2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

初心者の質問に合格者や中上級が答えてくれるよ 2

1 :SC6026 ◆S0mIt7Rg :01/11/21 00:52
どんなヴァカな質問でもオッケー!
誰かが答えてくれるはずです。
前スレ
http://ebi.2ch.net/test/read.cgi/shihou/995092161/l50

2 :氏名黙秘:01/11/21 01:49
こちらに移ったようなので、再度質問させていただきます。

ある問題集で、「運送業開業のためAが友人Bから借りた1000万円について
BはAが現物出資した新会社に1年後いくら支払請求できるか」という問題が
ありました。解答は、あっさり商法26条を類推適用したあと、商事利率が
適用されるか否かを論じる際に商行為性(商人資格の取得時期)を検討して
いました。

商法26条「営業に因りて生じたる債務」は、商行為によるものでなくても
よいのでしょうか。

どなたか教えていただけたら嬉しいです。

3 :氏名黙秘:01/11/21 01:50
894 :氏名黙秘 :01/11/21 00:18
民訴の質問です。

既判力の客観的範囲の問題で、114条2項の相殺がありますよね?
相殺の抗弁が認められた場合に、どの様な点につき既判力が生じるか
という典型論点ですが、反対債権の不存在についてのみ既判力が
生じる、という説の根拠がよくわかりません。過去問の解説、参考書
等読んだのですが、いまいち理解できません。どなたかわかりやすく
おしえてください。ちなみに、他説(双方の債権が存在し、それぞれが
相殺によって消滅したという点について既判力が生じる説)は良く
わかります

4 :氏名黙秘:01/11/21 01:50
897 :氏名黙秘 :01/11/21 00:41
>>894
判決主文中の判断による既判力で訴求債権の蒸し返しを防げる
相殺についての理由中の判断で反対債権の蒸し返しを防げる
よって両者の合わせ技で不当な蒸し返しを防げるから他説みたいにごちゃごちゃ考えなくともよいということです。

899 :氏名黙秘 :01/11/21 00:46
>>894
相殺は遡及効があるので(←この部分やや不正確)
基準時(口頭弁論終結時)には、
両債権があった→自働債権・受働債権とも既に消滅しており、この時点では不存在
自働債権のみあり→受働債権は不存在
ということになり、結果として「基準時における受働債権の不存在」のみが
確定できるというわけです。

5 :☆エマニュエル坊や ◆5BWHAxCw :01/11/21 01:55
良スレ潰してごめんなさい。
もうしません。

6 :☆加護亜依参上 ◆DhJkQxJw :01/11/21 01:56
今般、我々1000ゲッターズの1部の者による暴走によって、
貴前スレでご迷惑をおかけしまいましたことを、
誠に申し訳なく存じております。
以後このような事がないように、
十分注意いたすことを誓います。

7 :☆加護亜依参上 ◆DhJkQxJw :01/11/21 02:01
訂正
おかけしまいましたことを

おかけしてしまいましたことを

8 :1000ゲッター ◆WJDv5jQ6 :01/11/21 02:07

私の始めた行為が発端となり、
このスレッド住人の皆様に、ご迷惑をおかけする
ことになってしまいましたことを、深く反省しております。
ほんとうに申し訳ありませんでした。

9 :氏名黙秘:01/11/21 02:14
>>6-8
このスレに限らず、活動中のスレでは絶対にやらないこと。
これだけは守ってくれ。
下の方で死にかけているスレなら誰も文句は言わないから。

10 :横取りゲッター ◆7NDAP3Rc :01/11/21 02:15
1000番ゲット行為に関わっている人間として、
前スレの皆さんに深くお詫びを申し上げますm(__)m

すみませんでした

11 :9:01/11/21 02:16
>>5も同様。忘れててスマン

12 :氏名黙秘:01/11/21 02:17
あげよう

13 :氏名黙秘:01/11/21 02:21
2>開業準備行為は債務引受けも含むと考えれば、503の適用を受けるわけで取引うんぬんは、ずれてますよ。

14 :SC6026 ◆S0mIt7Rg :01/11/21 02:24
今回、前スレを荒し、問答無用で新スレを作ったのは私です
皆様に御迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます

15 :氏名黙秘:01/11/21 02:42
>>894

894 :氏名黙秘 :01/11/21 00:18
>民訴の質問です。
>既判力の客観的範囲の問題で、114条2項の相殺がありますよね?
>相殺の抗弁が認められた場合に、どの様な点につき既判力が生じるか
>という典型論点ですが、反対債権の不存在についてのみ既判力が
>生じる、という説の根拠がよくわかりません。過去問の解説、参考書
>等読んだのですが、いまいち理解できません。どなたかわかりやすく
>おしえてください。ちなみに、他説(双方の債権が存在し、それぞれが
>相殺によって消滅したという点について既判力が生じる説)は良く
>わかります。

897 :氏名黙秘 :01/11/21 00:41
>>>894
>判決主文中の判断による既判力で訴求債権の蒸し返しを防げる
>相殺についての理由中の判断で反対債権の蒸し返しを防げる
>よって両者の合わせ技で不当な蒸し返しを防げるから他説みたいに
>ごちゃごちゃ考えなくともよいということです。


899 :氏名黙秘 :01/11/21 00:46
>>>894
>相殺は遡及効があるので(←この部分やや不正確)
>基準時(口頭弁論終結時)には、
>両債権があった→自働債権・受働債権とも既に消滅しており、この時点では不存在
>自働債権のみあり→受働債権は不存在
>ということになり、結果として「基準時における受働債権の不存在」のみが
>確定できるというわけです。

