迷惑をかけたかどうかは別として、いずれにしても作戦行動
ということによって一般人に迷惑をかけたことは事実であって
この点、当時の指揮官が国内において、作戦上の責任を問われ
るのは何ら問題ない。武人は信賞必罰であるべきである。
これは、一点の非のない歴史なのであろうか?

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 09:35 ID:e+YHl0hh
>>66
別問題だろうね。
しかし、64みたいに「一点の非もあろうはずもない」ことは
あり得ないからね。
なにより、「一点の非もあろうはずがない」からスタートし
た歴史認識もまた、一つの捏造であるのに気づくべきだし、
そういう歴史認識こそ自虐的であることも認識しないといけ
ないな。多少、話のすり替え気味だけど。

69 :クーゲルシュライバー@不正プロクシ(泣):01/11/22 09:36 ID:???
>>64
 私は続日本紀を現在も読みつつあるが、国史にすらねじ曲げた
歴史しか書けないようなのが「非の一点もない」歴史なのか?
(特に、序盤に起こる長屋の事象など憤慨してしまうよ。)

70 :クーゲルシュライバー@不正プロクシ(泣):01/11/22 09:36 ID:???
>>68さん
>多少、話のすり替え気味だけど。

・・・たしかに、わたしもそうだなw

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 09:52 ID:???
日本史板世界史板にはサヨクしか見当たらないんだが、
ウヨクって歴史の勉強してないの?

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 10:09 ID:???
>71
サヨクしか見当たらんということはあるまい。

だが、日本の教育界というのは永らく左翼勢力に支配されており、(書き込んでいると思われる)
歴史教師なども左翼が主流をしめてるからサヨの発言が目立つんじゃないか?

73 :過去にこだわるのはバカ:01/11/22 10:35 ID:???
サヨのアホなところは歴史から学ぼうというアホサヨ教師の戯れ言をまともに
信じちゃってるところだ。
歴史などただの学問だ。歴史を学ぶことはあっても歴史から何かを学ぶなど馬鹿げた
こととしか言いようがない。このアホどもは過去のことはわかるけど未来のことは
わからない等と言っているがこれは逆である。未来のことはわかるけど過去の
ことはわからないが正解である。一体お前に過去の何がわかるのか?
私たちが確実に事実を導き出せるのは未来だけ。例えば先週の午前3時10分のお前
の家も屋根裏で何があったのか説明できるのか?例えばちょうどその時屋根裏でネズミ
が走り回っていたのかもしれない、あるいはゴキブリがいたのかもしれない。だが
その過去の事実を手にすることは誰もできない。だが未来のことは確実にわかる。
来週の午前3時10分の屋根裏の出来事を知りたかったら来週その時間に屋根裏を
覗けばお前は事実を手に入れることができるだろう。

歴史学というのはただ残ってる資料からその時代の一断片を想像して構築する
だけのただの学問だ。その断片で何らかの教訓まで導き出そうなどというアホな
思い上がりはもはやカルトの域に達している。そんなものはせいぜい小説の中
だけでやってくれ。政治にカルトは必要ない。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 10:47 ID:???
だったら日本史板世界史板に書き込んでくれ
サヨクしかいないので論議にならなくてつまらん

75 :クーゲルシュライバー@不正プロクシ(泣):01/11/22 10:50 ID:???
>>73
 そんな考えでは、次の作戦もまた失敗だな。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 10:53 ID:W/z/eWDP
>>73
脳味噌になんか虫わいてるのか?
早めに治療した方がいいぞ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 10:55 ID:???
>>73
じゃあ何のために歴史の授業があるの?
未来のことだけしか考えなくていいなら義務教育にしてる意味ないじゃん

それと世の中の殆どの学問は過去のことだよ
文学だって科学だって医学だって過去があるから今があるんじゃない
戦前だってそれ以前の歴史を踏まえて行動してたんだろうし

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 10:57 ID:???
過去の歴史を無視しても良いという主張は天皇制も無視してよいということになる諸刃の刃。
素人にはお勧めできない。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 11:01 ID:W/z/eWDP
>>73
激しい論理矛盾が発生しているな。
未来に何が起こるかを知りたくて、そこを観察するのは結構だが
何かがそこで起こり、それを認識したならその時点でそれは過去
の事象であって、将来おこるであろう未来の事象ではない。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 11:20 ID:???
>じゃあ何のために歴史の授業があるの?
>未来のことだけしか考えなくていいなら義務教育にしてる意味ないじゃん

