2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

査読ってどう?

1 :Nanashi_et_al.:02/01/08 20:24
ここは論文投稿時の査読について語るスレッド
研究者にはいろいろな人がいます

2 :Nanashi_et_al.:02/01/08 20:30
死にそうに忙しいときに限って、まとめてくるんだよね。

3 :Nanashi_et_al.:02/01/08 20:41
自分とこの先生だったりすることあるの?

4 :Nanashi_et_al.:02/01/08 20:42
自分とこの先生だったりすることあるの?

5 :Nanashi_et_al.:02/01/08 21:48

関係者にはまわらない、原則的には。>>3

6 :Nanashi_et_al.:02/01/08 22:04
なるほど,原則じゃないときもあるの?

7 :Nanashi_et_al.:02/01/08 22:15
だってまったく畑違いのひとにやってもらうわけないから
必然的に何らかの関係がある場合が出てくる。

8 :Nanashi_et_al.:02/01/08 22:19
>>6
関係者になることもあるよ.

元生徒に査読されるのって切ないよね.

9 :Nanashi_et_al.:02/01/08 22:25
オレはとにかく落とす。

10 :Nanashi_et_al.:02/01/08 23:42
研究者の世界なんてせまいからさ、知り合いが査読するなんて
良くあるよ。匿名になってても、内容でああ、あいつかと
思うこともある。

オレが論文書いた時に知り合い(アメリカ人)が
査読したんだが、査読をオレにメールで送ってきて「こうやって
書きましたがよろしいでしょうか」ときたよ。こんなんでいいのか
と思ったね。仮にも一流誌に投稿してんだぜ。

11 :Nanashi_et_al.:02/01/09 01:22
>>10

研究者としてまともなら、あまり近い人間の論文査読は断るがね。
そのアメリカ人は査読初心者だったんじゃないの。
あるいは、どこかで頭でも打ったとか。
少なくとも、俺の周りではこんな話聞いたことが無いよ。

俺がエディトリアルボードなら二度とこういう奴には査読を
頼まないね。

12 :10:02/01/10 00:42
>>11
いや、これがまた結構有名な教授なんだ。少なくともオレよりは
よほど偉い。

ちなみにオレは来る査読は全部受けている。まだ下々の者だから
査読をするのも勉強になるからな。ただ、最近どう査読したらいい
のか困るようなとんでもない論文がやってくることが多くて
困ってる。みんなが断ってからオレのところにやってきているの
かな?

13 :Nanashi_et_al.:02/01/10 00:52
ずばり!あなたneurotjsさんでしょう

14 :Nanashi_et_al.:02/01/11 21:44
査読って勉強になるの?

15 :Nanashi_et_al.:02/01/11 22:14
反面教師には出会えるな

16 :Nanashi_et_al.:02/01/11 22:35
そんなにへぼいのがいっぱいくるの?

17 :Nanashi_et_al.:02/01/30 19:49
俺査読したい

18 :Nanashi_et_al.:02/01/30 20:07
>>11
10のは普通に聞く話だと思うが。
化学板から来たんだが,アメリカ化学会では
レフェリーを指定できるため,そういう話は良く聞く。
自分はヨーロッパの化学会よりだから,
あんまり関係ない話だけど。

19 :Nanashi_et_al.:02/02/02 20:25
自分にしたらだめなの?

20 :Nanashi_et_al.:02/02/02 20:51
自分の彼女にしたら?
名前ちがうからバレないでしょ。

21 :Nanashi_et_al.:02/02/02 21:46
iine-

22 :Nanashi_et_al.:02/02/04 22:41
>アメリカ化学会ではrefereeを指定できる

本当に指定したリストの中から,選ばれるの。そうとも限らないんじゃない?
自分の彼女がその論文原稿を査読するに足る能力などを有していればナイス

23 :Nanashi_et_al.:02/02/06 19:36
じヴんにすれば?

24 :Nanashi_et_al.:02/02/06 20:03
>>22
そうとも限るから怖い(w
レフェリーの論文をReferenceに入れといて,
そのレフェリーを指定するなんて日常茶飯事。
Referenceされて,嬉しくない研究者は居ないからな。

25 :Nanashi_et_al.:02/02/06 22:07
>>24

なるほど。これは勉強になりった。

26 :Nanashi_et_al.:02/02/06 22:35
なるほど

27 :Nanashi_et_al.:02/02/06 23:58
オレがScienceに出した時は5人referee候補を
書いた。そして編集部がその中から二人選んで
refereeになった。だから、名が売れていても
チョロそうなやつを候補にするのがポイントだと
思うがどうだろう?

28 :Nanashi_et_al.:02/02/07 00:26
「チョロそうなやつを」っていうのは、あまりえげつない査読をしない研究者の
ことね。こういう友達みたいな研究者を探しているけど なかなかみつかんなくて。

29 :Nanashi_et_al.:02/02/07 09:42
<<外国雑誌に投稿中。3ヶ月たってノーレスなんで、督促したら....。
編集局から、査読者から結果が帰ってきませんので急いで別の方に
まわしました、だって。早くしてくれよ−。数がいるんだよ、数が!

30 :Nanashi_et_al. :02/02/07 10:24
査読4つも溜まってる...
読む気がおきまちぇん。
"I favor publication."とだけ書いて送り返そうかな...
でも、それも癪だな...しかし、リジェクトするには
中身読んで理由書かなきゃならんし...
いいや、AcceptだAccept。読む気無いんだもん。

31 :Nanashi_et_al. :02/02/07 10:40
>>29
学会誌で3ヶ月なら早い方だよ。


32 :Nanashi_et_al.:02/02/07 10:40
迷惑だなぁ!
こっちはD論の前に数そろえなきゃならなくて
苦心してるって言うのに。
断れないの?

33 :Nanashi_et_al.:02/02/07 13:43
最近投稿した論文は、1年待たされて2本まとめてリジェクトだった。
1対1でtechnical editorにリジェクト判定された。
リジェクト判定したレフリーはビッシリとコメントが書いてあった。
アクセプト判定のレフリーは感想文みたいのが2枚だけだった。
編集局の顔ぶれが変わるまで、同じ雑誌には投稿したくない。

34 :Nanashi_et_al.:02/02/07 14:32
>>33 催促しないからそんなに待たされるんだよ。

35 :29:02/02/07 15:00
>>33
気持ち判る。おれも前の国内雑誌は1年近くかかった。editorが2人の査読者
にまわして、ひとりは英文表現についていくつかコメントがあるだけでほとんど
1発アクセプト。ところがもうひとりは、「この研究の意義を認めない。」から
はじまりビッシリのコメント。で編集委員会は判定できないのでその2人の
コメントを俺のところに回してきたわけ。「どうしましょー。意見が分かれています。」
てなわけよ。俺としてはなんとしても数がほしかったので、研究に意義を
認めないなどといわせないように引用文献を追加して返送したら「タイトル
変更するならオーケー」って返事が戻ってきた。タイトル少し見直して
やっとアクセプト。ここまでホントに長かった。

別の雑誌に出して元気をだそう!