----------
 これ、私も昔なんだかわからなかったのだよね。

 「反対債権の不存在についてのみ既判力が生じる」って言うから、
てっきり主文の方に既判力が生じないものだと思ってしまったから、わからなくなったのだ。

 つまり、この話は、「この訴訟の既判力」が「反対債権の不存在についてのみ既判力が生じる」わけではなくて、
「この訴訟の判決理由中の判断の既判力」が「反対債権の不存在についてのみ既判力が生じる」という話なのよ。

あれ、あなたがわからなかった理由は、こういう勘違いじゃなかった?。
こんな勘違いしたのは私だけだったらゴメンよ(笑)。

16 :氏名黙秘:01/11/21 03:31
2>>26条「譲渡人ノ商号ヲ続用スル場合」→本問、現物出資→26類推、形骸化事例、要件肯定、

17 :氏名黙秘:01/11/21 13:48
これもお答え待ちなんじゃないの?

888 名前:ゆーこ 投稿日:01/11/20 14:33
最判昭和52年10月11日判決(民法判例百選第四版90事件・再築後の堅固建物と
法定地上権)の射程範囲について、質問したいことがあります。
本事例は、抵当権者と競落人が同一人物であるケースですが、
受験界の通説(?)では抵当権者と競落人が別人であっても、この判例の論理が
及び、法定地上権が成立するとされているようです。
他方で、更地への抵当権設定後に建物が建築された場合には、
競落人の利益を害するとして、同判例の論理は及ばず、法定地上権は
成立しないとされています。
しかし、更地の場合に競落人の利益が害され法定地上権が成立しないと
するならば、非堅固→堅固の場合でも、抵当権者と競落人が別人であれば、
競落人の利益が害されることには変わりはないのだから(借地借家法改正前を
前提としています)、法定地上権は成立しないと考えるのが筋なのでは
ないでしょうか?
アドバイスお願いいたします。

18 :(゚∀゚?:01/11/21 14:24
      ■■■■■■■■
    ■■■■■■■■■
 ■■■■√ === │
■■■■√ 彡    ミ │
■■■√   ●    ● \
■■■  ∵   (●  ●)∴│抵当権設定時に建物が建っていれば、
■■■    丿■■■(  │法定地上権が成立します。
■■■     ■ 3 ■ │立替えでも同じです(特約で排除不可)
■■■■   ■■ ■■ ■そもそも、物権を負担しているのを承知の上で
■■■■■■■■■■■■   抵当権を設定したわけです。
■■■■■■■■■■■■ 制度趣旨は、借地人、借家人の保護。
■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■

19 :(゚∀゚?:01/11/21 14:34
法定地上権が成立しないとすると、
建物が土地を不法に占拠していることとなり、
妨害排除請求権を行使される。
建物の資産価値や撤去費用等を考えると社会経済的にも損失。

ゆえに、建物の法的な存立基盤を保護することが必要(゚∀゚!

20 :(゚∀゚??:01/11/21 15:55
>抵当権者と競落人が別人であれば、
>競落人の利益が害されることには変わりはないのだから

裁判所の競売物件一覧表には、地上建物の有無が記載されてます。
それに登記簿や現地を調べずに不動産を買うのは軽率すぎる、
重過失は限りなく悪意に近い・・・・・
それと法定地上権の制度趣旨を比較衡量(゚∀゚?

    ,-───────、_
   / ̄ ̄        ̄`  、-、
  ,l' ‐'-           `ヽ `l
  l  - -         ヽ    l
  l'   _            ~~ l
  l_ _,-─'' ̄ ̄`─--、__  \l
   ■l            ■\ /
  ■l ━━\ /━━  ■■ l
   ■l <◎> l l /<◎>  ■■ l  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ■i`─ ' l l `ー '   ■■ l<建物が未登記でも法定地上権は、成立します
    ■i   l l l l   /■■ / l 必ず、現地調査を・・・・・・・・・・
    ■l/ノ、_,、ヽ\ ■■■ l   \_____________
    ■l ■■■■■ ■■■ l
    ■■ ヽ三三ノ ■ ■■■  l
   ,--■■■■■■■■■   lー--、
/ ̄   ■■■■■■■■■  i l
     ■■■■■■■■■  i l
      ■■■■■■■■ l  丶ヽ
      ■■■■■■■
       ■■■■■■
        ■■■■

21 :894です:01/11/22 00:07
レスありがとうございます。おかげざまで理解できました!!
自分なりに理解したように書いてみますので、まちがっていたら
指摘してもらえると大変ありがたいです。

相殺を認めるということは、原告敗訴であり、反対説の言う紛争の蒸し返しと
いうのは、まさにこの原告敗訴の主文中の既判力に接触する。よって、わざわざ
両債権が存在して、相殺により消滅した、ということに114条2項により既判力を
生じさせなくても訴求債権の紛争蒸し返しは防げる。
で、反対債権の蒸し返しは反対説も指摘してる通り主文中の既判力では防げない
ので、これを防ぐために114条2項で例外的に攻撃防御方法である相殺に既判力を
与えた。
よって、114条2項の問題としては、反対債権不存在にのみ既判力を生じ
させればよい。

こういうことですよね?

22 ::01/11/22 00:12
1版、2版・・・と改訂されていくけど、
自分が使ってる本の改訂版がでたら
どうする?

