2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

蓄音機使っている方

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/15 05:02
オーディオの原点というべき、蓄音機を今でも使っている方はおられますか?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/15 05:05
めっちゃ気になるので、はやくみんなカキコしてくれー

3 :&rlo;名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/15 05:06
実物見たこと無いので、軽く説明してほしいな。>>1

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/15 05:37
>>3
○クターの犬の横にある機械。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/15 06:30
>>1
2ちゃんにカキコするような人は持ってないのでは?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/15 06:48
>>4
それじゃよくわかんない(w

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/15 07:39
蓄音機使ってる人って、電気がすごく恐いんだろ。パソコンなんてもちろん使えないよ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/15 08:16
>>7
どゆ意味?

9 :el:02/01/15 10:35
自分は持ってないが、愛知県の豊橋市立図書館で年1回開かれる蓄音機のレコードコンサートが楽しみ。クレデンザやEMGが聴ける。録音のいいレコードなら音量の大きさ(大きすぎて夜は自宅では聴けないな)と音質の良さに驚愕する。
東京では銀座で蓄音機売ってるシャルマンがときどき試聴会を開く。一度行ってみたい。

10 :damian ◆77bM.1BM :02/01/16 01:40
手回しか!それとも蝋管式か?どっちだゴルァ!

11 :TK:02/01/18 20:52
昔ロマンスレでも書きましたが、クレデンザを使っています。
最近はもっぱら自作の竹針で聴いています。
音の純度のリファレンスとしての地位はゆるぎないです。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/20 12:44
蓄音機だと、電源がいらないね。
アナログレコードも残って欲しかった。
さて、33回転や45回転の蓄音機はあるのかな。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/20 12:57
そのうち蓄音機を買おうと思って、
昨日シェルマンへ行ってきました。
ポータブル機で7万円〜ありますね。
サッチモ、デクスター・ゴードン、ジーン・ケリー
を鉄針・竹針で聞き比べました。
ジャズは鉄針の方がガッツがあって良かったです。
ウエスタンが設計したフロア型 70万で聞いた
デクスター・ゴードンのサックスは野太くて雰囲気たっぷり、

ポータブルでもいいから欲しいぞ!蓄音機。


14 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 22:12
ポータブルなら専門店以外でなら2万くらいで買えますね。
状態は千差万別、玉石混交。そのへん見分けられるヒトと
か自分で手入れできる人にはいいかも。

自分は仕事の関係で一時期ポータブルを手元においてたん
でそんときゃ結構聴きましたよ。そりゃ今のオーディオの
感覚だと音質なんて・・・・・だけどあの音には独特の味
わいがありますよね。マジで自宅用に一台欲しい。ポータ
ブルで良いから。ま、そのうち格安でゲットできるでしょ
と期待。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 22:15
蓄音機は大阪日本橋が安い。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/27 22:23
内容:
>>14
そうですね。
解像度だ、音場だ、どうのこうのじゃないですよね。
SP盤をCEC ST930を使って
小型3wayで鳴らしてますけど、駄目です。

フルレンジで聞くといいかも知れないけど、
やっぱり蓄音機だと思います。




17 :14:02/01/28 23:12
>16
>SP盤をCEC ST930を使って
>小型3wayで鳴らしてますけど、

・・・フルレストア済のブランド蓄音機が買えちゃう
金額かかってませんか?(^^;;;

18 :13:02/01/28 23:26
>>17
金額だけでいえば卓上型で状態の良いものが
買えますけど、SPのためのシステムではないです。


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 23:43
SP用のフォノイコ使わないとな。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 03:10
蓄音機のRIAAカーブ(?)は、どーなってるの?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 03:21
ダイヤ針や鉄針などでのSP再生ではホントの音を聞くことは出来ません。
真の音を聞くためには竹針で聴きましょう。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 09:58
>>21
聞くソースによって針の種類を変えたり、
鉄針だったら太さや、竹針であれば削り方変えたり
するんじゃないの?

23 :el:02/01/29 10:24
SPの録音特性はレコード会社毎にバラバラ。また、同じレコード会社でも時代によって異なっており、今では正確な特性が分からなくなってSP盤も多い。SPには統一規格は無いし、公表しないレコード会社も多かった。
この理由の一つに、蓄音機も製造していたレコード会社が、レコードを売るため、自社の蓄音機でだけよい音で再生できるようにしていたことがあげられる。
SPの復刻CDでは録音特性を補正してあるが、元々の正確な特性が分からないので、復刻CDの中にはとんでもなく音がおかしいのがある。

24 :20:02/01/29 12:21
>>23
ふむ、なるほど。

では、針を通した振動をトラッペットみたいなので増幅するけど、RIAAカーブ補正はどこで処理してるんですか?