ところで、電子投稿で3ヶ月ノーレスでも早い方なの----->>31

36 :Nanashi_et_al.:02/02/07 15:06
>>35 ひとつき待って返事がなかったら、いつ頃までに返事をもらえるか訊いてみよう。
そのくらいは教えてくれるはずだし、教えてくれないなら断りの手紙を送って別の雑誌に出そう。

37 :Nanashi_et_al.:02/02/07 16:18
>>34
8回ほど催促しました。
technical editorの回答からして問題ありでした。
「assistant editorが遅らせている」(投稿から5ヶ月後)
「郵便上の問題があった」(投稿から7ヶ月後)
「もうすでに郵送した」(投稿から9ヶ月後)
「改めて郵送した」(投稿から11ヶ月後)
・・・などなど。

いい加減,あたまにきて
「そんなに遅らせるのは競争者だから、フェアな査読なんて期待できない」
「さっさと原稿を返してくれ」
とメールしたら、すぐに原稿と査読結果が送られてきました。

>>35
国内雑誌でもそういうことがあるんですね。
外国にあんまり知り合いが居ないので、まだまだ苦戦しそうです。

38 :35:02/02/07 17:41
>>36>>37
即レスありがとう。いやー、査読もこうだったらなー、などと思ってしまう。
電子投稿は一月目安か...。そうだよな。
>>37 電子投稿は「郵便上の問題」っていうのは
相手は言えないよ。その分だけでも絶対早いよ。俺は国内雑誌には苦労して通ったんだがIFが低いので
海外のちょい有名なところに出したい。だから今回初めて電子投稿したわけです。Webで
確認できるしね。
しかし、(大学受験と同じで)滑り止めも考えておかないと、と思います。

39 :Nanashi_et_al.:02/02/07 17:46
>>37

>「そんなに遅らせるのは競争者だから、フェアな査読なんて期待できない」
>「さっさと原稿を返してくれ」

このフレーズを俺も使いたい。英語に訳すなら、どんな感じか。

40 :馬耳東風:02/02/07 19:47
>>39
こんな感じでどうでしょう。

The unusual delay of the reviewing process let me suspect the reviewer
being a competitor who intentionally did that and would not make a fare review.

It would be most appreciated if you could let me know the time limit when I can expect
the result by DATE.
Otherwise, I would reluctantly ask you to return the manuscript for submission to another journal.
Thank you, in advance, for your consideration.


41 :Nanashi_et_al. :02/02/07 20:41
Hey! What are you doing there?
Are you idiot?
It has been FIVE months since YOU receieved my manuscript.
RETURN THE MANUSCRIPT WITHIN NEXT FIVE MINUTES.
Otherwise, you will meet your destiny.
Please give my best to your family.

42 :Nanashi_et_al.:02/02/07 20:51
>>41
imifumei

43 :Nanashi_et_al.:02/02/07 21:59
>>40

いいんじゃない。ありがと。馬耳東風ってこて半どっかでも見たなぁ。研究する人生か。
情報系を叩く人間として有名人となっている

44 :馬耳東風:02/02/07 22:32
>>43
ははは、いやな感情を与えてしまってる?
叩いてるつもりじゃないんだ。
反論している人のほとんどは、きちんとしているんだろうと思う。
しかし、情報系にはいいかげんな人も多いことを知っている。
それが、どういう意識から来るかはわからないから、
煽ることでそれをみてみようと思ってるんだ。
しかし、期待した以上のことは何も出てこないね。

45 :Nanashi_et_al.:02/02/07 22:35
[情報系にはいいかげんな人]っていいかげんなわけじゃなくて、英語を書くのが
しんどいだけだろ?日本語で論文を書いてもプロシーディングスだけで済ませても
業績になるなら、わざわざ英語で(しかも書き方を色っぽく魅力的に)
なんて面倒くさいことを、しなくなる人も存在するよ。俺は滋養方形とは関係ない
分野。

46 :馬耳東風:02/02/07 22:37
>>45 んー。英語の問題じゃないんだが。

47 :Nanashi_et_al.:02/02/08 04:54
査読が速い雑誌と遅い雑誌って結構はっきりしてるだろ?
それを研究しておいて、公募前とかの、数が必要なときには
速い雑誌に投稿すればいいんだよ。あとはオンラインで
投稿できる雑誌はオンラインで投稿した方が査読もはやく
かえってくるぞ。当たり前ですね。

48 :Nanashi_et_al.:02/02/08 10:47
>>45 日本語でも業績にはなるのか・・・しかもプロシーディングス!?

49 :Nanashi_et_al. :02/02/08 10:58
>>48
英語論文が評価されるのは物理と化学と生物だけ。

50 :馬耳東風:02/02/08 11:21
>>49 ACMがどうとかIEEEがどうとか言う議論はどうなったの???? それじゃ全然意味ないじゃん。

51 :Nanashi_et_al.:02/02/08 11:35
>49
正しくは、
英語論文でないと評価されない
だろ。

52 :Nanashi_et_al.:02/02/08 13:20
peer reviewの是非はnatureでも論じられてね。
いっそ論文なんてやめて、Linux方式でやるってのはどうだろう。

53 :Nanashi_et_al.:02/02/08 13:37
アングラでDQN論文が出回りそう。

54 :Nanashi_et_al.:02/02/08 14:17
それでいいんだよ。いい仕事してる人はそのように評価されるし、怪しいヤツはそういう評価がつく。

55 :Nanashi_et_al.:02/02/12 02:58
査読してみたいなぁ

56 :Nanashi_et_al.:02/02/12 11:20
>>55 したことないの? もっと実力付けなきゃ駄目玉。

57 :Nanashi_et_al.:02/02/12 15:11
論文書いて査読するぞ!

58 :Nanashi_et_al.:02/02/17 04:49
日本の査読ってけっこう

59 :Nanashi_et_al.:02/02/17 05:15
けっこうなんだ!けっこう仮面か!

60 :Nanashi_et_al.:02/02/19 18:35
>>59 やらしいな。

61 :Nanashi_et_al.:02/02/19 18:39
読みもしないでアクセプトにしてしまいました。
だって忙しいんだもん。

62 :Nanashi_et_al.:02/02/19 18:50
>>61 ああ。それが出来ればどれほど楽なことか…ってか、いかにもそんな論文がときどきあるよね。

63 :Nanashi_et_al.:02/02/19 19:07
>>61
ん〜,そうそう『important』にチェックと・・・はいはいこれもOK。
もし本誌以外に載せるとすれば,どれが良いかか・・・
あ〜じゃあ一つレベル下のここらへんと。
良し!これで良いだろ。


64 :Nanashi_et_al.:02/02/20 01:49
それでいいならやってみたい

65 :Nanashi_et_al.:02/02/20 08:59
>>64
査読結果って、あらすじと感想文を付けて出すんだぞ。(本当)

66 : :02/02/20 09:37
投票続行中!

あなたが選ぶ,「・・・方程式」ベスト30(月末締切)

http://www2.a-nets.co.jp/ivote/vote.cgi?id=vitp


67 :Nanashi_et_al.:02/02/23 05:31
感想文って1行とかじゃだめなの?