だから学問だって言ってるだろ?学問は授業で習うんだよ(笑)

>それと世の中の殆どの学問は過去のことだよ
>文学だって科学だって医学だって過去があるから今があるんじゃない
>戦前だってそれ以前の歴史を踏まえて行動してたんだろうし

はあ?学問が過去?
文学が過去なら日本は今だに源氏物語だし、科学も中世止まり、医学は
祈祷でもやってれば?(笑)
戦前も未来を見据えて行動してたんだよ。戦前に徳川幕府に謝罪と保障を
とかくだらねえことやってたらとっくに植民地になってたろうな(笑)

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 11:22 ID:e+YHl0hh
>>80
頼むから早めに病院へ行って前頭葉を切除してもらってくれ。
それが嫌なら、80の書込、すなわち君の過去の行いを見て自分の
愚かさを学んでくれ。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 11:37 ID:qe5HS0bH
>>81
だめだめ、この愚か者は過去とか学習とか教訓とかという言葉の意味が分かっていないんだから何を言っても無駄だって(藁
しかし、菊地よりひどい電波だな>>80は。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 11:45 ID:???
>激しい論理矛盾が発生しているな。
>未来に何が起こるかを知りたくて、そこを観察するのは結構だが
>何かがそこで起こり、それを認識したならその時点でそれは過去
>の事象であって、将来おこるであろう未来の事象ではない。

未来のことを知ろうという意義は変わらない。認識した時点で過去じゃ
ねえか?などというのはくだらない言葉遊びだ。そんな言葉遊びで屁理屈
をこねるなら人間には未来も過去もなく現在しかないというしかない。
こんな理屈は野生動物の理屈だ。残念ながら人間は未来・現在・過去
という概念を認識して生きる知能を持っている。未来・現在・過去は
まちがいなく存在するんだよ。その上で未来の事実を手に入れることは
出来るが過去の事実を手に入れることは誰にもできないと私は言って
いるのです。

私は歴史学という学問を貶すつもりはありません。
ただの学問である歴史という想像を学習しただけで
全て知ったと思いこんで過去を偉そうに批判して歴史に学べ!とほざい
てるサヨ諸君の増長ぶりの醜さを指摘しているだけなのです。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 11:53 ID:???
>>83
>ただの学問である歴史という想像を学習しただけで
>全て知ったと思いこんで過去を偉そうに批判して歴史に学べ!とほざい
>てるサヨ諸君の増長ぶりの醜さを指摘しているだけなのです。
なるほど、この部分は納得した
じゃあ、君は歴史の学習はちゃんとした上で批判してるんだね

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 11:55 ID:qe5HS0bH
>>83
うわ、君はすべて知ってるから「増長ぶり」がわかるんだね、すごいなー
で、どこのだれが
>全て知ったと思いこんで過去を偉そうに批判して歴史に学べ!
なんてほざいてるの? 正規に歴史を学んだ人間がこんなことは言わないはずなんだけど(藁

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 11:56 ID:???
>頼むから早めに病院へ行って前頭葉を切除してもらってくれ。
>それが嫌なら、80の書込、すなわち君の過去の行いを見て自分の
>愚かさを学んでくれ。

サヨのうろたえぶりがわかります。
なんせ子供の時からサヨ教師に「歴史から学んで立派になろう!」
を金科玉条に過去のご先祖さまを罵倒することで己の優秀性と善良性を
アイデンティティに生きてきたのにいきなり「歴史は学ぶもので、歴史から
学ぶものではない!」と逆のことを言われてはそれはパニックに
なるだろう(笑)
私はカルトが嫌いなだけで歴史という学問は否定してないよ。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 11:58 ID:???
ウヨかサヨか知らんが>>81みたいな煽りはやめれ

88 :ひっきー吉田:01/11/22 11:59 ID:ztiyaKvO
>>86
何故歴史を学ぶことが過去のご先祖さまを罵倒することになるのか
君に小一時間問いつめたい。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 11:59 ID:qe5HS0bH
>>86
すまんな、君の先祖の悪口は言ったかもしらんが漏れの先祖の悪口は言ってないぞ(藁

90 :ウヨだけど・・・:01/11/22 12:00 ID:???
なんでこの板には低レベルのウヨしかいないんだ?
ブサヨクの自作自演じゃねぇか?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 12:02 ID:W/z/eWDP
>>88
彼の過去は学ばれたくないことの堆積物であると推測
してみる。