25 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 12:28
>>20
RIAAって何のことか解ってる?
ちゃんと意味を調べてから質問しようね。

26 :20:02/01/29 12:49
>>25
1kHzを境に低域は振動が大きいので小さめに補正、高域は振動が細かく小さいので大きめに補正して盤に記録。
このようにしないと盤の溝に記録することは無理。

これだろ↓
ttp://www.infomaniak.ch/~bonavolt/riaa.htm

でさー、>>23で言って録音特性の説明を書いてくれたけど、蓄音機って良く知らないんだよね。
電気使わないのもあるんでしょ?ゼンマイで駆動だよね?
で、どの段階でRIAAカーブ補正してるのかな?と思ったんだよ。
それともSPは帯域がものすごく狭くて生音がそのまま溝に入ってしまうの?
もしそうならRIAAカーブ要らないしね。

27 :TK:02/01/29 12:52
>>21
SP盤のホントの音を聴くって難しいですよね。

過去ログのコピペです。
http://ebi.2ch.net/pav/kako/982/982247722.html/203

28 :20:02/01/29 12:55
>>23
つーことは、蓄音機を含めた音作りをしてたんですね。

29 :TK:02/01/29 13:00
>>27
訂正

以下過去ログのコピペです。

203 名前: TK 投稿日: 2001/03/02(金) 19:07

>>184
EMGさん
ご趣旨に全面的に同意いたします。

蓄音機で聴くと音の純度の高さとトランジェントの良さは他に比ぶべくもありませんが、
それはあくまでも電気的な増幅系を通っていない事に依存しています。
竹針やソーン針の使用はサウンドボックスの重量をクリアーするための方便ですが、
同時に微小信号の欠落という弱点を持っています。

理想的な再生を考えるとカンチレバーの先端にダイヤモンドチップを付けたサウンドボックスを
持った蓄音機を想像しますが、これは実現不可能な話ですね。
そうするとカートリッジによる電気再生の立場が明らかになります。
現時点での最良のSPレコードの復刻は、最良のカートリッジによる電気再生をデジタル録音する。
というあたりに落ち着きそうです。(つい先日、CD再生の可能性を思い知らされる経験をしました)
WE9Aはそれに役立ちそうなカートリッジだと思っています。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 16:00
すばらしいね。
懐かしい音がして、欲しくなりましたよ。
骨董品店で売っているのでしょうか?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/01 20:34
「傷だらけの天使」で綾部さん(岸田今日子)がいつも聞いていた音が
耳にこびりついている。
あの蓄音機の機種と演奏者名、曲のタイトルなどどなたかご存知ですか?

32 :el:02/02/04 14:56
>針を通した振動をトラッペットみたいなので
>電気使わないのもあるんでしょ?ゼンマイで駆動だよね?
>で、どの段階でRIAAカーブ補正してるのかな?と思ったんだよ。
>それともSPは帯域がものすごく狭くて生音がそのまま溝に入ってしまうの?
>>26
蓄音機には機械式と電気式とがある。
電気式(通称デンチク)はピックアップ、アンプ、スピーカを使う。
機械式は、針の根本がダイヤフラム(振動板)の中心に接触してあり(これをサウンドボックスという)、ダイヤフラムにはホーンが取り付けてある。キャビネットに収められていないホーンを通称・朝顔という。
機械式蓄音機の初期にはターンテーブルをゼンマイで駆動したが、後期(30年代以後)にはモータ駆動のものもある。
ちなみに、クレデンザの最後期型は、サウンドボックスをWE555に交換可能になっており、機械式→電気式に変更できた。

SPレコードには、機械式吹込と電気式吹込とがある。
テープレコーダ開発前の電気式吹込は、LPのダイレクトカットと同じく、マイクロホンで録った音をカッティングマシンで直接マスタ盤にカットする。
機械式吹込は、機械式蓄音機を録音機として使う。

電気式吹込では、RIAAと同様に、低域を下げ高域を上げた録音特性で録音する。電気式蓄音機には、当然、録音特性と逆特性のフィルタ回路が設けてある。その特性については23で述べたとおり。
電気式吹込を機械式蓄音機で再生する場合は、サウンドボックスの構造を工夫して、再生音が録音特性と逆特性になるようにしてある。
但し、機械式蓄音機の再生特性はピークギャップが非常に大きく、再生帯域も狭い(クレデンザやEMGでも100〜4000Hz程度)。
そして、サウンドボックスの機械的な構造変更では正確な特性には合わせられないため、あくまで「だいたい」逆特性にしているというだけ。

