2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

やさしい自作管球アンプの難しい作り方

1 :AC点火派:02/01/08 18:38
やっぱりなくなると淋しいですよね。
是枝スレの常連さんが、来れる場所ということで立ててみました。
せめて倉庫落ちしないようなペースで、続けていきましょう。
上杉さんのその後も、そして是枝さんの新作記事もまだまだこれからです。
あらためて、常連の皆さん、ROMの皆さんもよろしくお願いいたします。

2 :6V6好き:02/01/08 23:37
新スレ立ち上がりましたね。毎度ながらリード宜しく願います。
次回是枝アンプは予想がつきません。完全バランスか?はたまた赤メタル+黒メタル
なのか。コンピューター球の抜擢か?皆さんの予想は如何に。

佐久間氏なら、トランス+V6+トランス+V6(T)+トランス+V6の全球V6の
ppアンプなんて予想がつくが。これはこれで、どの段にどのメーカーの球を差し
込むか楽しそうだ。300Bアンプより金が掛かるV6アンプなんて、誰も造らない(w

3 :AC点火派:02/01/09 08:51
さっそくのご登場、ありがとうございます。
是枝さんの次作の予想は難しいですが、なんとも楽しみです。
旧是枝スレにここでレスをつけましょうか。
めーかさんのご意見、まことにそのとおりです。是枝さんの思考のモトは通信機、それも
米国製の業務用通信機でしょう。あのプリの製作記事を見れば、コリンズのデザインその
ままです。確か中学生のころドレークの受信機を買ってもらったとか。
是枝少年はいたく感動したのでしょう。内部の実装率を上げるのは、危険をはらんでは
いるものの、よくわかる気がします。
通信機ではありませんが、QUADUはもっと小型だともいっておられます。
悲しいかな、小生は低周波専門で、しかもプリアンプにはコメントできるだけの経験が
ありませんが、あのこだわりには共感します。
上杉殿のいうカスコード接続は、テレビのチャンネル、いやチューナーに賞用されていた
ものです。高周波領域をカバーできますので、ワイドレンジ設計にも耐えられるのでしょう。
MJが無線と実験という誌名であるように、かつてはラ技の方にも無線機の記事が掲載
されておりました。ケータイ電話のご時世では、リグの自作派なんてもしかすると、我々
アンプ自作派より少数派の存在かもしれません。
こういう少数派の復権も考慮したいものですね。
いちおう朝の部はこれにて、では。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/09 10:36
真空管アンプといえば初歩のラジオ(笑)
いや,まじめな話,70年代の初ラはどこが初歩だか
わからんような製作記事の嵐ですごかった
当時の切り抜きがいくつか残してあるけど,
当時で予算10万とかの記事が毎月載ってる
片チャンネルで10万越えるモノアンプとか,
KT88 PP で100W出力のアンプとか
厨房の頃いつかは作るぞ,こんなんをと思いながら
毎月眺めてましたよ
今になって作ろうにも,その当時のままの回路では
部品の入手にも苦労するご時勢ですからねえ
真空管系は結局 TU870 (笑) と,むかしの記事のを
ベースに,手に入る部品でできるように回路を変更した
6CA7 シングルしか,まだ作ったことないですが
現在,OTL でヘッドホンアンプを作ろうかと企画中
これは雑誌記事とかはないので,オリジナルになりそう
なので,あらためて真空管回路設計を勉強中です
あとイコライザも作ってみたいと思いつつ

5 :AC点火派:02/01/09 12:27
カキコミのご参加、ありがとうございます。おっしゃるとおりあの頃の初ラは、ちょっと
異常でしたね。おそらくレス4の名無しさんは、小生と同年代ではないでしょうか。
原本をとっくの昔に処分してしまいましたので、ライターがどなたかは思い出せません。
(ご存知の方あらば、ヘルプ!)
小生もあの頃に巻かれたネジが、今ごろになって回り始めたようなキライがあります。
是枝さん、6V6好きさん、7C5さんに限らず、少年期の興奮は持続するものなのですね。
ヘッドホンアンプ、いいじゃないですか。もしそれがスタックスのようなコンデンサー
タイプなら、まさにうってつけ、簡単に自作出来ます。
最近のラ技にそれが出ておりました。ちょうどウイリアムソンアンプから出力段(出力管+
OPT)を除いた構成ですので、大がかりでもなく取り組みやすいと思います。
明日までに簡単な構成を確認してきましょうか?
コンデンサータイプでないと少しややこしくなりますが、そうでない方はたしか昨年か
MJに柳沢さんが、WE396Aでのアンプを発表されているはずです。
もちろん記事に頼らず、オリジナルの「王道」を目指されるなら、まことにあっぱれです。

6 :4:02/01/09 12:55
ヘッドホンはふつうのダイナミック型を駆動できるものに
するつもりです.
要するに OTL パワーアンプの出力段のパラレル数を
減らして(というか,パラにする必要があるか?),
ゲインも抑えたものを考えています.

初ラの記事書いてた人...
藤本さんとか奥村さんとか日高さんとか
フルネームはちょっとアレですけど.
当時の切り抜きも引っ越すうちに大分失われて
しまって,今はいくらもありませんが,引っ張り出せば
何人かの名前は確認できるでしょう.

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/09 15:48
初ラかMJかは忘れましたが・・・
藤本伸一、上杉佳郎、星野 恒、三井 啓、岩崎 千明、石田?、木元?、鈴木?
さんたちもいましたね。カラー実体配線図が懐かしい。プリはハムが盛大、メイン
のケミコンが爆発、感電したりブレーカー飛ばしたりで散々でした。でも楽しかった。

8 :AC点火派:02/01/09 18:25
初ラの藤本さんは、その後のMJの藤本伸一さんでしょう。オーソドックスな設計を
なさる方だと思います。たしか数年前のMJに管球アンプの設計製作法を数ヶ月にわたり、
連載されてました。土台は6L6GCのppステレオアンプだと記憶しています。
奇抜なことはしませんでしたが、動作階級(A⇒AB)や整流部(管⇒Di)を変更したり、
出力管を2A3に載せ替えたり、とわりと面白い記事だったと思います。
藤本さんとは知り合いではありませんが、あの三栄無線が秋葉原から撤退するときの
閉店セールに出かけた折にお見かけしました。店主と淋しそうに会話してましたが、やはり
当時のタンゴショックも関連してのことだったようですね。

9 :AC点火派:02/01/09 19:09
小生の貴重な夕方カキコの時間ですので、がんばってあげましょう。(w
前スレの是枝スレの最後で話題にした、6384ppアンプですが、あらためて
この記事を再読すると、実に面白い。
めーかさんもおっしゃってましたが、あのシンプルきわまりない構成で、あの
性能はなかなか出せるものじゃありません。
アルテック構成の初段に6EJ7、PK分割部に12B4Aという選択は、
ちょっと唸らされるものがあります。この初段5極管の負荷抵抗を軽めにし、
PK分割部には電流を多めに流しています。この前段の−3dBの高域遮断が、
300kHzといいますから、見事ですね。
これで高信頼管の6384ppを励振し、氏が知り尽くしているというタムラ
のF783を通して、5Hz〜50kHzがほぼフラットに見えるf特を得て
います。帯域外にも大きな凹凸はないですし、やはり見事です。

10 :AC点火派:02/01/09 19:18
ですが本当に面白いのは、記事中の用語解説がかかれている注釈の部分
ではないかと思います。
ビーム管、ベル研、アルテック回路、ゲッター、スパイラル構造ヒーター、
レイセオン社、h−k間耐圧、etc。
ここの部分はホントに面白いです。本誌をお持ちの方は再読してみたらいかが
でしょう。そんなこととっくに知ってらあ、という方は別にして。(w

11 :めーか:02/01/09 19:43
AC点火派さん

その通りだと私も思いますけど最近の記事にはありませんね。どうしてでしょう。
話は異なりますがお正月に6V6GTで一台シングルアンプをつくりました。
伊藤先生が最後にお書きになられた記事はたしか6V6シングルステレオアンプ
だったはずです。探しましたがいつのMJだったか忘れてしまいました。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/09 19:56
こんばんは。自作出来ない文系ですが前スレからROMしてました。是枝さんの
アンプのデザインは大好きです。
有識者の常連様方教えてください。私はCRD社の300プリ+米国製300B
キット(改)でESL63PROを鳴らしていますが300Bキットの残留雑音
(でいいのでしょうか。シャーって音ですが。)には困惑していました。
最近左右のノイズに差が出てきたので接続を逆にしたところノイズはプリ由来と
わかりました。
以前石アンプ接続時にもプリ導入後ノイズがでてその時はあてずっぽでプリの真
空管の何となく色の悪いやつを交換したら運良く治まったのですが、

http://www5a.biglobe.ne.jp/~n-ds/sd-siyou.htm

で各真空管をチェックすればわかるものなのでしょうか?
代理店さんは送ってくれれば調整する(前回の対応)と言ってくださいましたが球
交換のたびにそうもできません。
ど素人目にご教示方よろしくお願い致します。

13 :六億ワット:02/01/09 22:21
>>5 AC点火派さん、 >>7さん、

新スレッド作成おめでとうございます。こちらでも宜しくお願いします。

藤本伸一さんがかつての初歩のラジオで、KT66PP、セトロン300B、845(211?)
アンプなどを発表していましたね。あのころの初歩のラジオは凄かった、しかし
初心者向けの雑誌らしい記事もあり、取っておけば将来腕を上げて、他に興味
が向いたときにもまた読み返せるというすごい雑誌であったとも言えます。
私は泉 弘志氏のラジオや電子工作記事を見ながら、電子工作のイロハを知りました。
いまだ、氏の可愛らしいイラストのファンでもあります。稲葉 保氏もおもしろいものを
作っていました。ゴミ箱ラジオとか。東芝やナショナルも、自社の部品で作れる作品を紹介
していました。松本 悟氏はこのあたりの記事の専門でしたね。その後時代は変わり、
80年代にはロジックICを使ったゲームの記事が出ました。当時は動作の意味が分からな
かったが、今考えてみれば簡単なロジックに、いかにアイデアを結びつけるかということが
重要であることが分かります。カセットケースシリーズも忘れがたい記事でした。カセット
ケースというお題を元に、何が出来るかを追求した記事でした。いずれも今の私に工作の
基礎とスピリッツを教えてくれたものばかりです。

14 :6V6好き:02/01/09 22:58
>12さん
CRD社も300プリもどういう物か判りません。球は何でイコライザーのタイプ
が判れば(CR型とかNF型、マランツタイプとか)有識者が多いから力になって
くれるでしょう。シャーというノイズはハム雑音等と違って球自体のノイズだから
ある程度仕方はないけどね。球を替えて治まったところを見ると基本的に回路は
正常だろうから、良い球を使うのが一番かな。ノイズは電流値とはあまり関係ない
からチェッカーでは判別は難しいだろう。テレフンケンのECC83から12AX7
(同規格)に替えるとバルブノイズが一段と大きくなるからね。プリ出力とパワーの
入力ゲインも関係ある。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/09 23:02
帰宅したので切り抜きを探してみました
出て来たのだけですが,こんな記事がありました.
やはり藤本氏の凝りようが突出してますね.
残っている記事全体を見ても,多極管使っていても
ビーム管接続で使っているのは KT88モノアンプだけで
あるというのも,ふうむ,という感じですね.

藤本伸一氏
8045Gシングル
2A3シングル
KT88シングル(UL)
VT62シングル
EL34 PP (UL)
UV211シングル
LUXキット A3032 の紹介,解説
KT88 PP モノ,100W
奥村正己氏
6L6-GCシングル
6BX7GT PP
6GW8シングル
日高由人氏
KT66シングル
6CA7シングル
清水源一氏
6GB8シングル
12AX7の6球プリ
由良剛氏
6GA4 PP プリメイン
根岸美津雄氏
PX25(ナス管)シングル

16 :12:02/01/09 23:18
>>6V6さま
レスありがとうございます。CRD社の300プリは管王11号に新製品紹介さ
れていて記事には、
 回路は双三極管によるシングルエンドの全4段構成。
 真空管はNF型のフォノ部に12AY7×2、12AX7×1。ラインアンプ部に12AU7
 ×4、12AX7×2を使用。
とあります。
今回左chのみノイズが大きくなったのでラインアンプ部の真空管の不調を疑っ
ているのですが。
チェッカーでの判別が困難ということでしたらやはり順番に差し替えてみるしか
ないのでしょうか。
ともあれご教示どうもありがとうございました。

17 :6V6好き:02/01/09 23:49
めーかさん
伊藤翁のV6sアンプは'90・2月号。6SJ7−6V6〜6AX5のラインアップ。
シャーシー図面、実体配線図付き。体調を崩し、メインアンプをみんな持って行かれた
ために、体力が弱るのを懸念しつつ造ったアンプ。トランスはストックのタムラ、フリ
ード(PT)、チョークはソーダーソン。但しCはERO、Rはタンタル金被使用。
老いても気迫と目利きぶりは流石。

尚、'88・9月号で7027App EF86−E83CC−7027A〜GZ34
トランスはパートリッジ。ここでもCはEROでRはシンコーのタンタルTAF。

  '89・3月号でE84Lpp  E80CF−E84L(6BQ5)〜GZ34
出力Tはタムラ、PT・LUX、チョークにシカゴ。Cはスプラグのオレンジドロップ
タイプ。RはタンタルTAF。ダイナコ型のモデファイ。「出力は17W、周波数特性
20〜30Kz±1dB。音の良さは私だけが良いと思っています。但しよいSPと
素晴らしい音源でのことで、アンプだけでは音はでません」    

この頃は翁も精力的でした。

18 :6V6好き:02/01/10 00:18
>12さん 再
フォノ部が3球で12AY7×2、12AX7×1ですか。X7x2、Y7x1なら
マランツ型(K-KNF型)の変形と思われるが。いずれにしろ、ゲインが
高いここに良い球を持ってきてください。メーカーの違いより固体の違い
が大きいから、あれこれ試してくださいな。

19 :12:02/01/10 00:54
>>6V6好きさま
前レスではお名前を誤り失礼致しました。
度々のレス感謝です。
現在このシステムにはアナログは繋いでいないのですが今夏導入予定ですのでその
際参考にさせていただきます。
ご教示有り難うございました。

20 :AC点火派:02/01/10 08:49
常連さんも揃い踏み、というところでAC点火派もひとつの責務を果たしたようで、
ほっとしております。(w
伊藤喜多男さんの話は、止まらなくなりそうなので、気をつけながらやりますが、やっぱり
すごいなあ。サーキットデザインもさることながら、あの部品へのこだわりは6V6好き
さんがいわれるように、目利きなんですよね。
音質はもちろん、経年後のことも考慮しての選択でもあるという。
ある種の境地に達した人の製作記事は、読んでいて迫力を感じます。伊藤翁はただの
ガンコジジイではありません。
12さんノイズ対策ですか、大変ですね。
そのシャーと出るのは、間違いなくプリ由来のものです。パワーアンプ由来のノイズは
よっぽどのハイゲインでない限り、そうはならないはず。
でもプリ側の球の差し替えで改善するのなら、めでたいじゃないですか。
6V6好きさんのおっしゃるとおり、球の個体別ノイズはチューブチェッカーで判りません。
実機で差し替えてみるしかないでしょうね。製造メーカーやロットを揃えれば、解決する
問題ではないのでシャクですが、その球をたくさん集めるのが先決ですね。
全部がアタリである保証はできません。がんばってください。
朝の部はこれまで。では。

21 :12:02/01/10 10:33
>>AC点火派さま
ご教示有り難うございます。やはり、近道は無いのですね。
とりあえず前回同様12AX73本換えてみます。
お世話になりました。これからもROMしてます。

22 :AC点火派:02/01/10 12:29
いえいえ、どういたしまして。
ご教示なんてオオゲサなものじゃないですよ、無論、ホラでもないけれど。
めーかさんは6V6GTsですか、何か作りたいなあ。
6V6好きさん、伊藤先生の記事紹介をあらためてありがとうございます。
翁が作ると、E84Lppも電源はGZ34になるのですね。(w
恐れ入る次第です。最近作例を見ませんが、ラ技のライターである那須好男氏もQ5ppを
よく作られていましたが、電源整流はSi−Dだったと思います。こうなるのが普通なんで
すが・・・。
しかし、21世紀を迎えてなお、いまだに管球にこだわりつづけている私達です、それぞれ
のコダワリなくてなんの趣味でありましょうや。(w
これでいいんです。

23 :AC点火派:02/01/10 13:03
さあ、なにか作るぞ!と意気込んではみるものの、是枝さんではありませんが、
かの中国球はあまり積極的に使いたくありません。もっとも資本&技術の注入
も行われて時間もたちましたし、相当よくなっているそうですが。
ロシアは元来真空管技術が高い国でもあり、そんなに違和感も感じませんが。

モトをただせばわが国の真空管製造技術とて、海外技術の導入が大きかった
はずです。(戦時中は別?)
松下−フィリップス、日本電気−WE、新日本電気−シルバニアでしたっけね。
こういう話題は、小生よりも常連さんの方がお詳しいはずです。
恥ずかしながら、大好きなくせに、かの東芝電子管はどこの技術協力があった
のか、(なかったのか)知りません。
ご存知のかたあらば、ご教授を願います。
昼休みの独り言でありました。   以上

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/10 14:46
GEのはずですが。はてどうでしたっけ。

25 :6V6好き:02/01/10 17:08
>24さん 補足

1917年に東京電気(TEC)が日本初の真空管を製造。オーディオンバルブ。
1930年頃は大手から家内工業まで含めて東京・大阪で500社も真空管を製造
していたそうだ。アマ無線やラジオ放送が始まった為の需要。
戦前戦中の日本最大の真空管メーカーは東京電気=マツダであってGEと提携。
中小のメーカーは殆どマツダに右ならえだったので、日本の真空管は大筋において
GE/RCA系列に統一された。但し、無線通信機メーカーの日本無線(JRC)は
テレフンケンと提携していた為、テレフンケンと同型〜独自の開発球を軍用として
製造した。日本無線は海軍航空機用を一手に引き受けた為、マツダにも生産依頼を
したが、熟練工不足と構造上製造困難として断った。結局、川西機械(富士通テン)と
松下が製造参加したが、歩留まりは悪かったと言う。マツダは独自に軍用球を開発し
住友=NECにも参加させ大量生産した。JRCはFM-2A05A。マツダはソラ。

この辺の話しは結構面白いね。

26 :AC点火派:02/01/10 18:34
6V6好き殿、こんばんわ。
その辺の話は面白いです。結構中小メーカーがあったようで、口伝や本では見たことが
あっても、現物にはトンとお目にかかれないものも多くて・・・。
東京電気⇒マツダ⇒東京芝浦電気はやっぱりGEですか、世界最大手といっても過言ではな
いですから。森川先生のどこかの記事で、新興、サードパーティを除外すると、大手ブランド
で一番最後まで生産していたのが、GEだとか。
中小の話も面白いですね。ロダン、エレバム、ハマチバルブとか、名前だけは知ってますが。

27 :AC点火派:02/01/10 18:46
旧スレにもかきましたが、正月は木村哲人(ぺるけ)氏の「真空管の伝説」を
読みました。もっとお若いかと思ったら、「カンマツ時代」の経験者だそうで
少し驚きました。
マツダイというイミテーションがあったそうで、ちいさなイの字がダにくっつ
いているそうです。(w

小生の所有物ではないのですが、WEのロゴにそっくりなNippon Electricの
管壁のプリントを見たことがあります。管種は忘れましたが(w)ST管でした。

28 :45大好き:02/01/10 19:20
>>27
木村哲人氏と木村哲(ぺるけ)氏は別人です。まぎらわしいけど。
ぺるけさんは今年が年男の48才(まだなっていないか)とか。

29 :AC点火派:02/01/10 19:23
そうなんですか!
カン違いとはいえ、恥ずかしい。
こりゃまた失礼いたしました。

30 :6V6好き:02/01/10 20:57
AC点火派さん
Nippon Electricの斜体字は中期頃使われていたね。WE風。色が黄色の物は尚更
そっくり。後期は菱形枠内にNECとなった。相変わらず黄色で。V6も中期は黒
(灰色)球だが後期はクリアで、バルブ管壁に黄色でNECだから全く感じが違う。

RODIN(ロダン-何故かRODANではない)の6Z-P1と言う日本だけのプア
球がここにあるが、造りは非常に良い。バルブ形状もいいしゲッターもドバっと飛ん
でいる。これがHF-300Bだったら万歳するけど。HF-300BはWE製よりも
良いという方もいるそうだ。

他に面白い物といえば家電メーカーブランド品。松下、日立、NEC、東芝、富士通
のほかに三菱、シャープ、ゼネラル、サンヨーがあった。ビクター、コロンビアあたり
もありそうだが見つけれなかった。

31 :めーか:02/01/10 22:18
6V6好きさん

ありがとう。見つかりました感謝します。昔はこんなことよく覚えていましたが
今はなぜかさっぱりです。MJだったかラ技だったか忘れましたが1970年頃
のアメリカは田舎のスーパマーケットにGEの真空管が山ほどテンコ盛りに
積んであっておばちゃんがチューブチェッカで計ってまるで砂糖を売るみたいに
売っていたそうです。RCAやシルバニアではなくてGEと言うのがミソかも知れません。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/10 22:51
スレタイトル見て思ったんだけど、AC点火派さんて、
「やさしいコンパイラの作り方」読んだクチでしょ?

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/10 23:09
>RODIN(ロダン-何故かRODANではない)

フランス語読みですね

34 :6V6好き:02/01/10 23:13
森永、明治がデパートに置いてあった時代に、駄菓子屋で一山10円
だったフルヤ、コビトのチョコやキャラメルみたいな感じだな。当時は
1円で2個とかだったから、@50銭の計算になるな。それでも十分
美味かったけどね。

創世期は別としてRCAもシルバニアも商社となったから、結局製造
していたのはGEグループなんだろうけれど。GEと言えば重電やら
大型機械、小物でもエアコン、冷蔵庫のイメージがある。日立がそうで
あるように精密部品としての品格が多少落ちるような錯覚があるのは、
少し可愛そうだな。東芝も同じような企業なんだが、盟主としての偉業
があったからね。松下は昔から販売網からCMから商売が上手かった。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/10 23:16
>>32
横レスぢゃが・・・
昔、同名の伊藤喜多男氏の記事があったのだヨ

ただ・・・
手元にEL−34PPの記事の該当部分残っているのだが、
「誰でも作れそうなアンプのやさしくない作り方」
って書いてあるんだよな
これのことぢゃないのかな・・・
どっちでもいいけど・・・

36 :6V6好き:02/01/10 23:29
33さん
フランス語でしたか。有難う。賢くなりました。
めーかさんの後にレスするつもりだったけれど、サウナ上がりで一杯
呑みながら書いてたら遅くなってしもた。すれ違ってすみません。

切りぬき探してくれた>>15さん。ご苦労様。句読点の打ち方が技術誌
風です。  、 。が ⇒ , .  さすがと言うか感心した。

37 :AC点火派:02/01/11 08:31
おはようございます。
6V6好きさん、確かに6Z−P1は規格ではビンボくさい。(w
ロダンといえばHF−300Bの中に、300B/2.5という2.5V点火管があった
と聞きます。むろんAC点火を考慮しての規格でしょうが、小生、HNにかけても実物を
ぜひこの目でみたいと祈る次第ですが、どれだけ生産され流通したものか、相当な希少球
の部類でしょう。5VのHF300Bですら、貴重品ですから。
昔はこんなパイオニア精神あふれるメーカーがあったんですね。
球ブランドの話で言えば、めーかさんがオーダーなさった5号アンプ、果たしてデュモン
製の12B4Aがついてくるのか、他人事ながら気になります。あっ、あのキットは
球付きで頒布でしたっけ?
ところで32さん、やさしいこんぱいらのつくりかたってどんな本?

38 :AC点火派:02/01/11 12:21
そういえば、旧スレの最後に励磁さんから、はんだ、配線、プリアンプのリクエストが来て
ました。プリのほうは小生もこれから勉強せねばなりませんが、はんだの話題はいかがで
しょう。
以前、小生はアルミットのKR−19の愛用者であると、告白しました。これは是枝先生
の推薦以前からのことです。
ところで伊藤翁の話題も出てますので、やはりここはキースターの#44の愛用者のかた
がおられましたら、ぜひご意見をうかがいたいです。たしかにあのとろけ具合、キラキラの
仕上がりはさすがという感じですが。

39 :AC点火派:02/01/11 12:58
はんだの良否をいうには、やはりコテがよくないと・・・
これも既出ですが、小生はウェラのWP−35の愛用者です。
しかし、これでなければ駄目とは申しません。銅先を毎度、磨き々々して使うのも
また違った使い心地があっていいと思います。
駆け込みの昼休みレスでした。  以上

40 :めーか:02/01/11 17:04
12B4Aは普通のGEだそうです。デュモンはとっくの昔になくなったそうで
次いでヒューレットパッカードになって今は普通のGEだそうです。基本的に全部同じ
みたいだそうですが。

41 :AC点火派:02/01/11 18:12
そうなんですか。GEでも大丈夫なんでしょうが。
つまらないコダワリかもしれませんが、HPの球なんてのも使ってみたい気がしますね。

42 :AC点火派:02/01/11 18:53
朝スレ(37)ではビンボくさいと書いてしまったけど、6Z−P1ppなんて
のもありかもしれません。ただ−しもちろん性能追求型でなく、位相反転はわざ
と古典的にして、OPTも普及品で。出力3Wくらいかな。
球の話でいうと、旧スレで話題になった6G−B8ですが、GEやRCAの
8417はその同等管だといえるのでしょうか。
いや、家に帰ってGEのチューブマニュアルを見れば、それでわかること
なんですが、つい有識者の皆さんの方がお詳しいかと思いまして。(w

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/12 14:18
>17さん
伊藤式6V6Sアンプ。 私も作りましたヨ。
PTはフリードなんか手に入らんかったから
手持ちの池上通信機製の[JANK] を使い、CHは
シャーシに内臓すべく、大昔のTVに使っていたのを
流用・・松下?製。今、PHILIPSのフルレンジを気持ち
良くドライブしてます。

44 :6V6好き:02/01/12 22:11
AC点火派さん
恥ずかしいことにハンダも鏝も普通の一般品。住友金属とかGOODの。錫60%。
10年経っても不具合はないから良しとしている。しかし雑誌で見ると良いハンダは
光り方が違うね。鏝は20W、30W、60Wの3本を使い分けているが、小中型の
球アンプであれば30W1本で間に合う。20Wは半導体用。60WはSP端子や
コネクター、SPネットワーク用だ。あと便利なのは、ペンシル型のハンダ吸取器だ。
バネ仕掛けのやつ。

ガキの頃拾った球でオーディオに使えそうなST管は6Z-P1の他に、12A、6Z−
DH3A、42、80、80K(傍熱)等がごろごろあるが、あと10年経ったらこれら
とP-610Bで演歌や民謡を聴こうかと思う(笑)

43さん
家の「倉庫」(故三浦氏風)にも池上や東立、アンリツ、など通信工業系の古いトランス
が転がっている。ハーメチック型や鋳物鋳造ケースで、今作ったら相当値段が張るかも
しれない。個々に規格と製造期などを刻印した銘板が張ってあるのも格別な趣きがある。
松下のTVチョークならTLP-○○○○とかかな。インダクタンスが小さくて容量が
大きいものが多い。PHILIPSのフルレンジは良いね。R・Aもそうだが、あの手のダブル
コーンは多少生硬い音とダブルコーン特有のある種のピーク感があるが、聴くジャンルに
はまれば逆にリアリティと溌剌とした感じが出て良い。自分も通常はコアキシャルやダブ
ルコーンのフルレンジ派です。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/12 23:05
FKSの広告で、
「世の中には数多くの真空管アンプがあるが、ほとんどがお粗末な音である。
なぜだか見てみると、カップリングコンデンサーにDCコンデンサーが使用されている。
一個3000〜4000円の高級品だが、これを一個100円のACコンデンサーに変えてみると、
見違えるほど音質は良くなった。
さらにこれにシースをかぶせてみると、目からうろこである。
仏を造って魂入れずとは、このことであろう。」

とありますが、どう思いますか?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/12 23:36
6V6さんのように私も数本古い真空管を持っています。
見ていると、子供時代が懐かしく思い出されます。
前に確か、釘・ネジも宝物と仰っていましたが、同感でした。
真空管スレは案外40を過ぎたのおじさんたちの憩いの場
とも思われます。気持ちはいつまでも青年ですが・・・
5球スーパーとか新規に作ってラジオを聞いてみたいです。

47 :真空管無頼派:02/01/13 07:20

敢えて47ゲットオォォォォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ

このスレらしくない書き込みですみません。
ただ、このくらいしないと、このスレの文字の中に埋もれてしまいます・・・。(苦笑)
参考までにこのスレッドの前身のスレッドのご案内です。

「是枝重治のアンプってどうよ」
http://ebi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1000980770

飛び込みで、このスレに来てしまった人(いるのか?)は、このスレをご参照ください。
にちゃんねるらしくない(苦笑)、良スレです。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/13 10:19
>>45

長年やっているがコンデンサにAC用とDC用があるとはぼくは初めて聞いた。有極無極
の区別はあるが。こんなところはそっとしておいた方がいい。

49 :めーか:02/01/13 10:51
AC点火派さん
6GB8はたしかデンオンのPOA-1000に使っていたとおもいます。
カソードフォロア直結で100W以上でたと思います。デンオンは異常に
ハイパワーだったようです。昔のラ技の別冊にも特性がでていたと思う。
あのアンプはずいぶん凝っているようです。
8417は私も持っていますが少し細くて何となく頼り無さそう。でも
UL接続でシングルで10Wは軽くでたような気がします。実際にどの程度の
互換性があるかわかりませんが。いま値段はどうなんでしょう。

50 :めーか:02/01/13 11:17
昔から気になっていたことがあります。友人の球王3号の300Bを救助
したとき、付いていたカップリングCにはなぜかAC60HZ/660V
と表示してあった。Cの耐圧表示はAC/DCあるし両方並記しているものも
少なくない。でも周波数を表示しているものは見たことがないような気がする。
あのコンデンサーは何用なのでしょうかしら。モータの進相用かもしれないが
通過電流値によってはわざわざそうするのかもしれません。

51 :6V6好き:02/01/13 14:56
めーかさん
電源部のデカップリングCではなくてパワー段へのカップリングC使用ですか?
AC660Vだとモーター用のオイルCかフィルムCだな。何μFかな。
60Hzのモーターを50Hzでつかうと5/6回転となるから、厳密に言えば
電源部の設計も変ってくるだろうが、Cを指定するほどシビアではないでしょう。
Cの容量誤差は結構あるんだろうし、製造便宜上60Hz向けとしてセッティング
されているのではないのかな。
ちなみに球アンプに良く使われる角ケース・円筒ケース入りのオイルCは手持ちを
見てみたら(スプラグ、GE、サンガモ、エアロボックス)はすべて600VDC
であってAC表示は無い。DC表示とAC表示では元来使用用途が違う物でしょう。
しかし、このようなオイルコンはPCBの規定もあって製造されなくなった為に、
現在ではモーター用途等の工業用が、球アンプやSPネットワークに使われている。
結構良いフィルムもあるみたいだが使ったことが無い。TOEIの660VACの
6μF(楕円注型)もあるが、取り付け金具が無いんで未使用だ。AC耐圧はDC
耐圧で使ったら2〜3倍の耐圧に相当する筈だから、250VAC程度のフィルム
Cはもっと使用されても良いと思う。リップル駆除はケミコンの比じゃないからね。
是枝先生が「ラ技」で6BM8ppをやった時に5AR4のインプットCを6μFの
フィルムで片付けてしまったのを見たが、ハムが出なかったと言っていた。実際は
B電圧を抑える為の目的だったが。

52 :6V6好き:02/01/13 15:04
46さん
やはりそうですよね(W
5球スーパー良いですね。球はあるから、お互い今後の宿題にしましょう。

53 :めーか:02/01/13 20:02
6V6好きさん

そうなんです。それで0、22マイクロでした。いま球王3号を見ましたら
そうなっています。

54 :真空管無頼派:02/01/13 20:43
妙な書き込みだけでは、単なるアホなので新ネタを。

本日、オーディオマエストロに突撃してまいりました。
店内に突入するとAXIOM80が8発、猛烈に炸裂しておりました。
こいつもまた、犯罪的なスピーカーではあるのですが、(希望があればインプレッション書きます。)
もっと犯罪的なことに是枝先生を軟禁して、次回発売の管球王国関連のインサイダー情報を取ってきました。
次号のアンプは、やはり6V6です。
メタル管をあしらった格好のいいものです。
「えー、光らないんですかー?」と、失礼なことを言うと、
「300Bのように眩く光るならともかく、6V6のように控えめに光るなら、メタル管のほうがよろしい。」
と、指導を受け、撃沈。(笑)
ま、詳しい内容は、お楽しみなのでこれ以上話しませんが、
今回のテーマであるスタイルとコストパフォーマンスの両立というのは期待できます。
なんせ、今回のキットは、予価19.5万円だそうです。
おお! これならなんとか!
と、思って、思わず「完成品はいくらですか?」と聞いて、
「自分で作りなさいやー。」というお言葉を戴きました。情けなー。
(正確には、「私が作ると高くなるぞー。」でしたが。)

現物はまだ管球王国の編集部から戻ってきていないということなのですが、
話の傾向を聞いていると、なにか非常に好みの方向にいっているようです。
音を聴いたら、ムズムズくるかも知れませんね。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/13 21:06
>>51
>リップル駆除はケミコンの比じゃないからね。

へ〜え、そうなんだぁ。オイルコンの中って普通の物理法則が
成り立たないのかぁ。それとも51の脳内物理法則なのか(藁

56 :励磁ちゃん:02/01/13 22:31
メーカーさん 6V6好きさん
これは 私見だが ACとDCでは 耐圧は1.4倍ではないのだろうか。
60Hz660Vでテストし それに合格したということでしょう。
そのときの絶縁抵抗が 社内規格で 何千MΩかは知らないが。
容量・耐圧も厳密にいうと 周波数で変わってくるのかも?
詳しい人 教えてください。
確か あのコンデンサーは TRWで今のASCよりも 大きくて頼もしそうに見えたが 記憶間違いかも。

モーター用のコンデンサーは 私の経験でいえば たとえ180Vー6UFと扇風機ぐらいのものでも アキシャルタイプは少ない。
ないとは言い切れないが。
それと 0.22ではよほど小さいモーターでないと 進相できないと思う。
ので モーター用とは思われない。

57 :励磁ちゃん:02/01/13 23:07
45さん
これも私見だが 有極コンデンサーとは一般に電解やタンタルを指す と思う。
それらのものは カップリングに使ってはいないので ここでは対象外でしょう。
100円なら一般的にはフイルムタイプということになるが フイルムタイプに DCもACもない。
有るのは 外側電極の表示と AC表示かDC表示ではないだろうか?
電極表示も 有るもの 無いもの そして 管理されている物と でたらめなものと 様々です。
例の 方向性が指定されている マイカコンデンサーでさえ 管理されていないらしい。

100円のコンデンサーがないと 世の中困ることもあるが すべての測定値で 3000円に負けると思う。
それがどのコンデンサーよりも音がよいとは とても思えません。
何万円もする NASA?が使うようなマイカペーパーが音がよいといわれれば それがはったりでも つうようするが。
だいたい 600V0.22UFが 100円であるのか?
あるなら 買いに行くぞ!!
上品を モットーとしている私が 少しお下品になったようです。

58 :励磁ちゃん:02/01/13 23:54
55さん
そうです オイルコンだけではありません。
オーディオの世界は 普通の物理法則は 成り立たないのです。
すべての 現象の後を 物理法則が追いかけてくるのです。
測定では 音の善し悪しが いまだにわかりません。
測定は 必要条件であって 十分条件ではないのです。
なぜなら 人間には音の善し悪しの計り方を まだ見つけることができないのですから。
日本の多くのメーカーは 必要条件と 十分条件を勘違いしていることが多い。
手段を 目的にしてしまっているのです。
頭の中では 解っているはずだが 製品に反映しない。
アマチュアの多くは物理特性という必要条件を必要とは思わずに 手段なしでAMPを作っているのです。
これを 面白いと見るか なんとと見るか。

で OILコン どのようにリップルが少ないの?