23 :氏名黙秘:01/11/22 00:15
内田民法、百選刑事訴訟を買いたいけど、
まもなく改訂があるのではないかと危惧し
躊躇してしまふ、けふこのごろ。

24 ::01/11/22 00:18
>>22
1版→初版の誤り。
逝ってきます。

25 :氏名黙秘:01/11/22 00:20
>>22
改訂の内容にもよるけど、
俺の場合だいたい全部買いかえる。
特に試験委員の基本書だったりすると、
改訂個所から出題されるんじゃないか?
なんて勘ぐっちゃうから。
悲しい受験生心理(泣

>>23
いつの合格を目標にしてるかにもよるけどね。
来年なら買っちゃったら?

26 :不出来な院生:01/11/22 00:23
今修士論文を書いているのですがどうにも進みません
「患者には治療拒否(一種の自殺ですね)権がある」という方向で
結論付けたいのですがそれには刑法202条の問題をクリアしないと
なりません。自殺関与罪処罰根拠論の方は自殺の放任行為性を前提
とした総則の共犯とは異なる独自の犯罪類型という説(by平野龍
一博士)でなんとかなるか?とも思うのですが同意殺人罪処罰規定
は「生命放棄という自己決定を法は認めない」とも解しうる為行き
詰まっています。博学な方にご教授いただけませんか?ちなみに自
分は結果無価値論です

27 :氏名黙秘:01/11/22 00:40
修士だったら自分でやれよ。

28 :15:01/11/22 00:52
>>21(or894)

>こういうことですよね?

そういうことです。

もし、これが間違ってるのだとしたら、私も勉強しなおさなければいけませんが(苦笑)。

29 :氏名黙秘:01/11/22 00:53
資料も学説も裁判例もあるじゃんか、実務であらそい激しいけども。

30 :氏名黙秘:01/11/22 01:10
修士というのは詐称だろ。

A説:自殺は違法、但し自殺者に付きA1:責任阻却説、A2:可罰的違法性説B説:自殺は本人にとっては違法でない、自殺者以外の者の関与は、他人の生命を否定する行為であるから違法

>「生命放棄という自己決定を法は認めない」
の意味するところが把握できないのだが、
パターナリズムを意味するのであれば、
B説で自殺行為者の生命も「他人の生命」にあたるのであって
B説に反せず、むしろその理由となる、
生命は意思を超えた法益であるという意味であれば、これはA説の理由であって、これは単になぜ生命についてだけそう解されるのか疑問とでも叩けばいいのではないか?

寝る前に適当に書いた文章だから、内容については担保しない。

31 :2:01/11/22 01:12
>>13
債務引受けがあった事情は問題文になかったです。
>>16
現物出資に26条が類推適用されると解した場合、26条で商号を続用する
会社が連帯責任を負うべき「営業に因りて生じたる債務」は、(附属的)
商行為によって生じた債務でなくてもいいのですか?

32 :30:01/11/22 01:12
netscapeだと、開業が正確に反映されないのか?

33 :氏名黙秘:01/11/22 01:16
社怪人で今から勉強始めると、ロースクールの影響で
不利になる?

34 :氏名黙秘:01/11/22 01:33
民事訴訟法の質問です。
訴訴訟無能力を看過して本案判決がなされ、これに対して
未成年が単独で控訴した場合、通説によると、控訴裁判所は:
@補正を命じた上で、これがなされなければ、原判決を取り消して、
訴え却下判決をなすべき、という表現と、
A原判決を取り消した上、補正を命じ、これがなされなければ
訴え却下判決をなすべき、という表現にであったことがあります。
どちらが正しいんでしょうか?

35 :氏名黙秘:01/11/22 01:40
31>>会社は原則として登記により権利能力または行為能力もしくは両方を取得します。そのため本問は設立中の債務引受けが設立後の会社に帰属しうる構成を検討することになります。

36 :はいらんど ◆i6k.id3w :01/11/22 01:45
平成13年度の商法改正は自己株式取得が解禁されたとのことですが、論点
としての重要性はまだ健在とも聴きます。制限時の趣旨に関連して、改正
後の違いを教えて頂けますか?。

37 :氏名黙秘:01/11/22 02:00
>>36
基本的には改正前と同じ。
ただ、改正前での趣旨4つにつき

資本維持阻害については配当可能利益の範囲内で原則取得OKとすればかかる弊害は生じない、
株主平等原則違反については購入相手(売主)につき規制すれば足りる、
(原則として市場で調達、例外的に特的の株主から購入する場合は総会の特別決議要求)、
会社支配の不公正については自己株式の議決権否定で足りる、
株式取引の不公正はむしろ証券取引法の問題、
と考えるならば、原則取得可能としても必ずしも問題がないとされるわけです。

38 :416:01/11/22 02:01
どうしてみんな択一六法の刑法を買い換えるのですか?