SPの録音特性と最適な再生特性については、故・宍戸公一の「送信管によるシングルアンプ製作集」(誠文堂新光社)に詳しい。


33 :26:02/02/04 15:05
>>32
やっとまともなレスがきて嬉しいです。ありがとう。
電気式吹込と機械式蓄音機があったわけですね。しらなかった・・・

>電気式吹込を機械式蓄音機で再生する場合は、サウンドボックスの構造を工夫して、再生音が録音特性と逆特性になるようにしてある

おぉっ、ここが知りたかったんです。どう工夫してるのか非常に興味があるのですが・・・

34 :TK:02/02/06 09:20
>>32
誰もコメントしないので少しだけ。
SPの電気録音についてはヨーロッパでは概ねターンオーバー250Hz、高域フラットでした。
ただし英DECCAではロールオフ-5dB at 10kHzで、
独テレフンケンではターンオーバー400Hzだったようです。
アメリカではメーカーによって様々(ターンオーバー 400、500、800Hz、
ロールオフ -10dB、-12、-14、-16dB at 10kHz)でした。

>機械式吹込は、機械式蓄音機を録音機として使う。

これは明らかに間違いです。
機械吹込は、巨大なホーンの根元の振動板に固定されたカッター針が振動し、
録音用のターンテーブルが水平移動して溝を刻みました。

>>33
クレデンザの後期型のサウンドボックスには振動板の前にイコライザーと呼ばれる円錐型のものが
取り付けられていて、高域を減衰させていました。

35 :縦振動:02/02/06 12:41
「傷だらけの天使」で綾部さんが聞いていた曲は、
黒のタンゴで有名なポーラ・ネグりの「マズルカ」だと
思います。戦前の10インチのコロムビア盤が元ですが
TVでは焼き直しLPを使っていたようです。

また、オルソフォニックビクトローラの後期サウンドボックスの
イコライザーは現在のホーンドライバーのイコライザーと同じで
高音域を伸ばすことが目的です。事実イコライザーなしの旧型方は
高音が伸びていません。

36 :TK:02/02/06 16:17
>>35
ああ、そうでしたか。私勘違いをしていました。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/07 08:30
それで26氏の質問の答えはどうなんですか?あのタンジェンシャル・エッジの
サウンドボックスは、録音特性を補正することまで考えて作られていたので
しょうか?私も知りたい。

38 :el:02/02/07 10:35
>機械式吹込は、機械式蓄音機を録音機として使う。
>これは明らかに間違いです。
>機械吹込は、巨大なホーンの根元の振動板に固定されたカッター針が振動し、
>録音用のターンテーブルが水平移動して溝を刻みました。
>>34
間違いではないでしょう。
機械式吹込でも様々な方法が採られていたのは当然です。「巨大なホーンの根本…」という方法もあったが、実際に再生用蓄音機を録音用に使用し、演奏家が朝顔の前に集まって録音している写真も残っています。
零細レコード会社では大がかりな装置を導入できないため、再生機を小改造して録音機にしていました。
ちなみに、エジソンは機械式録音のために全長数十mのホーンを制作したとの話もありますが、実際に使われたかどうか、さらに本当の話かどうかも分かりません(写真はないはず)。
「機械式吹込は機械式蓄音機を録音機として使う」と述べたのは、機械式ではエレクトロニクスは一切介在せず、録音機と再生機のメカニズムが同一であることを簡単に説明するためで、説明不足でしたね。

>>37
32で述べたとおり、機械式では特性の「補正」ということまではできないので、あくまで耳で聞きながら構造の小変更を行ったものだと思いますが。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/07 10:37
トランジェントとは過渡特性を意味する専門用語です。
トランジェントは周波数特性に左右されます。ですので、蓄音機のトラ
ンジェントが良い、という言葉は形容矛盾を起こしている様に思います
が、如何なものなのでしょう?


40 :No.5a:02/02/07 11:17
>>38 
37は私です。
>「機械式吹込は機械式蓄音機を録音機として使う」
むろん間違いではないでしょう。エジソンのロウ管蓄音機は録音できることが
売りでしたからね。

>あくまで耳で聞きながら構造の小変更を行ったものだと思いますが。
低音を持ち上げるような構造の小変更ってどんなんだろ?というのが知りたい
ところでした。トンボ?スパイダー?このあたりが怪しいと思うのですが。


41 :TK:02/02/07 11:47
>>40
32をもう一度よく読んで欲しいのですが、SPレコードについての録音の話ですよ。
エジソンのロウ管はSPレコードではないです。

42 :No.5a:02/02/07 13:04
>>41
ああ、そうでしたか。私勘違いをしていました。


15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)