68 :Nanashi_et_al.:02/02/23 09:28
>>67 あらすじ1行感想1行だね。

69 :Nanashi_et_al.:02/02/23 13:58
この間、国内の雑誌に投稿したら二週間(!)でコメントが戻って来た。
同じ雑誌に投稿したうちのポス独は3ヶ月も待たされたって言うのに…
レフェリーによるのか、時期的なものなのか、謎。


70 :Nanashi_et_al.:02/02/23 17:12
一般に年末年始(外国だとchristmas)にかかると、やっぱり時間がかかるようだ。

でも、同じ雑誌でそこまで違うのはヘン。
良いほうで考えられるのは、2人のRefereeeで意見が真っ向対立した。
で第3のRefereeeに行ってるので、時間がかかっている。
悪いほうだと、単にeditorかrefereeに忘れられてる。
        ↑
普通、何日までに返事しろって期限を書いた紙を同封するのだが、忘れる
ヤツは忘れる。査読やりたくないなら、わざと遅らせて、編集部のblacklist
に載れば、今後査読依頼はこなくなるであろう。

まぁ、長くても2ヶ月待って返事がなかったら催促した方が良いと思われ。

71 :Nanashi_et_al.:02/02/23 17:15
>>61
読みもしないでrejectにしました。だってもう同じタイトルの論文出てるもん。
しかも同じ著者から。雑誌変えれば、ワカンネーと思ってるのか、ゴルァ。

72 :Nanashi_et_al.:02/02/24 00:25
>>71
すばらしい判断でした。それが出来ないreviewer多くてねえ。(涙

>>69 >>70
遅いのはほとんど全ての場合、reviewerが返事を遅らせてます。
事情はいろいろあるだろうが、reviewできないならさっさと断れよ、って感じです。
ひと月経っても返事のない場合、そういう状況ですから、*必ず*催促してください。
催促せずに返事がもらえないのは、本人の責任です。

73 :Nanashi_et_al.:02/02/26 22:26
催促がしたいね

74 :Nanashi_et_al.:02/02/27 10:40
2回目の催促まで放置。その段階で論文に目を通して3回目の催促で回答。
これが査読の平均的なところ。そして、だらだら理由文を書いてreject。
競争社会だからね。

75 :Nanashi_et_al.:02/02/27 11:13
>>74
こんなレフェリーに当たらないコトを祈ろう。
なにが「競争社会だから」だ。やな分野だね。

76 :水澄まし:02/02/27 12:32
督促文なんて、どうせ定型フォーマットなんだから、ひたすら送ればいいじゃん。
遅いのがいやなら速報誌にだしてみるとかさ。

77 :Nanashi_et_al.:02/02/27 17:44
手段を選ばないのが今の「競争社会」。オリンピックでも例外でない
ことがよくわかったと思う。まして査読システムは匿名だから
やり放題といったところ。何か文句ある? いやだったら論文投稿
しなければいいだけ。

78 :Nanashi_et_al.:02/02/27 18:14
催促どう書けばいいの?

79 :Nanashi_et_al.:02/02/27 18:17
>>77

何か辛いことでもあったの? 故なくカアちゃんにsex拒否されてるとか。
オリンピックは所詮,運動会の延長。研究になぞらえてどうする。レフリ
が阿漕な査読をやって,その分野に良いことは何もない。結局は自分の首
を絞める結果につながると思うが。

80 :77:02/02/27 19:45
「その分野に良いことは何もない」くてもいいのよ。
自分の研究が相対的に良くなればね。
他を駆逐すれば(rejectすれば)、自分が上がる。
「結局は自分の首 を絞める結果につながると思うが。 」
となる理由がよくわからん。マジで。



81 :Nanashi_et_al.:02/02/27 19:58
自分が査読して、
自分はOK出したけど別の査読者がリジェクトして、
最終的にリジェクトされた論文があったとして、
リヴァイズしての投稿も見当らなかったとして、
そのアイディアがいいと思ったんで自分で使うってのはあり?
死蔵させるには勿体無いアイディアってのもあるでしょ?
実は俺が査読したんだけど、なんてコンタクトする訳にいかないもんなぁ。。。


82 :Nanashi_et_al.:02/02/27 20:13


83 :Nanashi_et_al.:02/02/27 20:20
>>81
少なくとも,そのオリジナルなアイディアを出した著者との
共著にすべきだな

84 :Nanashi_et_al.:02/02/27 20:27
>>80
自信過剰ぎみな理系人間にありがちな極端に自己中な奴だな
自分の行動に間違いがあっても気が付かない or 絶対に他人に対して謝らないタイプ

85 :Nanashi_et_al.:02/02/27 20:38
うぉー
りじぇくとされたー

86 :Nanashi_et_al.:02/02/27 20:48
某ジャーナルの編集委員をやってるけど,査読者の進捗状況リストという
もの(実名入り)と,極端に査読を遅らせたり,悪質な査読をする人のブ
ラックリストみたいなものが編集部にはある.また,編集担当委員がメタ
レビューをするので,77みたいなやつがいてもそれほど影響しない.

87 :Nanashi_et_al.:02/02/27 21:05
77とかって、ホントは査読なんてしたことない厨房だろ(W

88 :Nanashi_et_al.:02/02/27 21:16
(・∀・)ネタニマジレスカコワルイ

89 :Nanashi_et_al.:02/02/27 21:21
>>84
他人に対して謝らない奴は社会から捨てられる

90 :水澄まし:02/02/27 21:57
>>81
1年以上経ってるなら、コンタクトしてみたら?
黙ってとるのは気が引けるでしょ?

91 :水澄まし:02/02/27 21:59
>>89
利根川さんでも謝るのかなあ。

森さんはどうだろう?
はたまた青木さんは?


92 :Nanashi_et_al.:02/02/27 22:41
>自信過剰ぎみな理系人間にありがちな極端に自己中な奴だな
>自分の行動に間違いがあっても気が付かない or 絶対に他人に対して謝らないタイプ

>>77と関係ないけど,
いいんだよ.理系は極端に自己中で.何か勘違いしてない?
役に立たなかったら淘汰されて,それでおしまい.
役に立たないのが,数を集めてダダこねて金要求する○○とは根本から違うんだよ.理系は!

>自分の行動に間違いがあっても気が付かない
理系だからか?しかも,会ったこともないで断言するのは文系ならではの習慣か?

>絶対に他人に対して謝らないタイプ
ふーん,謝って欲しいんだ.

>77とかって、ホントは査読なんてしたことない厨房だろ(W
それは,俺もそう思う.

93 :Nanashi_et_al.:02/02/27 22:49

92=自己中 → 淘汰されて,それでおしまい.

94 :Nanashi_et_al.:02/02/27 22:53
>>92
理系でも自己中過ぎるのはヤバいよ.何か勘違いしてない?
世の中,自分独りで生きている訳じゃないんだからさ



95 :Nanashi_et_al.:02/02/27 23:04
英語がだめだといわれてrejectされたが
そんなことはあるのか?

96 :Nanashi_et_al.:02/02/27 23:15
>>93
論外

>>94
>世の中,自分独りで生きている訳じゃない
そういう人は寄り添えばいいんだよ.そういうのを否定してるわけじゃない.
俺が言いたいのは,そういう人ばかりじゃないってこと.
>>77みたいなのがいてもいいとおもうが,やっぱりはじき出すしかないか?

>>95
あるんじゃないの?

97 :Nanashi_et_al.:02/02/27 23:16
よっぽど英語が酷かったんじゃないの?
英語も書けない奴にロクな研究ができる訳ないと
先入観でもって判断されたんだろうな,きっと

98 :Nanashi_et_al.:02/02/27 23:23
92って偉そうなこと入ってるけど実力のほどはどうなんだろうか?

自己中でも他人を黙らせるほどの研究能力があれば
やっていけるだろうけど,もしも能力無いのなら最悪だな
あと,周りからは単に腫れ物扱いされているだけなのに,
自分で能力有ると勘違いしている自己中野郎も困る

99 :Nanashi_et_al.:02/02/27 23:27
先入観というより,何をいってるのかわからないような英語では内容を
読み取ってもらえないからダメでしょう.

100 :Nanashi_et_al.:02/02/27 23:27
100 accept

101 :Nanashi_et_al.:02/02/27 23:28
>>95のabstractだけでも見てみたい!