92 :爾臣民父母ニ孝ニ‥‥:01/11/22 12:09 ID:76PWQ8kF
>>73

賛同できません。
歴史を学ぶことは重要です。温故知新という様に、未来を築く為には史学は絶対に必要です。

私は南京大虐殺も従軍慰安婦問題も認めません。アジア諸国に迷惑をかけたという認識もありません。
軍事行動ですから、犠牲があったことは事実でしょう。それは遺憾には思います。
しかし、日本の軍事行動が全面的に誤りであったとするのは、史学上間違いです。
歴史を紐解けば、当時は帝国主義と植民地支がまかり通っていた時代です。それが史学で明らかである以上、日本だけが帝国主義・植民地支配について非難される謂れはないという点につきます。

認めない、その認識がないのも、また、史学によります。
もし、南京大虐殺や、慰安婦の強制連行に日本軍が組織的に関与した明確な証拠が発見されれば、それについて謝罪することを厭う気はありません。
しかし、証拠がなく、不確実な証言ばかりであるなら、これを歴史的事実とは到底認める事はできず、従って謝罪の必要はないという結論に至ります。

失敗学の見地からも、歴史に学ぶことは益になると思います。失敗したことを分析し、失敗の理由を明らかにし、対策を立て、同一の失敗を防ぐことは非常に重要なのですが、どうも日本人はこれが苦手なようです。
どんなに粉飾しても、大東亜戦争に敗戦したことは事実です。
敗戦の理由を見つめ、原因を探り、体制を整え、次がもしあったときは、今度は勝利できるよう、努力することが重要と考えますが、いかが?

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 12:29 ID:???
これで80がやってきて92を評して「さすが右翼は論理的に・・・」と
言う反応をするに200ペソ。

94 :大野:01/11/22 12:40 ID:???
>>92
同意します。
サヨンボは結局証拠を出せませんよね。
そりゃあ、なかったことをあったことにはできませんからね。

95 ::01/11/22 12:44 ID:B849tUF2
言い方が悪かったですね・・・・・。
僕も歴史は見方によって、解釈の違いは有るのはわかりますし
何もこれが絶対正しい!!とか、
日本は間違った事をしちゃいないなどとは 思ってはいません。

ただ、ここは、サヨクによる歴史の話しだったもので
あえて、ああ書きました。

靖国問題やら、従軍慰安婦やら、教科書問題
日本の戦争に対する謝罪・賠償が実際どうなっているのか?
など、サヨクの方々がどういうふうに、それらのことを問題化していったか、
それらの経緯をしるにつれ、
かなり、個人的に不満を感じているんです。

まだ、ろくに資料もそろわず、議論も平行線をたどった状態で、
平然と教科書にそれらの事があったように書いていった
サヨクさん達に不満があるのです。

96 :爾臣民父母ニ孝ニ‥‥:01/11/22 12:45 ID:76PWQ8kF
>>64

栄えある我が日本国の歴史が重厚な伝統を持つことは疑い様のない事実ですが、
そこに一点の非もないというのは現実的ではないでしょう。

ただ、後世の価値基準で歴史上の事実を非として非難する事は、正しい歴史認識とはいえません

97 ::01/11/22 12:50 ID:B849tUF2
ちなみに、僕は戦争論 戦争論2は読みましたが
南京大虐殺はあったと思いますし
アジアの方々へ迷惑をかけたとも思っています。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 12:56 ID:???
人間は過去の事しかわからないんだから、より良き未来を造る為には過去に学ぶ事は大切。
だが過去の人類の営み全てが歴史なんだから「歴史的事実」なんてものは世の中に無数に存在する。
その中から恣意的に特定のものだけを選び出して、脚色して組み合わせればどんな「真理」でも
自由に造り出せる。
「歴史に学べ」などと言っているサヨの「歴史」とは殆ど全てこの論法で造り出したものだ。
歴史に学ぶのは大切だけど、相手の言う「歴史」などそのまま真に受けない事が大切だよ。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 13:02 ID:???
>>98
解釈は無数にあっても事実は一つだと思われ。

100 :98:01/11/22 13:20 ID:???
>99
説明が悪かったかな?
過去の人類の営み全てが歴史であり、その全てが歴史的事実であるという意味で言ったんだよ。

101 :大野:01/11/22 13:29 ID:???
>>97
あなたのような人間をサヨンボという。
あなたのいっていることをそのまま素直に受け取れば
蝙蝠みたいじゃないですか!
ぼくはサヨンボでも筋を通している奴はそれなりに認めますよ。
逆に保守の人間でもサヨンボみたいなことをいう奴は敵だと思う。
つまり、あんたは敵だ!サヨンボだ!
何も悪いことをしたわけじゃないから謝罪する必要などなし!
むしろ朝鮮や満州には恩恵をもたらせたんだ。
近代化させてやったじゃないか!
その恩を仇で返すバカどもと連中に肩入れするサヨンボが多すぎる!