59 :6V6好き:02/01/14 00:31
めーかさん
カップリングでしたか。モーター用ではないね。勇み足で陳謝。660V
なんでてっきり電源用と早とちりしました。また色々情報下さい。

真空管無頼派さん
是枝氏の「6V6のように控えめに光るなら、メタル管のほうがよろしい」
これは判るね。拙者の801A(VT62)sはドライブに6V6(T)で
ドライブしている。US8ピンだから色々な球を多少の変更でトライ出来る。
V6、F6、K6、A4などだが、V6が一番光らない。光具合はF6が良い
んだが今一音に力が無い。V6は言われる通り地味光りだが、素直な音だから
801Aを生かせる。801Aには6G-A4はイメージが合わない。本当は
これが一番かもしれないが。是枝情報感謝。

55さん
暇なおじさんのたわ言にレスして頂き感謝。言われる通り脳内物理です。
ケミコンの種類も聴き分けれなかったのは過去スレの通りでした(W
トランス端子後にフィルムC-整流管-お好きなCを好きなだけ入れて見て
下さい。球アンプはなんでも有りなんで楽しいね。意見やノウハウ願い
たい。かなりの実践者と見ました。名前は管名だとReし易いです。

励磁ちゃん さん
1.4倍でしたか。勝手に倍数化してすみません。AC660VはTRW
でしたか。医療・軍用Cと言うことでマニア伝いでTRWのポリプロが
浸透し始めたのが10年以上前だった。TRWは実は、UTC、IRC、
シンチ等を集めた巨大企業でNASA御用達でMIL規格。TRW社の
C部門は元々マランツ御用達で有名なグッドオール社が受け持ったと言う。
そのTRWのC部門を指月のアメリカ法人が買収してASCとなったそうだ。

是枝氏があの有名な「300Bsアンプ」をラ技に発表したのが1981
年の3月号だ。もう茶色く変色している。そこではカスタム社のマイカ・
ペーパーを推奨しているが、後にテンペストに使用されているTRWを
推薦している。また1889年8月号のMJ誌で山岡司郎氏がTRW〜
ASCの効用を説明するにおよんで一般化したと思われる。海神のおば
ちゃん(失礼!姉さん)が、「え〜と・・・」「TRWでしょ?」「そう、
それそれ」 なんてね。歳は取りたくないね。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/14 00:39
容量が同じだと同じはずだが確かに少ないような気がする。ただし容量誤差を押さえたわけではないので
なんともいえないが。リップル波形が異なると結果はさまざま異なるでしょう。
絶対的なリップル計測値が同じでも波形、つまり高調波成分が異なるとなんともいえない。
誰か検証してくれないかな

61 :めーか:02/01/14 10:12
AC100Vだと+141Vからー141Vまで電圧は変化します。
コンデンサの耐圧の基準は意外といい加減でDC表示の2√2倍つまり
2、82倍が普通と思うが励磁さんのおっしやるように1、4倍表示の
ものもあるようですし6V6好きさんのおっしゃるように2〜3倍のものもあ
る。ものによっては4倍というのもあるようです。交流の波形を実効値
によって決めるかピ−ク値によってきめるかでもことなると思うしDC
成分のこともあるでしょう。まあ本来はメーカに聞くのが一番いいのかも
しれません。この間是枝さんにいろいろお尋ねしたときはついに値段は
教えてもらえなかったが無頼派さんありがとう。アースのことやいろいろな
勘どころもお尋ねすれば聞きたいことの何倍も返事が返ってくるが、これから
だすアンプはそうではありませんでした。まあそうでしょう。あのCについて
もいつか聞いてみます。是枝さんは電源を精密に設計しているときは電解Cは
使われませんね。温度変化で変わるからそういう時は使わないとおっしゃって
おられたように思います。

62 :めーか:02/01/14 10:17
>>61
ごめんなさい、AC表示の2√2倍でしたね。

63 :上杉:02/01/15 08:20
ご無沙汰してます。
しばらく函館に行ってました。
北海道は寒いですね、道南でこの寒さ、
AC点火派さんはもっと寒いところに住んでるんですね。
大変だ。
しかし、食べ物旨かった、というかご馳走責めにあってきました。
しばらく、うに、刺身、蟹、えび、貝類はいいや(W

もう一台の300B組み立てました、音が出るには出るんですが小さい。
またどっかおかしな所があるようです。
よく解らないのが、最初の一台目、完成直後はスイッチを入れると、ぶうんと
鳴って、メーターが上がり、しばらくするとメーターが下がり再び上昇すると
ハム音が消え、スピーカーに耳を近づけるると微かに、シーという音がするだけだったんですが。
函館から帰ってくると、ジージッジーとノイズ音がします。スピーカーケーブルを
付けたり外したりしていたら、突然ブワーンというでかい音とともに、扇風機のように
スピーカーから風が出てきました。低域で発振してるようです。
一度電源を切って、もう一度接続してみると、発振は止まりましたが、ノイズは消えません。
なんと云うことだ。訳分かんなくなってきた。

朝、全段の12AU7を取り替えたら直りました。これがマイクロフォニックって云うんですか。
前スレのAC点火派さんのレス思い出したので、取り替えてみました。
やっぱり為になるスレだ(W

64 :AC点火派:02/01/15 08:29
みなさん、おはようございます。しばらく留守にしておりました。すいません。
本日から営業に参加させていただきます。(w
なんとまあ、高度なコンデンサーの話題が展開されてますね。すごいなあ。
しかしその中に埋もれてしまいそうな、興味深いご意見がひとつ。
6V6好きさんのレス44、フィリップスのフルレンジはよいね の一言、この発言を待って
おりました。(w  たしかにいいです。ADナンバーで始まるベルギー工場製のやつですね。
小生のヒイキは12cm口径のWコーンです。たしかに少ししゃくるようなクセはある
ものの、はまればあれしかないという品物のひとつでしょう。
型番は失念しました。(明日までに調べてもよいです)
ただ最近見かけることが少ないのが残念です。
昼休みにも書きます。では。

65 :AC点火派:02/01/15 12:21
待望の昼休みですので、がんばって書きます。(w
なんとタイムリーというか、先日出たMJ誌に黎明期のブランド提携の話が出てましたね。
巻頭の大塚さんのページはJRCの特集で、大正13年からのテレフンケンとの提携が
書かれてましたし、佐伯多門さんのスピーカー技術の100年では、三井銀行系列で芝浦
製作所が発足、これが1909年にGEと提携、さらにマツダの東京電気と合併して東芝に
なる経緯が書かれています。(あーすっきりした。)
真空管無頼派さんは岡山の方なんでしょうか?うらやましいですねえ。どうやら確実に、
次作は6V6ppのようです。しかもメタル管ときた。小生の好みは6V6GTなんですが、
メタル管にもある種のシンパシーも感じます。ガラスバルブに挿し替えて、発振するような
設計ではないと思いますが。どちらにせよ、すごく楽しみで待ち遠しいものです。
件のAXIOM80×8発もいちど聴いてみたいですね。「炸裂」ですか、むべなるかな。
想像するだけでわくわくします。おそらく想像の域はかるーく越えちゃっているのでしょうが。
ここはひとつ是枝さんご推奨の名録音、アルヒーフ盤のK.リヒター指揮のマタイを
一期一会の精神で拝聴したいものです。
小生宅の装置は、かのカンターテドミノで感動する(納得できる?)音が聴けるまで、
ずいぶんと時間がかかったものです。まあ、小生のことはどうでもいいけど。(w

66 :AC点火派:02/01/15 12:32
コンデンサーの耐圧は、尖頭値とかありますが、おおむね×1.4では事故
原因にはならないでしょう。
6V6好きさんのレスにもありましたが、TRW(GOODALL)はMIL
スペックの高信頼ブランドですね。小生のヒイキでもあります。
おっしゃるように、TRW時代のほうが外形は大きいですね、ごもっとも。
信頼性も昔のほうが高いかな。
モトがUTC、IRC、シンチの集合体ですので、少しゴチャゴチャしていますが、
小生はTRWの箱に入った、UTCのA−20ライントランスをもっております。
これは入−出力側とも、600Ωのシリーズタップになった、マッチング用の
小型トランスです。
バランス−アンバランス変換用に購入しましたが、音質調整用にも使えそうです。
まだワニ口実験だけで、利用にはいたってませんが、勘弁してください。(w

67 :AC点火派:02/01/15 12:59
そういえば、ケイハクな自論の展開ばかりでなく、お礼も申さねばなりません。
真空管無頼派さん、旧スレでのレス885をありがとう。新スレへの誘導も
しとかなきゃと思いつつ、放置してましたわ。
それに本スレのレス47にも、旧スレへの誘導をありがとうございます。
こういうことは、ここを立てた小生がやるべきことなんでしょうが、つい・・・

今夕には、6V6を期待して待ちつつ、禁断のプリアンプの世界でもさわって
みようかと。しかしあの魑魅魍魎の世界はやっぱり気が引けるし、腰も引けるなあ。
めーかさん、応援してくれますか?
とまあ、どうなるかわかりませんが、昼休みはこれまで。では。

68 :6V6好き:02/01/15 13:48
AC点火派さんお久です >65補足
松下電気がフィリップス社と提携して松下電子工業を誕生させたのは
1952年(S27年)。戦前から取引があり、互いに電球からスタ
−トした類似点もあった。フィリップスは「技術料」を、松下は(経
営指導料」を要求したと言う。


フルレンジは鳴らし方にコツがあると思う。自分の独断だから、反論
は不可(笑) コーンが硬めで軽いタイプ(フィリップス、R・A、
ジェンセン、FEシリーズ等)は箱をあまり強固に作らない方が良い。
線が細い音がさらに痩せる。低域が元来弱いユニットだから、箱の容
量はむやみに大きくする必要がない。40Lと80Lをやってみると
音の出方は多少変るが低域は思ったほど変らないものだ。この手のユ
ニットはリッチな音は出ないが、溌剌として、聴いて気持ちが良いの
が取り柄で、管楽器が前面に出るし、弦楽器は松脂が迸る。感度が高
いのも球アンプには○です。

LE-8T('80以降TH)となれば話しは別だ。なるべくガッチリ
した箱のほうが良い。それも山水箱のような小さい物じゃなく、80
L以上、できれば100L位が良い。小中音量で聴く場合はポート口
を大きく取って、吸音材は少なめ。大音量派の場合はポート口小で、
吸音材をいっぱい張る。8Tは音の線が太くて小編成コンボやボーカ
ルを聴くとはまっちゃうんだよね。AC点火派さんはクラシックです
からTW足してましたか。自分のなかでは2A3pp+8Tはひとつ
の「完成されたオーディオ」でした。なんかスレ名からえらい脱線し
てしまった。

69 :めーか:02/01/15 17:41
6V6好きさん
『自分の独断だから、反論は不可』とはとても面白いですね。おもわず
笑ってしまいました。その通りですね。LE−8Tが大きめの箱とは
同感です。

70 :めーか:02/01/15 17:54
AC点火派さん

プリアンプはほんと難物ですね。昔ラ技に安斉勝太郎さんがTC回路付き
の回路を発表されておられたが作ろうと思いつつそのままになりました。
まずケースが大変です。

71 :AC点火派:02/01/15 18:30
「皆さんお晩でございます。」とは往年の宮田 輝さんの名調子でしたっけ。
6V6好きさん、痛快なレスをありがとうございます。
いや、ご説ごもっともですね。コーン硬めの軽いヤツは、箱鳴りも生かしてあげ
ようというのが、コツでしょうね。こんなのでいまどきのアバロンかなんかの
マネをするのは、徒労に終わるでしょう、きっと。
是枝さんのお店のHPにも、Ax.80のページがあって、フレームのネジは
きつく締めてはいけないとありました。ちょっと似てます。
LE−8Tはハイコプライアンスの元祖のようなヤツで、磁気回路も案外強力な
方ですし、空気もたくさん動かせますから、大きな箱が効いてきます。
6V6好きさんが示してくれたように、小生宅の8Tは100L箱にはめられ、
振動板の80%くらいの大きなバスレフ穴と、最少の4スミの吸音材で鳴って
おります。(自分と同じ見解に、ヒザを叩きまくりです。 w)

72 :AC点火派:02/01/15 18:40
さて、それでは。
プリアンプの話題を希望される方がいますが、どこまでわかっていらっしゃるのか、
小生も不安です。あの難しさがうまく説明できるか、自信がありません。
ただの興味本位で語れるような分野でないことは、わかって下さい。
旧スレの最後のほうで、めーかさんが本質を突く、実にするどい貴重なレスが
ありました。「高周波機器はアースが命」これに尽きるんでしょうね。
常連さんは実力派のウルサ方ばかりですから、判っていただけると信じて
おります。
帯域内を保証するために、帯域外をキチンと管理する。これはなかなかできない
ことです。リクツでは判っていても、意外とどうにもならんことが多い。
1回切ります。

73 :AC点火派:02/01/15 19:02
いま、真空管でリグを自作なさる方が、どれだけいらっしゃるか分かりませんが、
実に高尚な趣味だと、恐れ入る次第です。(タンクコイルとか懐かしい!)
高周波領域でニアバイアースが多用される理由は、静電結合でアース電位が分布
してしまうのを防ぐためです。
ところが低周波領域のニアバイアースは、低周波信号にとってはむしろ共通インピ
ーダンスだらけとなって、アースに分散する抵抗分によって、余計な信号が混入
するのと同じ結果を招くことになります。極上のプリアンプを目指すには、
配線、部品配置に対する配慮がパワーアンプと異なることを認識しなければなり
ません。しかも是枝さんが発表されるのはキットなわけで、その熟慮の結果が
ステンレス製シャーシの採用となったのでしょう。
EMC特性(電磁適合性)はステンレスが1番でしょう。
やはりアースは命です。
是枝さん自身もいろいろと痛感されているようで、「迂闊にプリアンプの話を
するわけにはまいりませんでした。」と述べておられます。
分かりにくいでしょうが、真空管ではありませんが、是枝さんも認められ評価
されているジェフローランドのシナジーをご覧ください。
あの光り輝く缶体を、まさしく今言ったことを具現化しているではあーりませんか。
(そういえば17号プリは、なんとなくシナジーに似てませんか?)
少し調子にのり、さも偉そうに書いてしまいましたが、もし間違っていましたら、
めーかさんが訂正してください。(w

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/15 21:31
WEのロゴにそっくりなNippon Electricのプリント
 2A3もそうかな
 斜体でNippon Electricとプリントされているよ。
  その下にNECとプリントされています。

シングルの自己バイアスで使っています。
音はいい方だと思います。無帰還で1W時、歪率1%以下です。

東芝の6GA4、NECの6L6GC(3結)のシングルより
特性も音も良いです。

プリアンプはCR型を使用しています。
(12AX7*2、12AU7*2)
まず低雑音にする事と
RIAA特性を1dB以内におさめるのに苦労しました。
音は満足しています。

75 :AC点火派:02/01/16 08:21
74さん。
国内大手で2A3を最後まで生産していたのは、たしかNECではないかと思います。
ここら辺は6V6好きさんがお詳しいはず。
たしかNECのグリーンシリーズとかいいませんでしたっけ。
小生は故長岡鉄男氏の「日本オーディオ史」の、掲載カタログの小さな写真でみただけ
なんですが。(w
希少球の部類に入ると思います。大事にお使いください。
自作プリアンプとは、なかなかですね。
低雑音化に苦労されたとか、身にしみてよく判ります。(w

76 : めーか:02/01/16 10:15
AC点火派さん。そういえばNECに2A3がありましたね。つくりは東芝と良く似ていた
とおもいます。ナショナルの球も見たことがありますが全体になで肩で
綺麗な球でした。昔はじめてRCAのCRCー2A3を買った時意外と粗末な
造りでがっかりしました。スプリングでフィラメントを吊っていないと2A3
にはみえないのです。出張でたまたま泊まった旅館の隣の電気屋さんが古そうなので
覗いてみたらなんとドンの1枚板プレートの2A3がありました。ほぼ同じ頃に見つけた
シルバートーンの45は生きていましたが2A3は駄目でした。

77 :AC点火派:02/01/16 12:29
めーかさん、思い出してくれてありがとうございます。
JAN−CRC−2A3は、軍用ナンバーがVT−95のヤツですね。まあ生産性の考慮
なのか、スプリング吊りではなく、ただのマイカ引っ掛け型のものですね。
そいつが小生の愛用球です。(w  あくまで私見ではありますが、粗末なつくりに似ず、
音は繊細感に富んでいると思えます。簡素化のためにフィラメントを太くしたこと、バネ
吊りに起因する(? 鳴きがないことがその原因かと考えております。
たしかに作りに目を見張るようなものはないですね。手にとって眺める楽しみは、丁寧に
作られたスプリング吊り(釣りザオタイプもあるとか)、の球に限られます。
初期の1枚プレートなんてのは、持っててもおっかなくて使えないと考えてるんですが、
もし、所有されている方がいましたら、お話をうかがいたいです。ハイ

78 :めーか:02/01/16 13:50
AC点火派さん
RCAの2枚プレートの球でスプリング吊りというのはあったのでしょうか
東芝の2A3はバルブ外径も大きかったように思うしスプリング分くらい高さも
あったような気がします。昔ジャンク屋さんで買ったマツダ球は後光がさして
おりました。2A3のスプリング吊りはどのメーカが早かったのでしょうかしら。

79 :AC点火派:02/01/16 17:47
めーかさん、さっそくのレスをありがとうございます。
RCA2枚プレートのコイルスプリング吊りは、あったと思いますけど、ここはやっぱり
帰宅してから確認してみましょう。(w
かの球王でも2回にわたって「2A3大研究」をやった時に、見たような気がするのですが、
あいまいです。
小生の会社の他部署の上司で好きな方がおりまして、やはりマツダの2A3を持っているぞ
と自慢いたします。(w  気持ちはわかるんですけどね、まったく。(w

80 :AC点火派:02/01/16 18:50
レス66に、いいかげんなコトを書きましたので訂正。
コンデンサーの耐圧表示のAC値は、DC値にするとめーかさんのいうとおり、×2√2
で、2.82がアタリです。P−P間電圧ですものね、失礼しました。
AC250VはDC700Vになりますが、実際には600V程度に考えた方がいいでしょう
とは、オーディオ専科のパーツカタログにありました。

81 :AC点火派:02/01/17 08:19
ありゃりゃ、下がったまんまですか、まあたまにはこんなこともあるでしょう。
じきに是枝さんが誌上に、話題の6V6ppステレオ機を発表すれば、しばらく反響が
続くでしょうしね。それまでぼちぼちいきましょうか。(w
めーかさん、確認してみたらありました。RCAブランドの初期のH型プレート(2枚)
は、コイルスプリングで吊られています。どれだけ生産されたのかは不明ですが。

82 :AC点火派:02/01/17 08:39
さて、誰も書かれないので、ジジイ風のたわごとを・・・。
旧スレでもちょっと似た議論はあったものの、日本人は形から入るのが大好き
な民族です。自作管球アンプのステップアップにも、暗黙の了解があったように
思います。このスレの最初に登場した初ラこと「初歩のラジオ」、この本で
いたく刺激を受け、無線と実験やラジオ技術を手にとるようになり、最初に
トライするのは6BM8や、6BQ5のアンプだったように思います。
これはsでもppでも。やがてさらに高出力や、あるいは特性なんかを向上
させたくて、もっと大きなアンプを組んだり、あるいは直熱管の独特の音質
に魅せられて、2A3のアンプを組んだりしたものです。
時代はかわり、事情も変わりました。
いまでは最初にトライするのが、300Bという人もいるんですね。
(これがWEでないのが救いというものでしょうか)
まずは2A3、それから300B、という図式があったように思います。
いきなり300Bでは、そのありがた味も判らないのじゃないかと、余計な
心配をしたくなります。
同様のことは、ラ技で那須好男氏もおっしゃってましたが。

83 :AC点火派:02/01/17 08:54
「時代は変わる」とボブ・ディランが歌ってから、相当たちますし(w)、
いろんな300Bもありますから、今はサードパーティ製の300Bが、かつて
の2A3のような立場だと、解釈すればいいのかもしれませんね。
しかし、へそ曲がりは思うのです。2A3といっしょにしてくれるなと。
これはむしろ2A3擁護のおもいを込めて、書いております。
大きな声で言いたいですね、2A3は300Bとはまた違う、いい球なのだと。
敬愛する森川忠勇さんが各誌に書かれていた頃、「いいかげんにつくられた
300Bアンプより、きちんと設計された2A3アンプの方が、よほどいい音
がする。」といっておられます。
もっともだと思います。
失礼、朝のたわごとでございました。              以上

84 :めーか:02/01/17 10:04
AC点火派さんありがとうございます。
なるほどRCAにあったのですね。それでよくわかりました。むかし、もう
30年くらい前に武末さんがラ技に2A3PPアンプを書かれていた。凄く
良い特性で(OPTはラックスOYー15だったとおもう)いつか作ろう
とおもいながらそのままになっています。ある程度あつめた部品は散逸して
しまいました。あのアンプは作りたいと今でも思います。

85 :AC点火派:02/01/17 12:31
武末さんですか、それも30年前の記事!
まだまだ元気な時代でしょうね。よろしければどんな構成なのか、サワリだけでも
教えてください。
武末さんの作られるアンプも個性的でした。氏はどうしてもOTLのイメージが強くて、
話がそっち方面へ行きそうですが、どうしてOPTつきの作品もいいものが多いです。
物故される直前のラ技の記事も、残留雑音を追い詰めておりました。
2A3は意外と使い方が難しい球です。電源電圧は300Vが上限と考えると、前段の
電圧確保に苦労したりします。(別建て電源をあてがえば、解決しますが)
そのほかにもグリッド電流対策も考えると、WE300Bのような高抵抗値のグリッド
抵抗では、暴走する個体も出てきます。
ロフチンなら解決できますが、シングルどまりですし、トランスで振れといわれても、
好き嫌いがあります。(w
でも、その苦労が楽しいんですよね。
是枝さんも、50シングルの製作記事で、同様のことを書かれておりました。
いったん、昼食へいって来ます。

86 :AC点火派:02/01/17 12:56
そういえば、初段の入力部にトランスを使った、全段平衡型のppアンプ(バランス型といった
方がいいですか?)は、ほとんど作例を見かけませんね。
小生も武末さんの50HB26の平衡型を見たきりです。
何故なんでしょう?放送局でつかわれる、いわばプロスペックの構成なのに。
めーかさんを含め、作例をご存知の方がいれば、教えていただけませんか?

87 :6V6好き:02/01/17 13:54
ちょっと見てないうちに2A3で盛り上がってますね。
AC点火派さん 「初段の入力部にトランスを使った、全段平衡型のppアンプ」

ありますあります(w
渡辺直樹氏がMJ誌(1981)で発表した、2A3ppアンプ。入力Tのタンゴ
NN-6で反転、ドライブ段にWE348App〜直結でパワー段2A3ppです。
完全バランス型です。WE310Aは不可。七面鳥アンプを防ぐ為に、前段部B電源
回路に6SN7GTを使用しての定電圧と遅延回路付きという凝りようです。

88 :めーか:02/01/17 15:21
AC点火派さん
うろ覚えですけど電源は2A3へはチョーク入力、前段へは同じ巻線から
C入力、固定バイアスでたしか初段は6267の5結PG帰還付きで
6FQ7パラでムラードだったと思います。

AC点火派さんならびに6V6好きさん
昔の話ですみませんが松下ハイファイがロングフィールドという名前
でEL156のPPアンプを売っていました。これが入力トランスが
トライアッドのHSシリーズでOPTがなんとピアレスの271Sだった。
で平衡NFがかかっていました。音も聴いていますが印象はどうでしたでしょうか。

89 :6V6好き:02/01/17 16:36
87追補
渡辺氏によればWE-300B同様2A3もトーキーシステムに多用されたそうだ。
RCAトーキーシステム、ブルック社のシステム、ベル・サウンド社のベル・サウンド
システム、デビッド・ボーゲン社のシステム。国内では東芝のサウンド・システム、
ビクターのトーキーシステム、東洋発声(ローラー)のトーキーシステム等々。

めーかさん
松下がEL156ppアンプですか。受注ではなくカタログ品ですか?残念ながら
見たことも聴いたこともない。本当に残念。SPはなんでしたでしょうか。
渡辺氏も森川先生も156ppをMJ誌に発表していたが、こちらも弩級アンプだった。
渡辺氏はOUTに山水のSW-100。森川氏はタンゴのX-5P使用。今、同規模で
造ったら、球とトランス類で30万円以上は軽くかかるだろう。伊藤翁愛用のEdやEL
156は高値の花となってしまった。これらは中国製ありますか。


90 :めーか:02/01/17 17:12
書き込みが足りませんでした。松下ハイファイといいましても松下電器/ナショナル
とは無縁の会社で松下ハイファイエキスプレスという名前だつたと思います。
今でもあるはずです。

91 :めーか:02/01/17 17:33
いまゴーグルで検索してみました。松下ではなくマツシタのようです。

92 :AC点火派:02/01/17 18:24
やってますねえ、小生も参加しなくちゃ。(w
あんまり有名なので、こんなことはみんな知ってるだろうと思うんですが、WEで91
よりも設計の古い86(300Bpp)は、もともとWE300Aの時代に設計されて
いまして、動作条件も楽な方ですので、エマージェンシー用としてヒーター電圧を
下げて、2A3が挿せるようになっていたはずです。

93 :AC点火派:02/01/17 18:34
なんと武末アンプも道を空けそうな、超ド級アンプの登場ですね。
アセンブル/販売はマツシタでも、設計は名のあるお方ではないのですか。?
EL156の平衡ppで、入がトライアッドで、OPTが271Sだと聞くと、
なんだかすごそうな感じがします。果たして原型をとどめて、完全動作状態
にある原器を持ってらっしゃる方が、いるのでしょうか?


