2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

マイ「オーディオ懐古録」

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 01:16
あのHP見て、アー懐かしいっと思いませんか?  思い出キボンヌ。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 01:27
海外製品版懐古録もほしいな

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 01:28
海外製品は今が華なので10年後に回顧録は出るのだ。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 01:29
KENWOODのL−02Aホッスィー。和製レビンソンと思うのは漏れだけか???

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 01:32
>>4
俺も余裕があったら欲しいな。
L-01Aも捨てがたいが・・・

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 01:35
111MOSもいいな。  A−10もいいな。  HMA−9500
もいいな。・・・・・・・・・・。昔のAMPは良かった・・・・。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 01:36
A-10・・・・今でも愛用しているよ。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 02:13
>>7
どう? 今でも、戦闘力はある??

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 02:20
ONKYOのA−1Eがほしいなー?  音は聞いたことが無いので
インプをキボンヌ。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 02:22
あんまり無い。唯一の戦闘力は重量かな?
ガリが酷いんで修理に出そうとしたんだけど断られた。
最初の頃よりもノイズが多くなっているような気もするし。
ただ、色々な意味でこの頃の機械は好きなんだよね。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 02:42
オーディにハマル前の自分にもどりたい。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 02:54
>>11
懐古録商品かってみたら???

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/02 20:13
面白そうなので、age.

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 01:00
Aurexは良かった・・・・。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 01:04
やっぱティアックのカメレオンだろ

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 01:12
ローディーはどう?? なんか印象に残ってる物ある?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 01:16
高校生の頃買って貰ったONKYOのD−55をまだもってるけど、
久しぶりにアンプに繋いでみたらJAZZは結構聴けた。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 01:25
>>17
おーっ、いいね。 こういう楽しみ方も、必要だね。古いのん、最高
! 

19 :17:01/12/03 01:38
因みに一緒に買って貰ったKENWOODのKA-880SDって言う
プリメインアンプも我が家ではまだまだ現役です。
ここ数年間使用していなかったけど、2週間ぐらい前から
ちょくちょく使ってみると調子が戻ってきたような…気がするような…。
再エージングの効果かな?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 02:36
>>19 それあるよ まじで

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 03:03
>>15
やっぱカメレオンだよね!

当時は凄く欲しくなかったけど、
今は激しく欲しいというか、もう一度見たい!

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 03:59
>>15
カメレオン、今も現役で使ってるぜ!
今年の初めにオーバーホールもだしたし”!

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 06:06
>>16
Lo-Dのメタルコーンスピーカー。カッコよかったな〜。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 17:43
おもしろくなりそうなので
age

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 18:46
カメレオンてどっかに画像ない?
検索しても全然出てこんのよー
あーカメレオンての見たいー! きゃー!

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 21:19
SONYのAPMのSPほっしー。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 21:37
>>26
四角い四点駆動のやつでしょ?
結構売れたと思うんだけどあんまり見かけないね。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/03 21:46
>>27
そうですよねー。あんま、見かけないですよね。ヤフオOなんかでも、
高値だし・・・・。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/04 00:08
中学の時、音楽の先生がオーディオマニアで、
予算取って、JBLのD130入れたサンスイのバックロードが
音楽室に入ったんだと。
昼休み、やはりオーディオマニアだった数学の先生と二人で聴きまくってた。
あの頃は、あいつらおかしいと思っていたが。。。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/04 00:37
むかし、音楽室にあったSP良い音してたなー。なんだったけー。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/04 01:05
あー昔のカタログ、とっとけば良かった!
ソニー・ラジオのスカイセンサーとかスタジオ1980とか
あったっけな・・・。
買えないもんだから熟読してただけ懐かしさもひとしおだろうな。
持ってる人がいたらカラーコピーさせて!

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/04 01:11
東京の神保町を歩き回れば、理工系の古本屋で初ラとかラ技とかあるから、
そこにでている広告はどう?

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/04 21:26
>>32
昔の雑誌はいいなー。 楽しいよ・・・・。夢があって・・・・。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/04 21:49
テクニクスSU-8200
パイオニア CS-T3
Lo-D HA-4700
デンオン SC-11
ソニー TC-D5M
ナカミチ BX-2
NEC A-7
ヤマハ GT-750
NEC CD-607
テクニクス SL-P1200
アキュフェーズ DP-70
これ等は私が使ってきたイカした国産機。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/04 21:52
ロクハンって雑誌あったの覚えてる人いる?
ばかばかしいオーディオネタの記事が多かったな。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/04 21:55
>>35
いつごろの話?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/04 21:58
>>34
いずれも、銘器ぞろいで・・・・。

38 :1:01/12/04 22:03
ついでに、新規で取り上げて欲しい物も書いちゃおう!!
(最近、ネタ切れみたいだし・・・・)

39 :34:01/12/04 22:09
>>37
CS-T3は若者はこんな刺激的な音が好きなんだろう、と作った音で気に入らん、と瀬川冬樹氏に評されたスピーカです(^^;
どちらかと言えば、迷機の方でしょうね。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/04 22:39
>>36
おいらが小学生だったから。。。。
25年くらい前かな。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/04 22:59
このHPのせいでHオフのジャンクの相場が上がり気味。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/05 00:03
>>41
wasimo,sou omou!!
禿しく胴囲!!!

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/05 00:17
>>35
ロクハン!懐かしいな〜!
大好きだったよ、あの雑誌。
ばかばかしいオーディオネタというより「生録」雑誌だったでしょ?
生録ブームの終焉とともに消えていった、、、。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/05 00:19
>>34
今は何をお使いで?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/05 03:06
ロクハンには松本零士のマンガも連載されてた。
もちろんいオーディオ万場!

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/05 05:25
>>34 BX-2はカッコイイよね いいデサインだ

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/05 11:54
このホームページをプリントしてハードオフ巡りをしてます。
自分のは文字だけをコピペ出力したものだけど
ページを丸ごとカラープリントして見比べてた人もいるよ。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/05 15:26
ニッコーのプリメインアンプ、安いのに頑張ってたよなー。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/05 23:05
 他には??

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/05 23:07
>>44
今は、当時の装置とは縁も所縁もない海外のハイエンド装置になっています。

51 :34:01/12/05 23:09
>>46
モーターが壊れてしまい、ナカミチに直せるか、と聞いたら無理みたいな事を言われたので、東京都に処分してもらいました。
今みたいにヤフオクがあればジャンク品でも数万円くらいでは買う奇特な人がいたと思う。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/05 23:19
押入に「バイノーラルマイク付きヘッドホン」が
有るのを発見。。。藁

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/05 23:21
もったいない・・・・・。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/05 23:31
んなこといったら、昔のアイドル本が数万円とかさ。
わかってりゃな〜。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/05 23:54
うんうん・・・・。はぁー・・・・。ため息しか出んぞ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/06 01:08
懐古録。うん、私もあるね。
小学生の頃、父が建築関係の仕事をやっていてこれから建て替える
家から不用品を大量に持ってきたんだよね。
トラック一杯に積まれてきたのは妖しげな部品や機械の山。
その頃はどういうものか父にも、当然私にも解らず、ほとんど
捨ててしまったが、今となっては相当貴重なお宝だった。
真空管式の無線機、オシロスコープ、何かの測定機、トランス、コンデンサ
真空管、無線機やアンプのシャーシ・・・とにかく凄い量でした。
家の主人は相当な無線&オーディオマニアだったようです。
わかっていればねぇ・・・まぁ小学生だったから仕方ないですけど
珍しく思えた真空管だけは取ってあります。200本くらいはあるかな。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/07 21:38
age

58 :1:01/12/08 01:25
皆さん、初めて買った機器は何ですか?
私は、単品ではTEACのCDP(型番ワスレタ・・)をラジカセ
に繋いで、はじめて聴いた時は、感動した・・・。あの感動をも1度
味わいたいね。無理か???

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/08 16:07
age

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/08 16:43
学生時代に Integra 755nII/100を改造して使ってたのが懐かしくて
こないだ見つけた中古 722nII/160を買っちまった。古い音色でイイ!
さ、改造しよっと

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/08 16:48
LUXMAN DA-07,DP-07ってどうよ???