39 :はいらんど ◆i6k.id3w :01/11/22 02:19
>>37
さっそくのレスありがとうございます。
4つの内、下3つは大体(汗)分かりましたが
☆株主平等〜 ひいきのおそれあるから売主規制→総会特別決議
☆会社支配〜 会社の議決権否定して株主意見(?)尊重
☆不公正〜  インサイダー防止は証取法
>配当可能利益の範囲内で原則取得OKとすればかかる弊害は生じない
というのは、「株式の払込金の返済を実質的に認めてしまうことになる」
という意見に対する批判でいいんですか?。

40 :37:01/11/22 02:33
>>39
それでいいと思います。批判というか反論ですが。
会社財産に与える影響は配当だろうが自己株式取得だろうが同じなわけで、
〜となるわけです。

41 :はいらんど ◆i6k.id3w :01/11/22 02:48
>>37
ありがとうございました。

42 :氏名黙秘:01/11/22 03:12
>>37
会社支配の不公正ですが、自社株の議決権を否定しても、旧株主の
持株比率が変わる以上、相変わらず従来どおり、支配権操作の
危険があるということにならないんでしょうか。

43 :37:01/11/22 03:45
>>42
今秋発売の六法で改正商法を見て下さい。
発行済株式の総数の過半数、のような表現が、ほぼ全て(?)
総株主の議決権の過半数を有する株主、と言ったように改められています。
211条の2における親子会社の定義なんかも変わっていますよ。

44 :氏名黙秘:01/11/22 11:48
age

45 :不出来な院生:01/11/22 15:12
>>30
詐称じゃないよ。身分保障で院に来たけど結局ダメで春からリーマン。で今
卒業するために修士論文に四苦八苦 司法はやめる
浅田先生という人の説に乗ることにしたよ。

46 :氏名黙秘:01/11/23 02:55
>>48
K○大学の○馬君、元気?
法たまは辞めたの?

47 :氏名黙秘:01/11/23 03:32
今年の商法改正をまとめた文献って何がありますでしょうか。
こう毎年変わると基本書を買い換える気もなくなってしまいます。

48 :氏名黙秘:01/11/23 03:33
>>45を見てね。

49 :氏名黙秘:01/11/23 03:37
商法講義録なんかいいのでは?

50 :氏名黙秘:01/11/23 03:45
>>49
どこから出ている本でしょうか? お値段のほどは?

51 :氏名黙秘:01/11/23 03:54
れっく。

52 :氏名黙秘:01/11/23 05:06
>>45
浅田説に乗るとは、お目が高い。
浅田先生は、「学会では誰も同意してくれない」と日頃から嘆いておられるので、
あなたの修論を読んだら喜ぶとおもいますよ。

53 :氏名黙秘:01/11/23 05:07
推定的同意を実在の同意と同視ってのがよく分からない

54 :氏名黙秘:01/11/23 05:36
マークス寿子って誰ですか?

55 :氏名黙秘:01/11/23 21:12
英吉利被れの女
日本人に対する愛情は持っていないらしい

56 :氏名黙秘:01/11/24 01:24
スレ違い・・・
ドイツの少年法における問題点ってなぁに??
どこのスレで聞けばよいのかな?

57 :氏名黙秘:01/11/24 04:54
>>55
よくわかりました。
どうもありがとうございました。



58 :氏名黙秘:01/11/24 05:03
マークスって、一時期英国貴族と結婚していただけで今も貴族と抜かしているDQSババァだろ?
英国そのものが糞なんだってことを知るべきだよなあ(ワラワラ

59 :氏名黙秘:01/11/24 05:04
そうなんですかー、普通の女性ではなさそうですねw

60 :氏名黙秘:01/11/24 05:29
>>59
『ティムポの小さい日本人、ティムポのデカイ英国人』
『早漏・遅漏ばかりの日本人、逝かせてくれる英国人』
など、日本人をコケにした著作多数ww

61 :氏名黙秘:01/11/26 15:02
  

62 :氏名黙秘:01/11/26 18:24
林ますみの家を放火した事件、なんで現住じゃなくて非現住なの?

63 :氏名黙秘:01/11/27 02:05
正確には担当検事に聞かないと分かりませんが、おそらく
住人全員が拘置所内に居住しており現住性に疑問が生じたので、
手堅いところで起訴したのではないでしょうか?

64 :氏名黙秘:01/11/27 11:53
子らもいたけど、親戚の家に避難していたみたいだし。

65 :氏名黙秘:01/11/27 15:03
でも、社員を海外旅行に行かせている間に放火した有名な事件では、
現住と判断されているし、住居に供している限り現在すんでいなくても
現住なんじゃなかった?

66 :氏名黙秘:01/11/27 18:15
手形行為独立の原則に関する質問です。
手形行為独立の原則の裏書への適用を否定する説がありますが、
裏書への適用を否定してしまうと、同原則はどのような場面で
現れることになるのでしょうか?

67 :氏名黙秘:01/11/27 18:25
>>65
やっぱ、「帰ってくる可能性があるかどうか」の違いなんじゃないでしょうか(w。

68 :(゚∀゚?:01/11/27 18:51
(゚∀゚?

69 :氏名黙秘:01/11/28 00:50
>>66
振出と手形保証やね。

70 :氏名黙秘:01/11/28 01:18
>65
政策判断でしょ

71 :氏名黙秘:01/11/28 06:35
司法試験の過去問見られるサイトってありませんか?

72 :.:01/11/28 06:39
検索してみれ。

73 :氏名黙秘:01/11/28 07:33
 

74 :氏名黙秘:01/11/29 12:16
基本的な質問ですが・・・
民法上の不当利得返還と損害賠償ってどこがどう違うの?
法律上ノ原因ナクシテ・・と言う部分が特に解らないのです
それと徐斥期間も違うのですがなぜ?