94 :AC点火派:02/01/18 08:34
ここんとこ、下がりっぱなしが多いなぁ。(w  まあいいけど。
気になることが多いので、少しづついきましょか。
真空管無頼派殿、是枝さんの次作6V6ppステレオ機の情報をありがとうございます。
そこでお願いがひとつ、炸裂していたというAx.80×8の様子を聞かせてもらえません
か。北海道民が岡山まで出かけるのは、予算上も時間上も切ないものがあるので。(w
そのうち製作記事ではない形で、ラ技に載りそうな気もするんだけど。
お願いします。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 10:51
ひさしぶりにロムしてみたらLE8Tの書き込みがあるじゃないですか!
自分も大好きなスピーカーなのですが、近年はユニットのみ(箱は捨てました。)
押入の肥やしになっています。。
どんなアンプでどんな箱に入れたらいいのかベテランの方々教えて下さい。
いつかは真空管で鳴らしたいと思ってとっておいたんです。
結構コーン紙重いんで本当に真空管でなるのかな?などと思っていました。

96 :AC点火派:02/01/18 12:18
95殿、それでしたら6V6好きさんのレス68にすべてが書かれています。冗談抜きで。
とにかくがっちりした大き目の箱がいいと思います。
なんだか、LE−8Tの話になると、さかんに平面バッフルを勧める人がいるけど、
あまり賛成したくないですね。バッフルの後ろの空間がたくさん取れる大きな部屋にお住まい
のかたならともかく、普通はがっかりすると思います。
まずはやってみて。
それとこのLE−8Tのいいところは、アンプを選ばないことにあるのじゃないかと
思います。たとえば2A3シングルだときれいに鳴るし、30〜50Wのppアンプ
でパワーを送り込んでも、きちんとそれに答える仕事をしてくれます。
コーン紙が重たいっていったって、20cmなんですから、15インチとはわけがちがい
ます。
みれば分かることなんだけど、20cmのクセに50mmというでかいボイスコイルが
おごられた、ウーファーを発展させてフルレンジにしたユニットです。
この辺の素性をよくわきまえて、つかいましょう。


97 :トーリスガリ:02/01/18 13:37
>>68 >>96
LE8Tの件感謝。 こんなに簡潔な使いこなし文は初めて。よーく理解できました。

98 :AC点火派:02/01/18 18:54
トーリスガリ殿、別にたいしたことではないので、こんなこと実際につかってみれば、
誰でもわかることなんですわ。
さて、むしかえすようで悪いけど、なんで自作アマチュアの間には、平衡型のppアンプが
はやらなかったのでしょう?やはりコストのせいなんでしょうか。
入力トランスは必要だし、初段から球が2本必要だとか。
それとも平衡NFが難しいから、という技術的な理由なのか。
小生一時期、位相反転回路の優劣に悩んだ時期があって、それならいっそのこと、ブースター
アンプの考え方で、入力もppにしてしまえとこの平衡型ppを研究した時期がありました。
近年、バランス出力のプリアンプも多いですしね。
ホントのとこ、どうなんでしょう。


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 19:31
age

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 19:50
今だ!100ゲットォォォォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
     ∧∧   )      (´⌒(´
  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
      ズザーーーーーッ

ドッコイショ・・・・・・・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
     ∧∧          (´;;
    (゚Д゚ ,)⌒ヽ    (´⌒(´
     U‐U^(,,⊃'〜... (´⌒(´⌒;;

スンマソン趣味なんです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄
  ポ  ∧∧  ポ
  ン  (゚Д゚ ,) . ン
   (´;) U,U )〜 (;;).
(´)〜(⌒;;UU (´ )...〜⌒(`)

101 :2A3:02/01/19 00:14
ここの内容は読んでいてほんとに楽しいです。
Axiom80最近購入してキットの2A3でドライブしています
私が生まれる前から存在していたなんて信じられない
いまだから買えたようなもんです。
初めてお店で聞いた時の感動は今でも忘れられないくらいです
妻も大のお気に入りです。
あんまりスレとは関係なくてごめんなさい

102 :めーか:02/01/19 21:07
AC点火派さん

やはりそれは管球プリアンプの接続が難しいからではないでしょうか。反転ができて
周波数特性が良いトランスがあるかどうかが問題です。普通10KΩあたり、がんばっても
50KΩでしょう。古い設計、というよりオーソドックスな設計の球プリの場合は
50KΩ負荷でもむつかしい。10KΩではマランツ/マッキンだと音は出るが、というレベルの話
ではないでしょうか。パワアンプも2次巻線からの平衡NFは良いですが1次巻線からの平衡NFは完全
A級のPPアンプではまだしもAB級ではもはや整合性を持たなくなる。A級動作でもあやしい。PPアンプ
はもともと出力トランスで上下の波形を合成することがミソで1次巻線NFはシングルアンプの
ようなわけにはいかないでしょう。リニアスタンダード回路の問題もそこにありますし。
復刻マッキン275もそうでしょうがあれはバイファイラ巻トランスですし普通のOPTとは電磁結合
の度合いが違うようですから同列にはいえないかも知れませんが。ロングフィールドのELー156PP
アンプもテレフンケンVー69も解像度は高いような気がします。69aはまだふくらみがある
音ですが69bはひたすらシャープでしょう。ロングフィールドは贅肉が全くない絞り切った音でした。

103 :AC点火派:02/01/20 08:20
おはようございます。本日は日曜日なんですが、鉄の掟の休日当番というヤツで、まあ、
民間でサラリーマンとして研究開発に従事する小生としては仕方のないことなんですが、
その分ここの書き込みに、がんばってみましょう。
6V6好き殿、詳細な解説をありがとうございます。
今日は平衡アンプと関連する、電源ドリフトの話をしましょうか。
とりあえず、朝の仕事をやっつけてきますわ。  それでは。

104 :AC点火派:02/01/20 10:48
申し訳ありません。レス103は6V6好きさんではなく、めーかさんにありがとうござい
ますですね、どーも休日ボケなんだか(w
めーかさん、たしかにおっしゃるとおりですね、実のところ小生もバランス出力で管球式プリ
に期待するものはありません。
バランスプリは管球式ピューリタンの思想を、はずれたところにあると小生は考えております。


105 :AC点火派:02/01/20 11:04
さて、位相反転の選択や優劣ばかりでなく、電源ドリフトの観点からも、
バランス動作は大事な考え方だと思います。
たいていの管球式アンプの初段増幅部はシングル動作です。
アンプの回路が頭から完全なバランス動作だと、電源ドリフトはキャンセルでき
ますが、そうでなければ電源の揺らぎがB電源の揺らぎになります。
これはACラインのせいなので、俺のせいじゃねえやと、開き直ることも
可能かとは思いますが、ある種立派な超低周波雑音でもあるわけです。
オシロと歪率計で低レベル領域を見ているときに遭遇する「アレ」なんです。


106 :AC点火派:02/01/20 11:31
この問題は電源部のC容量をドンと拡大してやると、揺らぎを吸収することで
解決できます。しかしアンプは測定だけで評価されるものではなく、なんと
いっても再生される音が最重要項目でしょう。先日このスレをにぎわせた
コンデンサー論議でもあったように、容量値は稼げなくても、オイルコンの
音質を尊重する方は、たくさんいらっしゃると思います。
全段バランスにしなくても、この問題を解決する方法があります。
かつてこの問題に言及されたのは、小生の知る限り、敬愛する森川忠勇さん
と是枝さんだけだったように思います。
小生がラ技を購読するはるか前に連載されていた、マランツアンプの研究
(たしかマランツ物語とかいったような)には、是枝さんがその点に触れて
おられます。球王Vol.12にその要約版のような形で、その記事が
ありますが、カソード結合の下側グリッドをCでアースとストラップする
手法がそうです。
ACの揺らぎはDC領域に近いものなので、気になさらない方もいるのですが、
こういう気の使い方が、設計・製作のセンスだと思うのですが、いかがでしょう。

107 :AC点火派:02/01/20 13:03
うむむ、ちょっとテーマがマニアックすぎたかな。ちと反省。(w
日曜日には不向きでしたかね。
小生も最近は小言ジジイになりつつあるので、おおらかに行かねばとは、いつも思って
いるんですけどね。次はスタガー比なんて、これも駄目かな。(w


108 :AC点火派:02/01/20 13:06
ブツ ブツ ブツ ブツ ブツ ブツ

109 :6V6好き:02/01/20 15:05
自分の耳とシステムでは残念ながら、ドリフトや揺らぎまでは感知できない。あるの
だろうが気づく感性がないのかも。

ただ、昔と違って最近は電源C、デカップリングC、カソードパスC、カップリングC
とも大容量を投入している。たとえは最低だが、自殺したいのにガス栓開いて窓開けっぱ
なしの感が残る。まあこの事象も、音楽ソフトとSPのレンジ拡大によるアンプ側の対応
としての発展には違いないが。

以前はカップリングCも .02μとかも多かった。今では1μだ。勿論スタガーは考慮して
いるのだろうが。よって前段のカソードにも数百μを入れる。フリッカー対策と聞いたが
一長一短ではないのかな。追試して聴いてみると、音が鈍い感じが残る。電源部のCも
同様。チョーク後にむやみに大容量を入れると音抜けが悪くなったような気がした。50
μでハムが出ていないのだから、その対策ではない筈でしょうが。倍電圧整流Cに1000
μx2というのも見かけたときは驚いたが、今は案外そんな時代かもしれない。6CA7を
パラppで使っての200WPA用途ならドーンと突っ込むだろうけど。

音の忠実再生を目指して、なんでも直結。低域時定数減らしてCの音排除が第一の方も多い
でしょう。しかしモデラーとしては、そういうアンプは面白くないのね(笑

一度遊びで6BM8ppをやった時に、丁寧に前段球も足して0.2Vで最大パワーが出る物を
造った。入力からCで受けてパワー段まで4個のCが通るというシロモノだった。普通なら
1個で済む。ところが出てきた音がひどかったのかというと、全く逆で音楽性豊かで、芳醇
な「いい音」だった。これがM8かという。こんな楽しみ方も球アンプならではの特権。音
マニアからみれば邪道でしょう。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/20 15:31
もっと勉強して出直せと言われそうなんだけど、ちょっと昔の
事を思い出してアンプとスピーカーを自作してみようかと思って
います。

で、僕が中学時代、オーディオ機器にあこがれていた時代は
FETの半導体アンプが主流で真空管なんて、音が悪いだけの
懐古趣味と言われておりました(18〜20年前)。カネをためて
クリスキットを買おうと思い、バイトにいそしんでいるとバイクに
はまって、それ以来はオーディオに注ぎ込む金がなくなりました
けど。

んが、なんか最近は真空管アンプも流行しているのですよね。
真空管の知識は全くないのだけど、ちょっと聴いた感じではけ
っこういい。カマボコf特を想像していたら、ちゃんとした音なの
で驚きました。かつてのクリスキットを買おうか?とも思いまし
たが、ちょっと真空管も気になる。

ネットで結構検索してみたけど、色々わからない情報がたくさん
あります。クリスキットは5〜6万でパワー、同程度の価格でプリ
って感じだっただと思いますが、同じぐらいの価格で真空管も
楽しめるんでしょうか?エレキットのTU-877なんか、お始めに
良さそうだけど、これってあの教材のエレキットだよなぁ。

あと、電気工学科を出ていながら、アナログの電気回路知識
はほとんどないんですけど、トランジスタのプリに真空管パワー
って組み合わせで、全然問題ないのかな?

本当にど素人で申し訳ないですけど、お始めにお勧めな製品とか
あったら、きっかけとなる情報だけでももらえませんか?

111 :AC点火派:02/01/20 16:14
6V6好きさん、レスをありがとう。
残念ながら電源ドリフトは、決して耳では判らない超低周波の世界です。
これを再生できるスピーカーもないはず、測定器の世界ですわ。
気にしないで下さい。小生のつまらんコダワリです。
アンプの増幅回路中のCの数は、小生も案外気にしないほうです。
我が愛機の300Bppにも、そのうちマランツを真似てC+Rのローカット
フィルターを入れようと思うくらいだから。(w
カップリングCで切られたぐらいで、楽音は死なないものだと思います。
もしおかしくなったら、設計が悪いのか、C自体がよっぽどのものなのか
だと考えます。
110さん、いらっしゃい。
Tr.プリに球パワーは特に問題ないと思いますけど、小生も時々やりますから。
真空管アンプの最初のお勧めですか、うーん、責任重大だな。
最近、幸か不幸かいろんなのが出てますから、迷うでしょうね。
エレキットですか、どうなのかなあ、つかった事がないので、偉そうなことは
いえませんが。
「ちょっと真空管も気になる」という程度でしたらそういう選択もありかも・・・
いやいやそれではあまりにも無責任だな。(w
まあ、最初はキットでスタートなさるとして、その目安の話をしましょう。
真空管パワーアンプの中での最重要部品は、なんといってもOPT、出力トラ
ンスです。球やカップリングコンデンサーは、その気になればあとで自分で
変更なり、改造が効きますから、立派なOPTの搭載モデルを選択すべき
でしょう。OPTの載せ替えは、買い替えと変わりませんから。
OPTのちょっとしたモデルは、1万円以上、ステレオだとこの倍ですから、
5,6万ではちとプアすぎると思います。
オーディオ専科やサンオーディオのキットで、タムラのOPTが載ったものを
選択されてはいかがでしょう。
是枝さんのキットは、初心者には勧められません。(w
もしもの際のアフターサービスは、されてるでしょうけど。


112 :AC点火派:02/01/20 16:17
ちなみにレス108は、小生のネームドロッパーです。
こういうのは放置しておくべきなんでしょうが、気味が悪いので。(w

113 :TU-877:02/01/20 16:20
http://ebi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1009330811/l50

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/20 16:23
sage

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/20 16:54
復帰第1弾ならフューチャー2000あたりがいいんじゃ
ねーの?クリスキットって、どんなんかしらんけど、
パツイチ5〜6万程度のアンプなら、間違いなくフュー
チャー2000の勝ちだろ。クリス作ってたオヤジも死ん
だらしいしな。ダメなんじゃん?

球アンプ始めるならTU-877はいい選択じゃないかな。
ヘタすると10万クラスのキットと同じぐらいだと思う
けどどーよ。

116 :AC点火派:02/01/20 17:34
だそうですよ、110さん。

117 :6V6好き:02/01/20 17:41
110さん
やはりバイクに行きましたか。自分は一回り年寄りですがそういう時代経験済み。
今考えてもキラ星のごとく良いバイクがありました(その時代では)。マッハV、
SS750、RS750。CB750U、V。TXシリーズ。GTシリーズ。友人
が数人命を落としました。所有していたCBとGTは売ってロータリーのサバンナ
GT(RX3-12A)に鞍替えしました。バイクと車の話しは長くなるので割愛(W
キットの方は判らないが、SPの感度(能率)と部屋の広さも顧慮して。

AC点火派さん
ブツブツは他人でしたか。点火派氏の気の利いたジョークかとも思いました。失礼!
結構笑ったよ。ブツブツとかパッパッパ・・・という音がSPから聞えると、どこ
しくじったかなとアンプをひっくり返すハメに陥ります。上杉さんも経験した、電源
入れるごとに良かったり悪かったり。配線材ピンセットでずらせば症状消えたりとか。
こんなケースは厄介でした。







118 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/20 17:50
101さん

2A3のキットでアキシオム80をならされておられるそうですけど良い選択です。
2A3はもともと無理がない設計ですのでキットにとても仕立てやすい。

110さんもどこかの2A3のシングルアンプのキットでもお買いになられて組まれたら
いかがでしょう。それを組むことによって発展的な展開が可能です。ステップを踏んで
スキルを向上するお気持ちがあるのならサンオーディオやヒノオーディオの
ものだどは推奨出来る。とくにヒノオーディオのキットは好ましい。
要は向上心を刺激する何かが必要です。

119 :めーか:02/01/20 17:56
110さん

オーディオ専科のキットもとても良いんじゃないかしら。さすが
森忠(失礼)設計でどれも隙がない。

120 :AC点火派:02/01/20 18:05
へっへーそうでしたか。HN替えましょか。(w
管名ばかりじゃなく、フリッカーとか、残留ハムなんてのもいいかもね。
6V6好きさんは、元ライダーあがりなんですか。
ご多分に漏れず、小生も中型免許は持っております。
マッハVとはなつかしい。大型2ストの一時代をつくったカワサキの名車
ですねえ。小生バイクはマルチよりシングルかバーチカルツインのファンです。
真空管アンプならシングルでもppでも。(w

121 :めーか:02/01/20 18:08
6V6好きさん

マッハというのはスズキの2サイクル機でしたっけ。凄く回るエンジンだけど
くせが強かったものでしょう。あれで死んだ人は多いはず。昔のオートバイは
個性が強くて面白かった。

122 :めーか:02/01/20 18:12
そうでしたねマッハはカワサキでしたね。歳は取りたくない。

123 :AC点火派:02/01/20 18:12
めーかさんもそう思いますか、オーディオ専科のキットはいいと思うのですけど。
プリント基盤をつかわない、フルキットの魅力ってあると思うんですが、
なじみにくいでしょうか?
キットの世界にも、もの作りの楽しみの大小があると思うんですが。
まあ、110さんの選択に任せましょう。

124 :AC点火派:02/01/20 18:28
でも、初心者の方へのアドバイスは難しいです、ハイ。
旧スレで登場なさった45大好きさん(みてますか!)みたいに、6BQ5の
シングルから、自作45のシングルアンプまで、いっきにいくひともいるのだし、
人それぞれなんでしょうね。
今日はこれで帰宅しますか。明日もシゴトだ。

125 :110:02/01/20 19:23
色々お返事をいただいて有り難うございます。

オーディオに興味を持った最初のきっかけは、澄んだコンパクト
フルレンジスピーカーに魅せられたからでした。中学時代の友人
が電気屋だったせいもあるかな。で、クリスキットってアンプは
無色透明で何の色も付けない、面白くないけどすばらしい。そん
なアップだったんです。今でもあるみたいですけど、ユーザーは
ほとんどいないようですね。

球に興味を持ったのは、そんなお始めの頃とは全く反対に、なん
ともツヤっぽい印象を受けたからです。しかも聴き疲れしない。
信号が丸くなっているだけなのかもしれませんけど、結局のとこ
ろ、写真の色にしろ、オーディオの音色にしろ、「本物と同じで
はない」わけでして、ならば球も面白いか、と思ったわけです。
このあたりが、理屈っぽい子供だった昔と、ある程度オヤジにな
ってきた今との違いかもしれませんね。

で、おそらく皆様が思っているよりも、僕はずっとライトに管球
アンプの世界に入ろうとしています。なにしろ、現在は何もピュ
アオーディオ機器を所有していないため、すべてがこれから。そ
れに、悠々自適な世代まではまだ時間があります。

僕は「ちょっと興味を持った」と書いたのは、管球の世界はあま
りにハイコストすぎるかな、と怖々と覗く気持ちの表れです。や
はり、球の世界は高価なイメージが強いですから。

そんな僕なので、組み合わせるスピーカーは当初は軽くFE103あた
りを使ったフルレンジダブルバスレフから始めて、そのうちにバッ
クロードホーンのD-118あたりのトールボーイ型に切り替えよう
と思っている程度です。オケは聴きませんから、スケール感より
は解像感とスッキリ疲れない音を目指そうかなと。

で、オーディオ専科の製品は、なんと言ってもデザインがすばら
しく、特にかみさんが(笑)気に入ったようですが、ちょっとい
きなり入るには高価で少し腰が引けてます。ヒノオーディオのキッ
トは、ネットでは見つからなかったので、秋葉原に聞きに行くし
かないかな?

2A3ってのは、3極の球の種類ですよね。エレキットのTU-877って
のはKT-88ってのが付いているようです。同じ球でもメーカーや
作ってる国によって音が変わるそうですね。う〜ん、奥が深い。

やはりお始めキットであっても、上から攻めるのがいいのかなぁ。
だんだんその気になってきてしまった。ちなみに空中配線そのも
のは、あまり苦にしないと思いますが、今もできるかな?アルバ
イトでアンプキットを製作していた事がありました。知り合いの
オーディオマニアのおじさんから小遣いをもらって、空中配線ば
っかやってました。ただ、今回はかみさんが一緒に作りたいと言っ
てるので、基板の方が助かりますけど。

とりとめもなくてすみません。

126 :45大好き:02/01/20 20:54
>>124
AC点火派さん、はい、ちゃんと見てますよ。
これから初めて球アンプを作る人へのアドバイスは難しいですよね。私の最初
のアンプ、6BQ5シングルは三栄無線の一番安いキットでしたが、「音が出た!
はんざーい」の興奮がさめた数カ月後に出力トランスをタムラのF-475に換装し
てしまいました。あおりを喰らってCHはリアパネルに移設(W。換装後の音は別
物でしたよ。やっぱり出力トランスはそれなりのモノを使わないとね。だから
エレキットって聴いたこともないですけどお薦めはしかねます。
私はキットデビューの後、親切な先輩諸氏のおかげで測定器一式そろえて底な
し沼へ一直線の道をたどった(Wので、テスター一丁でキットを作りたいという
方へのアドバイスとなるとちょっとしり込みせざるを得ませんね。

127 :45大好き:02/01/20 21:08
仮に現有のオーディオセットを全部処分してゼロから出発する、あるいは友人
に球アンプを作ってくれろと頼まれたら、キットを選ぶかも知れませんね。だっ
て作るの簡単だし、見栄えは完全自作よりはるかに良いし。
チェックポイントはトランス、シャシー内部のスペース的余裕、出力管、動作
方式ぐらいかな?そうなると選択の幅は狭くなってサンオーディオの2A3シング
ルあたりになるのじゃないでしょうか?そんなに高くもないし。これなら完成
後、改造熱にうなされるようなことが万一生じたとしてもかなりいじって楽し
めるでしょう。
管球王国方面への接近は私の場合、財政破綻を招く恐れがあるので(W、自粛し
てます。

128 :なお:02/01/20 21:39
一応、公認HPを張っておきますね > くりす
ttp://www.bh.wakwak.com/~feliz/

荒れるとアレだから、直リンせずに・・・


石キットで数少ない日本のサポート充実したキットですね。
買うときの、桝谷sチェックが無くなった今が買いどき? (w
私見では、あまりオーディオに深入りしない、工作好きな方
には向いてるのではと思います。音に目覚めた時が、この
キット卒業。

え、K式? お勧めしません(苦笑)

129 :45大好き:02/01/20 23:10
なぜ6BQ5シングルアンプの出力トランスを取り替えたかと云うと、こいつがヒ
ノオーディオで聴いたサンオーディオの2A3シングルアンプにぼろ負けしたから
なんです(ついさっき、思い出した)。あの頃はまだ何も知らなかったから、
出力は6BQ5の方があるはずなのに・・・何が違うんだろう?と考えてOPTを
替えてやろうと(そもそもキットの値段が全然違ったんですけどね(W)。で、
結果はなかなかのものだったわけです。カソードNFBとかやってけっこう楽しみ
ました。直熱3極管に狂ったのはその後45を知ってからです。そうそう同じ時
期にオーディオ専科の2A3シングルも聴きましたけど、あれはそんなに良い印象
は残ってないなあ。試聴したスピーカーの違いもあったかも、ですが。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/21 00:45
>128
どーしてそういう無駄な回り道を勧めるかなキミは。
本当に初心者ならまずエレキット。

真空管アンプキットってどこのがいいの
http://ebi.2ch.net/pav/kako/987/987572450.html



131 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/21 00:55
>130
とりあえず、本人はくりす気にしてるんだから、無理にエレ
薦めんでもええんとちゃう? 所詮5万円以内なんだから。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/21 01:50
そもそも今有るクリスキットはスレッド違い。
続けるなら↓この辺りでやってくれ(w

難しい半導体アンプのやさしい作り方
http://ebi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1010639277/


133 :110:02/01/21 09:43
>>132
すみません。そういうつもりではなくて、半導体アンプで復帰しようと
情報を集めたら管球が流行してて驚いたって話から、派生してしまいま
して。

本日、秋葉原のヒノオーディオでも行って色々と視聴しようと思いま
す。2A3、300B、KT88あたりのシングルが良さそうですね。イマイチ、
各球の特徴をわかっていませんが....。

それにしても、このスレッド。優しい自作管球アンプの[難しい]作
り方だったんですね。すみません。難しいのところをよく見てなかっ
たので、激しくスレッド違いだったのかもしれません。

>>128
クリスに関しては、昔たくさん買えなかった駄菓子をまとめ買いする
「大人買い」と同じで、今なら買える!(なにしろ値段もモデルも当
時と変わらないですし)って感じで興味を持った感じです。といって
も、ここは管球のスレなのでここまでにします。

>>130
エレキット、評判が良いようですね。値段も安いし遊ぶにはもってこ
いですね。偏見を捨てて聴いてきます。

>>45大好きさん
結局、はまれるかどうかがポイントなんでしょう。ただ、僕はちょう
ど仕事が一番忙しい盛りの年齢なので、音楽を聴く時間を確保するの
がやっとって感じです。でも、はまるときってのは、時間のあるなし
は関係なしにはまるか。

ところで、管球の場合、特性を合わせるのが大変そうだから、プッ
シュプルよりもシングルの方が、レスポンスや歪みは別として素直
な音がしそうに思うんですが、そのあたりどうなんでしょう?やっぱ
シングルから始めるのがいいのかな。

134 :45大好き:02/01/21 10:25
110さん
えと、はまらないことを前提のサンオーディオキット推薦だったんですが。は
まるんだったら、そりゃもうなんでもありですよ(W。秋葉原のヒノオーディオ
に行かれるんでしたら目と鼻の先にヒノオーディオがあるのでこちらも訪ねて
みられたら?。2A3シングルアンプの他に6V6や入力セレクター、REC IN/OUT端
子がついたEL34シングルアンプ(こっちの方が安い)とかもありますよ。最近
のヒノオーディオは自前のキット(台湾製のトランスを使ったもの)を販売し
てるからサンオーディオのアンプはそんなに置いてないかも。

自己バイアスのシングルアンプが自作球アンプの王道でしょう。一番簡単だし。
私のまわりはほとんどプッシュプル派ですが、負い目を感じたことはないです。
音の方は使ってるスピーカーとの相性や好みも関わってくるので軽率なことは
書けませんが、私はシングルアンプの音の出方が好きです。

135 :AC点火派:02/01/21 10:51
ごめん、昼休みまでまってね、今日は手が離せない。(w

136 :6CK4:02/01/21 11:03
はじめまして。前スレに引き続き良いスレッドですね。

エレキットいいですよ。私も随分遊びました。
TU-872:2A3s,初めてだったので無改造。知人にあげちゃいましたが。
TU-873:300Bs,NFB量を可変に改造。
TU-874;KT-88s,いじくり倒して、現在はEL34の3結になっています。
TU-870;PTを旧タンゴのN-12に載せ換えて6BM8の超3結Ver.1。鉄板の穴あけが大変でした。
TU-???;6189Wが3本載ったプリアンプ。ちゃんとDL-103の音を出してくれます。

とっかかりとしては、エレキットはオススメです。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/21 11:04
手始めにエレキット(TU-887か手に入ればTU-883)作ってみて、もっと奥を知りたければ
また考えるってのは?
別に,最初に作ったアンプを無理に発展させなくても、サブのシステムとして持っておけば
いいんじゃないかという気がする。

138 :137:02/01/21 11:07
887→877
883→873
の間違い(鬱

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/21 11:07
エレキットを擁護するわけじゃないけど値段だけで
見ない方がいいと思いますよ.
少なくとも 300B の TU-873 に入ってた OPT は,
みかけこそケースにも入ってないシロモノですが,
なかなかどうしてばかにしたものじゃないようです.
重量だけ見てもタンゴの U-808 並にあります.
付け替えて比較試聴したわけではありませんが
音もけっしてしょぼいともいえないでしょう.
このキット,曙光の 300B と Sovtek の 6SN7,
北村機電の R-コアトランスとかを使って,実売6万くらい
でしたから,かなりメーカも無理してますね.
スペース的には可能なんで,ソフトンの Rコアの
OPT に置き換えたらどうだろうか,とか思ってます.


140 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/21 11:19
渋いスレやったのに、いつの間にやらキットスレ。

141 :45大好き:02/01/21 11:52
>>134
>に行かれるんでしたら目と鼻の先にヒノオーディオがあるので

サンオーディオのまちがいです。失礼しました。

142 :AC点火派:02/01/21 12:30
うーんいつの間にやらこんなことに。
ここはあくまで自作派スレです。キットの話もしたいですけど、はっきり
申し上げてプリント基板をつかったキットは取り上げたくないのです。
配線の取り回しのノウハウも話題にしてますからね。
是枝さんの作られたKT88シングルのプリント基板は、規格、絶縁度等
から申し上げて、市販品の高級アンプにもどうかという、別次元のシロモノ
ですしね。
ごめんなさい、エレキットには何の恨みもないですが、それを取り上げるなら
別スレにいっていただいた方が、いいと思います。
このスレ常連のめーかさん、それに45大好きさんも、そして小生も特にOPT
にこだわって選択していただきたいとのコメントがあったはずです。
サンオーディオはもちろん、オーディオ専科にもタムラという日本が誇る管球
アンプ用のトランスが載ったモデルがあり、これを勧めます。
OPT単体でカタログに載るような、そんなキットを勧めます。
ごめんなさい、いいものかもしれませんが、エレキットのことはホントに
わからないんです。




143 :めーか:02/01/21 13:13
AC点火派さん

私もそう思います。エレキットはたしかその方々のためのスレがありましたね。
さて会社の後輩が最近球アンプを作りたいと私に相談してきました。実は土曜日に
一緒に秋葉にいきました。そこで用意できたものは以下のものです。
富士シャーシNO7番370×230、ソケットその他小物一式、
ところが電源トランスやOPTは目当てのものがありません。最近そう思って
見てないせいか勘が狂ってしまいました。本タンゴ廃業の余波はあるのですね。
で仕方なく小生の手持ちのラックス4A48Bを譲ることにして(涙)それにあわせて
計画を全部変更することにしました。タムラのF475を友人が持っていたのを
思い出しそれを召し上げて6BX7のシングルステレオ機を作るようになりました。
475は私は大好きです。安くてあんないい音がするものは少ない。初心者向けに
前段は12AX7のSRPPを推奨しました。しめて約2万5千円、新品で揃えても
5万円は行かないでしょう。発展性もある、475は45やVT-52にも最適ですし。
そこで思ったことですが後輩は普通はキットを買わざるを得ないとこでしょう。
でも僕達はむかし手ごろなキットってなかったのだからやはりパーツをぼつぼつ集めて
作った。今の風潮はアンカンソクだとおもう。つまり安い、簡単、速い、でしょう。
それを否定するつもりもないが当スレではアンナンチ、つまりは安い難しい遅いを目指したい。
安いことは人それぞれの懐に相談するだけのこと、遅い、難しいは大事でそれを嫌がる
人はそもそも真空管アンプなど作らないことです。キットを組んでアンプを作ったなどと
自慢することはない。伊藤のおじいちゃんが御存命だったらなんとおっしゃるか。



144 :めーか:02/01/21 13:25
4A48ではなく4A44の間違いでした。むかし伊藤先生のプリアンプ
のキットがありました。京都のお店が発売していた。無論先生の了解はあったようです。
欲しかったけどとても手が出ませんでした。あのクラスのキットは勉強になる。
先生はあれはキットではない部品セットだと言っておられた。たしかにそうでしょう。
入手不能の部品があればそれを買わないと方法はないですから。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/21 13:27
なんだこじんのすれか

146 :6V6好き:02/01/21 13:35
ここはスレ発起人のAC点火派さんに従いましょう。
キットは良いトランスの載った物を、という結論でした。キットだろうが自作だろうが、
一通り経験を積めば次ぎの道が開けるはず。

同一アンプで試してみれば、シーメンスのEL34から松下の6CA7に差し替えたより
出力トランスをLUXからTANGOに換えた方が、違いが大きいのを実感できる。この
場合は良い悪いでは無くて好みの範疇になるが。キット物でもTAMURAなら間違い
ないでしょう。

そのうち、拾ったトライアンプから引きずり出したトランスに多大なNFを掛け、数ヶ
所に補正を入れ、発振寸前のアンプにシングルコーンを繋いで、艶っぽいボーカルだな
なんていう馬鹿も出てくる。自分のことだが(爆

147 :6V6好き:02/01/21 13:48
145さん
スレ違いました。146は145さんへのレスではなくて142AC点火派
さんへの物。145さんも秘技秘策を公開して欲しい。管名ネームで仲間に
なって下さいな。宜しく。

148 :4:02/01/21 14:40
4で初ラネタふったもんです.
じつはエレキットの300Bのやつをこないだ買いました.
まだ作ってませんが,そのまま作るわけではなく,一部の
部品交換(何よりもボリュームとカップリングコンは替えるし,
OPT も替えようかと検討中)と,基板をやめて,
ふつうのラグ配線にすべく,思案中です.
ついでに回路も全然替えちゃうかも(笑)
こういうのはここの範疇外ですか(笑)
# そこまでやるならキットなんて買うな,っていう
ツッコミは不可.

エレキットは TU870 作りましたし,バラパーツ自作も
やりました(今のメインアンプ).半導体も高校生の時に
最初に作ったアンプ以来,何台か作ってます.

上の方で書いたヘッドフォンアンプの方はまだ回路が
煮詰まっていないので,何か作りたい衝動を抑えられず
そういうことやろうとしてますが
どうよ(笑)


149 :AC点火派:02/01/21 18:40
フゥー、今やっと一段落ついた所で、小生とある分野の研究職(けっして電気関係ではない)
をしてまして、他社との共同研究云々で今やっと打ち合わせが終わり、その議事報告を
まとめつつ、ここを覗いているところ。(w
キットへの意見を問われれば、やはりパーツで選んでくださいというしかないし、そんな中
から、めーかさんがすばらしい意見をくださいました。レス143,144です。
小生もキットはすべからく、部品セットであるべきだと思います。
何を隠そうキット上がりの小生です。森川先生のところのオーディオ専科がそうなっています。
P&Cにいたっては、内部配線の写真が1枚入っているだけで、回路図はキットカタログ参照、
マニュアル一切なし!どうです、この大胆さ。
シャーシに穴があいてるだけでも感謝しなくちゃ。自作ってこういうもんです。
親切心か梱包のためなのか、サンオーディオのキットは製作経験がないけれど、たしか
トランスが取り付け済みではなかったかな。正直、これも要らないお世話だと言いたいのです。



150 :めーか:02/01/21 18:50
6V6好きさん。
むかしのトライアンプはどうしてバカにはできないような気がします。
例の山水のSXー300は名球6RA8のPPだし(OPTはSWー30相当)
トリオのトライアンプはトランスはタムラのOEMのはず。私もジャンクのトライ
アンプが欲しい。

151 :AC点火派:02/01/21 18:58
悩む、考える、これが楽しいのではないでしょうか。
ソケットひとつにしたって、方向を考えてネジを締める、入力端子も結線が先か
悩みながらつけてみる。VRもしかり。
さて配線、最初はきれいにいくかどうかは知らないけど、ヒーターライン、
B電圧とはんだ付けと結束、そしてCR類を取り付けて・・・。
そうやって穴明きのベントー箱が、いっぱしのアンプになってゆくのです。
小生、本当にキットは部品を揃えていただき、穴明きのシャーシがついて
くるだけで、もう充分だと思います。それ以上してくださるな。
めーかさんのアンナンチいいですねえ、安い(かどうかは判らないが)、
遅い、難しい これですよ。製作のコダワリなくして何が楽しいのか、
何のための自作なのか、問い詰めたい、小一時間問い詰めたい。(w
天国の伊藤先生、見ておりましょうか、小生まだ精進が足りないでしょうか。



152 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/21 19:01
151にハゲシクハゲシクどうかん。そのとおり。

153 :AC点火派:02/01/21 19:06
大事なことを書き忘れていました。
45大好きさん、昨日からどうもありがとう。
あなたの意見は、シングル派の代表として貴重です。ですからROMなど
でなく、参加してくださいな。
小生もシングルアンプは作りますが、あなたほどには愛せません。(w
どうかシングル部会のパネラーをつとめていただきたく、オネガイ!