62 :精密板金屋:01/12/08 17:22
俺はソニーのカセットデッキTC-K65
大した物じゃないんだけど、小学生の時お年玉をためて買ったよ!!
当時はヘッドホンでヘッドが擦り切れるまで聞いていた。
家が板金屋なんで、シャーシの底板を3.2mmで作り直したり、
天板に真鍮板を張り付けたり、インシュレーターを旋盤屋で作ってもらったりと
社会人になるまで改造しまくったよ。

>>61
すごく良い!!
ここでは評判の悪いフルエンシーDACを使っているんだけど、
音が団子にならず、それでいて、厚みのある音できちんと表現していた。
大学生時代、いわき市のアルパインの視聴室で聞く機会があったんだけど、
あの当時から、コンデンサーや抵抗の立ち具合、配線の微妙な取りまわしを気にしていて,
簡単な実験をやってくれたんだよ。
とても親切なメーカーだった。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/08 17:41
>>62
"TC-K65"ってカッコイイじゃん

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/08 17:43
ぷぷっ(笑)、極小タップ長のFIRフィルターつかって折り返し歪み
じゃじゃ漏れのフルエンシーDACきいて満足できるなんて、しあわせ
な厨房クンだねー、キミって。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/09 00:41
本家ページ、プリメインアンプに追加だ
Panasonicとはめずらしい

66 :1:01/12/09 01:00
>>64
意味はわからんが、しかし、実音はどうなの?

67 :名無しさん@お腹いっぱい。 :01/12/09 01:13
いまだにソニーCDP−227ESDと228ESDを現役で使って
まっせ。トレーのプーリ用ゴムベルトがダメになったので、
今日デジット行って30円のベルト買ってきて直したよ。

LDプレーヤ、DVDプレーヤ使うより、何故か自然な音だと
思う。

68 :1:01/12/09 01:56
CDPは古いのに限るよな!! SONYはマルチビットの方が音が良い!!

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/09 02:47
>>64
揚げ足取るようで悪いが、「折り返し歪み」とはサンプリング(A/D変換)に
おいてナイキスト周波数を対称として原音の高域成分が低域に折り返される、
いわゆるエイリアス成分のこと。
あなたが言っているのは多分、D/A変換後に残留するイメージ成分のことでは?

人をコケにするからにはそれなりにきちんとしてないとカッコワルイヨ。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/09 02:48
ここもかよおぉ。うざいんだってば!

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/09 03:37
君たちの無駄な知識には感服するから
出てくるな。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/09 03:48
いや、ほんとに全く。
素人が中途半端な知識ひけらかすことほど恥ずかしいものはない。

73 :このスレの1です。:01/12/09 05:05
マタ−リ、マタ−リ・・・。漏れには分からんが、音がよければ、
何でも良い。しかし、今の国産機は死んでいるよなー・・・・。
煽りも歓迎ですが、もっと熱く語ってください・・・。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/09 15:46
age

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/09 21:19
munage

76 :67:01/12/09 21:23
>>68

でもソースがDVDであると96kや192kはもっと自然。
CDを聞くにはCDPが良いってこと。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/10 19:35
セプタ−5001ってどうかな? 逝けてます?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/10 19:43
>>58
テクニクスのSU-8200に、テクニクスのベルトドライブプレーヤ、パイオニアのCS-T3が初めて買った機種。高校入学のお祝だった。
その後、カートリッジをエンパイアのMMカートリッジに変えたり、パイオニアのブチルのレコードシートを買ったりして楽しんだ。
パイオニアのブチルは結構効いたと思う。
エンパイアのカートリッジもテクニクスのカートリッジに較べると遥かに良く、且つ何故かあの頃、定価の1/10位で手に入ったから、高校生のこずかいでも買う事が出来た。
うーん、なんとも懐かしいねえ。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/10 21:48
>>78
今は、アナログ系の物の割安感がなくなってきましたね・・・。高値なものが多くて手が出ません・・・。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/10 23:22
age

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/10 23:38
懐古禄であげるブランドで、海外と言ったら何だろ。
ダイナコ、dBシステムズ、AGI、ロジャース、エムパイアなんてところですかね。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/11 00:12
レビンソンなんかもageて。JBLとか・・・・。国内でも、小物類なんかも取り上げて欲しいなー。カートリッジとかさー。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/11 00:32
オススメのカセットデッキは????  <アラシ釣りage用のえさ

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/11 00:32
SHURE。並行輸入品で1万円台で V15Vが入手できた時はうれしかった。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/11 00:33
>>84
いつの話? 15年前くらい?

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/11 00:36
84じゃないけど、中古レコード「ハンター」で安く売っていたな。
オルトフォンも。俺はかなり買った。レコードもカートリッジも。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/11 00:37
20年以上前、1978年くらいの事だ。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/11 01:02
>>86
「ハンター」ってどこですか? 今でもあります?
>>87
漏れ、五歳です・・・・。えっ、マジですよ。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/11 20:10
>>82
レヴィンソンやJBLの様に高級メーカは余りこのスレには相応しく無い様な。
ダイナコとかを挙げたのはその為。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/11 21:22
(遠い目)

40年前:ナショナルの一体型ステレオで父親が聞くクラッシックは五月蠅かった。
     AMが2チャンネル、左右のスピーカーから流せて、ステレオだった。

30年前:高校の入学祝いのお金で、SONY SYSTEM200を買った。ツェッペリン・
     パープル・ピンクフロイド・イエス・キンクリ・シカゴを聞いた
     中型コンポが流行っていた。SPは16cmだった。

26年前:大学に入ってバイトして、パイオニアの\598のアンプを買った。プレー
     ヤーはDENONだった。チューナーはトリオだった。SPは、オンキョー
     の16cm市販ユニット→フォステクス16cmバックロード→フォス
     テクスで3wayを組んだ。オープンリールはAKAIだった。

22年〜:社会人になって爆発した。自分で稼いで買うのは快感。アンプはオンキ
     ョーAU-D707→Integra P-306+M-306。SPは、コーラルのユニット代
     などで40万のシステムを組む→JBL4343B。プレーヤーはDENONの10万ぐ
     らいのだった。針はテクニカのMCで5万ぐらいのだった。チューナーは
     トリオ改めケンウッドの当初作。カセットデッキはYAMAHAの10万ぐらい
     のやつだった。

今、20年前のが、まだ鳴ってる・・・さすがにJBLはコーン張り替えしているが。
&AVシステム5.1ch+スクリーンを別系統で揃えた・・・

音楽多き人生。これ幸せかな。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/11 21:46
>>90
あーっ、すばらしきオーディオ人生!! 人に歴史アリ! とは、まさにこのこと。久しぶりぶりに良カキコに巡り合えた・・・。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/11 23:26
age

93 :90:01/12/12 00:21
ありがとう>>91

4343Bは当時100万/1台しました。ローン地獄(笑)

でも、システムよりも音楽好きなので、LP300枚
CD200枚、DVD60枚(音楽のが40枚)ほどあります。

でもでも、コンサートも行きます。この間 Bozに
行きました。懐かしさで涙が出そうでした。2月
には、エアロスミスに行きます。

老後は、ゆっくり聴きたいですね。
今は夜も働く働き盛りの企業戦士(笑)

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/12 00:30
当時まだ自分では買えなかったビクターSX−3が懐かしい。かっこよかったな。
ピュア・オーディオじゃないけど、スカイセンサーとかスタジオ1700とかも、懐かし。
カタログとっておけば良かった。(どこかにない?)
当時高校生の私はCECのプレーヤーしか買えず、
それに効いているかどうかもわからないインシュレーターなどつけて、自己満足にひたっていた。
サンタナが来日して見に行った。
あのころに戻りたい(半分ノイローゼ!?)

95 :90:01/12/12 00:42
>>93
コンサート、ライブ逝きたいナー。
老後はマタ−リ逝きたいですね。

>>94
SX−3カコイイ!!
漏れもあのころに戻りたい。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/12 21:37
>>95
漏れは厨房だった所為か、当時のSX-3は余り良いと思えなかった。
当時聴き較べて気に入ったのはクライスラーの小型スピーカだったが、高校入学のお祝を買ってもらう頃にはもう会社が無かった・・・・

クライスラーのスピーカを今も使っている人はいるのだろうか?

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/12 21:59
JBLのL36decade
エッジがボロボロになって4425に買い換えた。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/13 12:07
ラバーエッジは消耗品ですね。7〜15年が穴空きの限界。
JBLは、張り替えしてくれますよ >>97

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/13 21:42
あげっ!