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 13:32 ID:W/z/eWDP
>>101
その理屈で行くと、軍部独裁から開放してくださって民主化の手助け
をしてくださったアメリカ様という話になるな。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 13:47 ID:???
大野=菊地さん、見苦しい。ケーサツ逝きますか?

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 13:48 ID:???
菊地と議論してもシャーナーイのにいつまで議論してんだよw

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 13:51 ID:e+YHl0hh
なんというか、サヨンボでも筋が通っていれば、とは言うが
そもそもサヨンボなどという蔑称(?)で呼んでいる時点で
議論をする姿勢ではないですな。
しかし、大野さん、別スレでも書いたような覚えがあるが、
あんた、本当は「サヨンボ」で、ウヨの印象を貶めるために
ウヨを装って馬鹿を演じているのか?

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 13:59 ID:e+YHl0hh
>>93
まさに図星

107 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/11/22 14:30 ID:Nmb+aAyQ
元米兵捕虜の対日訴訟支援、法案可決後に抹消。
米議会、日本の対テロ協力配慮
【ワシントン20日=古森義久】

第二次大戦中の元米軍捕虜が日本側に損害賠償を求める訴訟に対して
米議会は元捕虜の訴えを支援する特別の法案を上下両院で可決していた
が、審議の最終段階の両院協議会でこの法案を抹消したことが二十日、
明らかとなった。この措置は日本が米国の対国際テロ軍事行動に協力し
ていることに配慮した異例の動きだと言う。

同法案は二〇〇二年度の連邦政府歳出法案の修正条項で、第二次大戦
で日本の捕虜として労働を強制されていた米国人数人が日本の大手企業
を相手取った損害賠償請求の訴訟に関連して、米国務省、司法省、商務
省が意見陳述のために政府資金を使うことを禁じていた。

米国政府はこの種の損害賠償はサンフランシスコ講和条約で解決済み
という立場をとっているが、米国議会では元捕虜の主張に同調して、政
府機関の介入を資金面から抑える目的でこの修正条項法案を出し、九月
には上下両院の本会議で可決していた。

同法案はその後、大統領に送られ、法律となる前に議会両院協議会で
最終審議されたが、今月中旬のこの審議で同修正条項自体を抹消すると
いう異例の措置が取られた。議会がこうした措置を取ったのは、日本が
テロ対策で米国に協力している時にこの種の対応は好ましくないとする
ブッシュ政権の説得に同調したためとみられている。

「産経新聞 22日 朝刊」

108 :爾臣民父母ニ孝ニ‥‥ :01/11/22 14:53 ID:76PWQ8kF
>>101

>>97の言われることは確かに間違っています。証拠もなしに「それ、あったと思う」というのは小学校低学年の感想文の領域で学問的ではない。
しかし、それを「サヨンボ」と蔑称して排斥するのは如何なものかと思います。
一方的に「おまえは敵だ。サヨンボだ」と言ってしまっては、証拠もなしに「南京大虐殺はあったんだ日本は加害者なんだ」と騒ぐ連中と同じレベルになってしまいます。

改めて>>97へですが、「あったと思う」のはあなたの勝手です。
しかし、それは先のとおり、小学校低学年の感想文のようです。
「あったと思う」なら、「なぜあったと思うのか」という論証が必要ではないですか?

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 15:03 ID:e+YHl0hh
ところで、
大工と>80はどこへ消えたのだろうか?
あるいはコテハンの別ハンドル及び名無しバージョンか?