154 :AC点火派:02/01/21 19:20
めーかさん、6V6好きさん、そうですよねむかしのトライアンプは、
考えてみれば、バカにできないものが多いですよね。
なんたってモノラル時代の豪華さを、ステレオ時代までそのまま拡大しきれない
恐竜チックなシリーズもあったし。
案外、当時の御三家メーカーも、マニアも上を向いていたいい時代だったのかも
しれません。


155 :6V6好き:02/01/21 20:03
めーかさん AC点火派さん

トライアンプの正体をばらしちゃいけません。捨てる人もなくなるし、
ガラクタ屋の親父が値を吊り上げる(笑

トライアンプもピンキリで各社数種のラインアップを持っていた。家電
メーカーの物は安物も多かったが、言われる通り山水やトリオは力が
入った物が多かった。山水物も3種拾ってばらしたが、6BM8、6B
Q5、6RA8だった。M8用はちゃっちいが他はタンゴの608、
708程度のりっぱな物であった。pp10〜20W用が10組ばかり
出動の準備は出来ている。 (とは言ってもCSZ、OYやW、SW型
であっても最終のTANGOや今のTAMURAに比べたら特性的には
歯が立たない。ただし音となれば別物だから、再利用トランスは各自の
力量で再生・再使用して楽しみましょう)

トライアンプを拾って嬉しいのは出力トランスばかりではない。球では
ない。球が付いていても殆どアウトだ。
Q5ならまだ良いが、M8、A8は焼けまくりが多い。殆どがカソード
Rも焼けているしCもパンク状態。盛大なハムや雑音が出てアンプごと
ポイされたのだから。自己バイアスと共通カソードRの限界が見える。

嬉しいのは電源トランス。M8のトライアンプであっても最低限200
mAのトランスが積んである。これは使い道がある。M8限定用のタップ
しかないのであれば仕方ないが、Di整流で250V取れれば6AQ5や
V6のppが組める。当時流行った両波倍電圧トランスは表示の仕方が
0.7A等となっている。3で割った230mAが容量と思えば間違いない。



156 :マヂック愛:02/01/21 20:21
ご無沙汰しております。
キットですか、、、

オーディオのキットということになると
6BM8シングル、、お決まりの三栄。金もない頃ゆえ、デンオン101
を鳴らしていた。ボーカルが前に出てこれはこれで面白かった。結合
コンデンサなんかを換えて遊んでいた、古き良き時代??
6B4Gシングル、、結婚して金がなかった頃、これも三栄で組んだ。
これで10年遊んだ。球も4回換えた。RCA、ゴールデンドラゴン、
NL、シルバニア、、RCAとNLが良かった。中は結合コンデンサ
とNFを少しいじった。海神に通い出したのもこれを作ったころから
KT88のキットと聞き比べたが、6B4Gの方がずっときれいな
音だった。

300Bシングル、ヒノオーディオ、、3年前、、この時のヒノのキット
はまだサンオーディオ類似のものもあった。JAMESトランスのものを
勧められたが、頑として譲らなかった。これは半年の間に結構手を入れて
遊んだが、その年の秋に我が家にやってきたN805を鳴らすには少々
役不足と思い、結果的に短命だった。最後は45Sに作り替えられて
余生を送ったが?昨年の大掃除で、シャーシは粗大
ゴミになって消えていった。これと引き替えに完全自作の300Bを
計画し2年使ったが、現在再構築中。まだアース配線の途中で、先は
長そうだ。WE274A、WE300B、WE396A、トランス結合
という仕様。石のアンプもあるので、音楽を聴くには差し支えない状況に
はなった(アキュフェーズ)。

一番困っているのは、置き場所がないことで、どうあがいても2台しか
おけず、作りたくてもなかなか作れないと言うことです。



157 :45大好き:02/01/21 20:23
>>153
AC点火派さん
昨日と今日は入門用キットを考えるあまり、このスレの題名「やさしい自作管
球アンプの難しい作り方」をつい忘れてしまいました。そうなんですよね、ぶっ
ちゃけた話、キットなんてしょせんは一通過点としか思ってないんですワタシ。
そこで立ち止まれる人もある意味で偉いなあとは思うのですけど。私自身は立
ち止まれなかったものですから(W

部品集めて、バラック作って、シャシー加工して、楽しい配線やって、測定、
調整、慣らし運転、トラブルシューティング、部品の交換、試聴の繰り返し、
などなどどのステップをとっても苦しくも楽しいものです。これがいやなら
自作なんてやらない方が良いでしょう。そうそう、「つくるぞ〜」っていう
フォースの充実も不可欠ですね。

ROMを決め込むつもりはありません。これからもちょくちょく発言致しましょ
う。でも経験値は低いのであまり期待なさらないよう。特に電源電圧400V超は
未踏破(今後も予定なし)なのでミニワット専門です。出力が欲しければ球に
はこだわらず出力段は石(SEPP)にするのが好みです。

158 :6V6好き:02/01/21 20:26
おっと6RA8じゃなくて6R-A8やった。ちゃんと書かないと刺されるからね。

ps 6BM8を見下したような書き方したが、そうではない。好きな球のひとつ
です。PV145とSW15-4.5のコンビで造ったM8ppが友人宅へ行ったきり
10年たっても帰ってこない。彼が言うには彼の友人が遊びに来た時にA社アンプ
から繋ぎ換えて、この10Wアンプで驚かしているらしい。困った奴だ。

AC点火派さん
点火派さんが欲しいのはトライアンプではなくてトライアンフでは? 自分が
実は欲しいんだよ(w

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/21 21:05
これだけ是枝さんを好きな人がいるのに
メーカーやショップから金をとって
記事の内容を匙加減する管球王国の仕事なんかやめたらいいのに...。
もったいない。

160 :伊藤キタオ:02/01/21 21:11
>>151
甘い。全てマイナスネジを使って、ネジ溝の方向を全て正面左30゜に合わせなければならん。
この虚け者が!


161 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/21 22:16
あのう昔のラックスのトランスって全部そうなっておりませんかな。
あれすると大変なんだよね。シャーシにタップ切ってるとしない方がましだし。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/21 22:52
>>160 プラスネジ使って発表してたこともありましたやん。

163 :めーか:02/01/21 22:54
6V6好きさん
ほんと確かに6RーA8でしたよね。私も気を気をつけよう。でも気楽に書き込みしたい。
トライアンフもいいけどドゥカティの450のシングルが欲しい。カワサキのバーチカル
ツインの音は良いね(関係ないけど)。私の叔父が右チェンジの旧型に乗っていました。

164 :伊藤キタオ:02/01/21 22:55
愚か者!
あれは「フィリップスネジ」じゃ。
一から修行し直せ。

165 :きくといさむ:02/01/21 23:03
フィリップスネジという言葉、日本ではどうして普通の共通語
にならなかったの?

166 :6V6好き:02/01/21 23:45
めーかさん
昔のヤマハの650がバーチカルツインでトラに似てたんだよね。うろ覚えだが
スティーブ・マックイーンの『大脱走』で収容所から逃げる際に、原っぱをバイクで
逃げるシーンは圧巻だった。ドイツ軍のバイクを拝借したんだから、BMWか
ツェンダップでなきゃならないのに何故かトライアンフだったような気が?まあ
ドイツバイクじゃ曲乗りは出来ないやね。

167 :めーか:02/01/22 00:15
6V6好きさん
カワサキはもとメグロ系でトライアンフとかけ合わせたのがそのWー1でしょう。
カプトンマフラーだったかキャプトンマフラーだったか忘れましたがあの明解な
炸裂音がTRアンプからでることはない。ジーメンスやアルテック系のスピーカを
良くできた真空管アンプで鳴らさないと駄目みたいです。私のLEー8Tでは
マフラの中に水が入っている。マックイーンが乗ってるのはツェンダップでしょうがあれは
たしかにトラのような気がします。英車は良いですね。BSAも戦前のビンセント(だったかしら)
も、、。中学生の頃金持のどら息子が乗っていたトライアンフの自転車はホント憧れた。でも
買えなかったので今でもPXー4や25やKTー66などはなぜか買えない。
トラウマで何となく避けたいのです。

168 :めーか:02/01/22 00:47
6V6好きさん。
確かにヤマハの650はトラににていますね。わたしが自動2輪を取った時教習車
はホンダCBー250だった。隣のコースではヤマハの350だったとおもう。いま
思うとヤマハは何となくトラににている。ホンダはマークといい、なんといいBSAの
雰囲気だ。まあどっちでもいいことですが。

169 :6V6好き:02/01/22 01:14
めーかさん

そうだ。目黒。カワサキも昔はホンダのような翼のマークだったなあ。ダブワンも
初期は昔のマーク(エンブレム)だった筈。マフラーはホーン型じゃなくて最後が
細く窄まった奴。バスレフか?

球アンプファンも殆どがメカ好き、機械好き、工作好きだ。特にカメラやミリタリー
あたり。それに多少、博打好きが入る。かのコンコルドの佐久間さんも、虎の子パ
チンコですってしまってから球買えば良かったと言っていた。しかし酒好きと女好き
はいない(W

スレ違いの話しばかりだとAC点火派さんに追い出されるからやめた。

170 :励磁ちゃん:02/01/22 01:47
kitについて 一言。
ほとんどの物が 電源トランスが小さい。
出力トランスと 同じ大きさでしかない。
モノラルならば それで良いが ステレオでは 相当熱くなるのではないか?
電源トランスが大きければ良いという物では もちろん無いが 小さい物で
良い物は無いという 偏見を持っています。
ステレオならば 出力トランスの2倍は欲しい。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/22 02:13
>142
次スレ立てる際には「初心者お断り」で宜しく。

172 :FX:02/01/22 02:55
教えて下さいな〜! 整流管で 83 と CK1006 の使い方と注意点
プラス実際の回路への接続方 

173 :AC点火派:02/01/22 08:46
いやー、ダブワンのキャプトンマフラーはいい音がしました。
マルチシリンダーのビューンは性能は良くても、あの炸裂音はない。
後ろにたっていると、排気圧を感じるような、そんなバーチカルツインかビッグシングルが
好きです。6V6好きさん、トライアンフ欲しいです、1本とられました。(w
でもカワサキの旗のマークも懐かしいですね。
6V6好きさん、できるものならこんなとりとめのない話をしながら、一晩酒を呑みたい
ものです。
昼には球の話を、 では。

174 :6V6好き:02/01/22 10:54
ほんとバイクや飛行機等の話しし始めたら限がない。仲間が集まって呑んでも
明け方まで各自論じまくりだ。BGMは初期の拓郎や揚水やビートルズ、シル
ビー・バルタン、渚ゆうことベンチャーズだ(W) 映画の話しも長くなるなあ。

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/22 11:20
なあ、音は置いておいて、見た目がナイスで安い球でお勧めってありますか。
こう、マッドサイエンティスト風味の感じで。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/22 11:29
211とかは俺的にはそう

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/22 11:29
ダブワン一日中乗ってると、胃下垂になるよ。
なぜかダブワン乗ってるやつってスーツ着てる人が多かった気がするな。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/22 11:30
>>175
ありふれてますが、6C33C-Bなんかどうですか?
変な格好だと思うし安い。

179 :6V6好き:02/01/22 11:42
172さん
83は送信機用途の水銀蒸気入り。基本はチョークインプット。ヒーター
あっためて水銀を気化してからプレートにON。ダブルスイッチかリレー
で処理する。時間差は1分程度でいいでしょう。一般民生用には高真空化
(水銀無し)した5Z3があったと思った。

レイセオンの1006については過去スレに書いた。また書くのも何なんで
コピー出来たら乗せます。

180 :6V6好き:02/01/22 11:54
172さん (前スレからのコピー)

レイセオンの整流管でCK1006と言うのを見かけたら買って置いた方が良い。
これはガス入りの冷陰極整流管でなんとヒーターが必要ない。電源を入れると、
すぐ作用して効率も良い(電圧降下が少ない。5U4GB以上)。VT62(80
1A)を使うとデザイン上も含めて必然的に5R4Gとなるが、480V端子では
600V出ない。5U4GBならいい線行くがデザインが合わない。このCK10
06は管内がガス入りで青く発光する。出力管も整流管も光るとケバそうだが、実
際やってみると実に格好良い。音楽を聴きながら目でも楽しめると言う、これこそ
球アンプの醍醐味。この組み合わせの作例は見たことがないので自画自賛(W
時間差投入の水銀入り83より使いやすい。一応コイル状のヒーター(1,75V)が付
いてはいるが、ヒーター使用の場合ガラス管壁が高温になるのでやめた方が良い。
一時@4000円で店頭に並んでいたが最近見かけなくなった・・・

480V端子を持っている電源トランスの定番はタンゴのMS−105
と思う。VT62での試作の場合、5R4GYではコンデンサーインプット
40マイクロで540V程度。5U4Gで580V弱。GBはガラス形状
が合わない。
CK1006ならコンデンサーインプットで610V程度出る。ただし
容量は4〜6マイクロが限度。600V以上のオイルコンが良い。ケミ
コンなら350V10マイクロの2段重ね。尚、CK1006を出た所
に10〜30オーム位の保護抵抗(10W)を入れる。

VT62sステレオアンプなら問題無いが、低圧で低容量(mA)負荷
だとC1006が発火出来ないかも知れない。ガス入りはイオン作用で
エネルギー変換してる筈。だからフィラメントコイルはあまり意味がない
ので使わない。これだけカソードとアノードが離れていては使っても、
効用が少ない。付いてるのに使わないのは勿体ないと言うのであれば、
ヒーター電圧を5V端子から1.75Vまで落とさなければならない。これ
は大変なこと。この際は5V〜6,3V間(実質1,5V程度)からヒーターを
引いた方が手っ取り早い。実験済み問題無し。ただ集中的にコイルに電子が
集まるので発熱が大きくなるが、出力電圧はあまり変わらない。

CK1006はST14バルブでVT62より一回り小さいが、並べて
見ると実に良い。5R4GYや5U4Gだと同じ大きさ3本となりメリ
ハリに欠ける。視覚的にも良い整流管ですから機会があったら試してみて
下さい。






181 :AC点火派:02/01/22 12:32
見た目がナイスで安い球(レス175)ねえ、やはり6C33C−Bなんかその
最右翼でしょう。価格はみてないけどビンテージではなく、そんな高くないはずだし。
しかしなんたって軍用管です、ミリタリースペックです。
見た目もともかく、手に持ってみると感動します。なんたって重い。ズシリと重い。
ガラスバルブが厚い、中のプレートも分厚く頑丈。ただピンまで硬いので、抜き挿し
のときにグラグラやると、クラックが入るおそれがあるので注意。!
どこかは柔らかくしておかないと、ムリがくるという好例かも。
ただ、眺めるのは楽しいんだけど、なかなか手ごわい球でっせ。


182 :6V6好き:02/01/22 12:54
宍戸氏が'89・1のMJで製作した、RCAの送信管8012A(802
5A)人を張り付けにしたような姿態。入手困難だろうな。

183 :AC点火派:02/01/22 13:14
めーかさんのレス144にさりげなく登場したラックスの4A44、これはCSZ以降
唯一残された、定インダクタンス型の貴重なOPTです。小生なら絶対人にはやらない。
さて、レス151にパーツを悩みながら取り付けて、それすら楽しみなさいと書きました。
しかしそれすら、すでに穴があけられたシャーシの話であります。ムクのベントー箱から
スタートされる、クラフト派のピューリタン6V6好きさんにとっては、あほらしい限りと
思われるでしょう。
そこで皆さんにおうかがいしたいのが、シャーシレイアウトと穴あけです。
ppなんかは意外とまとめやすいのですが、シングルはシンプルゆえか妙に悩むもの。
それゆえ常連さんはもちろんのこと、特に45大好きさんの意見を拝聴したいと考えます。
ちなみに小生は八百屋型準拠かな(w、 わざと対称性を崩したりしますが。


184 :45大好き:02/01/22 13:32
えっ?レイアウトはPPの方が悩ましくありませんか。今メインに使ってる45シングルは前列が左から右へ27を4本、寸足らずのブロックコン1本、CH。中列が45を2本、80が1本、後列がOPT2個とPTです。
もう1台の45シングルは前列が45,12BZ7,12BZ7,45、CH。後列がOPT2個とPT。PTとCHの間に放熱器が1個隠してあります。
そう云えば前列に45が4本並ぶPPアンプのレイアウトを考えていたのですがまだ決定版ができません。

185 :45大好き:02/01/22 13:33
あちゃ〜、改行を入れないで書き込んじゃった。
すんません。

186 :めーか:02/01/22 18:07
AC点火派さん。
好きな部品を他人に渡すのは辛い、さびしい、できればそんなことしたくない
でも流れでそうなった。いちどオトコが決めたらそうしないと。でも後悔している。

187 :AC点火派:02/01/22 19:36
めーかさん、そうでやんすか。オトコになるのもつらいものですねえ。
小生は真似できそうにも、そんな手持ちもない。(w
さて、シャーシレイアウト。
考えてみたら、文字情報でこれを伝えるのは実に難しい。でもあえてやってみましょう。
オトコになってみたいしね。(w
自慢の300Bppモノのシャーシは伊藤式、下は5cm厚、アルミパネルは3mm厚。
長辺を手前して置くと、奥のほうに左からOPT、CH、PTと並べた。これで長辺いっぱい。
これら3コはすべて角型ケース入り、PT、CHはタンゴのME−225、MC−10−
200Dでグレーハンマート−ン。OPTが何度も紹介したLS−6L4で、浅野先生の
記事にでてるリブ型のケースではない。真四角のトーフのような感じ、色は協会色のような
淡いグレー。PTとOPTの高さがほぼ同じなのは、ラッキーだった。この稿続く。



188 :AC点火派:02/01/22 20:09
さて残るのは球とグリッドチョーク、整流管、ケミコンetc。
やはり同じ方向から眺めて、信号の流れを具現化してみた。
入力信号が左⇒右のように。
回路構成はSRPP⇒カソード結合⇒グリッドチョーク⇒300Bpp。
前段球はすべてWE396A、どんぐりくらいのヤツ。双3極管だけど2段目は
パラ使用でなので3本。これをテトラに並べた、三角の矢印が左を向くように。
この隣にグリッドチョークがくる。まともに並べず奥手に押し込み、手前にできた
スペースにハムバランサーのツマミを立てた。この隣に300B2本。
これも正面から見て横に並べずに、たてに置く。奥に並べたトランス類で、CHが
いちばん小さく、これがつくるスキマで300Bの配置ができた。
そこから少し離して5U4GB、ちょっと離して黒いスリーブのケミコン2本。
ココで余談をヒロウすると、整流管を5U4Gにするとキマル。動作的にも電圧が
少し下がるくらい。でもキマリすぎはあざとく、不採用。どこか乱したほうが愛嬌
があるのも事実。お金があれば274Bといきたいところだけど、かなり電圧は
ドロップするらしい。
反省点も多い。ケミコンを整流管からもう少し離したい。しかしできない。
後ろに下げればデザインブスだ。
入力端子もなぜかこの時は左奥にして、はるばるのシールド敷設。
左端の396Aトリオ近くに配置すれば、最短距離でかつデザイン上のアクセント
にもなったはず。(なんか6V6好きさん調の書き方だ)
といった感じですが、何かいてるのかわからないでしょう。(w
とにかくデザインはむずかしい。

189 :6RP-15好き:02/01/23 01:20
まさか、2ちゃんねるにこんなスレがあるとは・・・。
是枝スレからたどってきました。
完全自作第一号がラジオ技術91年5月号に是枝さんが発表された
6R-P15ppアンプで、今は例の300Bsingleを愛用してたりします。
6R-P15ppアンプはラックスのトランスが手に入らなくてタムラのトランスで
作ったせいで管球王国の6BQ5ppに外観が似てました(知り合いに貸したら
引っ越して行方不明になっちまった)。
300Bsingleは、試作の時入り浸って製作の手順をつぶさに見せていただいたので
とても思い出深いものでもあります。

しかし、罵倒中心の2ちゃんでこれだけまともなやりとりを続けられるとは、
大したものですなぁ。なかなか遊びに来られないかもしれませんが、ときどき
覗いてみますね。



190 :AC点火派:02/01/23 08:53
やりました!
6RP−15好きさん、いらっしゃい。あなたのような新しい参加者を待っておりました。
ときどき覗くなんておっしゃらず、参加してください。
正直、このスレを維持するのは、結構しんどいシゴトなんですよ。
ひとつでも多くのレスがつくことを、望んでやまないです。
これからもぜひよろしく。

191 :めーか:02/01/23 17:50
アンプその後、、、、、、シャーシパンチを貸してくれとのことうーんどうしよう。
そんなものくらい買えというべきか。方眼紙に書いてそれを貼付けて切れば良いと
教えましたがAC点火派さんは孔あけはいつもどうされるのですか。

6RP15ではなかった、6RPー15さんシャーシはどうされたのですか?
40すぎると孔あけが面倒になりました。油圧パンチが欲しいです。

192 :AC点火派:02/01/23 18:31
穴あけは大問題です。(w
小生の伊藤式シリーズは、外注しました。(卑怯者といわないで)
実験用バラックは気楽にゴリゴリ、仕上げは気にせず。
きれいにやるには、油圧パンチは必須。ネジ式も時間があれば結構きれいにいきます。
とはいっても、モノ2台の穴あけは難儀です。外注しましょう。(w
PTの角穴あけは、想像しただけで有給をとりたくなります。
ステレオはごまかしが効きます。でもずれると哀しい。やけ酒です。
この話は、45大好きさん、6V6好きさんが経験豊富でしょう。違います?

193 :sage:02/01/23 18:52
い、伊藤式を外注・・・・・。

194 :FX:02/01/23 19:17
6V6さんありがとう、
真空管で光物ん大好きで、整流管だけ光ん無いのつまんないと思い
改造しようと思ったけどなかなか資料集めに悩んでいたんです。


195 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/23 19:41
FXさん」

光る整流管ならマランツの500万のアンプみたいに845を2極管接続
にして使ったら。たしかマランツは内部でショートしないようにピンのハンダを
除去して絶縁スリーブを嵌めて使っているはず。500万はその工賃かな。
でも究極の光り整流管でしょう。

196 :6V6好き:02/01/23 21:01
FXさん
83はアノード下方に青いアークが発光します。1006はアノード上方に青紫の
アークが噴出した感じです。見栄えなら1006です。83は結構、使用例がある
のでMJ誌等を丹念に探せば良いでしょう。CK1006は使用例の記事を見たこ
とがないので、自分で試してみてください。もっと良い使用法が見つかる可能性大。



197 :45大好き:02/01/23 21:37
自作シャシーの天板は2mmのアルミ板ですが、22mm径までの穴あけにはユニビッ
トというタケノコ型(?)のドリル刃を使っています。2mmステップで穴あけが
できます。バリも僅少。一度使うと手放せません。国産のドリル刃にも似たよ
うなのがありますが使い心地は天と地ほどの差があります。
それ以上大きな丸穴はシャシーパンチの出番ですが、私も油圧パンチが欲しい。
でも価格を考えたらボール盤と自在錐で切削油をつけながら、超低速回転で切
り抜いた方がいいかも。ただボール盤の置き場所がねえ。
トランス用の角穴はドリルと糸鋸とヤスリで勝負するしかないですね。幸いに
してこれらの穴はトランスで塞がれて目につくことはありませんから。

198 :6V6好き:02/01/23 21:47
レイアウトは決まりも法則も特別ないな。前段球がパワー球の前にくることも
あれば、横一列の場合もある。こう言っちゃ顰蹙物だが、デザイン優先だから、
反転球からパワー球まで距離がでる場合もある。LR等距離にならなかったり。
フォノ部じゃないんで、そんなに突き詰めてはいない。ただし宍戸氏や上杉氏の
ようにシンメトリーにはしてない。良いデザインな筈だが、実際は見飽きやすい。

球の配置が決まれば、アースの引き方も決まってくる。アース母線式もあれば、
ブロック単位から1箇所に持ってくる場合もある。アンプの規模にもよるし。

レイアウトは前スレで書いたようにパソコンソフトでやっている。パソコンの
モニターはTrinitron(SONY)の平面19インチだが、21インチにすれば
実物大で作図できたと思う。ちょっと後悔。ただ21インチだと奥行きが55
センチにもなるからスペースファクタは最悪だ。

穴あけは2mm未満は一般のネジ式手回しパンチ。仕上りはこれが一番良い。
シャーシーに円形の形が付かないように、フェルトを張り付けている。2mm
以上はホールソー(ボール盤)でスッポリ。ドリルを固定しないと、斜めに
抜けて見栄えが悪くなる。ホールソー(回転刃)は球ソケットに合ったサイズ
もすべて揃う。ソケットの種類によっては、弱冠やすり垳が必要な場合もあり
ます。

199 :6V6好き:02/01/23 22:13
工作する上で非常に便利なのは歯科用のハンドピースエンジン(ペンシル型の
チャック式交換ドリル)。モーター式とエアタービン式がある。回転刃はカー
バイトやダイアモンドバーで、合金も削れる。アルミなんかはヤワ過ぎて目詰
まりするくらい。ただし高価。歯科材料店で下取り品を狙う。DIY店で売って
いる物はプラモや彫金用だから威力がない。

もうひとつ歯科技工士が薄い金属盤を切断する際に使用する小型鋏がある。金冠
鋏というやつで、直切り用と曲切り用がある。刃先が非常に固くて切れ味も良い。
これに慣れるとニッパーなんか野暮で使えなくなる。小型シャーシーでppを組
んだ時など、シャーシー内の部品密度が高く隙間もなくなる。この鋏があれば、
ハンダ付け後に線材や余分なハンダ等もカット出来きてほんと便利です。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/23 23:17
>>196
あの光は水銀などが励起されて出た光です。アークではありませんよ〜

201 :めーか:02/01/23 23:26
6V6好きさん
ありがとう、凄く参考になる。

202 :6V6好き:02/01/24 00:57
200さん
街頭にある水銀灯をアーク灯と言っていたから、アークと書いたが間違いでしたか?
こりゃ失礼。

めーかさん
いつもくどい話しに付き合ってもらって恐縮。
金冠ばさみは本当に良いです。湾曲刃の方が1本あれば十分です。3000円位。


203 :FX:02/01/24 03:38
自分は今現在サンオーディオのキット(6V6とVT25)
を改造してるんですけど、
83やCK1006の足の端子がどれにつなげればいいのか分かりません‥‥
ひょっとしてそのまま差し替えればいいとか?!

204 :AC点火派:02/01/24 08:26
うーん、さすがですね。6V6好きさん、歯科用のツールとは気づかなかった。
たしかにアレは使える。小生も別のクラフトに利用してる方を知ってます。今度借して
もらおう。
FXさん、83をそのまま挿し替えはやめてください。これまで説明されたように、
水銀入りはプレヒート(余熱)が必要です。いきなりBがドンでは、83は短命に終わって
しまいます。球にも愛情を。分からなければ勉強を。


205 :6V6好き:02/01/24 14:11
FXさん
サン・オーディオのキットは知らないからたいしたアドバイス出来ないが。
6V6とVT25の足ピン数が違うように、整流管にもピン数がある。
ピン数が合えば取りあえず差し込める。

6V6の整流管は80系か5V4系、5Z4と思われるが、83や1006は
合わない球だな。やはりアンプにおける球の系統というものがあるから。
もしトライするならば6V6だと球が小さ過ぎるから6V6Gになる。

VT25なら行けるかもしれない。キットがVT62にも変更出来る物ならば
楽しみが倍加するね。前段は定番の6SN7GTだと思うが、TUNG−SOL
のJAN(軍用)だと頭頂部ゲッターじゃないからヒーターが拝めて良い。

83は2段スイッチを忘れないように。1006はヒーターを外すこと。イン
プットCを4〜6μFに変更。インラッシュや使用中にヒューズが飛んだら
保護抵抗やブリーダー抵抗も入れてみる。総電流量が少ないと1006が点火
出来ない可能性も残る。自分の場合はドライブ段が6V6&トランスなので
問題なかった。VT62(801A)sはシャーシーをアイボリーホワイト、トランス
類をシルバー系に塗装してあるから、実働中は非常に美しい。音なんか出なくても
良いと思えるくらい。(自己満足くらい見苦しい物はない 自己笑)


206 :暇潰し:02/01/24 16:27
お勧めはしないが、
丸穴はホールソー。 角穴はジグソーを使用。  

207 :AC点火派:02/01/24 19:46
手が放せなくてごめんなさい。サラリー研究マンのつらいところです。
整流管はちょっと使い方にコツがあるかもしれませんね。とにかく規格かオーソドックスな
製作例をよく読んで、入力Cの容量を良く守ること。電圧が低くでたからといって、
決して容量を増やさないことです。それがその管の能力なんです。
83は使い方が面倒だけど、いい感じでしょうね。トグルSW×2もいいけど、ロータリー
SWをつかって、ヒーター⇒B とやるのもカッコイイかもしれない。
たしか、氏家高明さんがやってたな。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/24 21:29
206さん
ジグソ−で切ると大きな音がするけど、となり文句いいませんか?

209 :暇潰し:02/01/25 01:06
当方田舎につき(w

最近電気溶接を始めました。
鉄シャーシくらいは作りたいと思ってます。


210 :6V6好き:02/01/25 02:05
今日も曜日が変ってのご帰宅となってしまった。明日も同様でしょう。

6V6Gppが全く破綻がなく鳴り始めました。ペーパーCも当初の国産品から
ビタQに換えてから13年以上経ちます。この安定性はさすが。音も渋い中に
聴かせどころをふまえた溌剌とした陰影をかもし出す。いまだに捨てがたい。
手持ちも数少ないから最近はASC等も使っているが、音的で音楽的にはもう
一歩。好みの問題ですが。P&Cの社長は元気だろうか。15年程前に訪ねた
際にこのビタQをタダで貰った。昼間の酒も美味かった(W

209さん
スポットですか。酸素、アルゴン?グラインダーで補正した時のあの独特な
匂いが許せるかどうかの問題もあります。あまりハマルと砂型とって鋳造
シャーシーを造るはめになります。鋳造後の湯口を切断する時の匂いがまた
良い(W   鋳造時のフラックス(界面活性剤)の投入が勝負を分ける。

湯口を切って形成した後、研磨、ブラッシュ(サンドブラスター)仕上げ。
メッキ仕上げは値が張る。アンプパーツの鋳造についてはまたあとで。

ソ連の大戦中の最強中戦車T34の初期型は、鋳造砲塔でした。写真で見ると
切りっぱなしの太い湯口が残っているのが判る。ドイツ戦車も鋳造砲塔の機種
がある。                     おやすみなさいまし。       

211 :AC点火派:02/01/25 08:49
ジグソーもボール盤も大きな音がしますね。うちも田舎ですが、相当困る。
旧スレの最初の書き込みにあったように、「日陰者」を痛切に実感します。
そこで、というわけじゃないけど、意外と使うのはハンドドリル。(w これ作業効率最悪。
しかもドリルビットがかなり、切れてくれないと・・・。暇潰しさん、うらやましいです。
溶接がこなせるなら、鉄シャーシの穴あけも楽勝なのかな。

6V6好きさん、P&Cの倉島社長はいい方ですね。小生もファンです。やはり呑んでましたか。
小生が数年前うかがった折にも、良い加減でありました。
P&Cには常連客が多く、なんと不定期に「自作アンプバトル」という恐ろしい催しをやって
います。たまに結果がラ技に掲載されます。
ビタQをただでもらいましたか、うらやましい限りです。そいつはPCB入りのヤツですか?

212 :AC点火派:02/01/25 12:56
さあ、がんばって上げましょう。せっかくの昼休みなんだから。
ビタQという名前を聞くと、やはりこだわりたくなります。ビタミンQというのは、
絶縁用オイルの名称だそうですが、音質には独特の魅力がありますね。小生もファンです。
最近は見かけなくなりました。同じスプラグブランドでいうと、メタライズドフィルムの
タイプで、118Pという外見上はビタQとおんなじものがあり、これも好きです。
音質もそっくり。でもビタQより見つけにくいかな。
小生、最近はASCのX−363で、妥協しています。(w
でもX−363はこれなりに、しゃきっとしたとこがあって、いいもんです。

213 :AC点火派:02/01/25 19:44
疲れたんで帰ります、申し訳ない。
今週は日曜から出勤してるので、1週間の長いこと。(w
今日は慰めにバッハの管弦楽組曲の2,3番あたりでも。(G線上のアリアが入ったやつ)
を聴いて寝ますわ。もちろん酒かっくらって。今晩はモダンジャズだと、ハードすぎる
かも。
お先に失礼します。
常連さんで盛り上げてね。(w

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 20:00
210>>

溶接は全然経験がないので知らないのですが匂いにつての記述は初めて
みました。溶接部をグラインダーで削るとどんな匂いがするのですか

215 :6V6好き:02/01/25 20:12
スプラグのカップリングCで著名なのは、ブラック・ビューティー、ビタミンQ、
オレンジ・ドロップの3つでしょう。

真偽の程は判らないが、朝鮮戦争の際に軍用機・機材内のブラック・ビューティー
らのオイルペーパーCが湿気等で全滅。同規格の日本製部品に完敗。メーカーの威信
を賭けて製造されたのが、フィルムのオレンジDとハーメチック型のオイルペーパー
ビタミンQだと言う。

マランツ社では#7にブラック・ビューティー、パワーアンプ#8B、9にはグッド・
オールのフィルムを使っていたが、レストア用にはTRWを指定している。現ASC。



216 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 20:25
ちょっと時期を逸してしまったようですが、真空管アンプのデザインについて。

海外のアンプには幾何学的な美しさをねらったようなシンメトリカルなものが多く、
国内のアンプには少し崩したようなかんじのデザインが多いようです。
これは庭のデザインに似ているように思います。西洋の庭園と日本庭園の違いです。

シンメトリカルなデザインというのは、確かに飽きやすい気がします。
しかし、その中でも上杉佳郎氏が電波科学誌に発表された6CA7ppは
気に入っていました。ラックスの同形のOPTとCHを使ったステレオアンプです。

ステレオアンプとモノラルアンプを比べた場合、
モノラルのほうが良いデザインのものが多いと感じます。
モノラルアンプは非対称なデザインということもありますが、
トランスの数というのも大切ではないでしょうか。
シャーシーに3つくらいの方が、配置しやすいように思います。

ですから、個人的にはステレオアンプのデザインは難しいと感じています。
ステレオアンプでいちばん好きなのは、是枝氏がラジオ技術誌に発表された
「5万円アンプ」です。

以上、長くなりました。既出の内容でしたら、ごめんなさい。

217 :6V6好き:02/01/25 20:28
214さん

鉄(合金)を削った匂いです。う〜ん喩えようがない。やや甘いが臭い。
鉄工作業所の匂いです。ギュイ〜ンガガガガと削るとババババッと火花が
飛び散りますね。その時強烈な匂いがします。金銀ではしません。
硬い金属が混じっていればこそです。ステン、ニッケル、クローム類
でしょうか。たぶん皆嫌がる匂いです(笑

218 :6V6好き:02/01/25 20:51
216さん

電波科学を見ていたのであれば、かなりのベテランです。是非スレに参加
願います。ACさんは仕事疲れでヘバッテいますから(W

シンメトリカルの不思議・・・
試しに全くのフリーハンドでシャーシーにトランスや球をシンメトリカルに
並べてみます。時間をかけて、左右対称だなと。それからメジャーで計って
見るとかなりの誤差があり、驚きます。逆に計測して完全対称に並べるて
見ると、あれっおかしい、ずれてるか?・・・と  近距離で見て起る目の
錯覚があります。




219 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 22:40
ラジオ技術誌のHさんがあの時面白いことをいっておられたと聞いた。何人かの
筆者にお願いしてあの5万円シリーズを企画したが日頃うるさいことをいう人
に限ってたいそうおもしろがって話しに乗ってきた。で予定より増えたそうです。
原稿が集まってみるとその人が一番気にして重視しているテーマに絞って作られて
いることが分ってとてもおもしろかったと。コストを極限まで絞るとその人の
ホンネが見えてくるということだった。216さんのおっしゃる通りあの時の
是枝5万円アンプはデザインのことしかいっておられない。あの企画はとても
面白かったまた希望したい。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 03:01
たとえばRCAの6V6GTを4本と出力トランスを与えて、プッシュプルアンプの
競合などもおもしろいと思います。音の比較もしやすい。回路と電源部の勝負だ!