100 :1:01/12/13 21:48
おかげさまで、100まで逝きました。皆さんも思い出をカキコしてね。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/13 21:49
昔、ソニーのシロッコが欲しかった・・・・
「白いボタンを押してください・・・」

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/14 23:53
>>101
どんなんですか? リバティーぐらいしか知らない???

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 00:12
昔(今も)実家にSONYのふるーいコンポがある。
リッスン1000とかそんな名前だったような気がするけど、
よく覚えてない

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 00:19
>>90
80年代中頃までは、オーディオも一般的な趣味だったし、各メーカも
がんばってたような気がするね。
秋葉もオーディオでいっぱいだった。1日では回りきれないほど店があった。
今は想像も出来ないくらいかわってしまったなぁ

105 :arieso-na hanashi:01/12/15 00:31
「お父さんが使っているこの盆栽の台、昔おじいちゃんが使っていた
んだって。パラゴンとか言って、音も出たとか」

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 00:53
>>103 "リバティ"じゃない?

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 01:13
厨房の頃、田舎の町に唯一あったオーディオ店に視聴用のリファレンスとして
おいてあったYAMAHAの1000Mにムチャ憧れた。音がどうのこうのではなく、その
カッコ良さに参った。
社会人になって買えるようになった頃にはすっかりタンノイの虜になってしまった
が、ミニチュア版の1000MMが発売されると音も聴かずに買ってしまった。今は
青春の熱い想いのモニュメントとしてタンノイの上に鎮座しております。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 01:16
子供の頃、初めて親父に連れられてオーディオ店に行ったとき、
ドロドドとした低音に吐き気を感じて、店の外に出たことがあった。
いまでも原因は謎。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 01:51
>108
超低音(低周波)使っての拷問もあるそうだ。
精紳も逝かれるらしい。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 13:55
>108
かわいそう・・・。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 14:06
ピュアオーディオじゃないけどCLD-9000
当時衝撃的製品だった。
電源が強力だから良い音してた。

当時、YAMAHAから\69,800-のCDが出ていて、それと比べると音に厚みがあって良かった。
12万ぐらいのCDと聞き比べしたかったなー・・・。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 14:57
KENWOODのLシリーズのLDってあったよねー。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 20:01
LVD-Z1ね

音だけならこれが最強のLDプレイヤーではなかろうか

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 20:40
あのHP内で、1番のCDPって何かなー??

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 23:18

 あげ

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/15 23:25
CLD-9000はモーター2つ使っていたね。
LDとCD専用モーターを使っていた。
それを機械的に切り替えていたから本体の厚みがあれだけあった。
あの当時のP社の設計の音作りは確かだったと思う。
当時、S社からのOEMでビデオ(ベータ)を出したが、
音声基板だけ独自設計して載せ代えていたしな。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/16 01:29
今でも、欲しいのは京セラのアンプ。
907と悩んで907にしたが、今でも良い音だと思う。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/16 13:41
京セラねー・・・。今考えたら凄いよね、セラミックつかって・・・。A級のパワーアンプ聞いたことあるけど、良かったよ!

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/16 15:07
>>111
私は2ヶ月待ちで購入。
今のCDPとは良い悪いというカテでは区別できない音質だと思います。
力強くて独特な音質。今でも健在で使っています。

>>113
禿同。
パイオニアとは目指す音が明らかに違います。
ケンウッドの意地を見せた素晴らしい作品だと思います。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/16 15:56
>>118
今、京セラの設計者だった木村さんは47研究所を設立しているYO!

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/16 19:18
>>120
じゃー、47研っていいんだー。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/16 21:53
>>119
漏れも漏れも〜、CLD-9000現役で使ってるよ。
購入してからはや16年。今はリビングのサブ機として活躍中。
もう4〜5回は修理に出したけど、直せる限りは使い続けたい。
CDとLDを入れ替えた時のモーター切替音「ギュリリリ・・」がたまりません。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/17 11:37
オーレックス忘れてんじゃねーか?
あそこもいい製品作ってたぞ。

オヤジが磯子の事業部にいたから、ウチにはまだ
いろいろあるぞえ...

SY-99とかΛ88IIとかな。いいじゃんか。これ。
ウチにあるLINNとかMUNDともいい音奏でてくれるぞ。
ガリは酷いし、プリのくせに常時100Wも消費してるけどな(藁

SC-88もΛ90Fもなかなか頑張ってるぞい。
コンタ1.3SEもいい感じで鳴るぞ。マジで。ちょっとびっくり。

オレの回顧?録終わり。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/17 13:02
パイオニア プライベートA5
中森明菜のCMだった。
俺の初ボーナスで買った代物。ピュア板で語るべきものかどうかは別として、いまだに現役でガムバッテくれている。
アメニティ機能などお遊び機能が多すぎて、この辺はいまだに使い切っていない。
彼女がいなかった年の2月14日、会社から帰ってきたらディスプレイに"St Valentine's Day"の文字が繰り返し表示。
止め方も分からなかったし、マジでムカついたよ。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/17 15:22
>>123 オーレックスのカセットデッキって結構良かったらしいね

126 :ao:01/12/17 17:22
おら15年前に磯子の東芝音響事業部にいただよ。
SY-99、Λ88IIなつかしーねー。
でも自分が設計に関係してて言うのも何だが、大して良くないよ(藁
東芝は東芝総研、音響事業部、AV研と3箇所で似たようなことやってるくせに、縦割り組織で互いの連絡がない。
結局開発費かけるばっかで大した製品はできなかった。
アンプはまあ何とか聞けるが、スピーカは酷かった。
3Fにあったカビ臭いボロ無響室に毎日こもって試作品の測定させられてたの、思い出すなぁ。
若かったんで、測定の合間に無響室内でマスかいてたヨ(でへへ
評論家の石田善行に毎月カネはらって太鼓持ちにしてたな。
んで、石田のバカ、恩を売るつもりか、Λ88IIが製造中止になってから何年も後まで、「Λ88を越えるプリは未だない」とかヨイショ記事書いてたな。

127 :123:01/12/17 18:15
>>125
あ、カセットデッキねぇ...
実はウチには99とか88とか90って名前の付くもの
大半が転がってんだけどさ、
PC-G90ADとX88ADは確かに、そこそこ聴けるよ。他はゴミ(藁

>>126
オヤジにその事言ったらオオウケしてやがったぞえ(藁藁
何の設計してたのー??だってさ。
オヤジはプリとかパワーのアンプ部隊にいたってさ。
本人も出来にはあまりいい顔はしてないみたい。
もうちょい詰めたかったらしいよ。
でも、オレはいいと思うけどな。プリは今でもそこそこ
使えるよ。スピーカは920ってのと320ってのしかないから
よく分からんが、920はウーハーのエッジ張り替えたら
結構マシにはなったよ。

それより、砲金製のプレーヤどうにかしてくれ(藁
いいのは分かるが重すぎるぞえ。

128 :125:01/12/17 22:22
>>127メーターが針でバックライトがグリーンに光るヤツ?
   あれ凄い綺麗だよね

129 :123:01/12/18 09:22
>>128
そう。それ。メーターのランプは何度となく
交換したけどね。あと、aurexのデッキ全般に
言える事だが、ベルトが切れやすいんだな。
カウンターベルトなんか結構切れるし...

ま、古い機械で色々と遊ぶのも、時にはおもろいもんだ。

130 :@@:01/12/19 17:19
AUREX(東芝)、OTTO(三洋)、OPTONICA(シャープ)
家電メーカのオーディオ参入組後発3社はどれも鳴かず飛ばずで撤退したな。
ろくに研究もしてない三洋、シャープはともかく、東芝は総研の厨川研究室でさんざん研究していたのに製品に反映できなかった。
それに比べれば、デジタルアンプで巻き直しを図ってるシャープはえらいな。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/19 18:52
三洋は表舞台的には撤退したけど、
ミニコンポの類では影の大王なんじゃないの?

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/19 21:26
アシダヴォックスの6P−HF1からもっと低音出ないかと考えてコーン紙の裏に重し貼ったら能率が下がりすぎ。ちぇっと思って捨ててしまった。(約25年前)
あああ… 今だったらそんなもったいない使い方はできんな〜

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/20 01:50
ESPRIT 復活希望。
プリ、パワー、チャンデバ、パラメトリックイコライザー、
全部揃えて、19インチラックにネジ止めして眺めたい。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/20 01:59
どこかのベンチャーが名機の復刻版とかださないかなー。
1/10スケールでちゃんと鳴るとか。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/21 00:38
>>134
ぼそっ NS-1000MM NS-10MM

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/21 00:39
>>135
+4312M

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/22 19:03
>>130
最近は落ち着いちゃっているが、CECは三洋の子会社じゃ無かったっけ?