75 :氏名黙秘:01/11/29 21:28
age

76 :氏名黙秘:01/11/30 01:58
>>74
不当利得は最後の手段。
損害賠償とかが法律上できないけど、
それでも、当事者の一方に利得を吐き出させるのが
当事者間の公平の観点から相当な場合に
不当利得を請求できるって習った記憶がある。

77 :氏名黙秘:01/11/30 05:26
刑法225条(営利等目的拐取罪)について、
シケタイのp58に、
225条の2の新設によって
営利目的に身代金目的が含まれないことが確定したって
書いてあるけど、
「安否を憂慮するものでない者」以外(警察等)に
身代金を要求する目的で誘拐する場合は
225条で読むんじゃないかなあって思うのですが、
どうですか?

営利目的に身代金目的が含まれないんじゃなくて、
含まれるんだけど
「安否を憂慮する者の憂慮に乗じる」
場合のみ特別規定を設けたって
考えるんじゃないかってことです。

78 :氏名黙秘:01/11/30 14:08
>>77
「安否を憂慮する者」以外の者から受ける財物を「身の代金」とは言わない
と言うことになったのでは(225条の2見出し参照)?

実際には今でも警察や政府に要求する金も「身の代金」と言ってるだろうけど、
法的には「身の代金」とは言わない、と。
「安否を憂慮する者」が交付する財物だけを「身の代金」と言い
このような財物交付の目的だけを「身の代金目的」として特に重く罰することにした。

ということで、「営利目的に身の代金目的が含まれないことが確定した」。

こういうことなのではないでしょうか。

79 :氏名黙秘:01/11/30 14:28
今、ツッチーが、「略取と監禁(致傷)は一罪」って言ってたけど、
併合罪じゃないの?

80 :新前:01/11/30 14:31
 問題傾向によって浪人の長い人が増えたり、女性の割合
が変動するようですが、今年若い人と女性が減ったのはなぜでしょうか?
逆にこれまで数年は「丙案」以上に若い人が増えたり女性が(昔より)
増えたのは問題傾向にも原因あるんでしょうか?

81 :氏名黙秘:01/11/30 14:44
>>80
コツコツ勉強しないと解けない問題が多いと女性が強い。
解答に体力を要する問題が多いと男性が強い。
頭が柔らかくないと解けない問題が多いと若者が強い。

…とかかな?

82 :氏名黙秘:01/11/30 14:52
>>79 けんれん犯だろうが。アホ

83 :新前:01/11/30 16:40
>81
すると若いのが(去年まで)増えたのは「柔らか頭」問題のせい。
今年は「経験(試験勉強あるいは弁護士事務所や検察事務官など
をしてる人の実務含む)が有利に働いたわけでしょうか?

84 :氏名黙秘:01/11/30 20:20
5

85 :氏名黙秘:01/11/30 22:35
あの、ちょっと前にこの板で話題になってた
タッキーって、京大の辰巳で講師してる人ですか?

86 :77:01/12/01 04:29
78さん、ありがとうございます。
私のほうに、身代金っていう言葉の使い方に対する
認識の誤りがあるのですね。
大変勉強になりました。

87 :氏名黙秘:01/12/01 04:39
>>85
YES

88 :qq:01/12/03 12:36
q

89 :氏名黙秘:01/12/03 13:01
丙案とかC答案…って何を指すのですか?

90 :氏名黙秘:01/12/03 18:57
詐欺罪の疑網→錯誤→処分というのがよくわからないです。

91 :氏名黙秘:01/12/03 19:00
>>90 どこがわからないの?

92 :氏名黙秘:01/12/03 19:05
>>90 簡単だよ
@まず、騙すわけ
例) 一日2.7時間でもうかりますよ。
Aそして錯誤に陥れる。
例)俺でもうかるかも・・・
Bそして財物を交付させる
例)95万円です。入塾料は別です。

93 :氏名黙秘:01/12/03 19:12
直前の択一模試ではたらないのでしょうか?

94 :氏名黙秘:01/12/03 19:20
最高8回かな?足りなくもないかも。

95 :氏名黙秘:01/12/03 19:24
>>94 10回だろ?

96 :氏名黙秘:01/12/03 19:25
>>89
試験受けるならこれくらいのこと知ってるはずだけど・・・
知らなくても自分で調べられることだと思います。

丙案=受験三回目までの受験者が優遇されるシステム
C答案=論文の答案はA〜Fにランク分けされて帰ってきます。
それのCランクの答案のことです。

97 :氏名黙秘:01/12/03 19:26
>>93
特定の予備校の択一答練と模試だけを受けるのは
避けた方が良い。
択一答練を一括受講すると総額が安くなり、
おまけに模試を無料で受験できたりするが、
問題傾向に慣れてしまい、実力以上に点数がとれるように
なり危険。

98 :氏名黙秘:01/12/03 19:28
ああ92はいい具体例だね。

99 :氏名黙秘:01/12/03 19:49
>>96
ありがとう。今調べてきました。2ch独特の用語ではなかったんですね…。
試験についてはこれから情報収集するところなのでまったくの初心者です。

100 :氏名黙秘:01/12/03 19:54
(゚Д゚)100!