221 :6B4G好き:02/01/26 03:38
はじめまして。真空管ハンドルで参加します。旧スレからずっと楽しく拝見
させていただいてます。
識者の方にお伺いしたいのですが、国産真空管で”NDS”と管壁に
かかれた球は何処向けに製造・選別された球なのでしょうか?
また、GSDF−6005という81年製の東芝のすばらしい出来の球
を手に入れることが出来たのですが、これは自衛隊用でしょうか?
双方とも、JAN箱に似たコードが書かれています。

222 :わたくしもはじめて:02/01/26 10:09
221さま
NDSとはNational Defense Standard の略でしょう。奉職していた頃
陸自納入のHX-83の寿命が尽きていることが問題になり(それだけではなかったが)
委員会で爆弾議員にやられかけて問題になっりました。水銀蒸気管には明確な期限があります。
この頃のものには米国供与のものにサクラのマークを付けているのが結構あったのです。


223 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 11:17
電波科学で思い出したよ
1970年代の電波科学はすごいよ
次から次からへと自作アンプ・キットのオンパレード

一つの例として
74年の5月号(今でもこのまま売り出しても5・6万部は売れそうだね)

球アンプ5台(KT66PP・6BQ5三結PP・50CA10のOTL
6GB8PP・216さんの上杉アンプのまとめ)
菊水のオーディオテスター651の説明と回路図
テクニクスのSP12DDターンテーブルを使用したプレーヤーの自作
ブラウンのLB500のキットを使用したスピーカーの自作
など現在でも十分通用する記事ばかりです。

すべてのバックナンバーは保管してないけど自分で気に入った号は
いまでもバイブルとして保管してます。
他の号もすごい記事ばかりです。

50年代60年代もすこしあります。
MJもラジオ技術もこの辺を見直してくれるといいね。(私見でごめん)





224 :6V6好き:02/01/26 11:35
221さん
GSDFは陸上自衛隊の御用達品ナンバーです。
GROUND SELF DEFENSE FORCE
自分も某陸自、海自、米軍基地が近くにあるから、廃棄品を多数手に入れました。
元隊員の話しでは出納係が伝票に書くだけでいくらでも納入されたそうだ。
よって未使用でも古い物は廃棄。良い時代だったのかひどい管理だったのか.


225 :6V6好き:02/01/26 12:29
221さん
6005は4本ありますか。小粒ですが渋い。前段は同じ高信頼の6201で
どうでしょう。中々良いppアンプが出来そうだ。それにしても’81年製とは
驚いたね。

226 :FX:02/01/26 16:27
皆さん勉強になります、
ありがとうございます!

227 :煮麩ROM派:02/01/26 17:46
最近、煮麩に書き込みが少ないと思ったら
皆さんここに集まってるんですね。

228 :45大好き:02/01/26 21:40
>>227
えへへ、煮麩の方が本拠地なんですが・・・
あっちの書き込みがこのくらいあればねえ。
そろそろ帰るかなあ。

229 :励磁ちゃん:02/01/26 22:55
コンデンサーの耐圧を 蒸し返す。

正弦波交流AC100Vを コンデンサーに加えたとき いついかなる瞬間でも√2倍の 141Vを越えることはない。
p−p282Vがコンデンサーに加わるわけではない。
ので 80の結論に困惑した まずオーディオ専科のカタログを取り寄せてみた。
Vol.12-2 P26の片隅に
★AC表示とDC表示について
 コンデンサーの耐圧表示にACとDCの2種類ありますが、AC表示では交流波形のP-P間電圧が直流時に於ける耐電圧になります。
簡単に言いますとAC表示の2.82倍がDC表示になります。
例えば、AC250VはDC700Vになりますが、実際には600V程度に考えられ場良いでしょう。(原文のママ)

これを 読めば80の様な結論になるが 次の資料を紹介します。

Evox Rifa社
PMRメタライズド
                 DC/AC
250VDC/160VAC    1.56倍
400VDC/220VAC    1.82
630VDC/250VAC    2.52

PHEダブルメタライズド
250VDV/160VAC    1.56
400VDC/220VAC    1.81
630VDC/400VAC    1.57
1000VDC/500VAC   2.00
1600VDC/630VAC   2.54
2000VDC/650VAC   3.07

上記のように 耐電圧の低い物は 1.4倍+αでしかない。
しかし耐電圧が 高くなるに従い 中には2.82倍を越える物もある。
2種類の630VDCを比べてみると2.52倍と1.57倍と開きが出てくる。
しかもPHEは1000Vも直流耐電圧が上がっているのに交流耐電圧の方は150Vしか上がっていない。
では2種類のコンデンサーにどんな違いがあるのだろうか?
それぞれの説明には

PMR
 開閉モード電源や サイリスタ回路のパルス動作、高周波のカップリングおよびデカップリング、
サンプルおよびホールド回路など、安定した動作が要求される用途に適応。

PHE
 テレビの偏向回路、電子安定器や開閉モード電源の保護回路など、大電流ストレスを伴う高周波、高電圧の用途に最適。

と有ります。
PHEの方が 過酷な使い方に耐えるようです。
過酷な使い方とは ここの場合いコンデンサーの中を大電流が通過すると言うことでしょう。
抵抗とコンデンサーの違いの一つに 直流を加えたときに 抵抗は発熱するが コンデンサーは電流が流れないので 発熱しない事です。
長くなるので結論を急ぐと 純然たる耐電圧は 理論的にはDC/AC=1.41だが 想定される使用用途により 色々なロスを加味して 
電流が流れないと思われる物は安全率が低く設定され
電流が流れると思われる物は安全率が高く設定される。
チャージしたエネルギーを一気に放電するCDIの様な物に使う時 本来ならば電流値で規定すべき所を 便宜上電圧にて規定していると思われる。
その方が ユーザーには使いやすいから。

オーディオ専科のカタログの間違いを指摘した形になったが 森川先生も私の説に賛同してくれると思います。
たぶん 社員の人が書かれたのではないだろうか?


230 :めーか:02/01/26 23:05
しばらく出張していましたが賑やかですね。6V6好きさん、電研工業が健在
の頃米軍放出パーツは多分相模原あたりから出たのではないでしょうか。
ビニールにくるまれてよく分類されていたとおもう。出てきたままだとゴミ
ですが分類するとお宝になりますものね。あそこは防衛庁ものは見かけなかったけど
米軍品は多かった。それにしても81年製のものとは驚きですね。そのころまで
作っていたのでしょうね。

231 :めーか:02/01/26 23:41
オシロスコープでAC10Vをみてみるとオシロスコープの管面では−14.1
Vから+14.1Vまで変化します。これは見ての通りでしょう。当然にAC100Vでは
+141Vから−141Vまで変化するわけですよね。この部分にコンデンサ
をつなぐと当たり前にコンデンサの両端には+141Vからー141Vがかかるとかんがえられます。
ただ進相巻線に直列に使うような場合には全体に加わる電圧はそうでもCに加わるものはことなります。
たしかにややこしいね。まあそれでもAC500Vと書かれているCにDC1500Vは
かけたくない。そう書かれているなら別ですが普通はたしかに900V止まりかな。

232 :めーか:02/01/26 23:49
でも電位は入れ替わるのだから無極性のCの場合は絶対値でかんがえるとたしかに
141Vが上限ですね。このあたりはメーカの考えやとらえ方でちがっているの
でしょう。やはり製造メーカに聞くべしです。

233 :めーか:02/01/27 00:28
今お風呂に入って湯舟でかんがえましたが普通はDC表示ですよね。じゃあこれを
ACでどの程度かけられるかという問題のほうが大事でしょう。これはやはり1/3ていど
にしておく方が無難です。以前経験したことですが単純ミスでDC表示の半分ていどを
印加した時パーンという音がして割れてしまったことがあります。これはメタライズフイルムでした。
蒸着電極は薄くて電流を流すことは出来ません。圧延箔とは違うのです。Cには
様々な損失があるようですが音に直結することでは電極の直流抵抗値が一番です。
電極がなんA流せるかは大事でしょう。

234 :6B4G好き:02/01/27 00:37
>>222 わたくしもはじめて様。
>>224,225 6V6好き様。どうも有り難うございました。
81年製には私も驚きました。東芝がまだ真空管を作っていたとは。とうに
民生用は作のを止めていたはずですよね?
この東芝6005ですが、79年製と81年製で4本有り、TV7のGmでは良く
揃っています。通常の6005/6AQ5はG2の放熱板がついていでも、
5mm程度の高さですが、こいつは10mm以上あり、6CA7並みです。
もちろんプレートはその分短くなっていますが、面積を稼ぐため凸凹してお
り、ちょっと異様な感じの球です。G2強化されてノビにくくなっているかも
知れません。
6V6好き 様、ご教示有り難うございます。でも前段には出力段より太い
球は使いたくありません。ここには、同時に購入した東芝のNDS-6AU6WB
を持ってきます。こいつも6136をさらに強化したような球です。
こいつを2本三結にしてカソード結合にするか、1本を増幅、もう一本をPK
に割り振るかしてみましょう。
出力トランスにはタムラの小型を使いたいが、もっていないので、大好きな
CRD5を使用。電源が悩ましいですね。同サイズのケース入り電源トランス
があれば、3つならべて、チョークは小型を内蔵し、さらにMT7を2本いれ
て・・miniMACにして遊べるのに・・・
思案中です。でも現在製作中の6080/5998共用PPアンプが完成しな
いと取りかかれません。いつになることやら。

235 :めーか:02/01/27 00:39
そこで大事なのは印加電圧の周波数ですよね。60Hzと6000Hz
ではCの交流抵抗値が100倍違うのですから比較の土俵が異なりますよね。
今は安全性がやかましいからメーカはこのあたり充分に検証するし製造元に
問い合わせるのは常識です。

236 :めーか:02/01/27 00:50
6B4G大好きさん
Cの話が変な形でつながってすみません。東芝6005はとてもうらやましい。
ミニマックになればしゃれていますね。

237 :6V6好き:02/01/27 00:54
AC点火派さん
スプラグのビタQはケースも字体も変ってしまった。もっとも今売ってる
物はメキシコ製という噂もあるが判らない。友人が東一製を買ってみたが
安いのは良いが重量がスプラグの半分しかないと言っていた。

励磁ちゃん さん
資料集めと考察、ご苦労さまでした。前に自分がACはDCで使ったら2〜
3倍と書いて恥を掻いてしまったが、あながち大間違いでもなかった。ホッ。
ところで訪ねたいことがあります。カップリング用に使用するCでフィルム
タイプは、一般的にはポリカーボ、ポリエステル(マイラー称)、ポリプロ
ピレンあたりが主流と思う。メタライズドと言うのは金属蒸着型だが、上記
のなかでマイラーがこれにあたりますか?それとも各々作り方でメタライズ
と違う奴が発生しますか。是枝先生はカップリングCにはメタライズ不可と
言っていたが、他のライターは誰も気にせずマイラーを使っているが。

めーかさん
電研工業は今考えると良い品揃えだったね。球はもちろんだが、カップリング
Cもオイルコンも米国各社あった。A&B、コーニング、IRCもデールの無
誘導巻き線とか。その後富士商会でもいろいろ置いていた。20年前に或る無
線機屋が、米軍払い下げ品を置いていたので入り浸っていた。角ケースオイル
Cが@500〜1000円だったから入荷すれば買い占めた。無線機屋の親父
もステレオアンプに使っているとは思っていないから、不思議顔していた(W
6SN7GTは大量にあって、ゲッターとメーカープリントの綺麗な物を選ん
で買っていた。何故かシルバニアとTUNG-SOLが多かった。J7やL7は
少なかったな。自分も入札に参加しようと思ったが(古物商免許必要)欲しい
部品ごとの入札ではなくて、機材単位だったのでやめたよ。



238 :6B4G好き :02/01/27 01:36
話に割って入ってすみません。
カップリングCにメタライズドタイプが不可とはなぜでしょうか?
信頼性?バイアスが掛かった部分では挙動のちがいでもあるのでしょうか?
6V6様。全てのタイプでメタライズドはあると思います。
箔タイプでは松下のECQFがポリプロピレンで良品かな。
もう一つ、松下マークの入った緑色のチューブラの箔タイプのCも
よく使います。これは恐らくポリエステルです。
しかし、愛想がない。俺はすごいんだ!という顔をしていない。
コンデンサでもう一つ。JRCのハーメッチックシールドタイプの
オイルコンデンサがあるんですが、こいつは、セラミック基板で封止
された見るからにすごい作りでサイズもでかい。でも、リード線が
細い!(笑い)日本製品らしい作りで安心?します。




239 :6V6好き:02/01/27 02:43
6B4Gさん
さすがにMIL規格品はタフそうだ。6AQ5はMT7というのもあって
人気がないが、好きな球のひとつ。小型で洒落たppアンプが出来るし、
音も良いと思う。6201でバランス型で振るのを考えたが、6005より
球が太くなる。1本取られました。801AsはNonNFにしているが、
MT多極管はきっちりNFを掛けるのが好みです。元々電極の保持もしっか
りしているところにNFで更に贅肉を削ったような音。大型SPを朗々と鳴
らすには向きませんが。単管pp製作中ですか。5998は効率が良いし、
面白いアンプが出来そうです。期待しています。

C情報サンクス!松下製はフィルムもケミコンも良さそうだね。今後使って
みます。自分もTOKAIと言うメーカーのセラミック封入のCを持って
いるが図体が大きい。緑塗装してあるが用途不明。無線機用か軍用ですか。

是枝先生のメタライズ不可発言は、ラ技'88年4月号です。真空管アンプ
のやさしい作り方という連載があり、第3回目として「コンデンサの性質と
使い方」で記しています。・・・真空管アンプの段間結合用でしたら、今は
ポリエステル・フィルム系が無難でしょう。しかしながらメタライズド・
タイプのものは避けてください・・・とあります。コンデンサのお奨めは
TRWの600WVフィルム。国産ではNCCの441型600WVフィル
ムが入手し易くて良いとも。




240 :6V6好き:02/01/27 02:48
めーかさん
TRW(ASC)はDC400V耐圧であってもDC1000V掛けても
パンクしないそうですね。試してませんが(笑

自分はわりにオイル(ペーパー)Cを好むほうです。手持ちがあるからと
いうのもありますが。ただし国産オイルは使わない。えらい目に数度
合っているから。ppアンプが、どうもおかしい。試しにアンプひっくり
返して電圧測ったら、前段部が滅茶苦茶。球取り替えても直らなくて、頭
抱えたが結局はカップリングCの絶縁破壊だった。十分な耐圧品を使って
いた筈だったのに。また、マイクロのベルトDモーターを使っていたが
演奏中にプレーヤーが「バーン」と大音響発して針飛びしたので、腰を
抜かした。恐る恐るケースからフォノモーター部を引き抜いてみたらなんと
電源部の400V0.1μF(当時の奴は結構でかい)が破裂していた。C
ケースの片側が抜けて中身がすべて飛び出していた。銀紙と油紙のロール
で、こんなに詰まっていたのかと驚くくらい大量だった。オイルも飛び散って
いて散々な目に合いました。

241 :めーか:02/01/27 10:30
6V6好きさん
部品屋さんで時々みますがTRWのものは同じ顔をしていて同じ形状
同じ容量でもずいぶんと耐圧に差があるものがあるでしょう。そんなに
素材に差があるとは思えないし不思議です。同じサイズ同じ容量でも倍近く
耐圧が異なるものもあるし。ということは汎用品はどんな使い方されるか
わからないから安全率を大きくとっているのではと考えています。日本
の部品屋さんには様々なルートで入っているようですがどこかのメーカが
使用を指定して作った場合は表示が異なるのではないかと想像します。
6B4G好きさん
JRCのハーメチックキャパはリード線は細いのですが素材はとても良い
ようです。ただ音はどうでしょうか。取付け金具が溶接されているものが
良いでしょう。

242 :励磁ちゃん:02/01/27 23:41
6V6好きさんへ

ポリカーボネイト・ポリエステル・ポリプロピレン等は 絶縁材の種類です。
メタライズド・箔は 電極の製造方法でしょう。
箔は 金属を圧延して作るので 延ばせば延ばすほど 当然弱くはなるが しかし緻密になると思われる。
メタライズドは 蒸着と言えば聞こえはよいが 塗装皮膜のような物ではないだろうか。
中は箔に比べれば隙間だらけ。
当然 箔の方がよい物が出来ると考える。
抵抗で言えば カーボン皮膜・金属皮膜と アルファーなどの箔抵抗・デールの巻線抵抗との違いに似ている。
測定器上の性能では 後者が圧倒的でしょう。

ちなみに 17号のプリAMPのカップリング・コンデンサーは 漏電シュテインの メタライズド・ポリエステルです。
19号は 良く解らないが MPPと言うのが多用されている。
たぶん メタライズド・ポリプロ・ピレンでしょう。
是枝氏の真意は解らないが、多分かつてはそう発言したが 今は製法に拘ってはいないのではないでしょうか?
それよりも 測定器に掛けて満足できる物が有れば使っているのではないかな?
尤も パワーAMPでは TRWかASCが多いようです。
これらの 製造方法は知らないが 箔?




243 :6V6好き:02/01/28 00:20
励磁ちゃん さん

ということはTRW(ASC)もメタライズでしょう。でなければあれほど
小型にはならないと思う。箔と絶縁紙が完全に分離して巻かれているので
あれば、オイルペーパーCのように大きくなるでしょうね。フィルムCでも
スーパーキャップ(マルチキャップ)?等の図体のでかい物は箔巻きかも
しれない。カッターで剥してみれば判るでしょうけれど。

かなり前にMJ誌で各社フィルムCをスライスして、顕微鏡で積層面を比較
していたが、TRWが一番密テンションを掛けて蜜に巻かれてあった。結論
を掻い摘むと、巻きが強いと各特性にも優れ、音もタイトですっきり。緩い
と柔らかで膨らみのある音となるらしい。このへんは音造りに役立つと思う。
ブラインドテストでは日立や日通工のポリエステルマイラーの一般品(黄色
やグレーの平型)が思った以上に評価が高かった。

244 :AC点火派:02/01/28 12:23
どうもしばらく留守にしておりました。すいません。
小生がいなくとも、高度なやり取りが続いているじゃないですか。うれしいような、哀しい
ような。(w
さて、まだまだ忙しいのですが、がんばります。今回の残業代を足がかりに、まだ見ぬ予価
19.5万円という、是枝さんの6V6アンプキットを「いの1番」で発注しようともくろ
んでおります。がんばったら、いいこともなくっちゃあね。(w
6V6好きさん、ビタQ登場にそんな背景があったとは、なるほどの感じですね。
219さん、確かにラ技の5万円アンプシリーズは良かった。不世出の企画でしょうね。
またやるとすれば、79,800円以下ぐらいにしないと、きついかも。
しかしレス220のように、出力管とOPTを決めてしまったら、誰もやりたがらない
でしょうね。ラ技の製作ライターといえば、氏家さんばかりでなく、那須さんも最近記事を
お見かけしません。どうされたのでしょう?
健康を害されたのでなければ、いいのですが。どなたかご存知ないですか。

245 :AC点火派:02/01/28 12:57
カップリングCの話題は、実に興味深く拝読いたしました。
ためになります、冗談抜きで。
小生、最近は迷うことなく、ASCのX−363を選択します。
音質がどうこうの以前に、信頼性もあってのことですものね。探す定数が見つかれば
TRWもいい選択だと思いますけど。6V6好きさんではないが、カップリングC
のリークは本当に怖い。ソケットピンの接触不良と並んで、厄介な経年変化の
最たるものです。特にかつての国産オイルCの充填剤漏れは、見るも無残。
むろん、見た目で分かる前に、リークは始まりますが。くわばらくわばら。
ところで気になるのは、ああいう巻いてつくった構造のものは、巻き始めと巻き終
わりがあるはずなんだけど、その表示がハッキリしないこと。
規格表示、品名の印刷と相関はあるのでしょうか?
具体的にはどちらを入力側にするか、ということなんですが、どなたかご存知ない
ですか。よろしければご教示ください。

246 :45大好き:02/01/28 13:23
えっと、ミリバルを使って巻き始め巻き終わりを判別する方法がMJ
のサイドワインダーに載ってましたが今ちょっと思い出せません。
その方法で手持ちのフィルムコンを数種調べてみましたが、印刷表示
とは相関がなくてがっかりしたのを覚えています。

247 :45大好き:02/01/28 13:32
問題のMJは98年9月号です。
こんなのもう処分しちゃってないよ(涙
持ってらっしゃる方、概要をアップしていただけたらうれしいです。

248 :上杉:02/01/28 17:02
是枝さんの6V6pp最初の20セットまでしか、球王の部品構成は無いみたい。
早い者勝ちと云うことですね。
欲しいけど300B何とかしなくちゃね、現在是枝さんに見てもらってます。

製作内容読むと、古典球はかくあるべしという信念みたいなのが感じられますね。

249 :AC点火派:02/01/28 18:43
45大好きさん、情報ありがとう。確かそれは人体アースか何かを利用した方法のような気が
するけれど、小生もはっきりは覚えてない。(w
印刷表示と相関がないとは、そりゃ残念ですね。
ちなみにウチのASCのX−363の、DC400V,4.0μFをみると、印刷の頭側に
なんだか赤いボヤッとした線があって、それが方向性の表示だと思い込んでいたけど、
きっと違うような気がします。
上杉さん、お久しぶりです。300Bアンプはいま是枝さんのところですか、なんたって
設計者がいちばん良くご存知でしょうから、安心といえば安心ですね。
それにしても20セットとは、これは大変だ。ライバルは多そうだし、心配・・・。
即日注文ですね、これは。

250 :AC点火派:02/01/28 19:19
そういやあ、亀レスですが、忘れないうちに訂正を。
めーかさんがレス144で紹介してくれた、ラックスの4A44は倍電圧タップのPT
でございました。小生は同形のCOHと間違えて、OPTといってしまいましたが、
大間違いです。是枝さんのところの広告の見すぎかな。(w
レス249を書いてから考えたのですが、やっぱり信念がないと古典球アンプは組めないと
思いますね。信念というかコダワリといってもいいような。



251 :めーか:02/01/28 21:36
AC点火派さん
お久しぶりです。風邪でもおひきになられたのかと心配していました。
私も出張で韓国にいっていました。米軍ジャンクパーツを置いている店に
連れていってもらったのですが無線機等はずいぶんありましたが球や
CRはあまり見当たりませんでした。ジャンク文化?はまだ浅いのでしょうか。
まあ相当滞在しないとわからないのかも知れませんが。日本の部品屋さんの特徴は
深く狭くでしょう。むかしの電研工業を懐かしく思い起こしました。万世書房
に球王を買いにいきそびれました。上杉さんは職場から近いようですのでうらやましい。
少しルートを変えれば秋葉は通勤途上にありますから無理をすればいけたのですが。
上杉さん
300Bアンプを送られたのですね。よかったです。



252 :6V6好き:02/01/29 00:56
AC点火派さん

今日もやはり午前様になってしまいました。
Cのイン側アウト側は最近の物は取り決めはない。オイルCであれば密封側と
ケース側があってはっきりしていた。ケース側が−電位(アウト側)に繋がる
のが一般的。

ところが完全ハーメチックの物やフィルムコンは字体の向きで判断する方法
が取られたが、メーカーによって決まのないことが判った。TRWも赤線や
黒線があってイン、アウトがはっきりしない。製作ライターも線イン説や、
線アウト説があって決定的な結論を見ていない。巻きは始めと終わりが判った
からといって方向が決まるのかは疑問。自分はTRWの場合判別出来なかった。

一時金田氏がMJ誌に盛んに書いていたことは、CもRも方向性があるという
ことを念押ししていた。同時期にラ技誌に那須氏が再現性の高い球アンプを
発表していたときは、写真入りだったが、全くCもRもLRで互い違いで装着
されていた。この事象に自分はひどく思考させられたが、那須氏の反時代性に
心打たれたものだ。(10〜15年前のラ技誌を見てみれば判ります)
当時はCRどころか5cmの線材の方向性まで拘らなければ音楽性に反すると
いう輩も輩出していたからだ。

あれは那須氏の確信犯的製作事例と思う。本人に問いただすことは出来ないが、
自分はそう持っている。確かに全てにおいて方向性はあるかもしれないが、人
それぞれの嗜好の問題。基本的な球と回路の重要性と再現性の尊重。あのアンプ
製作のシリーズは読者への問いかけだと今でも思っている。確信犯でしょう。

那須氏は全く面識がないが、もし会えたら真っ先にそれを問うてみたいと思って
いる。「あっ、そうでしたか?そんなことは気も留めていませんでした」と、
しらきって答えそうだが。自分はそれで全くOK。納得だな。押しつけではない
自分の感性でやろうとしているから、まだ懲りずに遊んでいる。


253 :励磁ちゃん:02/01/29 02:23
27日の未明 友人のSがオートバイで車と正面衝突をして死んでしまった。
彼は 1984年鈴鹿4時間耐久オートバイレースで 私を決勝に出場させてくれたライダーである。
当時 国際A級B級が我が県には在住していなかったので 在住ライダーとしては 鈴鹿では彼が最速だった。
その報を聞き 涙が止まらなかった。
厄年だった。

一番の思いでは 呼ばれていない?友人の結婚祝の居酒屋へ二人で乱入し 新郎新婦にキスをさせようと「キッス・キッス」の大コールを起こしたが果たせず 白けそうな場を盛り上げるために 
二人でディープキスをしまくり 野郎は大喝采 娘たちは後すざり 新妻は「だから*****(チーム名)を呼びたくなかった」と言わせた事だ。

悲しみの余り 関係ないことを書き込んだ。
オートバイ好きが多いと言う事で 許して欲しい。 
死んだ者は無念であろう 残された者は重い出を背に更に早足で歩きつづける。


254 :AC点火派:02/01/29 08:28
励磁さんの友人に合掌。ご冥福をお祈りいたします。
ライダーの端くれではありますが、当地北海道はただいまリンクのような路面でして、
単車の姿を見ることはありません。

さて、米軍のジャンク屋さんですか、いちどいきたいと思いながら、まだいちども果たせて
おりません。めーかさん、小生の家の目の前は自衛隊の戦車部隊がいるのですが、軍放出や
GSDF品も拝見したことがないですね。小生の探し方が悪いのかもしれません。

255 :上杉:02/01/29 08:47

  合唱

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/29 08:56
合掌

257 :めーか:02/01/29 10:07
AC点火派さん
陸自の装備品放出はたしかによくわかりませんね。全部完全に廃棄するのでは
と思います。米軍放出品を扱うお店でも陸自や空自のものはあまりないですから。
ベトナム戦争前後は国内に出てくるものは沢山あったようですが今はどうなんでしょう。
アメリカ本土から持ってくるのではと思います。

258 :暇潰し:02/01/29 10:21
>210
始めたのは只のアーク溶接です。
まだ練習中で物を造るまでには至っておりませんが。

グラインダーの匂いは結構好きです。家の者は嫌がりますが(w。


259 :暇潰し:02/01/29 10:27
>211
ボール盤がうるさいですか? 私の所は掃除機よりは静かですが・・・。
AC100Vの電気ドリルも以前使ってましたが、これは非常にうるさいです。

ボール盤だけでは広い板の中央に穴が空けられないので
当方では充電式のドリルも併用。 これは結構静かと思います。


260 :AC点火派:02/01/29 12:38
昨日帰宅しましたら、定期購読してます球王Vol.23が来てまして、急いで件の記事を
むさぼり読みました。
たしかになるほどと思わせるまとめ方です。さすがは6V6が好みだという、氏のコダワリが
うかがえますね。全体のレイアウトは、球王2号の6BQ5ppステレオによく似ています。
OPTはタムラのF685、ダイオード整流ですが、電源CHは省略されていません。
前段は6AU6のオートバランスです、これには1本とられました。
V6にはカソード帰還がかけられています。電源部はRIFAの47μのチューブラー
ケミコンが、シャーシ内蔵で使われています。なんともさりげなくスマートです。
いったん食事にいってきます。


261 :AC点火派:02/01/29 18:59
やりました!
球王23号の6V6ppステレオ機の、パーツ1式をオーダーしましたら、1番乗り
だそうです。こんなこと嬉しいのは小生だけかな。(w 本日の午前中のことでした。
記事をみますと、オートバランス型の採用は、意識的に不安定要因を作っての、音質の
コントロールにあるのだとか。またこうすることで前段も、電源側から見るとバランス型
にみなせるため、電源部ケミコンを小さくできたのだと。
もう凝りまくりですね。
ピークパワーを9W程度に抑えたのも、6V6をいたわるゆえなのでしょう。
f特では20Hzで−2dBになってますが、特性も優秀です。やはり歪率は3周波数が
きれいに揃っています。
正直、しばらく貧乏と向き合わねばなりませんが、後悔はしておりません。
やっぱり貧乏と引き換えの幸福って、ありますよ。なんちゃって。
でも、ゆっくり作らせていただきます。(笑) ハーネス屋じゃないんだから。

262 :AC点火派:02/01/29 19:12
今晩はまだ見ぬアンプに乾杯 といきたいところだけど、ビールは発泡酒に、
日本酒は焼酎になりそうだな。(w
やっぱり19.5万はそれなりの負担であります。
送金の準備しなくちゃ、今日はとりあえず帰宅します。
では、小生はまたあした。

263 :めーか:02/01/29 20:02
先ほど23号を読みました。AC点火派さんやりましたね。一番乗りですか。
わたくしはとりあえず5号アンプまちです。それにしてもいつもだけど今度も凝っていますね
いろんな意味で。ウインチェスタの端子はどこに売っているのでしょうか。
リファーもそうです。光音電波のRN抵抗は海神でも100本まとめ発注
だそうですし。リファーはアテがないではないけど。不安定要素が良い音の元というのは
そうかも知れないですね。マランツ7だってあの音の良さは不安定要素に
あるそうですし。不安定要素が必要と言い切るにはあの大測定器群があっての
ことでしょう。普通はそう思ってもこわくて言えることではない。是枝さんの
真意はそこにあると見ました。


264 :めーか:02/01/29 21:44

不安定要因というのを私なりにいろいろ推測しました。私が注目したのはスタガ比
の取り方です。AC点火派さんのおっしゃるように20HZでー2dBと
いうのがミソですね。最初どうしてかとおもいましたがこれは20HZ以下で負帰還が
増えているためでそのためにもカップリングの時定数を異例に大きくとっているのでしょう。
つまり15HZ以下はNF型低域フィルタがかかっていることになります。
カソード帰還は2本共通がスタンダードだということもこれと大きく関係しているとおもいました。
伊藤先生同様にこのあたり芸のうちと心得ておられるのではないでしょうか。これは
オートバランスだからこそできる設計ではないかと考えました。あの電源定数で
たいそう残留雑音がひくいけどドリフト領域のレベルは意識してそこそこにおさえた
ということも総合して考えると納得出来ます。裏返すとある程度のドリフト分が音の
ためには必要と考えられたのではないかと思います。まあ真意はわかりませんが。
簡素な設計みたいですが巨大測定器軍団にものを言わせているような気がしました。
何十回のカットアンドトライがいるのかもしれません。


265 :AC点火派:02/01/30 08:17
めーかさん、おっしゃるとおりでしょうね、おそらく。
まさしくそのあたりのさじ加減は、「芸のうち」なのでしょう。製作記事の中では出たとこ
勝負のような書き方をされていますが、ずいぶんと組替えたようにもうかがえます。
あの測定器群あっての、設計なのでしょうね。
さてしばらくの間、待ちつつも楽しみであります。
とはいうものの、あのアンプにふさわしい6V6を調達せねば。
やはり是枝さんも触れておられますが、当スレでも折り紙つきの全盛期の東芝電子管の
6V6GTくらいは欲しいなあ。

266 :AC点火派:02/01/30 08:21
注文にかこつけて、初めて是枝さんとメールのやり取りをしました。
いい方です。少し感動しました。
「AC点火」に自信をもちました。(w

267 :AC点火派:02/01/30 12:33
ありゃりゃ、下がりまくりですね、まあいいか。
まだ見ぬ6V6アンプのおかげで、少し元気が出てきました。納期はかかりそうなので、
ゆっくり待ちますが、仮に即納してもすぐには組まずに、少しパーツを鑑賞して、鑑定眼
を養うか、楽しむか・・・。
EBYのソケットや、タムラのトランス、銀タン、TKDの抵抗、ウインチェスタの
東芝端子(w)、etc。
入力Jは手持ちにWBTの#0201があるので、これをおごろうかと、リーマーで穴を
少し大きくして。写真で見ると、6V6と同列に並ぶ東芝端子か、サブシャーシの取り付け
用の黒いネジが、アクセントになっています。今回はコストのためにスタッドボルトには
しなかったそうです。この黒ネジ、写真ではよく見えないけど、マイナスだったら最高なの
に、なんだかヘキサゴンのローレットみたいな感じだな。
是枝さんに交渉してみようかな。

268 :AC点火派:02/01/30 13:01
いつもよりがんばって、上げております。(w
まあ、ウィークディの昼間のなので、そんなにレスはつかないでしょうが。
そういえばめーかさんが待っている5号アンプは、23号の製作記事でも触れられて
いて、ローコストにもかかわらず、大変成功したアンプだったと紹介されています。
たしかに6384自体がすごいですから、それを生かせばいいアンプができます。
ちょっとうらやましくなってきました。(w


269 :6V6好き:02/01/30 14:54
是枝6V6アンプの前段球は6AU6でしたか。是枝先生は6267といい、6A
U6といい特性追求型の5極管使いでのスペシャリストですね。小型のわりにはプレ
ート損失が大きく、稼動の仕方ではヘタリ易いのがたまに傷ですが。6AU6は、
シンクロスコープ用のM3622という物が付くんでしょうか。付属V6のメーカ
ーはRCAのGTYですか?