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/23 00:33
AUREXのCDPのXR−Z90借りてます。メチャメチャ良いです。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/23 14:18
age

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/24 12:39
2S-305だな(w
就職してからローン組んで買った。
店のオヤジからは良くないから止めときななんて言われたよ。
古クセー外観だがとっても良い音していた。
転勤と共に手放したけど今でも欲しい。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/30 05:41
age

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:01/12/31 22:15
LS−G5000かー、懐かしいなー。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/03 23:25
こんなとこに回顧スレあったんですねー
 現在30代中盤で公房の時にオーディオ道にはまり、田舎の電気店でバイトした
バイト代約100万を全てその電気店につぎ込む厨房ぶりでした。モナジャッジにも
書いちゃいましたが
 Amp   KENWOOD L-03A
 Sp   TRIO LS1000
Cas  TEAC C-3X + dbx unit でdbx入れる前はAdressAD-4Mk2
 CDP   DENON  DCD-1700
 TUNER  VICTOR 記憶喪失
 PLAYER TECNICS 記憶喪失 DDで値引きで7,8万くらい?
あのころはKENWOODというか、TRIOが良かった時代ですっかり虜。アンプも
チューナーも、回顧録でべたぼめだったとおりのもので実際いい音でした。
アンプはもちろんバイトで買える範囲で何とかL-02Aに憧れをつないだもので、
スピーカーは、台で音が変わるってんでいろんなものを作りました。結局パーチ
クルボードで組んだ普通の台(wが最もよかったでした。カセットデッキはバンド
のライブを生録するってんで、メタルテープを倍速にしてNRを併用。すると、
メーターが振り切っても音が歪まないし、低域も高域もまんま出て、スタジオや
ホールのPAおじさんから「ガキのうちからいいもの使ってるんじゃねえよ」とか
冷やかされたものでした。
それから20年。オーディオとは離れてしまいました。しかし、リストラで医療系
の学生となり、身体が不自由な方にコミュケーションツールなどを作るのを研究
テーマとしています。今接している患者さんがピュアで(w、ご自宅の古いタンノ
イ(多分アーデンかな?)で室内楽を聞くのが趣味だということで、その方のピュ
ア道をなんとかフォローしていくことになりましたので、約20年ぶりに私もオー
ディオ系の情報を仕入れようと、ふらっとピュア板に足を運んだ次第です。昔の
趣味が患者さんと信頼関係を構築するのに役立ち、オーディオが趣味というのも
捨てたものではないな、と思っております。長くてスマソ

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/04 00:09
LS1000は良いSpだったな〜、大音量時の破綻のなさでは1000Mを超えていた。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/04 03:58
>>143 いいじゃんいいじゃん!

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/04 04:11
ふと立ち寄ったらロクハンの話題などあってびっくり。
最終号すら26〜7年前ではないですか。
私はあれでマランツを知り、また生地を真似て中華鍋で集音マイクを作ったりしました。
皆様言葉づかいは若くても、皆さん相当のベテランですね。
なんだかとても楽しそうです。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/06 00:20
ピュアじゃないけど、ソニーのリバティ・ミニコンポに憧れてました。
左右にAPMスピーカ並べて、間にアナログ・CDP・チューナ・アンプを
縦に積んだ姿を見て、カッコイイなぁと。
オプションでPCMプロセッサがあったのには驚いた。

148 :京都人:02/01/06 00:46
音の遍歴1
小学校時代から中学校時代まで使っていたシステム
 日立アンサンブルステレオ
  20cmフルレンジ+16cmフルレンジ(スプリングエコー用)
  後面開放型ボックス
  真空管式アンプ、チューナー(AMのみ、しかし2チャンネル)
  このチューナーの音は良かった。
  特に声の質感は今のAMのもこもこした音とは全く違っていた。
  20cm径ターンテーブル、針圧7gのクリスタルカートリッジ
  裏返すとSP用になった。
近所の電気屋に愛聴盤を持っていって最新型のステレオでかけた。
針圧1gのMM型、持つと余りの軽さに手が震えた。
聴きなれた曲の中で初めて耳にしたトライアングルの音
「こんな音が入っていたのか。知らなかった。」
ハイファイへの憧れの始まりだった。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/06 01:38
このHPもすごいよ。
http://isweb30.infoseek.co.jp/art/cdp101/esseries-main.html

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/06 04:45
150ゲット!
それより、初めてCD聴いた時の感想キボンヌ!

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/06 04:52
>>150
ノイズがほとんど無いのが感動的だった。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/06 05:07
>>150
ジャケット写真が小さいのが悲しかった。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/06 05:13
>>150
本当にこんなものから、音の信号を読み取っているのか?と思った!!

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/06 05:20
>>150
アナログテープ録音を、単にCDにフォーマット変換しただけじゃ
意味無いじゃん!と思ってた。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/06 05:30
学生時代に必死でバイトしてKP1100買った
CD時代に突入はしていたが後悔はなかったなー
当時雑誌で宣伝してたレーザー光読みとりの
レコードプレーヤーと録画できるLDをいつか
買ってやるぞと誓ったもんだ(w
でもそれが現実に近づくのには偉く時間がかかったもんだ

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/06 05:31
>>150
ソースを100%忠実に再現してると思いこんでたから
俺は有頂天になってた(ww

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/06 09:31
>>150
くるくる回ってるのがとってもきれい
(倒立型でドライブするのがみえたので)

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/06 09:38
>>150
デジタル変換してるわけだからほぼマスターテープと同じ
音を聴いてるんだな。それにしては音が悪いな・・・。

という事で、アナログで持ってた盤と同じCDを買って聴き
比べてみたが、やっぱり音が悪い。
こりゃもう数年は待たなきゃ駄目かなと思った。

159 :京都人:02/01/06 23:06
音の遍歴2
CDが出たときは、
 機械が高価だった(その当時はそう思った)のと
 ディスク自体が高価だった(¥4200くらい)のと
 ディスクの品数が少なく、希望の曲と演奏が手に入りにくかったので
本気で自分用のものを急いで買うことはないと思っていた。

しばらくして友人がマランツのCD34を買って、
数枚のCDと共に持参し「聴いてみろ」と言ったので
いろんなソースを聴いてみた。

オルガンは良かった。
 アームの共振がなく、ノイズがなく、ワウフラッターがない音とはこんな音なのかと
 初めて体験するような澄み切った低域だった。
またオルゴールの小さな鐘の音は強烈だった。
 アナログ盤ではトレースするのが大変と思われるような目のさめるような高域だった。
しかし
 チェンバロの音はいただけなかった。
 アナログ盤で簡単に出ていたアタックと減衰の関係がきちんと出てこない。
 弦のたわみを感じさせるようなしなやかさがない。
またバイオリンの音も何か強引で楽しめなかった。
その他にも
自分の主に聴くジャンルの結果はかんばしくなく、導入にはなかなか踏みきれなかった。

結局、CDプレーヤが自分の装置に導入されるまでには
TEACのZD6000の登場まで待たねばならなかった。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/06 23:39
>>159
貴殿のCDP遍歴の続きキボンヌ!

161 :京都人:02/01/07 00:28
音の遍歴3
CDPを買おうと決心して、オーディオ店に行き
SONY CDP553と TEAC ZD6000とを
2時間くらいかけて聴き比べた。
行く前はほとんどSONYにするつもりだったが、いろいろ聴き比べていると、
どうもTEACの方が楽器の特徴が聴き取りやすかった。
それでZD6000を持ち帰った。
 嫁には¥50000くらいと言った。

その後2年くらいは安泰だった。
しかしながらCDPの進化は目覚しく
我がCDPも次のような変遷を経ることになった。

NEC CD816
    同 トランス別筐体
NEC CD10
TEAC P1+D1
STAX DAC−X1t(P1との組み合わせ)
WADIA 2000 decoding computer + WT−2000
WADIA WT−3200 追加
WADIA 2000S および WT−2000S にバージョンアップ
WADIA 2000 Ver96 にバージョンアップ

別系列として
CEC CH−5000R
CEC CH−5000R(オージックバージョン)
California Audio 追加
CEC TL−2X追加
TEAC VRDS50追加(トランスポートとして)

詳しくはまた別の機会に

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/07 01:08
>>161
貴重な話を有難うございます。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/08 20:35
katuage

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/08 20:41
漏れもCDプレーヤは色々使ってきたなあ。
NEC CD-607
Technics SL-P1200
Accupase DP-70
Micromega CD-F1Premium
Wadia 21

CDトランスポートは
Barkley digital CD-M1
Meridian #602
Mark Levinson No.31.5

DAコンバータは
Goldmund Mimesis 10
Wadia #9
dCS Elgar plus

この中ではMircomegaがサブの時代も含めると一番長く使ったね。10年近く。

165 :1:02/01/10 23:04
みなさん、いろんなCDP使っておられますね。 もっとカキコキボンヌ!