>>99
そうでしたか、こちらこそきついいーかたしてゴメンね。
丙案はなくなることが決定したので、深く悩まなくていいですよ。
また、丙案ならC答案を6つ揃えれば合格するという話も聞いたことあります。
嘘かほんとかは知りません。

101 :氏名黙秘:01/12/04 00:20
初心者です。
過去ログを調べようとしたのですが中々、見つかりません。
検索で捜索したのですがたくさんヒットしてしまって膨大な
時間がかかります。
 そこで、優良スレを教えていただけないでしょうか?
わがままなお願いもうしわけありません。

102 :氏名黙秘:01/12/04 00:23
調べようとしたのは基本書ですが、他のものでも
司法試験に関する有料スレならならなんでもいいです。
よろしくお願いします。

103 :氏名黙秘:01/12/04 00:36
訴えの取下げではその意思表示に瑕疵があった場合、民法意思表示規定の類推を認めるか、の論点ありますけど、
訴訟上の和解で意思表示の瑕疵あった場合、民法の類推は問題にならないのですか。
他の予備校では知りませんが、まことでは、取下げ、放棄、認諾では民法類推が論点で出てくるけど
和解では出てこないで、すぐに既判力の有無になるので。
ちなみに、既判力否定説です。

104 :氏名黙秘:01/12/04 00:43
>>101
(゚Д゚)ハァ? 自分で探せ。

105 :氏名黙秘:01/12/04 00:46
>>101
300そこそこしかないのに。
ここに何回も書いてる暇あったら自分で探せば?
いろんなあほな質問見て来たけど、ここまであほな質問は初めて。
少しくらい努力すれば?逝ってよし。

106 :101:01/12/04 02:23
過去ログのことを言ったのですが、
300どころじゃないんじゃないかと

107 ::01/12/08 00:27
有益費償還請求権と造作買取請求権
の違いって何ですか?

108 :氏名黙秘:01/12/08 00:29
>>106
とりあえず法務省のページでも見てきたら?

109 :氏名黙秘:01/12/08 00:30
>>106
自分で探せ。

110 :氏名黙秘:01/12/08 00:34
>>109
氏ね

111 :氏名黙秘:01/12/08 01:03
はじめまして。今日、シケタイの総則読んだんですが、
相続人が無権代理人(先死亡)と本人(次に死亡)の双方を
相続した場合の判例解説で、
「無権代理人が本人を相続した場合と同様、追認拒絶できない」
とあるんですが、よくわかりません。
先に死んでいるのは無権代理人なので、追認拒絶できそうに思えて…。
それとも判例は相続するなら当然追認したものと考えているのでしょうか。
暇なときでいいのでよろしくお願いします。

112 :氏名黙秘:01/12/08 01:06
>>111
先に無権代理人が死ぬことで、相続人は無権代理人の責任を負う
その上で相続人は本人死亡により本人を相続する

とすると無権代理人が本人を相続したような感じになる
というのが判例の理屈

113 :電話相談室:01/12/08 01:10
>>111
相続というのは包括承継(全部引き継ぐイメージ)
そこで無権代理人が死んでしまうと、
まずそのひとの権利関係すべてを承継するのね。
だから、その時点で相続人=無権代理人な感じなのです。
で、その次に本人が死亡するので
無権代理人が本人の地位を相続したときと同じように考えるのです。
わかりにくい説明かな?

114 :氏名黙秘:01/12/08 01:12
>>113
こういう後追い説明で かつ 同じことしか言ってないレスってのが
この板にはよくあるよな

115 :111:01/12/08 01:21
>>112,113
ありがとうございます!
最初の無権〜と結論の無権〜は違う人なんですね。
今日、図書館で調べたんですが新しい教材が全部
出払ってて消化不良になっていました。
すっきりして眠れそうです。かたじけない…。

116 :氏名黙秘:01/12/08 01:21
無権代理人死亡→相続人=無権代理人
無権代理人が本人を相続した場合と同様に考える。

117 :氏名黙秘:01/12/08 01:22
鬱だ詩嚢

118 :電話相談室:01/12/08 01:22
>>114
すまんな。112を見てなかったんだよ。

119 :111:01/12/08 01:23
う〜ん、みなさまいいひとだ・・。

120 :氏名黙秘:01/12/08 01:31
もうねるよおやすみー

121 :氏名黙秘:01/12/08 21:08
大学卒業して、大学生協の脱退手続き取らない場合、
出資金はどうなるの?
出したままなら永久組合員?

122 :氏名黙秘:01/12/08 21:35
僕の唯一の楽しみは、自習室を歩いている時、前かがみになっている女の人の胸元を覗き込むことです。こんな僕は逝ってよしでしょうか?

123 ::01/12/08 22:35
Wの成川が過去に憲法教えてたって本当ですか?
受講してた人、どうでした?

124 :氏名黙秘:01/12/09 11:20
>>121
大学生協の規約を参照。
学生でないことが判明した時点で退会させることができるとの規約だったな、俺の大学は。

125 :氏名黙秘:01/12/09 11:29
刑訴について。
保釈がなされても逮捕勾留の効力は維持されるのですか?
それとも逮捕は期間経過によりその効力は消滅しているのですか?