102 :Nanashi_et_al.:02/02/27 23:34
>>98
文系か理系かはっきりしろ!
文系なら仕方ないと思うが,理系で>>92がえらそうに見えるだけならかなり痛いぞ.
えらい,えらくないなんてどうでもいいだろ.ちっちぇーこと言うな.

103 :Nanashi_et_al.:02/02/28 00:06
>>101禿同

104 :Nanashi_et_al.:02/02/28 00:10
わざと他人の足を引っ張って「自分の研究が相対的に良くなれば」などと
思っているのはアフォ。潰しあいに勝者なし。

105 :Nanashi_et_al.:02/02/28 00:31
>>101
はずかしくてだせない

106 :水澄まし:02/02/28 05:04
>>95
あるよ。っていうか、英語がひどくて落としたことはある。
ま、他にも理由をつけたけど。実際、論理性もかなりおかしかった。


107 :肛門荒らし:02/02/28 05:12
僕の肛門も査読されそうです

108 :Nanashi_et_al.:02/02/28 06:06
オレは査読する時には英語は直さない。自分にちゃんと英語が
直せる自信ねえもん。査読者はオレだけじゃねえもんと
開き直って内容を見るだけに徹するね。ただ、ひどい英語と
ひどい内容に相関があることは事実かも。

109 :Nanashi_et_al.:02/02/28 11:45
日本の英文紙だと,構文構造がわからないやつも
送られてくるぞ.
そういうのは簡単な単語すら間違っている.

でも,きちんと読まなくていいから(読めないから)
査読は楽.
当然reject


110 :水澄まし:02/02/28 12:51
せめてスペルチェックはして欲しいよね。文法チェックも。
それから、だらだら書いて何を言いたいのか分からないのはやめて欲しい。
英語の問題という人もいるけど、頭の構造の問題だよ。
科学論文は、書くべきセクションが全部決まってるんだから、守って欲しい。
とくにresultに引用をいれてるの見ると、ぶちきれそうになる。
他人の論文はあんたの実験データじゃない。
過去の内容が必要なら、introductionかdiscussionにかけ。
resultは今回出した結果を書くんだよ。
introductionには研究の背景をかけ。必要な引用をしろ。最後には研究の動機をかけ。
M&Mには結果を書くな。
discussionは、他の研究との関係を含めた議論をかけ。もうひとつのresultセクションじゃないんだよ。
そして、abstractはちゃんと全体のまとめをしろ。やってないことを書くな。


・・ひどい論文は、上記の全てに違反してる。

111 :Nanashi_et_al.:02/02/28 13:35
反面教師と思わんとやってられんYO!

112 :Nanashi_et_al.:02/02/28 16:33
自己中は構わんが、他人と研究分野に迷惑かけるのは止めて欲しい

113 :Nanashi_et_al.:02/02/28 17:27
意味がわかりませんが。。

114 :Nanashi_et_al.:02/02/28 17:57
>>107
案外ホモの査読者にacceptされたりして

115 :◇CpdklfUQ:02/02/28 19:31
>>110
たしかに当たり前のことだけど、こうして洗い出してくれると
非常に参考になる。

116 :Nanashi_et_al.:02/03/02 19:37
なるほど

117 :Nanashi_et_al.:02/03/02 22:45
>>110
しかし、こういうのは何を考えて投稿してくるのだろう。
単著ならそいつ一人の責任だが、共著なら全ての著者がハジをかくことになるのに。
DQNな学生がかってに投稿してくるのか?指導教官がDQNか?

118 :Nanashi_et_al.:02/03/02 22:48
あんまりひどいんで査読報告に文句書いて「この共著者なら
ちゃんと指導できるはずだ」ってつけといたら、その共著者
が共著から外れたいと言って来たそうな。なるほどね。


119 :Nanashi_et_al.:02/03/02 22:57
かえって評判を落とすことになり兼ねないな。
自爆だが74より上手かも。

120 :Nanashi_et_al.:02/03/03 02:59
査読ってどれくらい論文書いたら
回ってくるようになるもんなの?
会員じゃなかったとしてもまわってくるの?

121 :Nanashi_et_al.:02/03/03 03:47
>>120
オイラ、D1のときに某一流国際誌の査読やったけど、そのとき自分の論文は国内誌ひとつだけだったよ。

何で漏れのところに依頼が来たのかというと
(1)指導教官と独立に自分独りで研究をやっていて
ちょうど自分のテーマに近い研究論文だったから
(2)よく知っている日本人研究者がエディターがだったから
というのが理由。

でも、無報酬の割りに面度な仕事で結構時間掛かるし、
もう差読者はやりたくないと思タヨ。

122 :Nanashi_et_al.:02/03/03 09:49
121の例はちょっと特殊と思われ。よほどの事情がない限り、学生には頼まない。

結局変なrefereeに頼んで、遅れたり、トチ狂った意見をよこしたりされると
編集委員までヒンシュクをかうから、だんだん頼める人が少なくなってくる。
査読者のブラックリストがあるくらいだから。

とはいえ、年回何回査読をやったかまで年間業績リストに書かされるので、
時間がかかるからと嫌がってばかりもいられない。
まぁ、パクリとかなら、すぐrejectすれば良いので、時間はかからずラクかも。

123 :Nanashi_et_al.:02/03/04 01:33
>>120
コネに決まってるじゃん。
大御所の下にいれば、院生でも回ってくるよ。
もちろん、学生の場合は大御所の名前でやるわけだけど。

124 :Nanashi_et_al.:02/03/04 01:35
>>121
査読なんて、原文がよほど下手じゃない限り、そんなに査読に手間かからないよ。
ま、下っ端に回るようなのは、世ほど下手な論文ばかりだけど。(w

125 :Nanashi_et_al.:02/03/04 02:42
IFってなんですか?

126 :Nanashi_et_al.:02/03/04 03:07
↓コレのことだよ
http://www.med-rz.uni-sb.de/ubuklu/impact.html

ごく簡単に言うと,IFとは雑誌のランクみたいなもん
数値が高い方い雑誌であるほど権威があるといわれている

127 :Nanashi_et_al.:02/03/04 03:52
>>126
どうもです。
よく分かりました。

128 :Nanashi_et_al:02/03/04 05:01
test

129 :Nanashi_et_al.:02/03/04 13:48
>>125
ここがIFの本拠地http://www.isinet.com/isi/index.html

130 :Nanashi_et_al.:02/03/05 01:41
いいのかおい

131 :Nanashi_et_al.:02/03/05 06:46
インパクトファクタが全体に大きくなる分野と小さくなる分野とが
あると思うんですが、それらを重み付けする方法は無いの?

132 :Nanashi_et_al.:02/03/05 06:57
>131
IFが大きくなる生物系にIF信者が多いってこと
だよな。

133 :Nanashi_et_al.:02/03/05 22:24
>120
会員じゃなかったとしてもまわってくる

134 :Nanashi_et_al.:02/03/06 05:09
>>133
なるほど、ありがとう

135 :Nanashi_et_al.:02/03/06 13:34
会員ってなんのためになるんだ?

136 :Nanashi_et_al.:02/03/06 15:48
会誌が送られてくる。
論文の投稿料が免除される。
学会の参加費が安くなる。
研究発表の場が与えられる。


137 :Nanashi_et_al.:02/03/06 19:06
なに!
投稿量がめんじょされる!?