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/11 00:34
age

167 :京都人:02/01/11 02:54
音の遍歴4(148の続き)

高校1年の頃、もう少し良い音にしたいと思い、まず
レコードプレーヤー部の up grade を計画した。
しかしながら、当時使用していたアンサンブルステレオのフォノ入力を調べてみると
入力インピーダンスは1MΩくらいであり、悪いことにクリスタル型カートリッジ用だったので
ほとんどイコライザーが入っていない特性であり、MM型カートリッジはあきらめざるを得なかった。

資金作りに、高校での昼食をカレーライス(¥120円)の代りに素うどん(¥50)で我慢して
浮かした金をこつこつ貯めた。友人の食事がどんなにおいしそうに見えたことか・・・。
3ヶ月くらいでようやく貯まった金を手に阪急百貨店に。
定価¥6450でSONY製のものとCOLUMBIA製のものがありどちらにしようか迷いに迷った。
結局、
ターンテーブルがCOLUMBIAが25cm(SONYは20cm)、
アームがCOLUMBIAが金属パイプ(SONYはプラスチック角型)
の魅力でCOLUMBIAに決定し、¥5200で買った。
カートリッジはセラミック型、針圧7g

買ったプレーヤーを手に下げて、電車の25分、駅からの徒歩20分、
興奮していたのか荷物の重さを感じることなくいそいそと帰ってきた。
早速接続して、とりあえず「白鳥の湖」をかけた。
白鳥の女王のチェロの旋律が、今までにない張りのある音で聞えてきた。
「こんな張りのあるチェロの音が今までしていたであろうか」と感激した。

実はこのカートリッジは6〜8kHzに強いピークがあった事が後になって判明したのだが、
当時はそれを音のシャープさと勘違いして満足していた。
しばらく後になってこのピークの対策にあれこれ悩まされることになるとは
その時は予想もしていなかった。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/12 16:41
>>167
続きを早くキボンヌ!! ところで、阪急?阪神じゃなくて??

169 :京都人:02/01/12 23:17
音の遍歴5
次にアンプ部の up grade を企てた。
日立のアンサンブルステレオは真空管式で、入力切替つまみを回すと
「バリッ」という雷のような音がした。
まあステレオというのはこんなものだろうと思っていた。

その当時、SONYのショールームが阪急三番街にあって、
高校(十三にあった)からの帰りによく寄っていた。
TA−1120 や ST−5000 などが憧れだった。

ST−5000などはフライホィール効果で
チューニングノブを勢い良く回すと、スケールの端から端まで針がスーッと走って行くのにしびれた。
アンプの試聴をしてみると、切り替えノイズなど皆無なのにびっくりした。
これはどうしてもトランジスター式にしなくてはと密かに決心した。
再び、昼食代を浮かせて金を貯める生活が始まった。
8000円程貯まったが、新品は買えないので、オーディオ中古屋に行った。
SONYのTA−1130が置いてあったが、とても買える値段ではなかった。
箱なしのTRIOのKA−2002が¥5000で置いてあった。
同じくTRIOのKT−2001も¥5000で展示されていた。
FMのソースを手に入れるかアンプを手に入れるか、頭を悩ませた。
中古の在庫はいつまでもあるわけではないので、あれこれ考えに考えた。
2時間くらい悩んだ末、やはり初めの計画通りアンプを購入して帰った。

「さあMMのカートリッジも使えるぞ」と気分も高揚。
まずは手持ちのセラミックカートリッジをAUX端子につないで音出し。
しかし・・・
入力インピーダンスが47kΩだったので、どのようなことが起こったか?
不幸の始まりだった。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/12 23:32
>>169
>不幸の始まりだった。

面白れえじゃねえかコノヤロウ!

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/13 00:36
京都人さんガンバレ!!

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/13 02:05
>>169
セラミックタイプって出力インピが容量性で、1MΩ位で受けるんじゃなかったかな。
47kΩだと低音が出ないのでは?

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/13 02:24
しかしまぁ、あちこちのスレに長文をかくまくってるな。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/13 02:46
>>172
そうそう、今じゃ補聴器のリオンがクリスタルカートリッジを出していたね。
1MΩで受けないと低音が足りなくてLPの録音特性が補償出来なかった。
でも音が硬くてバリレラ型が欲しかったけど高くて買えなかった。
これ昭和30年初期の話だけど古すぎ?

175 :1:02/01/13 03:39
>>173
まぁまぁ、いいじゃん。このスレは長文歓迎です。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/13 13:08
age

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/13 13:46
おじさんって話し長くてね。

178 :おじさん:02/01/14 00:08
京都人さんのおもしろいですね。続きが早く見たいですね。
漏れも真似して書いてみよう。

初段

義務教育時代、音楽なんて自分からはまるで聞かない生活だった。
中学の頃,深夜ラジオが流行っていたが、だいたい11時過ぎからのスタート。
ヤンリク,ヤンタンのたぐいだ。中学2年までは10時前に寝ていたので,11時
という時間帯は大晦日の日しか体験していなかった。

音楽は,毎週日曜日に親父がLPを朝掛けていた。クラシックだ。そのときに
聴いた曲は忘れない存在になっている。25cmのLPが多かった。
レコードのかけ方というか、ステレオ装置のアンプ部のボリウム以外の操作を
まるで知らなかった。盤を回して針をおろす行為は知っていた。が、音が出ない。
ボリウムの問題ではない。今から思うとセレクターという存在を知らなかったのだ。
他にもいろいろ摘みがあって、ごちゃごちゃ動かしているうちに偶然音が出る。
しばらく立つとまたわからなくなり、偶然を期待していじり倒す。偶然音が出る。
音が出ると、LPを78回転にしてみたり、ドーナツ盤を33回転にしたりして楽しむ。
親父は何も知らず,怒りもしない。次第に色んなところが壊れてくる。

中学時代はラジオも持たず、当然操作も知らなかった。おかげで天気図の宿題
をするにも聞けない状況。新聞にNHKは第一放送第二放送とだけ書いてあり、
周波数を書いていなかった。例の偶然を期待しての奮闘。FMでないことはなんと
なくわかったていたが、この時代のラジオには短波も付いている。苦労に苦労を
重ねて偶然気象情報をキャッチした。この設定は貴重な設定なので,そのままに
しておいた。が、次に電源を入れたらFMになっているではないか。もうすぐ気象
情報が始まるというのに。誰の仕業かはわかっていた。兄貴だ。しかし、元々兄貴
のラジオだ。でもそんなことは言ってられない。宿題の天気図を完成させなければ
ならないからだ。あんなに苦労してやっと見つけだしたNHKの設定を動かすとは。
ものすごい剣幕で,元に戻せと!兄貴に迫る。兄は何を問題にしてるのだと言った
様子で一発で目的のNHKになった。なんでわかるの?

こうゆうオーディオ音痴が高校から変化してきた。入学祝いに自分専用のラジカセ
を買ってもらった。今思うと、この機種の選択は自分で決められる程、水準が上がっ
ていた。きっと、NHKの一件からラジオをいじりまくって,ラジオとはなんぞやを
身につけたのだろう。カセットに関しては、当時はオープンのテレコも全盛時代
だったし、家にも2歳の頃から家族の一員だった写真があり,なじみがあったが
あえてカセットにした。従兄弟が持っていたのを見てかっこいいと感じたからだ。
家族の一員だったオープンテレコは,みんなの物と言う感じで,自分自身の物
でなく,その名の通りオープンなのである。カセットは宝石箱というだけあって
自分だけの大切な物という感が気に入ったのだった。
当時は,SONYのが最高に思えた。家にあった,例のラジオ、オープンテレコも
SONYだった。で当然のごとく、ラジカセもSONYを選択。

高校時代から,電気屋巡りが趣味になってしまい、金がないのでカタログと雑誌
の夢物語の毎日。ほとんどの製品の価格やスペック,雑誌での評を完璧に記憶
していた。特にカセットデッキに関しては。

そして、高3の時に待望のカセットデッキを迎える。その時点で既にラジカセで約
300本を録っていたのであった。オーディオ製品を持ったのは,この時が初めて
だが、オーディオとの始まりは,電気屋巡りからであろう。
このDECKも、SONY。しかし、この製品から次にSONYを買うまでは,10年以
上の間があくことになった。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/14 00:23
>>178 凄いですねぇ 続きを早く!!