6V6GTは内外数十本ため込んでしまったので最近は購入していない。10年以
上前にJAN CRC6V6GTY(1952年製US海軍錨マーク付)を手に入
れた時は@1500円。'57年製のハイトロン・スタンダード・エレクトリック
社製が@1300円だった。今は@2000円以上しますか?カナダ・マルコニー
のG管も@1500円でペアが3500〜4000円。ppにはこのマルコニー製
を、801AsにはRCAのGT管を使っている。初段がシルバニアの6SN7だから
メーカーすべて米国製で茶ベース袴。整流管も当初5R4GYだったからオール茶袴
だった。

東芝管GTは作りの良さで人気がある。ただし頭頂部ゲッターなんでヒーター拝めな
いのが残念。双葉電子工業製とTEN製は中身が全く同じだから、どちらかのOEM
と思う。この球はカーボンプレートで、真空度が高いのか作動時は紫の蛍光が管面い
っぱいに広がり大変美しい。双葉製は20本新品を譲って貰った。あるところには、
あるものだ。地方都市の古くからの電気屋(ラジオ屋)の倉庫・物置には未だに埃
被ってあるかもしれない。特にTV用の整流管(ダンパー)等は可能性が高い。実は
松下の80、42、6CA7などもこんな店で手に入れた。田舎の雑貨屋には30年
前のプラ模型などが売れ残ってたりするから、コレクターの友人に買って持って行く
と非常に喜んでいる。自分も小球集め過ぎたので自重中。





270 :AC点火派:02/01/30 15:46
是枝さんの作例は、6AU6は特にスペシャルグレードには、見えませんがどうでしょう?
6V6は本家RCAのメタルです。そのため外観はシブイですね。
小生は出力管はやはりGT球で行くつもりです。今のところの候補はHytron製の6V6
GTY(某所で@1,700円)のつもりです。
勤務時間中に書いてしまった!(w

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 16:49
ちょっと前にコンデンサの交流耐圧の話が出ていましたが、ちょっと気になるコメ
ントがついていたので・・・

あの耐圧値は、電流定格で、自己発熱などからの制限によるもの。条件が普通は
AC60Hzだと思うが、用途によっていろいろ。
単純にDC耐圧との比ではないです。メーカーの仕様を見ないと、いけないです。

また、ACラインは、141Vがピークというのは、大体そうなっているということで
信用してはいけない。
瞬間的な高電圧が、ノイズとして乗ることもあり、ダイオードで整流して無負荷
のときなど、一晩でノイズのピークで平滑コンデンサに200V以上溜まっている
ときもある。

また、ビルなどでは、確かにピークは140Vほどだけれども、上下がコンピューター
などに齧られて、矩形波に近くて、実効電圧が110Vなんて所もある。
トイレの白熱電球が良く切れたりするときは、要注意です。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 16:58
271さんありがとう。そのとおりでしょう。

273 :AC点火派:02/01/30 17:55
271さん、貴重な情報をどうもありがとう。
たしかに近年電源波形は汚いという話をよく聴きます。
しかし、実例なんでしょうけど怖いですね、方形波ってそりゃもろに高調波ですものね、
くわばら、くわばら。


274 :6V6好き:02/01/30 18:26
AC点火派さん
メタルでしたか。しぶい。以前はメタルは無愛想なんで毛嫌いしてたけど、最近は
その「ハイ・センス」振りが判るようになった(笑

回路は見てないが、5693〜6V6−5Z4でモデファイ出来そうですか?
是枝アンプは球や定数変れば別物アンプになるから無理そうだね。オールメタルも
格好良さそうだが。RCA6V6Mも以前は人気薄でペア4000円で買って
いたが、今は買えないでしょう。AC点火派さん、是枝アンプですから球のエー
ジングと選別に十分時間を掛けてください。自分は最近、メーカー、ブランドより
もこの点を重視するようになった。やはりおじさんだねェ(W

ps 前レス 誤マルコニー 正マルコーニ 失礼。

275 :AC点火派:02/01/30 18:27
いつもながら6V6好きさん、球の話をありがとう。
たしかに茶袴はいい感じです。小生の801AはRCA製の茶ベースです。
どこにもVT−62と書かれていないヤツです。
是枝さんの所から届くはずのパーツセットは、6V6のソケットがEBYの茶色の
マイカノールだと思うので、茶ベースの球がドンピシャです。
ビルダーよりモデラーを自称なさる6V6好きさんは、このあたり一家言あるんじゃ
ないでしょうか?(w
色あわせって、できることは限られてますけど、楽しいですよね。
たとえアサヒペンの水性スプレーでも、うまくいったときは格別です。

やっぱりAC電源の汚染は気になりますね。271さんのいうことは残念なことに
現実なんですよね。あんまりがっかりするのがイヤなので、最近はコンセントの
電源波形の観察はやめました。(w
テスターを当てても結構、ふらつきますものね。
最後はAC安定化電源の導入、もしくは200Vを部屋まで引いて、ステップダウン
しかないのかなあ。今のところはあきらめるしか・・・。

276 :AC点火派:02/01/30 18:32
6V6好きさん、今回のアンプはダイオード整流です。センタータップで旧スレ
で話題になった、シリーズつなぎになってますね。
球のエージングは、ダイオード結線を1番最後に回して、ヒーター余熱するしか
ないですね。

277 :6V6好き:02/01/30 19:37
AC点火派さん
自分はヒーターのエージングにオリンパス製の6V5Aのスライダックト
ランス使っている。スライダック(slid acで扇動 交流の意)は東芝の
商標だから、C.P.regulatorと言う物。何用かは不明。カメラ用か医療用
なのか。6V規格だが実測8.5Vまで可変出力が出る。これを適当なアルミ
シャーシーに取り付けて、ソケットを数種付けておく。MTとUSは4個
ずつ。ヒーターを配線しておく。AC10Vの電圧計を一個付ける。暇な時に
この手の物を作っておけば役立ちます。だれもこんな製作記書きませんが。
6V管なら2Vで4時間、4Vで6時間、6Vで24時間通電して完了。
この辺は自己流の適当だが(笑) 球にとってはやさしい筈。3〜40年
眠っていたのにいきなり定格ドン!では球も参りやすい。精神的にも良い。
MTとUS8を複数付けておけば一度に数本処理できる。計5Aだから
余程のでかい球でなければpp4本分1度に出来る。

自分はこのヒーターエージング機にB電圧とスクリーン用。−C電圧用も
組んであるから、ヒーター終わればグリッド、プレートのエージングも
出来ます。B電源用は別スライダックトランス+専用トランス。これは
1本分100mA程度で足りる。パワー管のエージングは1度に1〜2本限度。
-C用は普通の小型トランスで抵抗可変。BとCに電圧計とBには電流計も
入れている。この機械の良いのは、そのまま球試験機になるところ。試験機
TV-7と比べて圧倒的に使い易い。アンプ造るより面白かった(W

注 アンプごとスライダックに繋ぐ人がいるが、球がパアになるから不可!




278 :めーか:02/01/30 20:21
さきほど5号アンプの納品が少し遅れるとの連絡がありました。待ちどうしいです。
272は私なのですが名前を入れ忘れていました。6V6好きさん。自作試験機は良さそうですね。
とても参考になります。アンプより面白い、、、、、、そうでしょうね。

279 :六億ワット:02/01/30 20:38
>>277 6V6好きさん

 それは多分、顕微鏡ランプの電圧を可変するためのものだったので
しょうね。私も球のテストをするときに使っていますが重宝します。
ただし付属の電圧計がくたびれているので、別途電圧計で確認する必要
がありますが、、

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 21:03
6V6嫌い6F6好き。

281 :6V6好き:02/01/30 21:46
六億ワットさん

顕微鏡ランプ用でしたか。なるほど。自分の物はかなり古い奴でAC計無しで、
パイロットランプの点灯強弱。西澤計測のAC10V計をあてがっている。
10V球まではエージング出来る。OTLはやらないからこれでOK。

めーかさん

自作試験機などはめーかさんならお遊び程度でしょう。より良い設計、案が
あったら教えて下さい。  試験用ソケットの切り替えは迷路のようだった。
M8(W8)やA4なんかは単独ソケット必要だから苦労するのだ。面白い
けどね。日開にHS型という多段ロータリーSW(AC1500V耐圧)が
あって、軽くDC1000Vまで使える。最高でも試験時は100mAだから。
安いし良いSWだ。






282 :6R-P15好き:02/01/30 21:54
だいぶ前におじゃました者です。
今日たまたま是枝さんのお宅におじゃましてきました。
6V6アンプの発注があまりに早かったのでびっくりしておられましたよ。
AC点火派さんの仕業だったんですね。

実は小生、3号の 300Bsingle の注文は第一号でした。雑誌に載る前に
発注したんですから、誰がなんといおうと一番です(笑)。ラ技にお書きに
なった 350Bpp を作るつもりで貯金してたんですが、300B の方が
ずっとよかったんですよ。上杉さん、きっと期待に違わない音がすると
思いますから、がんばってくださいね。アレの組み立ては相当難物です。

最近那須さんの姿を雑誌で見かけなくなったという話が出ていましたが、
あの人は元々平田電機の技術の方(確か部長か何か)で、今はタンゴ
トランスの再生産をやっている有限会社アイエスオーの社長さんをやって
います。お元気とお聞きしますが、忙しくて製作記事どころじゃなさそうです。
・・・残念。



283 :6R-P15好き:02/01/30 22:02
あれれ、前に話題に出てた那須さんはお元気ですよってカキコしたのに、
反映されてないや。久しぶりに来たけど2ちゃんは相変わらず重いのかなぁ・・・

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 22:03
ヒーターのエージングに直流を流しても問題ないでしょうか。
直流電源ならでかいのがあるんですが。

285 :6R-P15好き:02/01/30 22:10
と、思ったら今度は投稿されてた、はぁ・・・。

ところで、みなさんはどんなスピーカーをお使いなんでしょうか?
話題からそれるかもしれませんが、いまちょっと個人的に迷っているものですから。
それに、アンプってスピーカーにつないでなんぼのものという気もしますし。
加藤ホーン用のポジティブフィードバックアンプなんてその典型じゃないかって気がします。







286 :6V6好き:02/01/30 23:02
6R-P15好きさん

お久しぶりです。那須氏は平田電機の方でしたか。製作を見ても一点豪華
主義とならない的確なトランス使いで感心していた。デザインもきっちり
していましたね。

284さん

別に構わないと思います。ただ、2A3や300B等はヒーターの内部接続
が不明の物もあるから、交流が無難でしょう。300Bのヒーターの片光り
を問題とされる場合も多いから。3A程度の裸の扇動トランスをその辺で
買ってもたかが知れている。メーター含めても1万円。シャーシーとソケット
数種、10〜15個付けたって5000円。ヒーターエージング専用ならば
切り替えSW不要。ソケットすべてに配線しておけば良い。ただMT、US
オクタルは球によってヒーターピンが異なるから、個別にソケットを用意す
るのを忘れない。MT1,MT2,MT3等としてシャシーに球名を書くか、
別紙に書いておくこと。線材は単線不可。テフロン被覆不可。安いビニール
被覆の撚り線でOK。ソケットはタイトが無難。



287 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/30 23:23
>>6V6好きさん

丁寧な説明ありがとうございます。
おっしゃる通り、この程度なら自作しても大した金額ではありませんね。
扇動トランスくらいケチらずに買う方向で行こうと思います。


288 :励磁:02/01/31 01:19
皆さん 有り難う
少し元気が出てきたので、書き込みます。
励磁ちゃんでは アグネス・チャンさん 見たいになるようなのでやめます。

271さんへ
多分私の 229の事だと思うので 補足説明。
あれは AC表示に対してDC表示が必ずしも2.82倍では無い事が 言いたかっただけです。
2.82倍だと思い込んでしまうと 事故になるので。
AC表示の1.4倍がDC耐圧 DC表示の1/3〜4倍がAC耐圧と考えれば事故は起きにくい。
それ以上掛けたい時は メーカーに聞くと言う事でよろしいかと。
書き込みの内容は その通りです。

そうですか 200Vを越えますか。
TNRが無いと もっと上がるかもしれませんね。
大抵 220Vか240VのTNRが 入っていて 雷や200V誤印加から 本体を守ってくれています。


289 :AC点火派:02/01/31 08:31
おはようございます。スレのにぎわいは見ていて楽しいです。(立ててよかった。)
6V6好きさんのエージングマシンは、良さそうですね。真似したいです。
ちょっと誤解があるようなので、補足をいたします。
ヒーターのみのエージングなら、DCでも構いませんよ、ただし徐々に印加してくださいね。
直熱管のカソード破壊について、以前説明しましたが、そのときバイアス電圧になるのは、
ハムバランサーでの中点のみで、ヒーター両端はそれぞれヒーター点火電圧に従った勾配が
できるのだと説明したはずです。ですから、ヒーターのみの通電であれば、6V6好きさん
がされているように、徐々に電圧を上げれば大丈夫です。
カソード保護の観点から言えば、ラッシュ(突入)電流もイヤなので、スタートは定格以下
からはじめてくださいませ。

290 :AC点火派:02/01/31 08:53
ただ、DCでいいのはヒーターのみです。これにプレート電圧がかかると話は
別になります。いまさらこんな説明をするのもなんですが、プレート電圧はカソード
から電子を強引に引き抜く方向の力です。このときにカソードの損傷が発生します。
ダイオード整流や水銀管整流で、B電圧の2段スタートを試された方、特に6V6
好きさんなどは経験されていると思いますが、管の上部に手をかざしていると
ヒーター通電のみと、Bが加わった時の発熱量は全然違います。
素子の仕事の内容も段違いですからね。
そのむかし、かのWEの高名な直熱整流管274Bに、定格以上のインプットCを
あてがうと、通電時にカソード表面がはじけ、白い粉がはじけたそうです。
これはフィラメントに処理された、炭酸塩などの酸化物の粉です。
これはB電圧がカソードから電子を引き抜くどころか、メリッと構造材料まで
引き剥がしてしまったわけです。
直熱管内部の「白い粉」の正体がこれなんです。
浅野先生の「魅惑の・・・」巻末座談会で、伊藤のおじいちゃんが嘆いていました。
(上下どちらだったかは忘れましたが)

291 :AC点火派:02/01/31 09:27
6R−P15好きさん、那須さんはタンゴの方でしたか、何とか部長といわれると、
小生は平田時代の旧技術部長である鈴木さんではと思いますが。(面識はありません)
6V6好きさんが日開のSWの話をされてましたね。小生はロ−タリーSWの
使用経験はありませんが、自作機のほとんどの電源SWは、日開のS−1001
です。あのカチンというフィーリングは好きです。
6V6好きさん、日開はカトラーハマーの技術提携でもあったのでしょうか。
ちなみに是枝さんは、フジソクの感触がお好みのようです。

292 :上杉:02/01/31 12:05
WE300B直ったそうです、メールが来ました。
一カ所の配線ミスと、一カ所の抵抗の数値ミスが原因でした。
赤面の至りです。
おまけに測定までして頂きました、歪み率は球王3号記載値とほぼ同じだったようですし、
方形波試験も良好だったそうです。これでなんら問題はなかろうかということでした。
実測歪み値と方形波試験の写真も付けて送ってくれるそうです。
感謝感激。
是枝さんは本当に良いひとです。う〜んなんて優しいんだ!

293 :AC点火派:02/01/31 12:41
上杉さん、お久しぶりですね。
あなたのそのアンプは、確か是枝さんが頒布されたものでなく、自分で集めた
パーツで組んだはずですね。たしかに19号プリの記事の中では、この程度であれば
読者が自身で部品を集めても組めるはずだと、おっしゃってましたが。
そこまでお世話してくれるとは、脱帽です。
執筆者の責任というより、すでにエヴァンゲリストの境地なのではないでしょうか。
本当にすごい方だと思います。
そのアンプは大事に使ってあげてくださいな。決して死蔵してはいけません。
正常時の各部電圧を記録しておきましょう。何かあったら、そして無事でも数年おき
位に電圧はチェックすべきでしょうね。
大事に使うとはそういうことです。ウォーミングアップの時には、無信号で行わずに、
楽音信号を入れてね。
A級アンプのプレート損失の解説は、くどくなるのでやめます。(w

294 :上杉:02/01/31 13:00
>>293 AC点火派さん
そうです自分でかき集めた部品で作ったヤツです。
なのにここまで面倒見てくれるとは、感謝の言葉もありません。
おっしゃるとおり大切に使います、家宝にします。

話題に出ていた6V6Sさんのエージングマシン自分には難しいので、
サン・オーディオのキットでも買ってこようかなと思います。

6R-P15好きさんも3号の300Bお使いですか、構成部品が是枝さん厳選の物だと
やはり音も違うんでしょうね、自分のと聴き比べてみたいです。

295 :上杉:02/01/31 13:15
間違えました
×=サン・オーディオ
○=SD SOUND
エージングマシンというよりバルブチェッカーですね。

296 :6V6好き:02/01/31 14:33
励磁さん
自分が励磁ちゃんさんとやったのが拙かった。すみません。
元気になって何よりです。友人の急逝ほど堪えるものはないです。長男が生
れてから17年間バイクには乗っていない。車検さえ取ればいつでも乗れる
状態にレストアしてありますが。

AC点火派さん
日開の1001は小型アンプには良いです。スイッチ基部が非常にコンパク
トでシャーシー内の体積を取らない。レバーが短いので使用感とキレはイマ
イチですが。小型アンプにはS-211も良い。キレが良いし配線しやすい。

大きいアンプには両切りのS-331等。オーバークオリティだが、値段は
たかが知れている。これは25A。容量が大きいほどキレがよくて気持ち良
いね。ブラックシャーシーには黒角型シーソー型の電照付きも似合います。

上杉さん
エージング&試験機は気長に作って下さい。役立ちます。自分が使いそうな
球のソケットだけで十分です。あと空穴数個開けておいて、ピン違いの球が
出てきたらソケット増設すれば良い。店で買ったペアチューブを信用しては
いけません(笑) エージング無しのワンポイント計測と思っていた方が、
身の為でしょう。自分でじっくりとエージングしてから電流値を計って使え
ば、アンプ造りが楽しくなります。




297 :6V6好き:02/01/31 17:51
6R-P15好きさん
自分もアンプはSPあってのものと思う。気に入ったSPがあって、その特徴を
踏まえて、こう鳴って欲しいというアンプを造る。アンプによる調教ですね(笑
だから自分のアンプは他流試合は出来ないな。SPとアンプでセット。

気に入ったSPも好きな音楽ジャンルから割り出しているのが普通でしょう。落語
しか聞かない方が、性能とリアリティを追求したからといって、TADのモニター
とKT-88ppアンプを用意しても満足度は低いだろう。P-610と6G-A4s
あたりのほうが楽しめると思う。周囲に見栄張りたいなら前者でしょうが。

よく、ジャズ向けとかクラシック向けというSPのジャンル分けはおかしい。良い
SPならば、なんでも素晴らしく鳴らします。と、ハイクラスオーディオファイル
の輩達が言っている。そう言う方達に限って、米独の時代物をナローレンジで使用
しているのは面白い。骨董だろうがB&Wの最新兵器だろうが、測定データーが完
璧であっても、実際鳴らしてみれば依然として得意、不得意な鳴り方はあるものだ。

自分は結構色々な音楽を聴くから単純にSPとアンプ2〜3組使っている。手っ取
り早いし。1組ではアンプ造りという趣味の意味がなくなるというのが本音ですが。

SPは、こいつは気に入ったと思えれば、あるジャンルで酷い音だそうが、これが
出した音なんだから許せる・・・と故伊藤翁が言っていました。こう思えれば最高
ですがなかなかね。惚れてしまえば痘痕も笑窪。たとえがちょっと違いますか?

298 :AC点火派:02/01/31 18:54
6R-P15好きさん、無視したわけではないのだけれど、スピーカーの話は厄介ですね。
6V6好きさんが先陣を切ってくれたので、少しラクになったけど。(w
ただあんまり低感度なスピーカーはどうかとも思う。まあ、加藤ホーンが出てくるぐらい
だから、すでに納得されているでしょうけど。
あんまり高感度でも、今度は残留ノイズ退治が大変でしょうね。
WE党の代表みたいになってしまった、かの新さんはWEのTA4151や594を使ってますが、
氏が3端子レギュレーターで直熱管を点火される理由は、この辺にあるのではとにらんで
います。もっとも最近はAC点火も試されているようですが。
6V6好きさんがレス297で紹介されてますが、スピーチレンジとワイドレンジ再生は
本質的にかみ合いません。ワイドレンジ再生機では、映画の台詞は明瞭な通りを期待できない
でしょうね。はっきりいうともごつく、あるいは前に出てこないというか。
何でもこなせる変換機なんて、気持ち悪くて使えない。(w
そんなものはないと思ってるし。
でもナローで聴くクラシックも、いいものですよ。ジャズでいうならルディ・ヴァンゲルダー
の録音なんてもってこい。まあ好みはそれぞれだけど。
LE−8THにムチを入れながら、タンノイにあこがれつつも7年間愛用してます。
P−610DBも持ってます。(最近は出番がないけどね。)

299 :AC点火派:02/01/31 19:14
300getを虎視眈々と狙っている方もいらっしゃるでしょうから、もう1個
ぐらいつぶやいておきましょうか。(w
是枝さんに19.5万円を納金しましたので、堂々とメールが送信できます。
電話で肉声を聞きたいとも思いますが、余談だらけのメールもいいかと思いまして。
あんまりやりすぎますと、きっと迷惑でしょうからその点は慎みたいですが。
まだこわくてデザイン論はできません。(w
そういえば6V6好きさん、製作記事中に6AU6採用の理由は、デザイン上の理
由があるそうです。
きっと判っていただけるでしょうが、6V6の形と大きさでは、6SN7あたり
と見分けがつきませんし、5693では主従関係が逆転してしまいそうだとの由。
やはり7PMTくらいの管が、前段という感じがするのでしょう。
この際ですから、どちらが前段か判らないスタイルのアンプ、なんてのもモデラー
の6V6好きさんが挑戦されたらいかがでしょう。(w



300 :やった〜300:02/01/31 21:07
2つほど教えてください

1.マイクロフォニックノイズは止まりますか
2.電源トランスから周期的な唸りが聞こえてきますが止める方法は

よろしくお願い致します

301 :ミスった300:02/01/31 21:09
失礼
1.マイクロフォニックノイズは球を交換したら止まりますか

302 :六億ワット:02/01/31 23:39
返事するのが遅くなってしまった。6F6ときいて出てきました。

>>280さん、
私も6F6は好きな球のひとつ。最初に作ったのが6F6のシングルで、接続を変えたり
NFをいじったり、散々遊んだ。これが今の原点になっている。思い出は美化される
ものだが、今思い出しても(自分にとって)良い音だったと思う。
その後改造して6V6コンパチにした。6F6とは異なる音だったが、条件を変えていく
とこれも魅力的な音を出した。しかし音の性質がことなれば、自分にとっていずれ
が好み、好みでない、という話がでて当然といえる。

今再び、最初に手にした球を再び料理したらどうなるか?当時からすれば嗜好も
定まった。腕も上がった、、かどうかは分からないが、なつかしさ半分、腕試し
半分でリトライするもおもしろい。前段はどうするか、実は>>299のように、主従関係逆転
を狙って5693を使ってみようかと思っていた。整流管は5Z4。いずれも球だけは押さえ
ているが、今は時間も無いし手を出せない。製作の楽しみはもう少しあとから
味わおうと思う。

303 :6V6好き:02/01/31 23:52
AC点火派さん
是枝先生の6AU6はデザイン上の考慮もありましたか。さすがです。先生はCAD
を使ってのデザイン。トランス、コンデンサー、球との高さのバランス。球を一直線
に並べない左右前後非対称。部品の配色。極細線材の使用法。異種分野部品の調達。
他のアンプ製作者とは一線を画すプロデューサーです。きっと一台のアンプ設計は、
家を一軒建てる程の思考錯誤と、こだわり、楽しみが垣間見得ますし、非常に参考に
なりますね。写真で姿態をお見かけしたことがありますが、優しそうで恐そうで、こ
ちらもGOODでした。

5693は赤球だし6V6では確かに主従逆転だな。6L6メタルぐらいでないと
バランス取れない。オールメタルは未だ造ってないから今後の楽しみ。801Asの
ドライバーに6V6メタルを差し込んだら、デザインが全くダメだった。G管もダメ。
STばかりが並ぶとクドイものだ。やはりGT管がピタリ。この段は非常に面白い。
と言うのは、オクタルベースの3極(3結)の差し替えが可能だから。パワー管ドラ
イブはいっぱい作例があって、宍戸氏もM8などで振っていた。渡辺氏も6CA7を
Q5で振っている。(3結)

当初は45に似た音を出すF6で振っていたが、線が細くやや高域よりだった。G-
A4はバランスが良く申し分ない。V6はクリアーで801Aのメリハリ感を余計に
増長する感じ。SPとの兼合いで今はV6GTとなっている。ここに6CA7ぶっ建
てたら、また主従逆転するなあ(W)

AC点火派公認主従逆転アンプ面白いね。ドライバーが6CA7でパワー管が12B
H7Aというのはどうだろう。BH7Aは双3極だから2本でパラpp。6〜7W出
るから6CA7sと比べても然程遜色ない。高いs用トランス買わなくて済む。ただ
やはり気乗りしないね(笑)

304 :6R-P15好き:02/01/31 23:58
みなさんレスありがとうございます。
しかし、ここのカキコを知り合いに読まれると誰か即ばれるだろうなぁ・・・

AC点火派様

>小生は平田時代の旧技術部長である鈴木さんではと思いますが。(面識はありません)

 タンゴ、再生産、アイエスオーでネット検索してみてください。たぶん、それです。

 スピーカーは難しいですね。6V6好きさんのおっしゃるように惚れちゃえばなんでも
良いから逆に簡単なときもあるんでしょうね。女性に惚れるときと一緒で縁がある時を
待つしかないのかな?
 みなさんの縁があったスピーカーって何でしょうか?とても興味があります。
惚れた腫れたは個人の勝手、どんなスピーカーにご奉仕するためにアンプ道楽に
のめり込んだのか、よければお教え下さい。他人の惚れた相手をあれこれ批判する
無粋な人はここには近寄らないと思いますよ。



6V6好き様

>これが出した音なんだから許せる・・・と故伊藤翁が言っていました。こう思えれば最高
>ですがなかなかね。

 AXIOM80 を使っていた頃の一時期こういう心境になりました。2発を縦に並べて
ラフトクラフト製の特注箱に入れてました。ラフトクラフトのカタログの特注品例の
中に写真がありますから、もしお手元にあればこんなもんを使ってたのかと笑って
やって下さい。

 引っ越しして、縁があったのかWE728Bを鳴らす機会があり(こいつも姿形に惚れて
しまいました。音も聞かずに無理して購入)3年間悪戦苦闘。惚れ込んだわけじゃないけど
この音に慣れた後で元の住処に戻ってAXIOM80を聞くととてもいい音なんだけど、
足りないものがあるような気がして、今は手元を離れています。(どこに行ったかは
ラ技をご覧の方にはおよそ察しが付くと思います。あの音を聞いちゃうと手元に戻さない
方があのスピーカーにとっては幸せなんだろうなぁと思うので、それっきり・・・)


上杉様

>6R-P15好きさんも3号の300Bお使いですか、構成部品が是枝さん厳選の物だと
>やはり音も違うんでしょうね、自分のと聴き比べてみたいです。

パーツそのものはここで議論されているようなもので、努力すれば入手可能でしょう。
本物の厳選品は雑誌には載せないんですよ。大半は入手不可能ですから。偶然手に入った
から使うってところでしょう。だけど、これってアンプやスピーカーを自作する人なら
誰でもやってることです。まめにあちこちチェックして少しずつストックをみんな作って
るんじゃないでしょうか?

 ところで、音は違うと思います。配線の引き回しが違うと音はころころ変わりますから。
それに、決定的ではありませんが、あの300Bには一カ所写真には写っていない機構部品が
あります。スイッチに配線する100V交流と初段と二段目のプレートへの配線を
分離するものです。スズメッキ線と圧着端子をつかって自作します。

 あ、ちなみに過去ログに出てきたスピーカー端子につながる二重撚り線はB&Wの
シルバーシグネチャー25のスピーカーケーブルなんですよ。スピーカーケーブルと
一貫性を持たせているんです。


305 :6R-P15好き:02/02/01 00:00
しまった・・・今度からは投稿を分けますね。

306 :AC点火派:02/02/01 09:17
スピーカー、すでに鬼籍に入られたむかしのウルサ方は「ラッパ」と呼びました。
もう少しくだけたところでパツラってとこかな。(w
あんまりやってもトコヤ談義になってしまうけど、とどのつまりは「変換器」。
だけど高忠実度変換機かどうかは、わからない。個性の塊のようなもの。
種々意見はあって当然、趣味のそのまた好みの世界なのだから。
大事な個性のひとつに、スピード感、速度感とか明瞭な反応の速さというのがあります。
トランジェントという言葉で、くくっていいものかどうかは判りません。
一時期ラ技誌をにぎわせた、「単発サイン波入力応答」なんていうのも、このあたりを
みたかったのだろうと、勝手に解釈しています。
でも聴いたほうが速い。旧スレをたてた「上杉さん」を認めたいのは、このスピード感
の権化のようなアクシオム80の個性を見抜き、一目惚れしたことです。
ちなみにLE−8Tには、このスピード感は期待出来ません。しかしこいつにはいい意味
でのあいまいさがあり、どんなソースもそれらしく鳴らすよさがあります。
このあいまいさ、言い方を変えるとフトコロの深さといいます。(w
ユニットの裏側から出る音の処理に気を使えば、結構なレベルで再生できるものです。

307 :AC点火派:02/02/01 12:35
さてと昼休みですので、上げましょう。
せっかくいらっしゃった、やった〜300さんの質問に回答しようかと思います。
1.マイクロフォニックノイズは、たしかにほとんどがその球個体が抱える問題です。
この解決には、球を替えるというより、選別して挿すといったほうが正解でしょうね。
買ってきた1,2本が「アタリ」とは限らないので、注意してください。
それなりの準備が必要です。また球ばかり責められない場合もたまにあります。
初段のカソード電圧が高い場合です。SRPP構成では上側のカソード電圧が、100V
を超えることも珍しくありません。このような場合、妙にカソードが敏感な状態?になる
のか、ピンピンといったノイズがよく出ます。このような場合、無対策ならまずヒーター
バイアスをかけることです。Bラインの末端から分圧・デカップリングして、前段ヒーター
ラインにバイアスをかけてあげましょう。これでずいぶんおとなしくなることがあります。
分かっているとは思いますが、このときヒーターラインは接地しないでね。大変なことに
なるから。(w
2.PTの唸りですがこれは厄介です。PTは電灯線(懐かしい!)の電源周波数で磁歪
振動しています。B巻線を定格いっぱいで使用したり、動作に対してPTのコアが小さ
かったりすると、振動し唸ります。
結構、国産老舗ブランドでも、唸る場合があります。解決策はトランスの積み替えしか
ないでしょう。磁束密度を下げるしかないのです。
今更コアを締め付けても、ムリでしょうね、コレは。50〜60HzのACですから
過酷なんですよ。さわって発熱しているようなら、もっと深刻ですね。

308 :300〜301:02/02/01 17:05
>>307
AC点火派様

大変参考になりました。
1.6SN7GTという双三極管を単純に二段使いしたものなので
球の選別差替えで解決出来るような気がしてきました。
2.やはりトランスの載せ替え方向で検討します。

どうもありがとうございました。
みなさんのお邪魔をして(無粋で)すみません。




309 :AC点火派:02/02/01 17:55
追加します。
つい最近も話題になりましたが、電源自体の波形が非常に汚れている場合、PTがウナル
場合があるようです。


310 :6R-P15好き:02/02/01 21:18
>でも聴いたほうが速い。旧スレをたてた「上杉さん」を認めたいのは、このスピード感の
>権化のようなアクシオム80の個性を見抜き、一目惚れしたことです。

 ノイズも超低域信号も何もかもスピード感たっぷりにコーン紙を動かしてしまいます(わら)。
神経質ですよぉ。何変えても、音がころころ変わります。

 アナログの時代は大変だったことでしょう。300B シングル無帰還でAXIOM80を鳴らすと良いとされたのは、
超低域とハイエンドを押さえ込む必要がアナログ時代にはあったからかもしれませんね。
下手にLPをかけるとサブソニックフィルターを入れてもコーン紙が団扇のようにバタバタします。
イコライザーも段間定数を調節して低域が落っこちるようにしたものが良かったようです。
こうなると再生音の質や抽象的な相性以前の物理的な要請が、ある種のスピーカーと
アンプの間にあると思えます。

 一般的にCDでは20ヘルツ以下がカットされているものが多いので AXIOM80 の真価は
デジタルの時代の今の方が開発当時よりも発揮しやすいかもしれません。

>ちなみにLE−8Tには、このスピード感は期待出来ません。しかしこいつにはいい意味
>でのあいまいさがあり、どんなソースもそれらしく鳴らすよさがあります。

LE8−T・・・いつかは使ってみたいラッパですね。エッジが白っぽいのアルニコのヤツ。
なぜか縁が無くて見たことはあるけど使ったことがありません。そうですか・・・
あいまいな=懐の深い 音なんでしょうね。

あ、そういえば、あの白っぽいエッジ、しばらく使わないでおいた後、急に鳴らすと割れて
しまうことがありますけど、その予防にはブレーキフルードを少量塗ると良いそうです。
とあるビンテージ仲介業者の方に昔うかがいました。染みこむまで何日かおきに繰り返し
塗るんだそうです。フルードは塗装をはがすので神経を使いそうです。




311 :6V6好き:02/02/02 01:31
300さん
マイクロフォニックノイズとはどのような音ですか。6SN7ですか?
プリではなくてパワーアンプでの症状ですか。

トランスの唸りの周期的というのは、持続的ではなくて唸ったり治まったりの
繰り返しということでしょうか?
 