138 :Nanashi_et_al.:02/03/07 21:01
あんたも編集委員なんだからウチの雑誌にも年に1報くらい投稿しなさいよ、
と編集委員長から言われているのですが、これでも投稿量めんじょでしょうか。

139 :Nanashi_et_al.:02/03/08 02:26
免除してくれないと高すぎるぞ!

140 :Nanashi_et_al.:02/03/09 06:40
査読って行く落雷するの?

141 :Nanashi_et_al.:02/03/09 08:17
ボランティアだよ

142 :Nanashi_et_al.:02/03/09 13:51
漏れもしたいんだけど

143 :Nanashi_et_al.:02/03/09 14:28
エディタが適当と思う人に渡すんだよ。
誰にでもやらせるわけじゃない。
どうしてもやりたいなら、ジャーナルのどっかにエディタ一覧があるから
その人に接触して自分の専門分野を知ってもらうことだね。
ただし、あからさまにレビューワやりたいといってもだめだろうから、
とりあえず学会などで、エディタの人の発表のときに質問してみるとか、
あとで話をきくとか、アプローチのし方は考えてね。


144 :Nanashi_et_al.:02/03/09 14:58
そうかぁ
発表聞きに行って質問するぞ〜
けんかになったらどうしよ

145 :Nanashi_et_al.:02/03/10 04:20
Drの学生で査読をしている人居る?

146 :Nanashi_et_al.:02/03/10 08:24
いるよ。表向きは教官名だけど。
あれはいい訓練になる。

147 :Nanashi_et_al.:02/03/16 21:47
自分に依頼が来るの?

148 :Nanashi_et_al.:02/03/16 22:39
ん? 受け取った教官が学生に下働きさせるんだよ。練習用に。

149 :Nanashi_et_al.:02/03/16 23:12
なるほど

150 :Nanashi_et_al.:02/03/17 16:54
IEICEの査読ってどんなかんじ?

151 :age:02/03/17 17:30
>150
基本的に,査読って,どこも入試とかと違い,「落とす」
という概念ではないと思うぞ(人にもよるが)
まともな論文を出して,その査読意見をうけとってみなさん,
日本語の間違いから,些細な間違いまで,こまかく見てくれとるぞ。
(人にもよるが)
だから落とされ率が高い人は,以下のどれかだ。
(1)基本的に馬鹿
(2)日本人のくせに日本語が苦手
(3)「落とす」ことしか考えてない査読者に当たる


152 :誤字↑:02/03/17 17:32
うけとってみなさん→うけとってみなさい,

153 :Nanashi_et_al.:02/03/17 17:33
>>151
そうすると、ものすごい時間をかけてもらってるんですね
やっぱ、査読する人には感謝するべきですか

154 :Nanashi_et_al.:02/03/17 17:35
査読者を校正係かなんかと勘違いしている3流研究者が
多くて困る。ろくに先行する結果を調べずに、差読者に
調べさせようなんていうのもいるし。英語の文法・スペル
誤りを直すのも査読者の仕事だと思っていたり。
 そういたのは、まっさきに落とす。内容以前。

155 :Nanashi_et_al.:02/03/17 17:38
とんでもな論文はほとんどが、従来までに全世界で、
どんなことが知られていてどこまでわかってどこからわかって
いないか、調べていないね。

156 :Nanashi_et_al.:02/03/17 17:42
査読に来た論文ってどれくらい採録にするの

157 :Nanashi_et_al.:02/03/17 18:18
>>156
雑誌による。
博士課程の院生だったら、専門分野が同じ指導教官に見せて、
論文の内容・体裁、どこの雑誌に投稿するかも含めて相談した
後、登校するのがよい。
 それで、酷評された上、りじぇくとされたら、その指導教官
を疑ってよし。(なにかの事故だとか、ワンランク下の雑誌に
再投稿せよといった、やんわりとしたまたはやむなき事情の
場合はしかたがないが)
 その指導教官自体が、何本まともな論文をまともな雑誌に載せている
のかもチェックするべし。
 
 だいたい、研究者も2分化して、よい研究者は、りじぇくとされて
書いた論文そのものがどこにも掲載されないなんて経験は無いか、
あっても一生で数件程度(しかも訳あり)。
 だめな研究者は、ばかな論文を量産して、りじぇくとされたものを
改定せずに他へ横流しするので、いつもりじぇくとされてばかり。

 科研費採択とにてるね。たとえば採択率30%としても、確率
30%で採択されているのではなくて、20%の人はいつもとおるし、
50%のひとはいつも落ちる。残り30%のひとが年度によって
うかったりおちたり。(推測だけど)

158 :Nanashi_et_al.:02/03/17 18:32
rejectされると、よほどの事情の場合は別として、
その専門分野の査読者複数名と編集者複数名の
間での評判が落ちる。
 だから、rejectされる可能性のたかそうな雑誌には、
最初から出さないほうがよい。
 トップジャーナルに投稿してrejectされたら徐々に
ランクを下げるという人がいるが、それはDQNのすることで、
その研究者の自己評価能力を問われる。おすすめしない。

159 :Nanashi_et_al.:02/03/17 18:41
このスレに居るような若い人は、はじめは高いところを
経験しておいた方が良いと思われ。


160 :Nanashi_et_al.:02/03/17 18:48
若いからこそ第一印象が大切。

161 :Nanashi_et_al.:02/03/17 19:06
将来研究者を目指すなら,やっぱ論文出したい

162 :Nanashi_et_al.:02/03/17 20:54
>>159
やっぱNature?

163 :Nanashi_et_al.:02/03/17 21:57
>>8 >>9

何言ってるの?「本当に金持ち」になりたければ理系だろ
無責任なこと言うなよ
正確には工学系だけどさ
他人が金に執着しないのと
スレ立てたやつが金持ちになりたいのとは別じゃねぇか
技術移転機構からは「金,金,金になる技術を考えろ」って催促されるが
ただ,金,金,金を主眼に動いても成功するとは思えないけどね

>>5

夢を見ずに,社会を見てどのような部分が不足して
どのような技術が必要とされるか考えれば?

164 :Nanashi_et_al.:02/03/17 21:57
研究でも技術でも芸術でも同じことなんだが、
レヴェルの高い世界に一度でも触れたことがあるかないかは、
その後の伸び方にかなり影響を与える。


165 :163:02/03/17 21:59
レスする場所間違えました
スマソ

166 :Nanashi_et_al.:02/03/17 22:10
>>153
そりゃそうさ。しかもボランティアで。だからこそ、ひどい論文が来るとムカツキも数倍さ。
いい論文だと、細かいミス等や表現をよりよくして世に出してもらいたいと思うけどね。

>>158
そんなことないよ。1度目がダメでも、2度目がちゃんと書いてあれば通すよ。
しかし、残念なことに一度だめなのを出した人は、二度目もダメなのを出すことが多いんだ。
それは差読者のせいじゃない。

>>164
まあ、そうだね。
底辺でわいわい言ってるだけだと、自分の本当の位置が見えなくて、
必要以上に低く評価してしまったり、逆に過剰に高く評価してしまったりする。
前者に属する人は案外多いよ。ぜひ、若い人ほど高い志を持ってください。
ある程度のアグレッシブさは大切。
ただし、生意気になり過ぎないように。人間関係を壊してしまうと
将来、不当に低い評価を受けつづけることになるかもしれないからね。


167 :Nanashi_et_al.:02/03/18 22:21
1

168 :Nanashi_et_al.:02/03/18 22:28
工学系にありがちな、ただやってみましたっていう論文は、
俺は必ずrejectする。必然性のない手法で実験だらだら
やってページ数増やしている論文は迷わず蹴る。

169 :Nanashi_et_al.:02/03/19 22:43
でもちょっと記述を増やせば評価できるものになる場合があるのでは?