180 :京都人:02/01/14 01:15
音の遍歴6
そう、皆さん御察しの通り
低音がまるで出なくなった。

そうなると、高域のピークがやけに目立ってきた。
ボーカルなどはサ行の音が刺すように聞えた。
これではいかんと、元のアンサンブルステレオのフォノ入力を復活させ、
そのREC OUTから新しいアンプのAUXに入れるという馬鹿なことになってしまった。
入力インピーダンスを上げる方法など知るはずもなく、ただ闇雲に高抵抗を直列に入れてみたりしたが、
ものすごいハムが出てアウト。
コンデンサーと抵抗を並列につないでみたが当然ダメ。

もうこうなればMM型カートリッジを買って取りつけてやろうかと思ったが、
プレーヤーのトーンアームがヘッドと一体で取り外しができない!
といって新しいプレーヤーを買う金もない。
困った困った困った困った・・・。
クリスタル型カートリッジとMM型カートリッジとの両方の入力を備えた
SONYのインテグレート200の総合アンプ(SR−200?だったか?)が欲しいと切に思ったがどうしようもない。

ふとひらめいたのが、例のSONYのショールーム
そして実行に移した事は、今どきならばまず許されないだろう。
当時はショールームの人達もおおらかだった。

1.愛聴盤とオープンの生テープと接続コードを持参する。
2.ショールームのPS2500(当時珍しかったダイレクトドライブプレーヤー)と
  TC−9000(2トラオープンデッキ)をしばらく使わせて欲しいと頼む。
  カートリッジとアンプ(TA−1140)も貸して欲しいと頼む。
3.愛聴盤をかけ、オープンデッキに録音する。
4.家に持ち帰り、オープンテープレコーダー(TC−357A、モノーラル)で聴く。

片チャンネルしか聴けなかったが、ゴロ音(ランブル)のない澄んだ低音と、サ行が気持ち良く抜ける高音には感激した。
将来2チャンネルのデッキを手に入れた時にはステレオで聴けるから今は我慢と自分自身に言い聞かせながら
コツコツとショールーム通いを続けた。

長時間ショールームの片隅で機材を独占している学生に
文句も言わず協力してくれたショールームの係の方に感謝感謝。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/14 01:18
漏れのオーディオとの出会いは
東芝BONBEAT。
それで「カセットダビング屋」でダビングしてきた
カセット聞いてた。
著作権法違反だからすぐなくなっちゃったけど。
「カセットダビング屋」覚えてる人いる?

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/14 02:28
SONY TA-1120 オールシリコントランジスタアンプが発売された時は
大変なインパクトだった。真空管の時代はこれで終ったと思った。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/14 04:00
Lo−DのDAD1000
いまだに持ってるよ。さすがに読み込まないけど。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/14 04:21
>>178 >>180
くー、涙無しには読めんね(マジちょっと涙目)
なんにつけても情熱っていいね

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/14 04:36
>>長時間ショールームの片隅で機材を独占している学生に文句も言わず協力してくれた・・・

いい話だ。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/14 22:15
いい話、もっとキボンヌ!!

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/14 22:47
昔、LPが出始めた時代プリモ音響という会社があって安いLP,SP兼用の
ターンオーバー式のクリスタルピックアップを出した。
高校生でも小遣いを溜めれば買えた。それを買って嬉しくて
いじくり回して壊してしまい、プリモの事務所へ泣きこんだら丁度そこに社長の
浅野さんが居合わせて無造作に「じゃあこれ、おもちなさい」といって新品を呉れた。
さすが社長は太っ腹だなーと感激したことを思い出す。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/14 23:02
トリオ L07CMK2+L05M 現役(まだ使っている人、他にいるかな??)
SPはタンノイ イパルス15

最近はAVに目覚めBARCO701Dとキクチ190PROG(100インチ)で映画を見ている。

189 :おじさん:02/01/14 23:56
二段目

高校時代は,残念ながら,結局手に入れたオーディオはカセットデッキのみ。
貧しい家庭では無かったが,親に買ってくれとは言わなかったし、買ってやる
とも言われなかった。

友人がコンポを買ってもらう度に、聞きに行く生活。その中で羨ましい奴がいた。
あこがれのSONY TA-1150にTU-5150。SPはダイアトーンのDS251MK2。
PLはバイオニアPL1200とベストセラーのオンパレード。デッキはなかった。

音はこの際,どうでも良い。いや、そうはいかぬ。ここでのダイアトーンの耳をつん
ざく汚い音が将来のきれいな高域を追い求める原動力になったのかもしれない。

しかし、半年で手放す。今度は、パイオニアのSA-8800とTX-8800だ。またもや
ベストセラーのラインナップ。デッキはやはり無かった。自分のようなエアチェック
マニアでなく、聞くだけというタイプ。LPを買えない漏れには信じ難かった。

そのおかげで、苦労があった。JOBU-FMでどうしても録りたい中継生放送があった。
自分はチューナーを持っていなかったため,ベストセラー君のチューナーの力を借り
たかった。しかし、M君はデッキを持っていない。そこで、自分のデッキをその君宅に
持っていくことにした。紹介が遅れたが、最初のデッキとはTC-2850SD。
皆も知ってる,表に飛び出すデッキメカ,カセットデンスケTypeVというやつだ。
発売当初は、¥52800。ぐずぐずしてたら¥57800に。そんなことはどうでも
よい。これを担いで、電車に乗り,ベストセラー宅へ。そしてチューナーを
借りてのエアチェック。表に飛び出すデッキメカ様々だ。しかし、よく考えると
据え置きデッキとさほど重量が変わらないのだ。本体だけで 5.6kg。

もちろんマイクも買って鉄道の生録に出かけた。これをやらねばデンスケを持った
意味が無い。しかし、当時高校生。SLを録りにとまでは、いかない。買った時は
通常ダイヤでは,もう走っていなかったのでは。走っていたとしても遠いいなかだ。
結局、自転車で行ける近くの私鉄や京都の市電などがターゲットになる。
風雑音の対応の仕方や,録音レベルの設定の仕方など、結構生録の難しさを学んだ。

学んだといえば、学校だ。この時期は大学の進路を決めなくてはならない。
一応理科系に進んでいたので,工学部、理学部,医学部の中からの選択になる。
医学部は小さいときから、他人の血を見るのが苦手だったのでパス。
自分自身は良く怪我をして、自分の血はしょっちゅう見ていたが、他人のを見るのは
苦手だった。もっとも学力的な問題の方が支配的だったが。

そこに、例の天気図事件の兄貴が登場する。本人は医学部に入ってオーディオ三昧
をしている。下宿を訪ねる度に装置がグレードアップしている。実体は、生協の36回払い
のローン地獄のようだったが。でも羨ましく思えた。
そして、一言の助言が人生を決定した。 「オーディオをやるなら電子工学だぞ」 と。
そうか、これだ!そして、ラジオも使えなかった奴が電子工学科をめざすこととなった。

二段目は,初段の負荷を軽くして、増幅度を上げるためにエミフォロとかインピーダンス
変換等の役目が多い。二段目もゲインをとって、三段目がエミフォロの構成もあるが。

ということで、二段目はさらっと終わる。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/15 00:05
おじさん達って皆んな話しが長いねェ
実生活でも聞かせる人がいないからね。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/15 00:36
>190
長いだけじゃないよ。遺書賢明書いたのにレス付かないと治作慈円だし。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/15 00:53
>>187
いい話だ・・・。(涙

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/15 01:54
>>190 >>191
君らゴミ ゴミはゴミらしくゴミ箱へ