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 15:06 ID:W/z/eWDP
すまん。大工は別スレだった。>80だけだ。

111 ::01/11/22 16:23 ID:B849tUF2
えっと、ひとまず言っておくと、
僕は南京大虐殺は、『レイプ オブ 南京』やら中国が証言してるような
ものとは思っていません。
大虐殺と言っても30万とか45万とか
殺されたとは思ってません。

例えば、現在、東京の駅で機関銃乱射して、10人の人間を虐殺しても
大虐殺と言うと思います。
ニュースも大量虐殺の見出しでやると思います。

10人でも大量虐殺は大量虐殺です。

えっとアドレスがわかんないだけど、
間違った歴史の本というHPがあり、そこでだされた資料があるんでるんですが
その南京大虐殺があったとされる時期に、軍部の指令で、
南京駐留軍に、大量の処刑を辞めるように、わざわざ司令書が出ている事と、
日本の記者が、南京での処刑現場を見ている手記が残っている事です。

ぼかぁ 意味も無く、南京の人を日本軍が虐殺して楽しんでいたなどとは
思っておらず、かなり強引で、裁判もひらかずに、処刑を断行して
かなり多くの人間を処刑したものだと思ってます。

裁判も開かず、『お前敵だから』で、処刑する行為は虐殺と同じだと思います

112 :ひっきー吉田:01/11/22 16:36 ID:uj0BGr3+
>渉さん
それはただの大量殺人では?
政治的目的が滲む「虐殺」という言葉と「殺人」を混同してはまずいのでは?
横レスですが。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 16:36 ID:KKlzR2M2
>>111
問題にしてるのは、所謂「便衣兵と戦っただけだ」というヤツですね。
しかし、実際問題それをさして「虐殺」と呼び、南京という場所と時間を限定した、
ひとつの「事件」と考えるのは無理があるのでは?。
当時の大陸の戦線だけでなく、後のベトナム戦争にしろ、ゲリラ戦を展開する相手に
対しての戦闘行為は全てその問題にあてはまるのではないでしょうか?。

114 :ひっきー吉田:01/11/22 16:40 ID:uj0BGr3+
>>112
すまんす、君の東京駅で機関銃乱射の例えのことね。

115 :増長するな:01/11/22 16:45 ID:???
>賛同できません。
>歴史を学ぶことは重要です。温故知新という様に、未来を築く為には史学は絶対
>に必要です。

これが増長だと言っているのです。私は学問に優劣をつけるのは大嫌いなのですが
君のような増長した人間にはあえていいましょう。
「史学なんてたいした学問ではない」と。
私としては歴史学者の知的好奇心による探求心も科学者の科学に対する知的探求心も
同じくらい尊敬すべきものと思っていますが、こういう「未来を築くためには史学は
絶対に必要です」とかいう増長ぶりを聞くと、たかが史学になにご立派な理屈つけて
やがんだ?と言いたくもなるのです。
そもそも史学などはそんな大層な御名目で学ぶのではなく、過去の人類社会に対する
知的好奇心の探求で学ぶものです。
それをくだらない増長してるから日本にはたいした歴史学者なんていないんだよ。
日本で歴史から学べるくらい膨大な資料と知識を持って研究してる歴史学者なんて
ほんの一部。大部分はくだらないイデオロギーとアジテーションでたいした歴史考察
もできないドキュソ寸前の教授ばっか。なぜ歴史の教授にドキュソが多いのか?と
いう命題を解くカギはそういうとこにあると思うぞ(笑)

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 16:50 ID:W/z/eWDP
>>115
前半の丁寧な言い回しと、突如人格が入れ替わったのような後半の
増長ぶりの乖離が変に素敵。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 16:54 ID:???
増長よりも多聞のほうが好きかな?

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 17:17 ID:W/z/eWDP
広目のほうがいい、という冗談はさておき、115の態度こそ増長というより
思い上がりとは言わないのかな。

119 :橘孝三十郎:01/11/22 17:40 ID:???
菊地のエピゴーネン大野を菊地は成敗しろ!

120 :美濃部達十吉:01/11/22 17:44 ID:???
菊地君の文体を真似していると、菊地君は思っているようだが、こんなこと
言ってるヤツの文体って皆同じようなものじゃろ。

121 :素敵に豹変:01/11/22 17:47 ID:???
私のどこが増長なのですか?
私はただ歴史は学ぶものであって、歴史を批判して学ぶなんていう現代人の
思い上がりはみっともないと謙虚なことを言っているだけです。
だいたい君達は自分が過去の人間に比べてどれだけ優れているつもり
なのですか?別に自分で電気を発明し、乗り物を発明し、道を整備した
わけでもないくせにしたり顔で過去を学んで教訓にする?笑わせるな。
だいたいお前に過去を分析するほど歴史の何を知っているというのだ?
ただでさえ過去を知る手がかりなんか砂漠の砂粒にすぎないってのに
その砂粒さえみつけるほど勉強したわけでもないのにあんまりふざけた
こと言うなよ。
たいして歴史も知らねえアホサヨ教授の書いた薄っぺらい歴史教科書を読んで
過去を知った気になって偉そうに批評なんてすんじゃねえっての
このアホサヨが!