170 :Nanashi_et_al.:02/03/20 00:57
論文ごとにAimとかPolicyとかあるから、それに著しく反していると、そういう
理由だけでrejectされる。だから、単に記述を増やしてもダメなときはダメ。
新規性があるかどうか、は必ず問われる。168のような理由で蹴られることは、
有名誌では多いね。

171 :Nanashi_et_al.:02/03/20 01:30
有名誌に限らず重要なのでは?
新規性ないときは絶対蹴るよ。

172 :Nanashi_et_al.:02/03/20 02:38
そもそも新規性がないものを研究と呼べるのか?


173 :Nanashi_et_al.:02/03/20 06:13
臨床だと、検査項目の必然性が事前にわからない兆候が
存在するかも知れないから、必然性はうまく説明できなくても
実験に含めてしまう。何か意外な兆候があれば大きく採り上げるし、
なければ「問題なし」と記述して終了。


174 :Nanashi_et_al.:02/03/20 10:23
世に言う「R&D=Research&Development」は新規性を要求してないよ。
簡単に言って「売れるものを作るための研究」だから、Researchの部分はむしろ古いものでいい。

175 :Nanashi_et_al.:02/03/20 10:42
>>174
論文誌はそうはいかないよ

176 :Nanashi_et_al.:02/03/20 10:43
今リジェクトの査読コメントを書いてます
あーめんどくさい
気が重い
「逝ってよし」で済めばどれだけ楽か(w

177 :Nanashi_et_al.:02/03/20 10:49
「逝ってよし」を膨大な文章で表現するのも
かなりサディスティック。

178 :Nanashi_et_al.:02/03/20 10:49
研究の目的不明
新規性なし、
読者の関心を惹かない
構造が非論理的
必要な背景説明・引用なし
英語ダメ、

ってかいとけば?
コレに近いことをかいたことあるよん

179 :176:02/03/20 10:52
なんとかおわりました

>>178
まあ、そういうことなんですが、棘の無い言葉で具体的に書くのって
意外と疲れるんですよね。

180 :Nanashi_et_al.:02/03/20 11:00
>読者の関心を惹かない

これは実際に指摘したことがないなぁ。
人によるし。

181 :Nanashi_et_al.:02/03/20 17:10
>180
そう?物理関係の某論文誌には「broad interestがある」
がアクセプトの基準に入っているよ。だから、メンドーな
ときは「broad interestがない」で基本的にrejectできる。
(さすがそれだけ書いたことはないけど)逆に、自分の論文
に対してレフェリーがこれを言ってきたら悲惨。反論の
しようもなし。伝家の宝刀みたいなもんね。

182 :176:02/03/20 17:55
さっき知人からメールが来て、新たな査読を押し付けられました
ひとつ終わったばかりだというのに…

こっちにはbroad interestというのはないですね。
大事なのは新規性と有用性(工学系なので)かな。

183 :Nanashi_et_al.:02/03/20 17:58
>>182
知人からメールがきて査読がまわることなんてあるのか?

184 :Nanashi_et_al.:02/03/20 19:33
そんなもんなんだよ。オトナになれば分かる。

185 :Nanashi_et_al.:02/03/20 19:55
ジャーナル・学会誌の編集委員や、カンファレンスのプログラム委員
をやっている知人がいると(周りを見回すと大抵いるんだけど)回って
くる確率は高いぞ。

もちろん、回ってきたのをしっかりおぼえていて自分が何か担当したと
きは査読を押し付けるのだ。

186 :Nanashi_et_al.:02/03/20 20:08
なるほど
査読,自分でやったらだめなの?

187 :Nanashi_et_al.:02/03/20 21:33
いや,自分というのは編集者ということだよ

188 :Nanashi_et_al.:02/03/20 22:36
まあ、自分でやるってのは許されてないね。
編集委員のほかに、編集長ってのがいるからね。


それはともかく、上に上れば上るほど、有名な偉い先生と知り合いになる機会は増えてくる。
で、自分がある程度名を成していれば、そういう知り合いの先生から頼まれることになるんだよ。
偉い先生ほど、他人がどういう仕事をしているのか、知っているものさ。
モチロン、重要な仕事をした人についてだけだろうけど。

189 :Nanashi_et_al.:02/03/20 23:30
編集委員ってどうやって選ばれるの?
若手がまず働くことになるのかなぁ

190 :Nanashi_et_al.:02/03/20 23:52
編集委員は中堅以上だよ。
まあ、いろんなしがらみで決まることが多いが、
編集長の考え方次第で選ばれるんじゃないかな

191 :Nanashi_et_al.:02/03/20 23:54
やっぱそうか
とりあえず査読させてもらう
ことからが第いっぽだなぁ

192 :Nanashi_et_al.:02/03/20 23:56
いい仕事してれば回ってくるさ。
いい仕事してなければ回ってこない。

193 :Nanashi_et_al.:02/03/20 23:58
いま出しかけの論文をみて
もう少しふんばってみようかとおもた

194 :Nanashi_et_al.:02/03/21 00:14
是非、いい仕事してください。
私は最近いい仕事してないので回ってこないよ(w

195 :Nanashi_et_al.:02/03/21 00:14
ろくな仕事してないけど査読は回ってくる(藁

196 :Nanashi_et_al.:02/03/21 00:24
大切なのはきっかけということで。

197 :Nanashi_et_al.:02/03/21 00:47
ところで,どんな仕事がいい仕事なんだ?

198 :Nanashi_et_al.:02/03/21 03:46
バックログ(backlog)とかいう名目で落とされました。
要は「うちの論文誌は投稿原稿が多くてたまっているから
引きうけられない」って感じです。
一応「興味はある」みたいに書かれたけど当然体の良い
門前払いなんでしょうね。

199 :あげぇい:02/03/21 07:43
それなりのじゃーなるは,D生が査読下請けではなく,
ちゃんとしかるべき先生(すくなくとも「学生」ではない)
が査読しとるのではないかな?
学生が査読に下請けさせるような査読員が多い学会は
やはり,それなりの学会では?情処とか,信学とか。
やはり工学・情報系はそういうドキュソなサークルのり学会
が多いのか?

それとも織れの認識あまい?

200 :Nanashi_et_al.:02/03/21 07:44
誤:やはり,それなりの学会では?

正:やはり,それなりにショボイ学会では?

201 :Nanashi_et_al.:02/03/21 09:30
>>197 専門の人が重要性を見とめるような仕事。
>>198 そりゃ変な名目だね。新規性なしっていみじゃないの?
>>199 なにをもってそれなりのジャーナルというのかわからないけど・・・
     まあ、NatureとかCellとかを院生がってことはないだろうね。

202 :Nanashi_et_al.:02/03/21 10:54
>>199
学生にやってくれという名目でくるのか?

203 :Nanashi_et_al.:02/03/21 17:51
日本語の論文だけでは外国の人が同じことをやっていても
勝てないのでしょうか?

204 :Nanashi_et_al.:02/03/21 17:56
IEICEは英訳されることもあるようだが
あれだとどうなんだろうな

205 :Nanashi_et_al.:02/03/21 20:19
Natureの査読したやついるのか?