194 :187:02/01/15 02:14
もうひとつ。
STAXの初期のコンデンサヘッドフォンSR-1を永年愛用して素子が故障したので
本社へ修理依頼に持参した。(当時雑司ヶ谷にあった)
そのときはすでにSR-3にモデルが進んでいて、担当者はもう部品もないし寿命です
といって断った。するとそばにいた若い人(多分社長の息子さんかも?)が、
「お客さんがお困りなんだから何とかしましょう、きみ、できるだろう」と、
担当者に命じて預かってくれた。しばらくすると、SR-1のケースに寸法の合わない新型のSR-3の素子を
手作りではめ込んだ修理品完了品が届いた。
SR-1より当然音は柔らかく高域は伸びており、嬉しかったが手作りまでして対応してくれた誠意には
感じ入った。で、すっかりファンになってしまい、後年コンデンサピックアップが
発表されたとき真っ先に買い込んだ。ところがこの製品は発振器の高周波を検波して信号を取り出す方式で、
調整が難しい。最適点を探るのに疲れて頭に来たので社長宛に「こんなめんどくさいのは製品とはいえない!」
という抗議文を送った。
すると、なんと社長夫人から丁重な手紙が来て、お気に召さないようで残念です、
お手数ですが品物をお送りくだされば、返金いたします。というではないか。
さすがに恥じて「いえ、結構な品ですから使わせて頂きます」と返事して
調整しつつやせ我慢して聴いたけど、やはりこの製品は扱いにくかった〜

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/16 01:52
マイ「オーディオ閑古鳥」

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/16 21:17
>>195
座布団やるから、もう来るな!!

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/17 23:34
ヤパリ 自作自演ないとレス伸びないか。

198 :おじさん:02/01/18 00:45
3段目をすっとばして

フォンテックリサーチのヘッドフォンをかつて愛用していました。
Mという型番のを石丸電気で購入。¥80000でした。
左右のレスポンスの差が大きくなって,社長宅へ持っていくと
”はいはい、わかりました。直ったらお送りします。”
そこは、アナログプレーヤーとアンプとレコードとヘッドフォンしかない
部屋でした。
レコードプレーヤーは糸ドライブのしかもモーターのドライブアンプは
オーディオのアンプでした。プリは友人作の,といっても元STAXに
居た人だから、STAXの技術者作のアンプでしょう。
お茶を出していただいて、いろいろ話をして帰りました。
数日後、完治して戻ってきました。ところが、音が違うのです。
社長に電話をして、そのことを告げると、
”今度また、時間のある時に持ってきて下さい”
数日後,ヘッドフォンを抱えて訪問。
いろいろ会話したなかで、
”どんな音がお好みですか?”
”低域にもっと迫力があって高域は張り出さず高分解能”と答えると、
”はいはい、わかりました。それならKというのがありますが
聞いてみますか?”
聞いてビックリ!!これがヘッドフォンかよー。頭が振られる
感じのすさまじい低音。しかし、¥150000。
欲しい。でも金が。いやいや、あれは出過ぎで頭くらくらするから
つらいよ。でも魅力。あれこれ考えていると、社長が
”Mでも近い音にはできますよ。”の一言。思わず身を乗り出す。
”プラス¥40000でどうでしょう?”
うーん、Mを下取り(なんと¥80000)にだしてもKならプラス¥70000
A-4も直って¥40000は安いし,K程低音が出なくてもいいし。結局、
”お願いします。”
”わかりました。Mは数日後にはお送りします。A-4は送って下さい。”
ということで¥40000を払う。
果たして,改造Mが届いた。期待感でいっぱい。だが、耳は冷静。
音を出す。確かに石丸で買った時と音は違う。しかし、Kとはほど遠い。
さっそく、社長宅に電話。
”そうですか、時間がとれるときに持ってきて下さい。”
また、ヘッドフォンを抱えて社長宅へ。社長宅へ行くのに地下鉄の
飯田橋の乗り換えが遠いのだ。
いつもにこにこした社長と婦人に迎えられて、レコードを聞いては
話をする。ヘッドフォンしかないので、レコードを掛けてる間は
会話できないのだ。
音の好みを告げて帰宅する。数日後に物が届く。
今度は希望通りの音に仕上がっている。すぐに電話。
”ありがとうございました。希望通りの音になりました。”
しかし、このヘッドフォンも数年後に買ったQUAD ESLまでの
命となってしまった。



199 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/01/18 02:32
>>197
もうくるな!とか言う人がいるから伸びないんです。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 03:03
長くてもいいじゃん、自作自演でもいいじゃん
そんなスレあってもいいじゃん・・・

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/18 03:09
>>200
全部自作自演?
または全部ソフト苦情?(w

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/19 02:41
age

203 :おじさん:02/01/20 00:49
3段目

めでたく希望の電子工学科に入学。
デンスケはあるが、TUNERがなかった。今良い音が聞けなくても将来
録音したものが聞ければいいかと思い、TUNERを購入。
PIONEER TX-8800。それと平行して5素子のFMアンテナとその取り
つけに必要な器具を買う。屋根馬、ポール、飲酒れーたー,素てー,
同軸ケーブル、等々で本格的な設置が可能な部材を全て購入して
自分で取り付ける予定であった。アンテナは家の中で組み立てると
6畳間がいっぱいになる大きさでびっくり。部屋から出せなくなった。
屋根に上ることに関しては、家族の猛反対に合い、結局なじみの
電気屋に頼む。あまりに本格的な部材に電気屋も戸惑う。こんな
まともな工事をしたことがないと言わんばかり。得意のビニールテープ
の出番はないのだ。ケーブルも飲酒れーたで誘導を受けずにビシッと
固定。素てーの調整もヘリコイドのテンション調整だ。FMのアンテナを
一番上にして、2番目にTVのアンテナという普通の家では考えられない
設置。最もFMアンテナを立ててる家はほとんどないが。
マルチパスを見らがら方向設定をして完了。
音だしだ。なんというすばらしい音。デンスケはDCDCコンバーターから
盛大に輻射ノイズを出し、屋内アンテナではまともな受信を妨げるほど
ひどかった。それが、外部アンテナだとまるで影響しない。
高校時代に電車に載ってFMを録音しにいった友人宅もフィーダーアンテナ
だったので,今までにない最高の受信条件。
ああ、これがFMの音か。エアチェックに没頭する毎日が続いた。


204 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/20 05:06
長文のおじ様たちへの提案

改行を入れると読みやすいです。
20行くらいまでが読もうとする気を起こさせます。長くなる場合は一旦
切って、続きを再レスしましょう。

別に読んでもらわなくても良いという、自己満足なのであれば一向に構いま
せんが。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/20 08:09
1973 \69800で、sharp(OPTONICA)3点式セパレートを、お年玉で購入。
8W+8W、30CMアルミのリムドライブ、セラミックカートリッジ、
20cm+5cmの2way(アルニコユニットには、ビクーリしたが・・)
あと、TAPE端子は5DIN、これが悪夢の始まりであった。

1974 \46000でSONY TC-K4 1975 \39000でSONY ST-F6B \46000で、
Technnics SL1301、この時点で、1301→K4のMICin(RECのみ押しっぱなし)
1976 \71000で、DENON PMA830(AU-707と迷ったが5W+5WのA級OK!で決定)
\175000でYAMAHA NS1000M 一応この時点でコンポらしきモノ完成!

 高校2年の遠い昔の、こと。それ以後はあまり詳しくカキコすると、
此の板におる?某1ぴん缶常連に、特定されそうな気がする。(藁

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/20 14:11
>>205
誰だ! イピカ−ンはデムパ出まくりやから見にしか逝かんから、漏れではないでー・・。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/21 01:20
ageruna

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/22 01:38
ageyou

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/22 01:45
年をとると話が長くなるのだ。ヤダネー


210 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/24 23:45
SB−10000って音はどう??

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 01:01
>>209
同意
3行以下限定。
過去の履歴意味なし。傷の舐め合いは他で。
自叙伝?はHPで。

212 :1:02/01/25 20:51
まぁまぁ、いいじゃないですか。 人に歴史あり!ということだし・・・。 ダメ??