6R-P15好きさん
AX80についての解釈は自分と同じです。あれを最近の、結合Cも時定数も広大で
NFも掛けない、無帰還、無農薬アンプで鳴らしたら、その通りだ。定番の310
Aと300Bアンプでも実験済み。コーンがバフバフいうし制動が効きにくい。WE
の91アンプはそういう近代アンプではない。AX80は難しいSPだ。ローサー
の昔の角フレームの継ぎコーンが転がっているが、まだマシ。80に近い感じの
ユニットは比べようもないが、実際音出ししてみると最初期のコーラルのBETA
-8が近い。反応とキレはAX80だが強烈な浸透力はBETAが上回る。音量を
上げても低域が付いてき難いのは同属だ。実はBETA-10の方が鳴らしやすい。
300Bは無帰還でも音楽性とHI-FI性を兼ね備えた最貴重な存在だが、80と
組み合わせてドンピシャとするためには、音楽ジャンルを決めて調整するべきと
思った。シンフォニー聴いても、プログレッシブな電子音楽聴いても、思った以上に
タフなのも80の特徴ではあるが。もっとも15年前に秋葉で手に入れた80でさえ
も、実は再生産品らしいし、オリジナル品は持ったことがないのは残念だが、それも
今は手元になくなったので回想するしかない。自分はBETA-10を残したが悔いは
ない。しかし、それさえも最近は発声(発狂?)する機会がなくなってしまった。


312 :めーか:02/02/02 10:35
AC点火派さん
SRPPのときのあのピーという音は不思議ですね。管球専門家に聞いても
ああいう使い方は検波部以後はどうかということでした。つまり音声回路
には使わない方が良いという御託宣です。でも小生はなぜか好きです。
ビーム切替え管などではグリッドの機械的共振が問題になることもあったようです。
ピー音がでるときに球を指で弾くと止まることが多いことからも
原因はおよそ推察出来るようです。面白いことに初代是枝プリはSRPPの出力
を下側球のプレートから出してあった。理由があるのでしょう。
後輩に涙で渡したラックスのトランスも少し唸る全く無音だったらどうしただろうか。
6V6好きさんベータ10はよかったですね。8もあったと思います。あの白い
コーン紙と溝つき涙滴型拡散器はよかった。所有したことはなく音は良くは知りませんが
お話でよくわかりました。






313 :300:02/02/02 11:54
>>309
AC点火派様
重ね重ねありがとうございます。
これから過去ログを探して拝見しようと思っております。

トランスの症状は
電源を入れた途端に唸りだす日もあれば、
電源入れてから数時間経って気が付いたら唸っていたという時もあり、
また、全く唸っていないということもあります。

症状の再現性がないと申しましょうか、
パターンを掴み切れていないというのが現状です。

唸り方は10数秒程度ブーンと聞こえたあと同様に10数秒無音になります。
夜中にソースを入れずにボリュームを上げると
トランスの唸りがスピーカーからも聞こえてきます。
困ったもんです。``r(^^;)

>>311
6V6好き様
ご心配いただきありがとうございます。
トランスは上記の通りです。
マイクロフォニックノイズの方は6SN7を直接触った時に
「ポ〜ン」とか「カ〜ン」と鳴ります。
プリの電源を切っていても同様です。
実はほとんど ど素人で、なにぶん初めての経験だったもので
お騒がせして申し訳ありませんでした。



314 :6V6好き:02/02/02 14:21
300さん
6SN7はボタンステムのプレートの短い物を使ってみてください。SYLVANIA
のJAN(軍用) CHS 6SN7WGT等が良いと思う。一般の6SN7はプレート
長が2.5cm程度もあるし、バタフライステムだとよけい管長も長くなる。

トランスは容量以上で使っていませんか?容量に余裕があっても唸るのでしたら、整流管
(ダイオード)交換して見ては?整流素子にバラツキがあっても唸ることもある。



315 :300:02/02/02 17:06
>>314
6V6好き様
ご指導ありがとうございました。球の件は早速探してみます。
トランスは整流素子の交換を先にやってみましょう。
手直し後報告致します。

このスレッド漸く読み終わりました、参考になること大です。
「是枝重治のアンプってどうよ」というスレッドは
明日以降ゆっくり読むことにします、疲れた〜

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/02 22:38
お知恵拝借願います。JBLのD130のバックロードを譲ってもらえそうです(^^)
スレ読んでアンプを考慮した結果、2A3か45のシングルアンプにしようと思ってます。
どちらがいいでしょうか。聞くのはボーカルやジャズです。あまり大きな音は出せません。
他にいい真空管のお薦めはありますでしょうか?

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/02 23:14
トランスのうなりについて

過負荷が原因でうなることがあります。
自分のことですが、30年位前自作プリアンプ(球)でトランスの1次側の
ヒゥーズが飛んだのですが、1Aの所を3Aに間違えて取り替え。
トランスがうなっているのに、まあ音楽が聴けたので
1,2時間だか通電してしまいました。
そのうち焦げ臭いにおいにあわててスイッチを切り点検しました。

整流回路のダイヲードが1本パンクしていました。
定格以上の物を使用しては行けないことを痛感しました。
(この場合はヒゥーズです)


318 :JJ:02/02/03 01:06
316殿 かつて2A3シングル使っていましたが、音がボケている感じでイメージ悪いです。
しかし、前段の回路や出力トランスでも音が変わるので、ダメとはいえません。
あと、この組み合わせの場合、ハムも結構聞こえると思うので、対策が必要です。
私としてはポピュラーな球では、出力が小さくなりますが6V6の三結又はUL、
電源トランスの規模がやや大きくなりますが、6CA7三結といったところ。
ハムも2A3より小さいと思います。


319 :316:02/02/03 01:24
>>318JJ殿
回答ありがとうございます。2A3はイマイチでしたか。やっぱり6V6はよいみたいですね。
三結は出力が小さくなるみたいですが、引き換え以上のメリットはあるんでしょうか。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 01:26
>>317
最近のトランスは過負荷になって異常に発熱すれば内蔵温度ヒューズが切れて
終わりです。

321 :6V6好き:02/02/03 11:57
316さん
D130は高能率だから程々の音量なら45が良いと思う。45をパラレルに
したのが2A3と考えても、然程間違いではない筈。2A3の方がパワフルです
が、45の方が素直ですっきりした感じ。後日245という茄子型を手に入れら
れれば最高。そのためには45ソケット周りはあまり窮屈にしない。健闘祈る。

JJさんお薦めの6CA7(3結)も良いです。パワーも5W程もありますから
十分すぎるでしょう。JBLには6CA7や6L6系も似合います。事情が許せば
これらのppアンプでD130を爆発(笑)させてあげたいところです。

なお3結はパワーが1/3〜1/2程度に落ちますが、ダンピングの良いアンプが造り
易く、素直で高音質。5結(ビーム含む)はNFBを適度に掛けることにより、
低歪でタイトでシャープな音造りができる。良し悪しではなくて好み次第です。

322 :AC点火派:02/02/03 14:27
300さん、鳴いているのは6SN7でしたか。たしかに6V6好きさんのアドバイスは、
当を得ています。小生のお勧めもJAN球ですが、KENRAD製もなかなか強固です。
ただ価格が高いので、何本も揃えるのは気が引けますが。(w
D130のバックロードですか。いいですね、というかうらやましいなあ。
この場合ポイントは2つあります。
考慮すべき点はユニットが高感度であることと、適切なダンピングファクターを考えて
あげることでしょう。私見ではDFは3以上5以下が適当ではないでしょうか。
パワーはそこそこあれば十分です。
しかし2A3シングル構成では、パワーは足りたとしてもDF不足です。
JJさんが「ぼけている」とおっしゃったのも、まさにこの辺りのことだと思います。
無帰還構成の2.5k〜3k負荷で、DFは2にも達しないと思います。
ちなみにこの2A3をpp構成で、タンゴのXE60−5をおごってやり、軽微なNFB
(4〜6dB)くらいをかけてやると、DFは4〜5くらいになり、まさにうってつけの
アンプになると思います。ppならば、ハムも皆無になりましょう。
この構成なら、ジャズ喫茶が開業出来るかも。(w
それとも、どうしてもシングル構成にこだわるでしょうか?
であれば、アドバイスなど気にせず、ガンガンやってください。
自作なんてやったもの勝ちです。D130に合わなくとも、45や2A3シングルなら
P−610だと、向かうところ敵なしといえますしね。つくってもいつかは生きてくるでしょう。

323 :AC点火派:02/02/03 14:49
さてと休日詣でのついでに、経過報告いたしましょう。
発注いたしました是枝さんの6V6ppアンプ、注文・質問にかこつけて、是枝先生
とのメールのやり取りを楽しんでおります。
このセットは出力管別ですので、良品も物色中です。
やってくるのは間違いなく、EBYのマイカモールドの茶色のソケットのはずです
から、6V6もこれに合わせてHytronの6V6GTY(茶ベース)に
しようかともくろんでおります。6V6好きさん、めーかさん、どうだろう。

ところでちょっと初心者チックな質問を、久々に小生からしたいです。
皆さんは自作アンプを組む際に、電源入/切時のサージ吸収用の極小容量のCは、
使っていますか?小生は念のためセラミックCの2コで、SWとPTの100V
端子間をそれぞれストラップするのを、なかば習慣的にやっておりました。
是枝先生の作例にはみたことがありませんので、果たして余計な心配なのかどうか
さきほどメールでたずねたばかりのところです。
皆さんはどうしていますか?

324 :6V6好き:02/02/03 15:38
AC点火派さん
自分も同じです。そう言われればあまり深く考えてないね。村田あたりの青いセラ
ミックディスク。耐圧2KVで0.05μ前後程度ね。また、キャラメルみたいな通称
ノイズキラーなるもの(0.1μ+120Ω)も各社から出ているから、これを使うとき
もある。ルビコン・BGからNF-1なるノイズキラー(0.1+0.005X2)が出ていた
時に、10個ばかり買っておいたが、面倒くさがって使ってない。リード線が3本
ある奴。

6V6GTYはやっぱり本家RCAが良いのではないですか?RCAもハイトロンも
茶ベースでグレーのスモークバルブだから、見かけが極端に違いませんが。弱冠ベー
スの色調が違うのと、グリッド支柱の材質が違います。

国産球はNECの中期物を除けば殆どクリア球ですから、あとでゆっくり探せば良い
ですね。これはこれで非常に綺麗です。タフなのはやはりRCA物ではないでしょうか。




325 :6RP-15好き:02/02/03 21:08
6V6好き様

レスありがとうございます。

>シンフォニー聴いても、プログレッシブな電子音楽聴いても、思った以上にタフなのも
>80の特徴ではあるが。

そうなんですよね。ひ弱だというイメージがありますが、意外や強烈な音もいけます。
BETAや Lowther も使ってみたいけど、オリジナルは AXIOM80 以上に入手がむず
かしそうですね。
 我が家にあったAXIOM80は今、オリジナル設計の四発箱に収まって某所(W)に貸し
出し中。スピーカー4発使いだと、きっと中域が暴れて高域が落ちることと思っていたら、
なんと恐ろしいことにそういう気配が全くありません。難物のリヒターのマタイ受難が
あっさり再生されるのを聞いて「返して欲しい」とは言い出せなくなりました。代替スピー
カーが今問題なんで、そこでここでベテラン諸子に変な質問をさせていただいた次第。
失礼しました。

326 :6V6好き:02/02/03 21:49
6RP-15好きさん
今までのレスのやり取りを見て、貴殿にレスを返すのは甚だ失礼であったと判り
ました。皆さんに経験と知識を与えてください。6RP-15好きではなくて、
6R-P15好きですね。この間違え方の裏を自分は気づきましたので(W
今後とも宜しく願います。

327 :6R-P15好き:02/02/03 21:56
AC点火派様

 例の 6V6amp が是枝さんの手元に帰ってきたので、今日、AXIOM80 4発システムで、
今日聞かせていただきました。300Bpp とは全く傾向の違う音で驚きました。良い悪いは
床屋談義にしかならないでしょうからおくとして、個人的には欲しいと思いました。
懐かしい音です。AXIOM80 のような古典的なスピーカーはこういう音だと多くの人が
漠然と思い浮かべる音に近いかもしれません。6V6pp は数年前から作りたいと思って
いて、PMC-131、F685 と球はすでに手元にあります。計画を再開せねば。ダイオー
ドはとっておきの1S2711 を使う予定。

>是枝先生の作例にはみたことがありませんので、果たして余計な心配なのかどうか
>さきほどメールでたずねたばかりのところです。

 スイッチが壊れなければいいと聞いたことがありますが、どんな返事が来るん
でしょうね。興味があります。同じ管王のレギュラーの上杉先生は必ずサージ防止の
コンデンサーを入れてます。直流カットのボリュームスライダーのコンデンサーも
必ず入れておられますね。上杉先生はスイッチやボリュームのようなものの接点を
大事にされているということなんでしょうか?

 今回の記事は編集部が慣れてきて校正の段階をひとつ減らしたとかで、校正ミスが
目立つようです。ここの参加者には釈迦に説法でしょうが、回路図などはよくよく
理屈に照らし合わせて確認が必要なようです。回路図の C6 はプラスマイナス逆です。
C1 も銀タンタルだからプラスマイナスを書き込まなきゃいけないのにありませんし。
配線図は大丈夫のようですが。


328 :6R-P15好き:02/02/03 22:02
6V6好き様

>皆さんに経験と知識を与えてください。

とんでもないです。前のトピを一生懸命読みこなしているところです。
スピーカーについてのやりとりもかなりあったのですね。
ボザーク・・・聞いてみたいなぁ。

>6RP-15好きではなくて6R-P15好きですね。
>この間違え方の裏を自分は気づきましたので(W

赤面の至りです。裏なんぞありません。単なる間違い・・・お恥ずかしい。

そういえば、ここの書き込みを見たわけじゃないでしょうけれど、行方不明になった(?)
知人から6R-P15ppが帰ってきました。何の予告もなく郵バックで・・・。
元気かなぁ。


329 :6V6好き:02/02/03 23:05
6R-P15好きさん
AX80の4発はシリ-パラ接続ですか?CRが入っていますでしょうか。出来る範囲で
情報ください。80で今更やる気はありませんが、他のユニットは多数ありますので、
参考にしたい故。

PMC131というのは昔のPC-131?の改良版ですか。大きさの割には、容量が少
なめで、さらにロットによっては唸り易いトランスでした。昔のタムラの電源Tはデザ
インが良かった。やや長方形の角の取れたケース入りで。PC-182は6V6Gppに
ドンピシャだったね。東芝のファストリカバリー、1S2711はDi整流の場合は、
必ず使っている。1度もパンクさせたことがない。運良く多少買い置きがあってホッと
している。東芝は型番でツバがあっちこっちなんで注意必要。なんで揃えなかったのか。
オリジンやフジはモールド割れの経験があるし、10D10やIN4007は飛ばした
ことがある。もちろん自分のミスだったんでしょうが。プラモールドはやや恐いイメー
ジがある。自分だけでしょうが。日立のU07N(ガラス・陶器封入)は結構良い。
音が柔らかい感じがします。でもこれらは皆、生産中止でしょうか。

330 :22歳の男:02/02/04 00:50


突然お邪魔します、

真空管のアンプで、
キットの改造ではなく自分で一からアンプを作るには、
どうしたら良いのか分かりません‥‥
自分的には、6V6(STのタイプ)とかVT-25又はVT-62
なんかにしたいと考えてます、
整流管は、83かCK1006で綺麗な方を‥‥
今まで組み立てたキットは、エレキットのTU−870と
サンバレーのSV−2で結局満足できずじまい、
そこで色々なホムペを見て回ったら6V6は青く光る事が分かって、
ついでに電球見たいに光るVT-25か62も使って更に整流管も
綺麗に光るタイプにしようと考えたのはいいけど回路設計はまったく???
真空管も秋葉原で全部そろえても意味無し状態、
なにか良いアドバイスお願いします!!!!!




331 :AC点火派:02/02/04 08:34
皆さん!是枝先生から心温まる返事が参りました。スパークキラーの件です。
「さてとても嬉しいご質問でございます」とありました。いつか書こうと思っている
テーマだとも。
結論から申しますと、適切な設計がなされていると、そのPTのリーケージインダクタンス
は、接点に火花を飛ばすエネルギーはほとんど無いそうです。是枝さんがPTを選択する
基準のひとつはこれなんだそうです。
テクトロニクスの測定器で、スパークキラーがついたものは寡聞にしてみたことはありま
せんが・・・だそうです。
「スパークキラーの必要なアンプは、本質的な問題がある。」そうです。
AC点火派、まさに平伏いたしました。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 09:20
>331
ちゅうことは上杉あんぷは本質的な問題が在るってことだな!

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 09:40
>>330
どこかの製作記事とかホムペの回路のコピーを
作るべきと思われ
キットと自作では加工のノウハウとかがずいぶんちがう
回路設計は一朝一夕でできるものではない

334 :AC点火派:02/02/04 09:44
まあまあ、そう言い放つのもカドが立ちますんで、是枝さんも誌上で言及される
のを、避けていたんだと思いますよ。
そこら辺の意図を汲んであげるのが、良心というものではないでしょうか。
実のところ、むずかしい問題だと思いますしね。

335 :めーか:02/02/04 10:35
AC点火派さん
そういえばマランツ7とかマッキン22もスパークキラーを使ってないような
気がする。間違いかも知れませんが。   日本では普通は入れるものだがいれないもの
もある。確かに計測器ではあまり見ませんね。これがあるとスイッチを切っていても
電源トランスの1次には交流電圧が加わるし高い周波数のノイズはいつもそのまま
加わるのだから問題があるとおもう。


336 :めーか:02/02/04 10:42
是枝アンプではなぜかいつも片切りスイッチで両切りスイッチを使った
ものは見たことがないような気がします。これも記憶違いかも知れませんが。
両切りだと必ずAC100Vからは縁切り出来るから良いと思うけどなぜ
でしょうかしら。

337 :6V6好き:02/02/04 11:39
AC点火派さん
スパークキラーの件、そうでしたか。やはりきちんと理由がありましたね。

めーかさん
スイッチを切っていても電圧がかかる・・・大事なところですね。特に高圧
の2段スイッチの部分に使うと具合が悪い。

330さん
6V6は青く光るわけではありません。管壁に蛍光が発生する球もあるという
ことです。真空度の高さの現れと言われているね。300B、350B、6L
6GCでも見ました。何れにしろ強い光ではありません。管壁にへばり付いた
ゆらゆらオーロラのような物です。

CK1006の実装実働状態をお見せできますが、良い画像掲示場所ありまし
たら画像揚げますが。

338 :AC点火派:02/02/04 12:28
さてとレス330に登場なさった、22歳のオトコさんですが、弱りましたね。
以前めーかさんがおっしゃってましたが(レス143)、現代の風潮はアンカンソク
(安い、簡単、速い)でしょうが、当スレの目指すところはアンナンチ(安いかどうか
わからないが、難しく、遅い・急がない)なんですよ。
正直回路図の具体的な掲載はできませんし、やろうとも思いません。それでいながら回路図
が読めて、アンプの基本構成、さらにいくばくかの製作経験がないと、なんのこっちゃ
判らんスレだと思います。(w   でもみんなそうやってココまできたんですから、
がんばって勉強してください。とにかくキットを卒業なさって、自作をしようという
心意気だけでも大したものです。エレキットとサンバレーのどこに満足できないのか、その辺
から考えていく必要があると思いますが、いかがでしょう。

339 :AC点火派:02/02/04 13:02
さて6R−P15好きさんのレス282に登場した、是枝さん製作のWE350pp
は良さそうなアンプでした。たしかタムラのトランスをつかったPK分割で、初段
はWE420Aでしたか。350Bの保護用に整流回路にダンパー管挿入で、
B印加のスタートを遅延させていました。
しかし、凝った設計だともいえます。
WE350Bしかり、めーかさんが待ちどうしい6384もそうですが、カソード
の起動時間の遅い球って、何であんなにいい音がするのでしょう?
やはり豊富なエミッションが、音質に関係するんでしょうかねえ。
昼休みの独り言でした。では夕方まで。

340 :6R-P15好き:02/02/04 13:16
昼休みにアクセスできるようになりました。ときどきおじゃまできそうです。

6V6好き様

>AX80の4発はシリ-パラ接続ですか?CRが入っていますでしょうか。

 CLRは入っていません。線の引出方を見る限りでは単純にパラレル接続にしてある模様です。
シリパラかもしれませんので今度おじゃましたとき聞いてみますね。ジーメンスワイドアングルの
時はマッチングトランスを使っておられましたので、そっちの方も聞いてみます。
 80使用の秘伝のひとつはユニットはきちきちに締め付けず程々の取り付けトルクにする
ことなんだそうです。実感としてもそう思います。

>PMC131というのは昔のPC-131?の改良版ですか。
 改良されているのかどうかはわからないのですが、タムラが作ってノグチトランスが
売っているOEMブランドの型番ですね。内部構造はどうなのかわかりませんが、
おっしゃるとおりきれいなトランスだと思います。
http://noguchi-trans.co.jp/


341 :6R-P15好き:02/02/04 13:44
332様

>>331
>ちゅうことは上杉あんぷは本質的な問題が在るってことだな!

 立場と設計思想の問題ではないでしょうか?
 完成品を売るメーカーとしてはどんな環境でどんな使い方をするのかわかりません。
通電直後から入力ボリュームをガリガリやられちゃうとあっさりボリュームをダメに
してしまいますし、バチバチパワースイッチを入れたり切ったりされるとひどいことに
なるでしょう。自作エンスージャストではない不特定多数のお客さんが相手で、
販売の際に代理店をはさむとなると、こういう無茶をする人のことを想定して、
上杉先生は設計をされているのではないでしょうか。上杉先生の立場なら
あるべき設計思想ではないかと思います。

330様

 思い切って飛んでしまうのはどうでしょうか?取りあえず、無線と実験か
ラジオ技術あたりの製作記事を見て直感的にいいと思えるものを作ってみられては?
オリジナルはそれから考えるということで・・・。
 私など最初はどこで部品を手に入れるかすらわかりませんでしたから、○○という球を
使いたいというどころじゃありませんでした。とりあえず、まねをするので
精一杯でした。まねするだけでも1年ぐらいはかかったでしょうか?
でも、おもしろかったですよ。

 テスターはお持ちでしょうからオシロスコープと発振器、ミリバル(電子電圧計)を
入手されて、今持っているキットアンプを測定したり、改造したりしながら、少しずつ
パーツを集めて勉強してはどうでしょう? きっとどうすればいいのか次第に見えて
くるとおもいますよ。

342 :真空管無頼派:02/02/04 15:16
6R-P15好き様

書き込みを見てわかりました。おそらく何度かお会いしたことがあると思います。(w

300Bppより6V6ampですか。激しく同意。
私も昨日聴くことができました。
実は、ステレオサウンドから6V6が帰ってきたその日にもお邪魔したんですが、
そのときには、
「これは80につなぐ予定だから、端末処理をしないと聴けないし、売ってもあげれないよ。」
と言われていました。狙っていたのに。(w

5−6分しないと本調子にはならないと言われましたが、本当に最初は変なバランスの音でした。
10分ほどたつと・・・まあ、なんてことだ。
今まで聴いていた300Bppの時とは別人のような立ち振る舞いを見せる80に魅了されました。
個人的には、ジャストミートです。っていうか、良すぎです。

うう、一台分、キープしていてもらおうかしら。
マジです。


343 :AC点火派:02/02/04 18:58
6R−P15好きさん、レス341は見事です。大変いいアドバイスだと思います。
小生はもう恥ずかしくて、助言は控えたくなるくらい。(w
おっしゃる通り、上杉アンプの設計は手堅いですね。ガリオーム防止策はほとんどの製作例
でなされています。でも神経質すぎる気もしないではありませんね。
小生の稚拙なWE300Bppモノアンプは、出力段のグリッドチョークとカップリングC
の共振で超低域に目障りなピーク(f=8Hzくらい)があります。
このピークをつぶしたくて某所に相談したら、入力へのローカットフィルターの挿入は
積極的にはお勧めしないとの返答でした。どうしてもというのなら、Cの値をなるべく大き
くとのことでした。
信号経路へのCの挿入は、慎重にということでしょう、音質劣化にならぬように。
いろんな意見・見識があるものだとあらためて感心します。
マランツ#8Bでの実例がありますから、そんなに悪い方法でもないでしょうが。
でも、いかな上杉アンプでも、電源のホットスイッチングには耐えられないでしょう。
こればっかりは最低限のマナーでしょうね。そもそもやってはいけないことですし。
先にも話した是枝さんのWE350ppでは、これがきちんと対応されていました。
さすがです。


344 :AC点火派:02/02/04 19:27
無頼派さんお久しぶりです。そんなに是枝さんの6V6ppアンプはいいですか?
なんかわくわくしてきます。でも発送までには3月いっぱいかかるでしょうとの
返事を頂いていますので、ゆっくり待つことにします。
このアンプ、そんなに起動が遅いですか、なんとなくわかる気もします。
めーかさんをはじめとする常連さんなら、きっと理解していただけると思いますが、
自分なりに、是枝さんが意図した不安定さを、考えてみました。
最初、6V6と聞いた時、頭に浮かんだのはLangevinのモノ構成でした。
是枝さんもこの線で来るだろうと・・・。しかしそんな予想をあざ笑うかのような
オートバランス型のアンプでした。
めーかさんがレス264で指摘された、異様に大きなスタガー比の時定数の取り方と、
NFBのかかり方、これはおっしゃるとおりでしょう。
それからなんですが、むかしの浅野先生や黒川さんの作例を拝見しますと、きれいに
6V6出力段を励振した結果、歪率カーブは出力段の手前で、一息ついたような
形を取るのが普通です。これはクリップ手前で波形が結果的に整形されたように
なるためなんですが、是枝さんのはそうなってはおりません。
勝手に推測するに、故意にアンバランスなドライブをさせているのでしょう。
その結果が、レス342で書かれた魅惑的な音の要因とは。
つくづくアンプ設計とは、奥が深いものと思います。
みなさん、お買い得ですよ!これがたったの19.5万円なのだから。
もはやバーゲンです。(w

345 :AC点火派:02/02/04 19:44
レス330で登場なさった22歳の男さん、ご覧になってますでしょうか。
あせらずにやりましょう。
どんなベテランの方も、製作記事のライターだって最初はシロートだったんですから。
これは間違いない事実です。
6R-P15好きさんの言うように、技術誌のコピー製作はいい方法です。
シャーシの穴あけとかは大変だけど、道具を使って時間をかければ誰だって
似たようなものはつくれます。大事なのはあきらめないこと。
なるべくあなたの希望に近い、そんな製作例がきっとあります。あきらめずに
探してみてください。当スレへのまたのご来店を待っております。
皆さんきっとやさしく、痛くないように教えてくれると思います。

346 :AC点火派:02/02/04 19:49
それから本日の小生の最後に、一言。
様をつけてよばれるのは、さすがにくすぐったいのです。(w
お互いのHNには、さん付けくらいが適当だと思うのですが、如何。
(たまになれなれしく 殿 とやっちゃいますけど)
以上

347 :22歳の男:02/02/05 04:24
ぶっちゃけて自分もともとギターのアンプが真空管で、
それが音良くて、これだったら普通のアンプも音良いだろ!って思ったのが
きっかけで‥‥ でエレキットの6BM8のキット買って2年ほど使ってて、
いろんなホムペ見て回ってたらUV845のデカイ真空管に興味持って、
しかも明るく光ってカッコイー! ただそんな感じで選びました。
音もいけてて見栄えもいけてる、そんなアンプがすきです!!!