206 :Nanashi_et_al.:02/03/21 20:34
>>203
勝つも勝たないも日本語じゃ土俵に乗った事にならんよ。


207 :Nanashi_et_al.:02/03/21 21:00
IEICEのは英訳されることもあるから
少しは乗ったことになるかもな

208 :Nanashi_et_al.:02/03/21 21:42
IEICEのは英訳されることもあるから
少しは乗ったことになるかもな

209 :Nanashi_et_al.:02/03/21 22:16
>>202 んなわきゃないよ。だけど、暗にそれを匂わせることはある。
「忙しくて出来ないときは、適切と思われる研究者に頼んでいただければ幸いです」ってなかんじ。

>>203 当然。
>>204 それなに?
>>205 ここにゃおらんだろ。
>>206 ってことですな。
>>207 はぁ? 全文?

210 :Nanashi_et_al.:02/03/21 22:57
>>209 全文

211 :Nanashi_et_al.:02/03/21 23:07
>>210 IEICEってなに? 全文訳はどういうときにされんの?

212 :Nanashi_et_al.:02/03/21 23:40
電子情〜学会
いい論文は英訳される

213 :Nanashi_et_al.:02/03/22 01:46
載ったからっていい論文とは限らないわけね。
英訳するかどうかは誰が決めるの?

214 :Nanashi_et_al.:02/03/22 02:08
>213
その辺の院生

215 :Nanashi_et_al.:02/03/22 02:09
だうと!

216 :Nanashi_et_al.:02/03/22 12:01
あんたの論文を英訳したいんだけど、あんた自分でやる?
って封書来ますよね。

217 :Nanashi_et_al.:02/03/22 12:19
>>211
電子情報通信学会(IEICE)は、
採録通知の後ろのパラグラフに、こんな文章がくっついてくる:

 なお,本会和文論文誌に掲載の論文は、和文優秀論文の海外への紹介を目的
に結ばれた本会と米国John Wiley & Sons, Inc.(以下,JW社)との間の契約
に基づいて、JW社が発行する"Electronics and Communications in Japan"誌
に英訳掲載されるケースが生じます.この過程において、JW社から著者には,
貴論文が選択された旨の通知が届きますが,その際に,著者は自著和論文が英
訳掲載されることを拒否することもできます.また,同誌に掲載された場合に
は,JW社から掲載誌が寄贈(1論文につき1冊)されます.

218 :217:02/03/22 12:20
Wiley からの手紙は打ち込むのがめんどいからパス。
↑はe-mail。

219 :Nanashi_et_al.:02/03/22 12:58
これで国際誌に掲載だ!

220 :Nanashi_et_al.:02/03/23 00:29
一応,ここに論文があるとは言い張れるな

221 :Nanashi_et_al.:02/03/23 01:27
しかし写真を再送しなけりゃならん…同じ論文なのにな

222 :Nanashi_et_al.:02/03/23 14:02
英文でのるためならたいしたことない

223 :Nanashi_et_al.:02/03/23 14:49
結局、英文になること「も」あるという程度なのね。
その雑誌に掲載されても、英文にならなきゃ価値ナシであることに変わりはない。

224 :Nanashi_et_al.:02/03/23 16:40
はじめっからIEICEの英文誌に出せよ


225 :Nanashi_et_al.:02/03/23 22:05
>>223
どれくらいのわりあいなんだろうね

226 :Nanashi_et_al.:02/03/23 22:11
安すぎる。
読む価値なしに・・

227 :Nanashi_et_al.:02/03/23 22:15
>>224
英語書くのが大変
どうしたら英語書けるの?

228 :Nanashi_et_al.:02/03/23 23:20
どっかにそんなスレがあったなあ

229 :Nanashi_et_al.:02/03/24 04:11
査読はみんな生きている
生きているからうれしいんだ


230 :Nanashi_et_al.:02/03/24 04:12
手のひらを太陽に〜♪

231 :Nanashi_et_al.:02/03/24 11:32
英語はねえ、論文に書かれてるやつをコピペ。
自分の内容に会わせて、ちょっと改変。
スペルミスと文法ミスは徹底チェック。
論理の流れの整合性をチェック。

これでOK。

内容が最も大事なのはモチロンだ。

232 :Nanashi_et_al.:02/03/24 11:42
やたら巧い英文と,中学生以下の駄文が入り交じった論文が完成する。


233 :Nanashi_et_al.:02/03/24 11:52
>>232
英語で書くのってドクタークラスから?
学部やMで書くとこもある?

234 :Nanashi_et_al.:02/03/24 11:56
>>233
学部はまずないでしょ。
Mでは、優秀なやつは書くけど、ふつーのやつはあまりかかない。

235 :Nanashi_et_al.:02/03/24 14:18
>227
論文書くことの難しさは
論理的でいかに面白いストーリーに仕上げるかであるわけで
日本語の論文も英語の論文も書く難しさはそんなに変わらない。
英語がどうこう言ってるやつらって
結局日本語でもいい文章書けない場合が多い。



236 :Nanashi_et_al.:02/03/24 15:01
まあ、そうなんだよね。
日本語ですごくいい論文がかけるのに、英語ではかけないってことはありえないね。

237 :Nanashi_et_al.:02/03/24 16:58
皆さん英語論文の勉強方法はどうされたのでしょうか
当方高専出身であまり英語の勉強をしてきませんでした
ですが、英語で論文を書く勉強をしたいです
どうやって勉強すればいいの?

238 :Nanashi_et_al.:02/03/24 17:15
文学と同じ。いい作品に数多くふれる。これだね。


239 :Nanashi_et_al.:02/03/24 17:22
フレーズとかを盗んでいけばいいの?

240 :Nanashi_et_al.:02/03/24 17:48
1.フレーズ/語彙を盗む。
2.文章を論理的にまとめる。
3.Nativeに手直ししてもらう。

これの繰り返し。

241 :Nanashi_et_al.:02/03/24 19:03
Mまもなく修了してもうすぐDになります。
先日IEEEに投稿しましたが、Dに行く人って今頃は査読論文
みんな出しているのですか?



242 :Nanashi_et_al.:02/03/24 19:06
>>224
ま、それもありですな。

日本語で書かれた論文は参考文献も日本語が多い場合がある。
その論文を訳すと、Referencesの項が
(in Japanese) ばかりになり、いかがなものかと (藁
最初から英語で書いて、英語の論文だけを
引用した方がスマートだろう。

>>233
ま、Mでも国際会議くらいなら、書くでしょうね。

243 :Nanashi_et_al.:02/03/24 19:11
国際会議でていないMはDQN

244 :Nanashi_et_al.:02/03/24 19:24
論文の書き方は別スレでやれや
たとえば
論文投稿あれこれ パート2
ttp://ebi.2ch.net/test/read.cgi/rikei/998458102/


245 :Nanashi_et_al.:02/03/28 01:26
一番むかついた査読とは?

246 :Nanashi_et_al.:02/03/28 03:17
英語ってどうして同じ表現をするときでも、毎回ことなる単語を使うんだろう?
それが流行りなの?

247 :Nanashi_et_al.:02/03/28 07:53
同じ表現を何度も繰り返すのは馬鹿っぽい、
ということになってるらしい

248 :Nanashi_et_al.:02/03/28 10:30
でも日本語の文章だってそうだろ

249 :Nanashi_et_al.:02/03/28 23:16
でも語彙がない

250 :Nanashi_et_al.:02/03/28 23:40
Figure 1 shows 〜 のかわりに,
Figure 1 diplays 〜 とか Figure 1 depicts 〜 とか Figure 1 illustrates 〜とか
あえて受け身にして 〜 is shown in Fig. 1 とか使い分ける.