126 :氏名黙秘:01/12/09 12:25
age

127 :氏名黙秘:01/12/09 13:41
>>121
だいぶ経ってからでも返金してくれるよ。
大学によるのかもしらんが、おれは京大で、同じような
受験生がいっぱいいたから理解があっただけかもしれんが。
ちなみに去年最終合格して、今年脱退した。

128 :イルカの昼寝 ◆w7Mbkr2o :01/12/09 13:53
>>125さん
逮捕については、効力は及んでいない。
これは勾留されていても同じです。
逮捕状の効力が何処まであるのかもそもそも争いあるところですが、
逮捕状でできるのは身柄確保(逮捕行為)と引致先への引致まで、
その後の48時間+24時間の身柄拘束は法が特別に認めた効果だと
いわれています。
勾留については、保釈中であっても効力は存続します。
保釈自体が「勾留の効力を維持しつつ公判中身柄を解放する制度」と説明される。
2か月おきに勾留状も更新されるのが一般。
はじめから勾留しないで公判を進める「在宅事件」とは根本的に違います。
従って、保釈が取り消されれば新たな勾留状なしに収監される。
仮に勾留状の期限が切れて更新してないという場合があれば、
完全な「釈放」(在宅事件)になっているので、
新たに勾留状を発布して収監するほかはない。

129 :リアル初学者:01/12/09 17:37
論森の民訴P4の小問(1)の
当事者確定の基準のとこですけど

“当事者欄の記載の他に請求の趣旨・原因等の各記載を合理的に解釈して”

つう意味は、手形の解釈と同じように合理的にとはいっても
あくまでも文面上の記載に基づく判断ではないのですか。

『Yの死亡を知らずにYに対して訴えを提起しているので』

というようないわば訴状外の事項を考慮するのはOKなのでしょか。

130 :氏名黙秘:01/12/09 17:38
会社法、合併について
解散される会社の資本と新会社の資本の関係はなし、とのことですが、その理由とし
て挙げられる、「新会社が引き継ぐのは資本という計算上の数額ではなく、純資産で
あるから」という理由付けの意味が解りません。

131 :リアル初学者:01/12/09 17:42
あと、同じく論森の民訴P4の一番下の
“124条の趣旨を類推”ってどういう意味ですか。
趣旨を類推…って、民法の代理のとこで出てきたと思いますけど
あそこでは要は『要件を大幅に修正して適用』みたいな意味かな??
とかなりアバウトに捉えておりました。
が、ここを見ると別に124条の要件を大幅に修正して…というのは
見当たらないかんじです。

132 :氏名黙秘:01/12/09 19:19
あげだ

133 :氏名黙秘:01/12/09 19:42
論森は持っていないので
そのあたりを引用して!

134 :氏名黙秘:01/12/09 19:49
>>128
イルカ先生へ
となるとセミナーのAプラスは間違いですね。
そこでは保釈されても逮捕勾留の効力は維持されますとハッキリ書いています。

135 :氏名黙秘:01/12/09 19:52
>>134
「逮捕」の2文字だけ消せばOK

136 :氏名黙秘:01/12/09 20:09
生協の件、ありがとうございました。
定款優先ですね。

137 :氏名黙秘:01/12/09 20:45
>>130
数字の上での資産額を継承しても無意味だからじゃないの?
吸収される会社は大抵経営難だったりして名目上の資産額と実際の資産額が乖離してるから

株式会社の資金的裏づけは会社の資本だけだから過大評価された吸収会社の資本を
そのまま資産額の増加とすると債権者を害するんじゃないかと

138 :137:01/12/09 20:48
1000万円の資本金の会社だけど実際の会社の価値は100万円くらいしかない。
こういう会社を吸収する場合に数字だけ見て1000万円の資本増加にしたら
900万円は裏づけのない資本だということになって、設立時などに厳しく要求してきた
資本確定の脱法になってしまうんではないかと。

これ以上の説明は漏れには無理。誰か代わって(今眠い)

139 :リアル初学者 :01/12/09 21:28
えーとだから
『XのYに対する貸金請求訴訟において、口頭弁論手続きがある程度
進んだ時点で以下の事実が判明した。Xの主張として考えられるものを論ぜよ。
(1) Xが訴状を裁判所に提出した後、これがYに送達される前にYが死亡し
  Yの相続人AがYの名で訴訟を追行していた場合』という問題で
この小問(1)につき参考答案だと、実質的表示説を採った上で
『Yの死亡を知らずにYに対して訴えを提起しているので』
という事情を勘案してるけど、それっていいのかな?ってのが>>129でぃす。
>>131は解説見たらなんとなくわかりましたので取り下げまーす。

140 :電話相談室:01/12/09 22:25
>>139
上田の民訴p84で
「請求の趣旨・原因など一切の訴状の表示(記載内容)を合理的に解釈し」
と載っていておまけに表示のところに点を振ってあるから、
訴訟外の事情を考慮してはダメだと思います。

141 :氏名黙秘:01/12/10 00:48
最新の判例ってみなさんはどのようにチェックされてますか。
重版って6月発売ですよね。その年の重版を買って論文までに
チェックするのですか。
それとも判例セレクトとかを購入されるのですか?
教えてください。

142 :氏名黙秘:01/12/10 01:34
>>137
純資産というのは資本+準備金+剰余金。
吸収合併される会社は資本の欠損がでているような営業状態の
悪い会社が多い。だから資本金を基準にすると会社の過大評価になる、
ということ?

143 :氏名黙秘 :01/12/10 01:45
はいはい!質問!
無銭飲食で
途中で気付いて逃げたら、利益窃盗で不可罰って書いてありました!
世の中間違ってると思います!

144 :氏名黙秘:01/12/10 01:51
>>141
最新判例なんて、ジュリストと法学教室見てれば、そこそこ
カバーできるでしょう。評釈者が試験委員だったり、試験委員の
愛弟子だったら、特に注意して読むといいかと(特に刑法)
セレクトは必須でしょう。重判は、評釈抜きにして判決要旨だけ。
かといって、各個にそれほど時間かける必要なし。

145 :氏名黙秘:01/12/10 05:39
塾で言われるとおりに六法のよく引く条文をマークしていると、答練のときに
引きたい条文がすぐに見つかってしまうのですが、これでいいんでしょうか?
別に真っ白な六法を買った方がいいのかな・・・?