122 :香山リ十カ:01/11/22 17:48 ID:???
菊地君が、躍動してるって、自分の文章を評するのは、或る意味正しいわね。
思考が躍動してるのじゃなくて、単なる脳内の生化学反応なのだけれど。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 17:52 ID:???
>こんなこと言ってるヤツの文体って皆同じようなものじゃろ。

脳内の生化学反応が皆同じなんだろうね。

124 ::01/11/22 17:58 ID:B849tUF2
はーーい!!
>>112>>113
その通りですね。
僕も南京大虐殺と呼ぶのは、実際のところ、抵抗があるのですが
大虐殺でないのか?と 聞かれると、ねぇ・・・。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 18:07 ID:???
大量殺人ならますます問題だろ。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 19:09 ID:0ETTYW0G
>>124
ゲリラ相手の市街戦として規模相応の死者がでるのは、「戦争の悲しい側面」ではあるが、
犯罪といえるかどうか?。
殺した人数における「非兵士」の比率を考えると、原爆・空襲などに比べて、高いとは思えない。

127 ::01/11/22 19:16 ID:B849tUF2
>>126
僕的には、通州事件がきっかけになっていて
大きなゲリラ戦を押さえるために、強引な逮捕処刑劇を
行うことで、ゲリラに対する威圧をかけたのでは?
と、考えてるのですが。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/11/22 19:24 ID:8ax0XXdT
通州事件の復讐をしたんだと・・・
米テロに対するアフガン空爆みたいなものと考えたらいけませんか?

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 19:35 ID:VQGKyXOF
>>127
そういう可能性は当然あると思う。
日本陸軍は「強さ」のアイデンティティを日露戦争時に持ってたから=正攻法・正面突破、
孫子の兵法をベースにしたゲリラ戦には対応しきれなくて、やりすぎたのかもしれない。
しかし、城郭都市を制圧したらまず反攻勢力を一掃するというのは、日本というより
むしろ支那の伝統的な「戦争慣習」だから、郷に入りて郷に従っただけとも言える。

現在、中国や在米華人勢力が「南京大虐殺(大屠殺)」というときに、戦闘行為上の
行き過ぎをさすより、民衆に対する殺戮自体が目的だったかのようにいうことが問題なのだが。

130 ::01/11/22 19:38 ID:B849tUF2
>>128
ゲリラが蜂起した場合、はじめのうちに過激にやって
押さえこまないと 火がでかくなるので、
統制をたもつためには やらざる得ないと思いますよ。

131 ::01/11/22 19:41 ID:B849tUF2
>>129
いやだって、
「民衆に対する殺戮自体」については 本当に資料が無いし
理由についても、どうもねぇって感じで
そのういう事でいうなら、僕は無かったとしか・・・。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 19:46 ID:???
  _______________

| 大野さんをお迎えに上がりました
\_______________
     V
             凸\_________/,凸、
           ノ´⌒`ヽ三三三三三三三i三.ノ´⌒`ヽ、
         [二ノ´金`ヽ二]二二二二二二i仁ノ´劵`ヽニフ
           ,.-┴―┬┴┐鬨鬩鬨鬩鬨鬨鬩鬨
            /ΛΛ // Λ||L匳匳||卅||匳匯||匳||
        /_(゚д゚_//_゚Д゚,,)| |丗卅丗卅丗卅丗卅丗
  _,,,.-―''''"_,,,.-―''''"|コ ̄ ∪i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 i゙(}[王i王]I()0コ ―― |―――=|――――――――――〕
 |_∈口∋ ̄_l_l⌒l ノ       ノ      ___l⌒l_ソ
   ̄ ̄`ー' ̄ `ー' ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄`ー'   `ー'

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 19:49 ID:VQGKyXOF
「南京大虐殺(大屠殺)」をホロコーストと同列に扱うべき物だというイメージ戦略に対して、
戦闘行為の行き過ぎ=悪くても「戦争犯罪」と、民衆を殺すことが目的=本当の「大量虐殺」の
違いをわきまえないと、まともに是非を判断することはできないと思う。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/11/22 22:38 ID:???
大野ってネタだろ
マジだったら精神病院行きだな

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)