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 22:27
>>211
自分は限定解除か
意味が無くったっていいじゃないか。人間だもの。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/25 22:50
では年齢=限度行数ということで・・・
40才なら40行限度でどうでしょう(W
最高年齢何才かな? 60才くらいか。

215 :65才:02/01/26 00:58
年齢制限は駄目じゃ。
そもそも懐古するんだから年寄りであればあるほどいいんじゃよ。
わかったかな、お若い方々。


216 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 06:46
>>211
お前何様よ
じゃ3行でジンと来るモノ書いてみろ
今更書けんなんて言わさんぞ

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/26 10:21
PIONEERのPOWER AMPの M−77について何かご存じなら教えてください。使用感、ご満足度、定価、製造開始年、製造打ち切り日等

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/01/28 19:06
>>211

やーい,やーい,自分は5行も書いてやんの(藁

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 21:04
agerune

220 :通りすがり:02/02/03 21:30
スレ違い覚悟です。
最近再びオーディオに興味がでてきた30代です。
みなさんにお聞きしたいのですが、CDマガジンという結構ユニークな
本が5、6年前位にあったと憶えています。最近書店とかで探しても
無いんですけどあれはもう廃刊になったのでしょうか。
誰か知っていたら教えてください。

221 :京都人:02/02/03 21:57
音の遍歴7
そのころスピーカーはどうしていたかというと
例の日立のアンサンブルステレオのスピーカー(20cmフルレンジ)
をつなげていた。だが、これでは自分の好きな時間には聴けない。

当時買った単行本「初歩のステレオ(長岡鉄男著)」の中に
「ヘッドフォンは頭を押さえられるという点を我慢すれば、
 音は最高級スピーカーに匹敵します。(趣意)」という箇所を読んで
「これだ!」と思った。

>>220
かなり以前に廃刊となったはず。
高島誠氏が亡くなってメインのライターを失った結果
新しい魅力的な記事でカバーすることが出来ず
いつの間にか消滅していた。
長岡鉄男氏を失ったFMfanも似たものか。


222 :京都人:02/02/03 22:03
音の遍歴8
しかしながら、例の如く資金がないので
とりあえず、SONYのイヤフォン(グレーで耳栓が屈曲したもの)
を2つ犠牲にしてプラグの近くで切断し、
線の中の芯線を出して、アンプのスピーカー端子につないでみた。

当然のことながら残留ノイズが「サー」と大きく聞こえ、
ボリウムをほんの少し上げただけでガンガン鳴った。

あまりにもゲインが大きすぎるので、ステレオフォンプラグを買ってきて
それにイヤフォンの線を接続し、アンプのヘッドフォン端子に入れて聴くようにした。

音質は大味だったが、迫力は結構なものがあった。
特にイヤフォンを耳に強く押し当てると
低音が頭を震わせるように出ることも知った。

こうしてまともなヘッドフォンが買えるまでの3ヶ月、
得られるであろうあらゆる素晴らしい音を思い描きながら、
空腹に耐え、せっせと資金を貯めて行った。

223 :おじさん:02/02/03 22:13
京都人さん,久しぶりですね。
もう続きがないのかと思っていました。
しかし、夜は早めに寝て下さい。
漏れも1時以降は,見ない、書かない事にしました。
その時間を音楽聞く時間に当てることに。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 22:22
1970年のレコード芸術 が出てきた。
各社のスピーカー、アンプ、プレーヤーなどを色々
接続してその組合せの音を批評していた。
評論家の中には、故 瀬川冬樹氏もいた。
とても懐かしかった・。瀬川さんは好きな批評家のお一人でした。



225 :おじさん:02/02/03 22:40
1976年のステレオサウンドN0.39を久々に開いた。
得るカセットが載っている。EL-7 \198000
裏表紙には、DENONの管球式セパレートアンプ,POA-1000B,PRA-1000B
が。2,3十万のアンプだが立派な風貌だ。
DENON PMA-255。YAMAHAのC-2もこの頃だ。懐かしい!

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 22:55
漏れの持っているステレオサウンドで一番古いのは、No.36。
今は亡き井上卓也さん宅が雑誌で公開された最初で最後の号。


227 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 22:57
PMA-255は3ヶ月前に手に入れまして
対のチューナーTU-355とFM専用でメリハリの有る音だしていますよ
YAMAHA C-2Xはネット仲間に貸し出し中です
おいらも昔のオーディオ誌を楽しく見ています。


228 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 23:22
1968年オーディオをやろうと最初に買ったステレオサウンドNO.5
「特集 スピーカーシステムの選び方まとめ方」を持っていますが
当時毎日読みふけったのでもうぼろぼろとなっています。
瀬川冬樹氏の解説がとくによかったので捨てないでときどき読みます。
その後の号はみんな捨ててしまいました。ちょっと惜しい気がします。
最近ごうも2冊買ってみたが情緒的表現ばかりで面白くありません。
1KW、200万のアンプなんてまったく興味なし。
今日はアカイのカセットでFM放送のギター演奏を録音して聴いています。

229 :親孝行します:02/02/03 23:31
1970、1976、1968年。俺生まれてないやん。
お父さん達早く寝んと体に悪い。明日休みチャウで。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/03 23:37
毎日が日曜日だもんね。
毎日3時に寝て昼寝で補う。これ常識。

231 :名主さん@お腹いっぱい:02/02/04 16:24
オーディオ雑誌ではないのですが、(少しオーディオも載ってたけど)
初歩のラジオ と ラジオの製作 という雑誌を最近見かけません。
中学ー高校時代はよく読んでいたのですが。
さすがに廃刊/無期休刊になっちゃんたんでしょうか??

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/04 17:11
初歩のラジオ
昭和25年頃の杉本 哲サンの鉱石ラジオの作り方とかありました。
もう作る人もいないから当然廃刊でしょう。
並四ラジオ、3ペン、高一などは今でも「ラジオ技術」で
復活しとります。いまさらつくる気がしないので
眺めているだけですが・・・

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/06 19:23
ageasi

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/07 21:40
ageruyo

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 05:42
瀬川冬樹氏、いつもきれいな文章を書かれていましたね。
今のCDの音を聞かれたら、どのように評価されたでしょうか。
はっと気がつくと自分のメインシステムは、クォードのプリ+メインとLS3/5A。
瀬川氏が亡くなられてから時間が止まっているようです。


236 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 06:29
オーディオ評論家は亡くなる寸前まで現役の方が多くそのためか
「また一人亡くなったという」思いが我々も強いですよね。
ここ数年でSS誌の評論家は何人亡くなられただろう?
そのたびに時間が止まるのです・・・。


237 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 22:41
瀬川冬樹懐かしいですね。
4チャンネルブームの時、一人だけ沈黙していたこと。
ステレオサウンドでの岡俊夫氏との大喧嘩。
(KEFがいいかARがいいかで20ページぐらい論争していた)
ステレオのすべてで長岡鉄雄を徹底的に論破したこと。
(それまでは正統的な評論を書いていた長岡氏は、それ以来自作中心になってしまった。)
日立のスピーカーに5段階評価で1をつけたこと。
日立からクレームがきても自説を曲げなかったこと。
そして、最後はガンで呆気なく亡くなってしまった。

あんなにオーディオ雑誌がおもしろかった時期はもう二度と無いでしょうね。

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/08 22:45
おっつあん達の回顧スレ。2ちゃんのオアシスに乾杯!

239 :菅野オキヒッコ:02/02/08 22:57
これこれキミたち、皆さんお金持ってんだからねー。こういうところの傾向でマーケ
ティング・プランニングしなきゃネ。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/09 01:42
>>239
子供の時買えなくて欲しくてたまらなかったオモチャが
大人になっていくらでも買えるようになったとき全く欲しくない
のと同じです。アカイのC-5フォノモーターにリオンのクリスタルピックアップ
で初めてLP(約50年昔で3000円!)を聴いたときの感激は今何を買っても
絶対に味わえないでしょう。
今なら中音域がしっかりした小型のSPと10万以下のアンプ、CDPで
オイストラフやホロビッツをしんみりと聴ければ十分です。

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/02/09 01:58
いや、昔欲しくても買えなかったブランド名を見るとフラフラッとしてしまう。
タンノイ・JBL・ラックスあたりがその代表。
しかし、タンノイはまだしも、今のJBLのふがいなさ・・・

242 :240:02/02/09 02:15
20年前頃L88plusを買ってJBLらしくないので思い切って
JBL4343を買い愕然としました。
昔聴いたD130の馬力ある低音を期待したのにまるで駄目、
よくよく調べたらコーンに重りをつけてf0を下げて
特性だけ下に延ばした代物であることがわかりました。
それ以降JBLとはおさらばしました。




70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)