146 :氏名黙秘:01/12/10 13:35
黙秘権と
自己負罪拒否特権ってどう違うんですか?

147 :氏名黙秘:01/12/10 13:46
>>145
答練用にもう一冊法文買え。

148 :氏名黙秘:01/12/10 13:47
まったくの素人です。音羽殺人事件の判決についてチョト不思議なことが
ありました。
この事件で遺族は極刑を主張してますが、実際一人殺しただけで
(だけってのもなんだけど)極刑って過去にありますか?
三人殺して無期か極刑のボーダーライン、四人で極刑待ったなしって
以前聞いたことがありますが、どうなんでしょうか?
教えてください。

149 :氏名黙秘:01/12/10 13:48
>>146 それ田宮と通説で違うから注意。

150 :氏名黙秘:01/12/10 16:07
>>148
板違い
量刑相場なんて司法試験にはでないから法律板へどうぞ

151 :氏名黙秘:01/12/10 23:21
>>145
それでいい。条文の位置関係だけイメージしとけば、本番でも困らない。
あの辺に線引いてあったなぁとか思い出したりして効果的。
わざわざ引きにくい六法もってって答練受けることはない。

152 :氏名黙秘:01/12/11 06:57
民訴で、訴訟係属の時期について
どーして22条3項が訴状提出時説の理由になりうるのか
サルにもわかるように教えれ

153 :氏名黙秘:01/12/11 11:36
自説の取り方が判らない。>刑法
今年4月からLに行ってます。

154 :氏名黙秘:01/12/11 11:49
>>153
Lの基礎講座では教えてくれないの?
シケタイでは、いちいち「この説が妥当」って書いてあるよ。
マコツが嫌いなら、誰かの弟子になったつもりで基本書を学者一人分とか。

155 :氏名黙秘:01/12/11 12:04
それは教えてくれるけど結果無価値に配慮
しながらも行為無価値的な考え方をしたほうが
良い論点は折衷的な説を取るから論点によって
一番書き易い説を紹介している。>ジュニア。

156 :氏名黙秘:01/12/11 13:52
民訴の質問です。
権利自白のところで、「権利自白の肯否が問題となる」という
問題提起をしている参考答案が多いんですが、
これは「権利自白に自白の拘束力が認められるか」という問題提起の方が
正確な気がします。(そのように書いてる参考答案もありますが)
前者の問題提起は正しいといえるのでしょうか?

157 :氏名黙秘:01/12/11 15:28
訴訟法で「防御」、「防禦」という文字を見ますが、
この両者には何か違いがあるのでしょうか。
民訴156条では「防御」、刑訴39条3項では「防禦」となってるんですが、
刑訴では「防禦」で通した方がいいのでしょうか?
どなたか解る方いらっしゃいましたらお願いします。

158 :脳内合格者:01/12/11 15:45
>>157
同じ事です。インクの量が多いか少ないかですから。

159 :氏名黙秘:01/12/11 17:19
>>156
後者がいいと思いますけど、前者も問題提起より前でいろいろ書いてるならば一概にダメだとは言えない。
それだけしか書いてないのならば、「論点吐き出しかよ!」って感じで印象悪い

160 :141:01/12/11 20:48
>144 謝謝。やっぱりそのをざっと
皆さんチェックしているのですね。
時間がないので予備校の資料で出て
きた判例をその辺でチェックします。
ありがとう

161 :合格者:01/12/11 20:58
>>157
どっちでもいいよ。
気にするようなことじゃありません。

162 :156:01/12/11 21:11
ありがとうございます。
やはり後者のほうが正確なのですね。
(もしかしたら、前者と後者は異なる論点なのかとも、
思いはじめていました。)

163 :156:01/12/11 21:12
>>159です。

164 :氏名黙秘:01/12/11 23:19
私、初学者。
「親族・相続」は論文試験にあまり出てこないみたいですが、
どの程度勉強したらいいのか分かりません。

あまりウエイトを置き過ぎると時間の無駄のような気がするので・・
誰か教えて〜

165 :氏名黙秘:01/12/12 02:28
>>164
口述過去問を回す、ってのは置いといて
どうせ皆大してやってないんだから択一過去問の範囲でやっておくのが
費用対効果の点でいいかも。気休めに基本書読むのもいいんじゃない。
時間の無駄とか下手なこと考えてると1年間無駄にしちゃうよ

166 :氏名黙秘:01/12/12 02:32
必要的弁護(刑訴289)の趣旨を憲法37−Vの実効化としつつ、
その内在的制約として判例の基準をとるのは論理矛盾ですか?
百選の解説見ると駄目なように見えるのですが...

167 :氏名黙秘:01/12/12 05:15
一部請求の可否について判例理論について教えてください。
判例は明示すれば認めると本に書いてありますが、この場合明示すれば
1処分権主義から、信義則に反しない限り原則として認められると意味ですか。
2原則はだめだけど明示している場合に限って認めるという意味ですか。
伊藤説だと原則だめ(訴訟物は全体)、
 例外明示+訴えの利益のあるとき認めるとあったので
結論として2のように理解するとそんなに違いがないということで
いいのですか

42 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)