348 :AC点火派:02/02/05 08:30
まあ、なんというノリのよさ!
やっぱり若さってすばらしいもんだと、40台のオッサンはつくづく思います。
まさしく冗談抜きでね。(w
ギターアンプというのは、実はそれなりに奥が深いものなんです。知る人ぞ知るというか。
これだけはいまだに真空管という増幅素子の、独壇場ではないかと思います。
半導体の製品もありますが、なぜか音が遠くまで飛ばないというか、ツヤが違いますし、
たしか6V6好きさんの取っ掛かりも、ギターアンプではなかったですか?
ギターアンプはOPTは極端な定インダクタンス型のはずですね。それこそアンバラ許容分
が20mAくらいあるような。
ディストーション、歪さえ個性のこの世界、ちまちましたバランスなど・・・。
ところで22歳の男さん、野暮な質問かもしれませんが、あなたのギターアンプには
presenceのツマミがありますか?そのツマミはどんな風にいじってますか?
よければ教えてくださいな。

349 :AC点火派:02/02/05 12:58
なんだか下がりっぱなしですねえ。まあいいか、皆さんお忙しいでしょうし、平日の
昼間ですからね。(小生には貴重な昼休み)
さてとEU Valveに6V6GTYを8本(4ぺア)頼みました。最初同じ広告に載っている
シルバニア製のGTにしようと思いましたが、メールで訊ねましたら、店主の方より個人的
にはHytron製のGTYをお勧めしますとのアドバイスがあったからです。
さよう小生セールストークには、きわめて弱いのであります。
ヒマとお金があれば、飛行機にのり、宿を取り、押っ取り刀で秋葉原に駆けつけるものを。
地方在住者の悩みであります。


350 :6V6好き:02/02/05 13:37
AC点火派さん
>きっとやさしく、痛くないように教えてくれる・・・
笑った。違うシーンを想像させてくれたね。

フェンダーの一番ちっちゃい奴でも6V6GTsだ。整流は5Y3GT。
自分の物は6AR5sだった。16センチx2個のSP。テスコ製。泣けた。
でもギターアンプって、よくあんな大きな音がでるもんだ。


351 :上杉:02/02/05 15:26
SD SOUNDのバルブチェッカーのキットこれちょっとひどい。
写真と配線図が違う、配線図一部書き忘れている、配線材が全然足りない、
抵抗も足りない、ワッシャーも足りない。ナットだけは異常に余る。
なんか適当に部品つまんで送った感じ。
UXソケット8個も入ってなかった、これは電話したらすぐ送ってきたけど。
なにより回路図見ながらじゃないと出来ない。
上級者用と云われればそれまでだけど、部品が足りないのは以前の問題。
あくまでキットなんだから。

352 :上杉:02/02/05 15:38
6R-P15好きさん
AIXOM-80かなりの難物のようですね、ゆっくりじっくり作るつもりです。
製作に掛かるのは4月か5月くらいになるかな。
最近某所でAIXOM-80の再生産品聴きました、あまり欲しいとは思いませんでした。
たしかにいい音なんですけど、あまり惹かれるものがなかった、どこが違うのか言葉では
説明できない。

これから、1kΩの抵抗1個買いにわざわざ秋葉原まで行って来ます。

353 :AC点火派:02/02/05 18:02
6V6好きさん、おっしゃる通りで楽器アンプは馬鹿でかい音が出るもんです。
こいつは球よりも、スピーカーユニットのおかげでもあるでしょうね。楽器用のスピーカー
は高感度のものが多いです。15インチものでは、100dB/W/mオーバーは、
ザラにあると思います。有名どころではJBLのE130なんてのは、モトはまんま
D130の系統ですから、オーディオ用途にも使える立派なユニットです。
高感度ですよ、テレビのイヤホンプラグにつないでも鳴るくらい。(w

354 :AC点火派:02/02/05 18:27
上杉さん、SD SOUNDはそういうことでは、いわく付きのお店ではなかったかな。
今では珍しいOTLアンプのキットを出している、貴重なところでもあるんだけど。
融通の利かない点は、妙に有名です。MJなんかでは、年に1回キットの特集を
組むけれど、そこで取り上げたときにも、?がたくさんあったような・・・。
一応、広告まで出している商品なのだから、売り手の不備には堂々とクレームを
つけるべきです。泣き寝入りがいちばんいけない。上級者用も何も関係ないですね。

でも、うらやましいね。1kΩの抵抗1個買いに、秋葉原までいけるなんて・・・
(T_T) いきたいなぁ

355 :6V6好き:02/02/05 18:29
高感度SPもそうだけど、マイク用の増幅段があるから、音もゲインも
オーバードライブ的に出力段にインするからね。オーディオ用の球アンプ
も一般的には1V前後で受けていますが、1段足して0.2V位で受けると
(ゲインの無駄だが)、でかい音が出て、出力以上のパワー感がするね。
計測すれば同じなんだが、音の勢いとか力強さが、そう錯覚させるのかな。
楽器用ではあまり気にしてない、歪率の大きさもパワー感の原因でしょうか。

356 :切込隊長Jr☆ ◆PR28GreM :02/02/05 18:42

                  ,イ^i                   l
                 ,イ::::  l               __  _l
                /::::::::   l                 ,. |
               /::::::::::    {       /|     __/ __|
             /::::::::    _`-、_  /:: {
            /:::::::::::   < 。\    ̄  __ l     ___  l
           ./:::::::::::    r  ̄ ̄ :::::::..... <。゙yi         /
           /:::::::::::      人   :::::::::::::::. ̄、{      \ ´,
           |:::::::::::.       l __`ー-、.__,,.ノ!  !       `'´ ,
           |::::::::::::.        \ ..`..____' /  |      ─ r‐┘
           .l:::::::::::::.       \:::::::::::::::::::::/   /        ’  ,
           ヽ::::::::::. ___    \_ ̄~^/   ,/     ───┘
             \::/`ー---‐^ヽ    ゙`='   /      _ _l
              l:::      l         /           ’  l
         _ /,--、l::::.      ノ       l         ̄ .| ̄
     ,--、_ノ:: `ー'::   、ミー---‐,,l        \         ___l
    ,/   :::         i ̄ ̄  |         \
   /:::::::.        l:::    l:::::::   l           \        l
  l:::::::::::.   l:::    !::    |:::::::   l            \   __ _l
  |:::::::::l::::  l:::    |::    l:::::     l              l     |
  |::::::::::l:::.   }:::   l:::::,r-----    l               l  __ノ
  ヽ::::::::l::::   ト:;;;;;;;/-/__...........  /                 |     |
  /\::::`ー‐'  / l__l;;;;;;;;;;;/                    |
/   `           /                        __|



357 :AC点火派:02/02/05 18:43
そうですね。
ゲインの無駄ともあながち、いえないような気もしますが。
ディストーションも、パワー感にはひと役ありそうですね。
マーシャルなんかのあのグイーンというドライブ感は、説得力ありますから。

358 :AC点火派:02/02/05 19:41
そういえば、もう皆さんご覧になったと思いますが、是枝さんのお店のHPに測定器の
コーナーができました。(売り物ではない)
壮観です。
いくらネットオークションで中古で集めたとはいえ、すごいものです。
まさにマニア垂涎の世界。脱帽です。

359 :真空管無頼派:02/02/05 19:51
日本にあるテクトロは、半数は岡山にあるんではなかろうか・・・。(w

よく読めばすぐわかると思いますが、岡山測定器クラブ会員その1は、是枝さんではないんですよー。


360 :真空管無頼派:02/02/05 21:43
       ご報告。

我慢できずに6V6を発注してしまいました。(w

どーするんだ? 組めもしないのに。(爆

361 :6R-P15好き:02/02/05 22:18
真空管無頼派さん

> 書き込みを見てわかりました。おそらく何度かお会いしたことがあると思います。(w

うあぁぁぁぁっ、恥ずかしい・・・・。この件はご内聞に・・・(もう遅いかも・・・泣)

>よく読めばすぐわかると思いますが、岡山測定器クラブ会員その1は、是枝さんではないんですよー。

 岡山測定器クラブ、恐るべしです。そういえば是枝さんのお店におじゃまするように
なって最初に勧められたのは ジャンク屋でのオシロスコープ購入です。ホントにあそこは
オーディオのお店なんでしょうか?いや、今となっては仕事にも使えるから良いんですけど。

> 我慢できずに6V6を発注してしまいました。(w

おめでとうございます。

上杉さん

AXIOM80 に取り組まれるんですね。では、次のURLを・・・。
瀬川さんの文章の著作権にはちょっと問題があるんで、ダイレクトにはつなぎませんが、
「たとえばAXIOM80」という文章です。

ttp://www.audiosharing.com/people/segawa/kyokou/kyo_28_1.htm

 私も80を箱に詰めて自分の部屋で鳴らした瞬間、今の音は聞かなかったことにして、
このスピーカーを近所の川原に捨てに行こうかと真剣に悩んだものです(W
それから、再生産品はコーン紙の形も違うし、良い悪いはともかく別物と思った
方がよいと思いますよ。

362 :たわごと:02/02/05 23:03
アキシオムってイギリスのスピーカー、イギリスの球やトランスで聴かなくても、いい音するんですかあ・・・?

363 :6V6好き:02/02/06 00:21
6V6アンプが話題になっていますね。真空管無頼派さん、はんだ付けは楽しい
ですね。頑張って組んでくださいな。6V6は各社造っているから、好みの物を
見つける楽しみもあって、末永く使用出来るでしょう。画像揚げておきます。
http://bekkan.omosiro.com/img-box/img20020206000352.jpg (各社6V6)
上段は国産品。下段は舶来品。玩具のデジカメだから写りは悪い。


364 :22歳の男:02/02/06 01:22

presenceは真ん中(ツマミ5付近)ですね!、と言うより自分周りの人と
ちょっと違ってて基本的にEQ系等はフラットな設定です!
元々ベースから変更したんで、んでもって当時ベースのアンプは増幅のみ!
EQはスルー!!! なんでかっ? 楽器の音を出したかったから、
それで未だにフラットなんです、ツマミいじるとしたら2メモリまでです。
さすがにドライブはいじりまくりですよ!
ちなみに自分のギターアンプはピーヴィーで真空管はEL34でした。


それからVT−25&62と6V6のオーディオ用アンプ作るなら、
どっちの音が好いんですか?????
又音の違いなんてどんな感じなんですか?????
皆さんの耳のフィルターを通した感じではどうなんですか?





365 :6V6好き:02/02/06 01:37
22歳の男さん
レイセオンCK1006の画像もついでに揚げておきます。アノードから管頂に向
かってジェット噴射状と中央のカソードに青紫のアークが集中している。見ても楽
しい球だから、機会があったら試してみて下さい。
http://bekkan.omosiro.com/img-box/img20020206011841.jpg
801A後方のアルミパンチングと真鍮板の複合板は、オイルコンを801Aの
輻射熱から守る遮蔽板。



366 :6V6好き:02/02/06 01:48
22歳の男さん
801A=VT62。VT−25&62と6V6の音の違いはAC点火派
さん達が明日(今日か)答えてくれる筈です。

367 :22歳の男:02/02/06 02:31
6V6さんありがとー!
すげー感動してます!!!! すっげーかっけいーしかもチョー綺麗!!!!!!
83よりCK1006の方がいいっすね!


368 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/06 02:49
>>363 こんなに種類あったら選べね〜
>>365 カコイイ! なんなのコレ?ホスイよ〜

369 :22歳の男:02/02/06 03:20
>>367 6V6好き さんですね、失礼しました。


370 :AC点火派:02/02/06 09:03
今朝パソコンを開いたら、是枝さんから小生へ返事が来ておりました。
あんな余談と蛇足のようなとりとめのない問いかけに、実に丁寧に。それによりますと
今回の6V6ppアンプは、件のAx.80で音決めをしたそうです。もともとレスポンス
の速い小型スピーカーを、是枝さんの好みの音で鳴らすようにしたそうです。
例えは大胆ですが、7号300Bppアンプにタンノイのオートグラフをつないだ音と、
6V6ppアンプでAx.80を鳴らした音は同じ世界だそうです。
困った、期待が大きくなりすぎます。どうしよう。(w

371 :AC点火派:02/02/06 09:14
無頼派さん、岡山のテクトロ密度は史上空前、間違いなく日本一でしょうね。
6V6ppアンプを頼まれたとか。いっしょにノンビリ組みましょう。

6V6好きさん、やっぱり海外品はカーボンスート球が多いですね。小生は上段の
Nippon Electricの球を見ることができて、感激しております。ありがとう。
眼福とはこのこと。

22歳の男さん、モトはベーシスト上がりですか、確か小生の大好きなアンプ
ビルダーの氏家高明さんもそうだったはず。べ−スアンプにはアンペッグという
名品がありましたね。
801A/VT−62,VT−25,6V6に関しては、昼休みにでも書きましょう。
では、仕事がありますので。

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/06 10:36
>6V6好きさん質問します
5AR4という真空管の代わりに1006を使えますでしょうか?

373 :AC点火派:02/02/06 13:07
6V6好きさん、お客さんがみえました。お答えをお願いします。(w
さて、小生は課題の球の解説の方をいたしましょう。
お問い合わせのVT−62、VT−25は「送信管」と言う真空管に分類されます。
用途として「変調」という操作に使われ、プレートには比較的高電圧を印加されて使用
されます。そのためカソード材料が特殊です。
VT−25やVT−62は直熱真空管ですが、そのフィラメントはトリウムタングステン
というもので、この2種の場合、7.5Vで点火されますが、このときちょうど22歳の
男さんが希望されるように、煌々とまばゆく輝きます。
マニアの間では、「トリタン球」で通っております。外観的にも音質的にも「輝く」こと
が特徴で、是枝さんなどは「輝きすぎる」というコメントを残されています。
音は特徴的で、澄み切った高音部という方もいれば、硬いと評される方もいます。
内部抵抗は3極管としては高めなため、出力トランスを選ぶ傾向があるともいえます。
今でもVT−62には熱烈なファンがいます。1本1万くらいで入手できましょうか。
VT−25はもう少しお手ごろだと思います。
外形はST管というダルマ型のガラス部に、UXという4本足のベースがついてます。
古典球です。
対する6V6は上記の送信管に対して、受信管の代表といえましょう。
こちらは傍熱管といいまして、電子がよく出る酸化物を塗布したカソードを、内部の
ヒーター(フィラメント)で加熱いたします。6V6はビーム管という効率のよい多極管
です。残念ながらこちらは暗い球です。(ダルエミッタという言い方があります。)
普通オーディオ用途には3極管が賞用されますが、不思議なことに6V6には昔から
いい音のする球として、固定ファンがいらっしゃいます。
シングルで4Wプシュプルで10Wくらいの出力が見込め、大変使いよい球ともいえます。
これには多種のバリエーションがあって、最初は金属製のメタル管、次にST管に似た
6V6G、ドーム型の6V6GTがあります。MT版の方は・・・ま、それくらいは自分
で調べてくださいな。
どちらも製作記事例は多いはずで、その点は苦労が少ないでしょうね。
カッコイーという好みからは送信管が良さそうですが、いきなり845に1000Vを
かけてみて、とは怖くていえないですね。RCA−801A/VT−62の600Vでも
慎重にやらねば、指に孔があくくらいで済まないかもしれません。
暗い球は好きではなくても、最初は6V6や2A3の300Vくらいからはじめるのが
いいのですが。

374 :6V6好き:02/02/06 13:08
22歳の男さん
CK1006見て頂けた様子。もしやって見るのであれば、VT25にして下さい。
VT62となると600Vの高圧になる。高圧だから危ないというわけではなくて
1006の使用法がはっきりしない為。プロの作例記事があれば良いんですが。案
外300V程度で使用の球かもしれないんでね。念のために、トランス〜アノード
間に5Ω5W(両波だから、それぞれに)、カソード出力ピンに30Ω10W程度
の抵抗器(セメントでOK)を付けてインプットCに入るほうがよろしい。Cは4
〜6μFぐらいに。最初盛大に発光してビックラこくが次第に落ち着きます。ヒー
ター結線してないのに整流できるのは不思議。よって管も然程熱くなりません。

372さん
差し替えは出来ません。USソケットからUXソケット(4本足)に変更必要です。
コンデンサーインプットでチョークコイル使用のアンプならOKです。インCは
4〜6μF程度に抑えてください。上記参照。

375 :6V6好き:02/02/06 13:17
AC点火派さん
1分差でスレ違いました。レス373解説サンクス。仰せの通りです。6V6
で行きましょうね。

自己レス374 ps 1006の整流は封入ガスのイオン触媒作用で行われ
ているそうです。

376 :上杉:02/02/06 13:35
6R-P15好きさん
瀬川さんの文章読みました。大変な物を買ってしまったようですね。
何年掛かってもと云う気持で挑まねばなりませんね。
こりゃ大変だ!

AC点火派 さん
6V6ppはAIXOM-80で音決めしたんですか。なんかわたしも欲しくなってきた(w

377 :AC点火派:02/02/06 18:23
夕方となりまして、小生のレギュラータイムです。
さてと欲望は果てしないものですな、上杉殿。(w 心配なさらなくても大丈夫、自慢の
WE300Bシングルがあるではないですか。その是枝さん設計の300Bシングルは
相当うまくアキシオム80を鳴らせるはずです。それだけのスピード感を備えているはず
ですよ。アレは是枝さんのアンプの白眉です。
そういえばその300Bシングルも、もうそろそろパーツが揃えられなくなりそうだと、
是枝さんがアナウンスされていましたね。
こんなこと偉そうに言ったら、是枝さん本人は怒られるかもしれないけど、そのあとに登場
した7号のWE300Bppアンプは、是枝さんにとっても新次元のアンプだったはず
です。元来がシングル党の製作者が、直熱管アンプで満足の行くものはpp構成でつくる
べき、とまで言われてますから。ここら辺のことは、7号アンプの製作記事、及び
ラ技でのRS−237シングル製作記事(の冒頭)に書かれています。
pp動作の本質と問題点を洗い出し、考え抜いた末にできたアンプです。
高価ではあるけれど、アレは歴史に残る機械にしてもいいくらい。
その結果に納得する前に、いちばん驚いたのがおそらく是枝さん自身だろうと想像して
います。


378 :AC点火派:02/02/06 19:20
そういやオシロの調子が悪いのです。
まあジャンク上がりですから、そろそろ引導を渡すべき時期がきたのかもしれません。
次はいよいよテクトロの・・・なんてジャンク、セコハンでも無理だよなぁ。
どうしよう。
これでは是枝さんに顔向けできないなあ。
これから作る是枝さんの6V6ppに、正弦波や方形波もいれてやらねばならんのに。
一度でいから新品の、きちんとプローブのついたオシロが欲しい。
クルマのローンがなけりゃ・・・みんな貧乏が悪いんだ。(w

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/06 23:32
6V6ごときにみな四苦八苦しますか(プ

380 :22歳の男:02/02/07 00:36

AC点火派さん、VT−25のアンプにVT−62に差し替えても動くんですか?


6V6好きさん、自分適当に考えたんですが、CK1006をダブルで使えば
VT−62でもいけそうに思ったんですが‥‥ どうでしょう?
確かダイオードだと直列は良いけど並列はだめで、真空管はOK!って
どっかのホムペに書いてあったような???


381 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/07 03:19
>>380
ここの常連さんは優しく教えてくれるようだけど、貴方は真空管の使い方以前に
もっと根本的な電気の勉強をされた方がよいと思います。
趣味ごときに使う時間がないと言うのなら既製品で我慢なさい。
この先無くなっていく運命しかたどれないVT−25やVT−62が浮かばれないと言うものです。

382 :AC点火派:02/02/07 08:46
381さん、貴重なご意見ありがとうございます。
いや、おっしゃる通りなんですよ。単刀直入というかぶっちゃけて言えばまず勉強なさいと
言うしかないのです。たかが真空管なんて思っているようじゃ、本当はやって欲しくないの
です。V6だとかQ5、EL34やいまや巷にあふれている300Bなどは、ロシア製とか
中国製のいわゆるサードパーティ製が出回ってますので、現行品といえますか。
22歳の男さんは一応キットを2台ほど組まれたようです。
本音を言えばまだVTトリタンの世界は早いと思います。これは381さんのおっしゃる通り
文化遺産のようなものです。まずこのありがた味を知っていただきたいし、電気の勉強もして
欲しいと思います。
楽器アンプにとっての球は、まさに消耗品です。それゆえいろんなところでいまだに
EL34や、6L6GCが生産されている位なのですから。

383 :めーか:02/02/07 10:44
ピーヴィ−が楽器用とは言え球アンプをつくっているとは知りませんでした。
友人のPA屋さんが連続大音量で安心して使えるのはピーヴイだといって
しきりに吹聴していた。もう10年もそれ以上も前ですけど。
大出力トラアンプ特有のネムイ音だったように記憶しています。今の球アンプ
ブーム?のきっかけは一つは楽器用アンプにある。それは認めたい。ただし音が
良ければすべてよしという風潮はやや気になる。
6V6好きさん。あの整流管凄く面白いですね。今度見つけたら私も買います。
AC点火派さん。わたしテクトロのオシロこの間買いました。千葉県のハイテック
なんとか(難しい名前で忘れました)という店に出入りしている友人から
遅延掃引付きを二万円で。古いなりに完動ですし大したものです。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/07 11:39
>上杉さん
SDサウンドのチューブチェッカーは、ひどいキットのようですが、
組み上げるのかなり難しそうですか。
当方キットの経験は何回かあります。
球が割とたまってきたので、これで測定してお遊び+ペア組+エージングと考えたのですが...。
これの完成品は倍近くするし、かといってTV-7も高いし、メンテもかかりそうだし。

385 :384です:02/02/07 11:44
あ、それと、このチューブチェッカー、
写真だと測定用のメーターもつまみもないようですが、
どうやって切替をしたり、測定値を読みとるんでしょうか。
教えて君ですみません。

386 :AC点火派:02/02/07 12:11
めーかさん、ちょっと
古いとはいえ、テクトロのオシロが2万円!
それはすごい。
人脈は大事ですね。
地元放送局の放出品を狙っているのですが、あいにくそちら方面の知り合いが
少ないもので。いいですねえ。

387 :上杉:02/02/07 12:15
384さん
SDサウンドのチューブチェッカーですが、昨日ちょっとクレーム付けました、
今後改善するそうです。
組み上げるのは難しくはありません、ほとんど配線作業です、配線がグチャグチャに入り組んでるので、
チェックしながら組めば大丈夫だと思います、わたしは2箇所配線間違えてポンと云う音とともに
コンデンサー飛ばしました(W
測定はテスターさして計ります、2個必要です。ちゃんと切替SW付いてますよ。

SDサウンドに一言
物を売るということを、客の立場に立ってもう一度考えた方が良いんじゃないかな、
素人の毛の生えたのからベテランまで、ユーザー層は広いはずだから。
ただ電話の対応は丁寧で好感がもてました。

388 :>上杉さん:02/02/07 12:53
スライダック付きですか?写真みるとトランス一個しかないですが。
ヒーター、B電源、バイアス電源は可変できますか?

389 :384です:02/02/07 12:57
>上杉さん
レスありがとうございます。
配線図が一部足りなかったり写真と違うということですが、
回路図自体はとりあえず間違ってないのですね。
買ってみようかな。
しかし、すごいキットメーカーもあるもんですね。
(そういや○エ○ル○ムとか○ッ○オ○デ○オ○ボとかもすごいらしいですよ)

390 :AC点火派:02/02/07 13:04
6V6ごときに・・・なんていう輩もおりますが、是枝さんのあのアンプは相当練られた
ようです。
最近質問を考えては、是枝さんの回答を頂いております。ありがたいことです。
あの6V6アンプの前段部はかなり強力です。是枝さんのコメントを紹介しても、特に
失礼にあたるとは思いませんので、紹介しますと、
「・・・PK分割ではどうしても電圧が2分されますし、カソード帰還のハンディに打ち
勝つためにも、V6アンプはパワフルにしないといけません。パワフルさがあまり見えます
と嫌味になりますが、あれでしたら大丈夫で、2A3ppでも300Bppでも振ることが
できます。」だそうです。


391 :>6V6さん:02/02/07 13:21
CK1006気に入りました。どこで買えますか?値段はいくらでしょう?
デザインにも凝っていらっしゃるようですが、このアンプの全景も画像UP
していただけますでしょうか。お願いばかりですみません。

392 :384です:02/02/07 14:39
>391さん
わたしは6V6好きさんではありませんが...。
悪いことはいいません、まず普通の整流管(傍熱、直熱、GT、MTいろいろあります)を
何本か使ってからこういった特殊管を使った方がいいのではないですか。
「いつかは...」ということで、買うこと自体は別に悪くはありませんが。
ちなみに私はなぜか整流管は使おうという気が起こりません。球にはいいんでしょうが。
だってダイオードの方が安いんだモン。貧乏くさい理由ですみません。

前レスが間違ってました。
○エ○ル○ムではなくて○エ○カ○ムです(w。

393 :384です:02/02/07 14:41
また間違った。
○エ○カ○ですね。確信犯ではないですよ。

394 :上杉:02/02/07 17:10
昨日組み上げたばかりで、エージング以外何もしていません。
さらに初心者なもんで詳しい説明は勘弁して(W
ここみてください
http://www5a.biglobe.ne.jp/~n-ds/sd-siyou.htm#otl
もっと詳しくという方はここに
0480−33−1121(代)
たぶん丁寧に教えてくれるよ。

395 :AC点火派:02/02/07 18:53
たしかにチューブチェッカーは、揃えたいツールのひとつかもしれませんね。

396 :6V6好き:02/02/07 21:33
22歳の男さん
VT25アンプに62を差し込んでは全く本領発揮できない。逆も不可。球には
規格がある。整流管も同じ。球の容量を考えなければ。不足の場合はパラにしたり
ダンパー管のように2本使うこともあるけどね。

391さん
12〜13年前にMJの広告で見て手に入れた。4000円ぐらいだったと思う。
店で聞いたらアッという間に売りきれたそうだ。店の名前は失念した。その後
ラジオ会館の球ショップでも見かけたので、また買った。少し高かったが。持って
る人はかなりいる筈だが。

392さん
あなたの言われる通りだね。やはり5Y3GT、5AR4、5R4系、5U4系
で殆どカタがつくものだ。変な球はその後の遊び。

要望もあったんで、ついでに801Asアンプを揚げときます。派手に光り、キャ
バレーのようなアンプだ(笑
http://bekkan.omosiro.com/img-box/img20020207204528.jpg
初段N7、ドライバーV6GTも下部ゲッター物を使って、全て灯りが拝めるよう
にしてある。トランスは全てタンゴ製。光を助長するように、シャーシーはアイボ
リー。トランス類はシルバー系に塗っている。熱遮蔽板に真鍮板を使って、よけい
にトリタン光を反射させてある。派手なエロおじさんとAC点火派さんに笑われる
だろうが、事実だからしょうがない。


397 :22歳の男:02/02/08 00:30


確かに >381さんの言うとおりですね、
今現在ほんのチョコットづつしかも地味に勉強はしてるんですが、
疑問だらけでわけわからずじまいですね、
おすすめの本で「こいつぁ〜イケテル!!!!」って言うのがあれば、
ぜひ教えていただきたいです、
それと真空管のアンプを選ぶなら何が何でも派手さ&見栄え、
そん次に音ですね、
も一つ言えば真空管のラジオも2台組み立ていつも810KHz聞いてますよ、
更に興味があんのは、ニキシー管(だっけ?)で時計作ってみたい、
とまー野望は沢山あります。



398 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 00:42
びっくらこいた>396のアンプ
こんなのも売ってんの

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 01:08
しかもトランスだらけ。俺には作れん。でも欲しい。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 01:32
>>397
22歳の男さん
>それと真空管のアンプを選ぶなら何が何でも派手さ&見栄え、
オール・メタル管でフィラメントの光なしっていうのも
真空管アンプの一方の「粋」なんですよ。


401 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 01:44
個人の好き好きでいいじゃないですか?アンプもスピーカーも視覚から入りますから。
粋・わび・さび なんて○○○の常套文句でしょう。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 01:48
>>397
>それと真空管のアンプを選ぶなら何が何でも派手さ&見栄え、
>そん次に音ですね、

>>401
>アンプもスピーカーも視覚から入りますから。

ふーん、音が一番じゃないオーディオ・ファンってのも
いるのか、知らなかったなあ。


403 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 01:56
>>402
見栄えで選ぶ人、けっこういるみたいっすよ。
マジで。


404 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 02:03
見てくれいいほうが音もいい確立高いのとちゃう?
不細工なのに音が1級品なんてあまり知らん。というか、不細工なだけで
期待しないから、音よくてもそう思えない。色白7難隠す。違ったか(W

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 02:10
設計者が音を充分に練り上げたアンプのほとんどは、外観も美しく仕上げられてる。
でも見た目がいいから、必ずしもいい音とはいえない。
羊頭狗肉アンプなんて掃いて捨てるほどあるよ。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 02:16
たとえば?

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 02:27
毎月の雑誌を見てごらん。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 11:47
あら、逃げたのね(W
>羊頭狗肉アンプなんて掃いて捨てるほどあるよ。
なんて、自分で聴きもせず、雑誌評論の受け売りとはお粗末。



409 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 12:36
>>396 6V6好き殿
非常に感銘を受けました。オーディオのロマンを感じました。
トリタン球はまだ未体験ですが、音の傾向はどうでしょうか。
音ヌケが良い一方、ハイ上がりと聞きましたが。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 12:41
>>408
>なんて、自分で聴きもせず、雑誌評論の受け売りとはお粗末。
ぷっ
どこにまともな雑誌評論なんてある?
こつこつ月謝はらいながら自分の耳を肥やしていく。
オーディオ修行の道は、ただひとつ。
それにしても、月謝はらいすぎだな,おいら。


411 :AC点火派:02/02/08 12:51
いやお見事でございます。6V6好きさん、さすがモデラーを自認なさるだけあって
すごい!あの缶入りオイルCの位置は確信犯と見ました。(w
遮蔽板までつけて・・・恐れ入りました。
AC点火派、眼福でございます。
カッコウは大事でございますよ。小生のアイドル伊藤老は「格好がよくて、お灯明まで
灯って、おまけに音まで出てくれる。こんなありがたいものはない。」とおっしゃって
ましたから。
ですから22歳の男さんみたいに、カッコイーという感性も大事なのであって、
ムゲには断れないのですよ。もちろん勉強はしていただくとして。
参考書を紹介せねばなりません。皆さんも愛読書を推薦・公開してあげて下さいな。
小生もデジカメ買って、画像を上げたいなあ。(w


412 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 14:38
お灯明まで灯って、、、良いお言葉ですな。本当に良いものです。

413 :たまには癒されてね:02/02/08 17:37
http://www7.ocn.ne.jp/~helpme/flash/chinko.swf

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 17:52
>413
よりによってちんこ温度かよ!(w


参考書とはちょっと違うが「音響道中膝栗毛」、「続音響道中膝栗毛」はお勧め。





415 :AC点火派:02/02/08 18:09
さてと夕方になりまして、少し落ち着きました。
今日あたり、Hytronの6V6GTYが、自宅に届いているはずです。
まあきっとカーボンスート球のはずなんで、眺めてあんまりウツクシクはないだ
ろうけど。(w   22歳の男さん、とりあえずは黒川さんの本なんてどう。
「デジタル時代の真空管アンプ」「現代真空管アンプ25選」とか。
タイトル間違えてたら、ごめんなさい。
送信管に興味があるようだから、故宍戸公一さんの「送信管によるシングルアンプ
製作集」なんてのも読んどいた方がいいだろうか。でもイントラ反転という独特な
回路理念が参考になるか、ならないか。皆さんも何か参考図書を。



416 :AC点火派:02/02/08 18:11
いいとことられちゃった。(w
伊藤翁の膝栗毛シリーズは、読み物としてもいいですね。

417 :381:02/02/08 23:00
苦言を呈した形だけで黙っているのでは単なる煽りになってしまうので
当方からも少々。
伊藤喜多男氏や浅野勇の本は残念ながら初学者には向かないので止めておくとして、
AC点火派さんご推奨の黒川氏の本は当方もお奨めです。
あとは、定番として武末数馬氏の「パワーアンプの設計と製作(上・下)」が
現在刊行されている本としては体系的にアンプの設計と製作を取り扱っています。
残念ながら電気初学者向けの真空管回路向けの本は絶滅していますので、トランジスター
回路関係の本で勉強してください。これには色々ありますが最終的には落合萌氏の
「オーディオ用半導体アンプ設計・解析」が読破できれば真空管だろうか金田式だろうが
何も懼れるものはなくなります。
回路設計のイロハであるキルヒホフの法則やインピーダンス計算などは高校の物理の
教科書を見直しておくことが肝要です。
残念ながらMJ執筆者の中には自称電気回路技師と言いながらキルヒホフの法則が
理解できていないため誌上で大恥を掻いた手合いが居るくらい理解するまで仲々難しいものです。


418 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 23:01
>>396
タンゴトランスの品番を教えてくれませんか?

419 :六億ワット:02/02/08 23:03
浅野勇著「魅惑の真空管アンプ」と、その続編、これらは外せない。アンプや球の
発達と、その時代の回路を尊重した製作例が網羅されている。これほどきちんと
纏められた本はないと思う。作例も素晴らしい。
もし図書館などでバックナンバーを閲覧できるのならば、これらの本に未収録の
作品の他、伊藤喜多男氏のSound is Backシリーズもよいかもしれない。但し
伊藤翁の作品は回路は基本的とはいえ、コピーには経験と技術力と美的センスが要求
されるだろう(莫大な費用も)。従って、まずは優れた参考(教材)として見るのがよい。
とにかく、>>415でAC点火派さんも言われる通り、独特な回路を参考にする前に、
定石を押さえる方がよいと思う。

420 :菅野オキヒッコ:02/02/08 23:15
age
ベテランの皆さんの対談も味があって面白いよね。諸般の回路を色々と考えて見る
のも楽しみ。ある意味でひとつの分野のヒュ−リスティック・プロセスの鳥瞰。

421 :>419:02/02/08 23:17
黒川、宍戸氏が定石でしょうか。むしろ発展者でしょう。
定石を踏まえずに、レビンソンやカウンターポイントが世に
出たのは有名な話しですが。


422 :菅野オキヒッコ:02/02/08 23:20
それと「真空管オーディオハンドブック」(加銅鉄平、長真弓、森川忠勇監修)
も。これは今現在の自作には最もフィットした参考書じゃないかな。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 23:20
ついにこのスレにもオキちゃんが>420
いいスレだったのに・・・

424 :菅野オキヒッコ:02/02/08 23:22
>>423
うるさいっ!!(藁

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 23:24
華道を薦めてるよ、皆んな!
別スレで球アンプは作ったことないっていっていたのに。

426 :菅野オキヒッコ:02/02/08 23:28
>>425
キミもイロイロと良く見てるネェ。

427 :菅野オキヒッコ:02/02/08 23:33
それはソーとして、別スレからデムパが一匹このスレあたりに流れてくるかも知らんよ。
若いやつらにコテンパンにやられてたから(藁

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 23:34
サンキュウ!オキちゃん親衛隊長にしてちょうだいな。
キルロイの次ぎはオキヒッコの時代で〜す。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 23:36
某45好きとか?

430 :六億ワット:02/02/08 23:40
>>421さん、
 書き方がまずかった。仰る通りです。
黒川アンプや宍戸アンプの回路は発展的なもので、定石的なのが浅野氏、
伊藤氏のアンプと言いたかったのです。回路については、最初に基本的なのを
見た方が良いということです。ただし、真似のしやすさ(つくりやすさ)と回路の簡単さ
は必ずしも相関関係にないと感じます。


431 :菅野オキヒッコ:02/02/08 23:46
>>429
直接yesなんて言えませんけど....

>>428
キルロイってのは遊佐さんのHPあたりでデムパ発振してるおじさん?漏れはホント
のところ2CH初心者なんであんまり知らないんだけど。

246 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)