こういうのは Roget's Thesaurus とかをひいて探すといいYO!

251 :Nanashi_et_al.:02/03/29 00:06
いまいいこと教えてもらった!

252 :Nanashi_et_al.:02/03/29 02:06
>>247
日本語でもそうだと思うが? 
もしかして、おんなじ表現を何度も繰り返し使ってるのか?

253 :Nanashi_et_al.:02/03/29 10:13
>>252
大抵、無意識に避けているよね>同じ表現。
非母国語だと、その辺りの感覚が鈍い。

254 :Nanashi_et_al.:02/03/30 03:40
同じ表現のほうがわかりやすい

255 :Nanashi_et_al.:02/03/31 14:43
差読者とのタイマンってどんなのがあった?

256 :Nanashi_et_al.:02/03/31 21:36
差読者の怠慢ならあるかも

257 :Nanashi_et_al.:02/04/05 21:41
マイクタイソンに査読してもらいたい

258 :Nanashi_et_al.:02/04/06 03:10
そりゃ無理だろう

259 :Nanashi_et_al.:02/04/06 03:13
兄弟の某教授(けっこうな権威者)は繰り返し表現はわかりやすいと
さんざん主張し、学生に繰り返しを多用させた挙句リジェクトされた
らしい。その後、本人は知らん顔だったそうだが。

260 :Nanashi_et_al.:02/04/06 03:19
リジェクトの理由は?

261 :Nanashi_et_al.:02/04/06 04:06
(内容以前に)なにを言ってるのかわからないということだったそうです。

262 :Nanashi_et_al.:02/04/07 18:26
少しはわかるだろうに

263 :Nanashi_et_al.:02/04/07 22:20
【検証】 なぜババァは糞なのか。 【必然】            
http://school.2ch.net/test/read.cgi/kouri/1018183743/l50

264 :Nanashi_et_al.:02/04/08 09:30
かわいい女の子に査読してもらいたいな

265 :名無しさん:02/04/09 15:47
バラにはトゲがあります.


266 :Nanashi_et_al.:02/04/09 17:19
清純な女の子に査読してもらうもん

267 :Nanashi_et_al.:02/04/09 17:46
そして後日学会で会ったとき,心の中で
「この人ね,あの糞論文を投稿したのは(うふ)」
と思われているのも知らずに口説きにかかって
撃沈するのだった(ワラ

268 :Nanashi_et_al.:02/04/09 19:25
ちょっと聞きたいのですが、学術雑誌に論文が載りますよね。
 著者順に意味があるというのは聞いているのですが。(数理・理論系
はアルファベット順らしい)

 同じ号にいろんな人の論文が載るわけですが、掲載順って
意味があるのですか??

 一番最初の論文や最後の論文が良い論文だと、編集者が評価
していると思ってよいのでしょうか?(もしそうだとすれば、巻頭と
巻末どちらが評価上?)
 学会発表などでは、なんとなく、プログラム作成者が、どの講演
が重要と考えているかは推測できる時があるのですが。(すごく良い
講演が朝一になることは少ないとか)
 経験豊富なみなさま、ぜひご意見をお聞かせください。分野によっても
違うのかもしれませんが。

269 :Nanashi_et_al.:02/04/10 06:21
>>267
母性本能でOK

270 :Nanashi_et_al.:02/04/10 10:01
>>268
>著者順に意味があるというのは聞いているのですが

第1著者がその論文を書き上げた人で、研究立案から結果を
出すまでを中心にこなしている。第2著書以降はおまけである
(あるいは名前を載せることを強制させられている)ことが
多い。ただし、第1著者になるべき学生が、指導教官の圧力で
第2著者以降にされたり、その逆に、指導教官がほとんどこ
なしているのに温情で学生を第1著者にすることもある。
連名として出している研究グループの背景をよく調べた上で、
その研究の真の貢献者は誰にあるのかを判断した方がよい。


271 :Nanashi_et_al.:02/04/10 11:08
>>268
指摘のように理論物理などでは著者名順はアルファベット順がほとんど。
分野外から引用される時に、この習慣を知らない人が勝手に第一著者を
重要視して「なんとか(第一著者名)モデル」と呼び出したしして
混乱を招く事がしばしば…

272 :Nanashi_et_al.:02/04/11 08:12
物理学者に査読してもらいたい

273 :Nanashi_et_al.:02/04/11 12:09
>271
それじゃ理論物理では、いわゆるファーストが
誰であるかは解らないの?

274 :Nanashi_et_al.:02/04/11 16:16
>>273
理論物理(特に素粒子関係)では、誰がファーストだとかそういった事が
そもそも問題にならないから誰も気にしない。
申請書を書いたりする時に論文リストで「ファーストは誰か明記」なんて要求されると、
はっきりいって困る…

あと、素粒子実験なんかだと Abachi et al. とか Abe et al. で
共著者50人なんて論文が物凄く多い。多分、Abachiさんは世界最強の名前。

275 :Nanashi_et_al.:02/04/11 18:41
俺は理論物理(物性)だが、アルファベット順なんて聞いたこと
ないよ。まあ、理論だから多くても3人くらいの共同研究者なんだが、
大体論文書く段階で、ファーストオーサーは誰がなるのが
良いのかというコンセンサスは皆の中で出来上がっているもんだよ。
セカンドかサードかというのはどうでも良いんだが、ファーストはやっ
ぱり、共同研究者全員が納得する形じゃないと(その後の研究も考え
ると)難しいよ。

3人程度の共同研究者の中で客観的に自分がどの程度(何番目の)の
コントリビューションかをわかっていないというのは共同研究者として
失格ではないかい?

どことは言わないが、かなり封建的な徒弟制度みたいなところが
あって、何でも下から吸い上げる体質の研究機関があるらしいからね。




276 :Nanashi_et_al.:02/04/11 19:57
>>268
雑誌にもよるけど,ある一冊の中での掲載の順序は投稿順
(エディターが最初に原稿を受け取った日付け)
の場合が多いよ

だから,査読者にmajor revisionくらって直すのに苦労した論文なんか
は原稿受付日が受理日よりもずいぶん前のことが多くて
雑誌で出版される時には最初のページに載ることになる場合が多い

つまり,雑誌の最初のページに掲載されるというのは
はじめに投稿した原稿に不備が多かったということであって
決して自慢できることではないと私は思っています



277 :Nanashi_et_al.:02/04/11 21:28
e-print鯖でさらっと調べてみたら、著者順がアルファベット順なのは
理論物理というより素粒子(理論+実験)の習慣の様ね。
しかも、ファーストに意味が有りそうなのも少しだけど混じっている様だ。
原子核な人達は混在しているみたい…

その分野外のひとからみるとややこしくて仕方がないのかなぁ?

洩れは素粒子論なんで著者順は原則アルファベット順なんだが、
それゆえにファーストが誰とかはほとんど気にした事がない。(というか意味がない)
ときどき、AbeさんとかBandoさんが得しているような気もするが…

共同研究を進める時に、「対外的に研究の中心は誰?」というのを
気にしなくていいのはいろんな意味で気楽な気もするよ。
物性理論の275さんの話を聞くと、主導権争いが起きそうで大変そう…。

278 :Nanashi_et_al.:02/04/13 04:08
すごい査読ってある?

279 :Nanashi_et_al.:02/04/13 23:40
すごいって,たとえばどういう意味ですごいのよ?


56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)